戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2018年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今朝の横浜北部はやや曇っていて寒いですが、雨が降ることはなさそうです。

さて、ここ何回かにわたって触れている「作戦実行メンタリティ」について、くどいようですがもう一度語ってみたいと思います。

今回の来日でルトワックが、防衛省の進めるイージス・アショアの呑気な配備計画について批判をしていたことはすでに触れた通りですが、それ以外にも私があらためてこのような「作戦実行メンタリティ」について考えさせられたことが一つあります。

それは、現在準備中の監訳本の中にあった記述です。

まだ詳しくは言えないのですが、次に出す本の内容を簡単にいえば「アメリカは同盟国の重要性を認めよ」というものです。

この本が最初に出たのは前回の大統領選挙の直前の2016年なのですが、この中で主張されているメッセージは、現在のトランプ政権にはまさにうってつけの内容ではないでしょうか?

実に興味深いのは、この本の結論部分で「作戦実行メンタリティ」に大きく関係することが書かれている点です。

具体的には、アメリカ自身が同盟国に対する安全保障面でのサポートを充実させることの次に重要なのが、同盟国が抱えがちないくつかのリスクに気をつけろ、と記されている点です。

ではその「リスク」は何かというと「同盟国がアメリカのマネをして、”フルスペクトラム”な装備を求めてしまう」というものです。

ようするに、同盟国が資金的な余裕もないのに、世界ナンバーワンの軍事超大国であるアメリカのような「全方位万能」な装備を整えようとしてしまい、そのおかげで各分野でろくな装備を整えることができない、ということです。

同盟国にそうさせてしまう理由はいくつかあるわけですが、その本の中で指摘されている最も興味深い要因は、「最も成功しているアメリカの能力とその考え方をそのまま輸入したほうが気楽だ」という、まさに作戦実行メンタリティーから大きく外れたものです。

いいかえれば、「アメリカが持っているから日本も」という考え方です。

これは自分の置かれた戦略環境というものを考えず、身の丈を知らずに安易にものごとを決定しているわけで、たしかに気楽で頭をつかわずに済む点ではいいかもしれませんが、実際は安全保障に関する政策面における考えの「真剣さ」が欠けていることがよくわかります。

この他に、この本にある注目すべき点が、アメリカが同盟国たちに対して軍事面で求めるべきものに「防壁」と「反乱」という2つがあるという興味深い指摘です。

まず「防壁」ですが、これはまさに現在の日本が行っているような、主に相手が攻撃してくることを阻止することを意識した「抑止力」となる軍事力や態勢の構築がからむものであり、イージス・アショアのようなミサイル防衛システムなどはこの典型ですね。

ところがもう一つの「反乱」は、政治的にはかなり受け入れがたいものです。

なぜならこれは、同盟国が侵攻されたあとに、占領軍に対して反乱(ゲリラ)戦を行い、既成事実化をする前に撤退させることを狙ったものだからです。

つまり一度占領されることを前提とした戦いに備えよ、ということですね。

これは日本では「竹ヤリか!」となって大きな批判を受けること必至ですが、大きく状況は違えど、バルト三国などではロシアの侵攻に備えて、この「反乱」的な準備が進められております。

日本は島国ですし、防衛面では最新鋭の「無駄な」イージス・アショアに備えるだけの余裕がまだあるのかもしれません。だからこそこのような真剣な防衛策に本気で取り組んでいないわけであり、そもそもそれが必要ないと考えられているのでしょう。

ただし、それで本当にいいのでしょうか?

戦略には「相手」がいます。そしてわれわれはこの「相手」に対して、「日本の領土を占領したらまずいことになる」と本気で考えさせるような対策や行動をしているでしょうか?

この作戦実行メンタリティについては、今後もまだまだ書いていきたいと思います。


b0015356_11144473.png
(地下鉄ユニオン駅)

====


▼〜あなたは本物の「戦略」を知らない〜

奧山真司『一発逆転の非常識な成功法則〜クーデター入門に学ぶCD』

b0015356_07412195.jpg





▼〜あなたは本当の「国際政治の姿」を知らない〜

奧山真司『THE REALISTS リアリスト入門』CD
b0015356_07411043.jpg






▼〜あなたは本当の「孫子」を知らない〜

奥山真司の『真説 孫子解読2.0』CD

b0015356_07383130.jpg






▼〜"危機の時代"を生き抜く戦略〜
奥山真司の『未来予測と戦略』CD

b0015356_07403719.png





▼奴隷の人生からの脱却のために
戦略の階層」を解説するCD。戦略の「基本の“き”」はここから!
b0015356_07411313.png





▼〜これまでのクラウゼヴィッツ解説本はすべて処分して結構です〜
奥山真司の現代のクラウゼヴィッツ『戦争論』講座CD
b0015356_07412534.jpg





▼〜これまでの地政学解説本はすべて処分して結構です〜
奥山真司の地政学講座CD 全10回

b0015356_07411781.png








by masa_the_man | 2018-11-24 14:02 | 日記 | Comments(0)

地経学の本

今朝の横浜北部は曇っていて寒いです。今週末は天気が崩れるらしいですが。

さて、久しぶりに本の紹介です。

おかげさまで好評のルトワックの新刊『日本4.0』ですが、この本の後半の第8章で「地経学」(geoeconomics)という概念が出てきたことは、お読みになった方は気づかれたかもしれません。

それを受けて、今回紹介する本は
b0015356_05421020.jpg

ロバート・ブラックウィル&ジェニファー・ハリス著

というものでして、この「地経学」という概念を最も進化・発展させたたものであります。タイトルは完全にクラウゼヴィッツを意識したものですね。

著者は『フォーリン・アフェアーズ』を発行していることで有名な老舗シンクタンクである外交評議会の2人の研究員でありまして、ブラックウィルはインド大使まで務めた米国のベテラン外交官、そしてもう一方のハリスも国務省で勤務経験の豊富な実務者で、ヒラリー長官時代に経済政策を担当していた人物です。

本書はいまから2年前の2016年に発表されたものでして、本文257ページで全10章もあるかなり分厚い本なのですが、その内容はかなり一貫しておりまして、アメリカは大国が伝統的に使ってきた「地経学」的な手法、つまり「対外政策の目標を経済的手段を通じて実現するアプローチ」を近年忘れていて、その合間に主に中国とロシアが積極的にアメリカやその同盟国たちに対して使ってきているぞ、と警告するものです。

そして最終的に主張されているのは、

アメリカよ、地経学の世界が復活したのだから、意識して経済的なツールを使え

というあからさまな政策提言です。

とりわけわれわれとして注目なのは、本書で中国が使っている「地経学」のアプローチの様子について、なんと2章分を使って分析しているところでありまして、日本を含む近隣諸国(とりわけASEAN諸国)に対して、北京がいかに経済手段を通じて相手国の行動を変えようと(そして変えられなかった)している様子が細かく分析されている点です。

最も印象的だったのは第9章ではまとめられている「4つの教訓」と「19の提案」というものでして、たとえば前者としては

1、国内経済を強くすることが大事
2,対外政策も経済的なツールに注目しないとマズい
3,他国が経済ツール使ってきた場合の米国の対抗策が弱い
4,官民の区別のない政策使ってくる他国に対して我々も官民連携しないとマズい

ということが書かれております。まず自国の経済が強くなければ対外政策においてもパワーを発揮できないわけですから、1は当然ですね。

このような分析や提言は「アメリカによって書かれたものである」ということを忘れなければ非常に参考になるものなんですが、それを踏まえた上でこれを読む際に、いくつかの注意点があります。

たとえば本書では「近年アメリカは地経学的なアプローチを忘れている」としていながら、なぜかキューバやイラン、さらには北朝鮮などに対して経済制裁を継続的に行っていることにあまり言及しておりません。

つまりやや拡大解釈すれば、「近年のアメリカは地経学アプローチを忘れていたイノセントな存在だった」という傲慢な前提が透けて見えてくる部分があるわけです。

さらに、当然といえば当然なのでしょうが、その注目点の違い(経済vs政治)から、「サイレント・インベージョン」で展開されたような政治面での浸透については言及が不十分なところがやや残念であると個人的には感じました。

日本での出版は厳しいと思いますが、とにかく今後の「米中冷戦」という枠組みから考えると、本書はその転換期(2016年)にアメリカで影響力の大きいCFRから発表されたという意味で、かなりの重要性を持って振り返られる本となるはずです。

英文を読むのが苦手ではないという方はぜひ。
b0015356_07192440.jpeg
(海軍兵学校の校長からのメッセージ)



====


▼〜あなたは本物の「戦略」を知らない〜

奧山真司『一発逆転の非常識な成功法則〜クーデター入門に学ぶCD』

b0015356_07412195.jpg





▼〜あなたは本当の「国際政治の姿」を知らない〜

奧山真司『THE REALISTS リアリスト入門』CD
b0015356_07411043.jpg






▼〜あなたは本当の「孫子」を知らない〜

奥山真司の『真説 孫子解読2.0』CD

b0015356_07383130.jpg






▼〜"危機の時代"を生き抜く戦略〜
奥山真司の『未来予測と戦略』CD

b0015356_07403719.png





▼奴隷の人生からの脱却のために
戦略の階層」を解説するCD。戦略の「基本の“き”」はここから!
b0015356_07411313.png





▼〜これまでのクラウゼヴィッツ解説本はすべて処分して結構です〜
奥山真司の現代のクラウゼヴィッツ『戦争論』講座CD
b0015356_07412534.jpg





▼〜これまでの地政学解説本はすべて処分して結構です〜
奥山真司の地政学講座CD 全10回

b0015356_07411781.png








by masa_the_man | 2018-11-17 10:00 | おススメの本 | Comments(1)
今朝の恵比寿は晴れてて涼しく快適です。

さて、前回の話の続きを。

「新たな冷戦」に備えて日本は文化的にルトワックのいう「作戦実行メンタリティ」というものを獲得できるのかという話でしたが、そこまで書いて、私はそもそも大事なことを書き忘れていたことを指摘されました。

それは、「作戦実行メンタリティ」とはそもそもなんぞや、ということです。

この大事な概念ですが、文春新書のルトワック三部作では、形を変えながら通奏低音のように何度も出てくるものなので、「日本4.0」で出てきても雰囲気的にはわかったような気になりますが、やはり担当した訳者としては、この概念をここで明確にしておく必要があるでしょう。

今回の訪米も含めて、私が受け取った彼の言う「作戦実行メンタリティ」ですが、現在私は大きくわけて3つの特徴があると考えております。

まず一つ目の特徴が、「チープに行う」という点です。

これは彼の戦略アドバイスとしてはデビュー作の『クーデター入門』から一貫しておりまして、あらゆる軍事作戦では「最小の労力で最大の効果を上げることが大事だ」という、当然といえば当然の考えから来ております。

今回の『日本4.0』では、これが北朝鮮を空爆するための日本のF-15の改装の提案につながっておりまして、「イスラエルが30年前に自国のF-15を改装して地上攻撃型にできたので、日本もたくさん持っている空対空戦闘用のF-15を改造すべきだ」というアドバイスにつながっております。、

しかもこれには数年かけて多額な資金を投入する必要はなく、すでに国際的に流通している機材(増槽や空対地ミサイルなど)を購入して改造するだけで、短期間で安価に十分な能力を得られる、というのです。

逆にいえば、このようなインプロ的なことができない軍隊は、そのメンタリティとして非効率な官僚的な考えに毒されているいる、ということです。

このような指摘は、軍事組織としての肥大化を憂慮した『ペンタゴン:知られざる巨大機構の実体』という訳本の中でも繰り返し説かれているところでありまして、装備の性能の高さや調達面での公平性を厳格に求めすぎてしまうがゆえに、それに関わる余計なプロセスが膨れ上がってしまうことを問題視するわけです。

二つ目の特徴が「リスクを恐れない」ということです。

この例として、ルトワックはイスラエルのモサドの犯行といわれるイランの核科学者に対する暗殺作戦を、アメリカがバルカン半島介入で戦争犯罪人としてセルビア人のムラディッチを捕らえるのにリスクを恐れるあまりに失敗して中止した、「アンバーライト作戦」と対比して説明しております。

また、ルトワックは指摘しておりませんが、リスクを恐れない利便性という意味では、タイの警察が捜査などの連絡用にLINEを活用としていることなどもヒントになりそうです。ネットではLINEのセキュリティの脆弱性が指摘されて久しいですが、情報漏えいというリスクを恐れなければ、たしかにLINEグループのようなチャット機能は非常に利便性が高いわけです。

もちろん自衛隊は「ミルスペック」の要求や「情報保全」というリスクの観点から、LINEを部隊の活動に採用することはないでしょうが、利便性や効率性を最優先するという面では「スマホ使ってLINEで連絡」というのは、一つの大きなヒントとなります。

三つ目の特徴が、「すぐ実行する」です。

このメンタリティを示す良い題材としてルトワックが使うのが、2013年にフランスのオランド政権下で実行されたマリへの武力介入案件(セルヴァル作戦)です。この際にフランス軍は大統領に一言も文句を言わず、伝染病予防のためのワクチンを隊員に射たなければならないから待ってくれなどと言わずにすぐに実行しているわけですが、この即応性というものを評価しているわけです。

「いや、それは武力行使をいとわないフランスの話で、平和国家の日本では無理でしょう」

という反応は当然でしょうが、ここで逆にわれわれが考えなければならないのは、政治面を含めて、そのような実行の決断をできないことや、それに対処するための即応能力を持てていないリスクでもあります。

これだけテクノロジーの進歩や情勢変化の速い国際環境の中で、このようなメンタリティを持たないままで良いとは言い切れないところが、逆に日本の置かれた厳しさというものを感じさせてくれます。

果たして日本政府や自衛隊、さらには組織などに属するわれわれ日本人一般は、上記のような「最も利便性の高いことを余計なプロセスを経ずにリスクを恐れずにすぐ実行する」というメンタリティを持つことができるのでしょうか?

それともそれを持たずに「座して死を待つ」状態でいいのでしょうか。

日本のように「成熟した」組織文化を持った国や個人のレベルではなかなか難しいでしょうが、国際情勢が厳しいものとなりつつある時に、われわれにはこの国内の文化的な面を変えるべきか、変えてはいけないのか、それともはじめから変えられないのか、という問題としてますます問われてくるように思えてなりません。

そういう意味で、ルトワックの「作戦実行メンタリティ」という概念は、自衛隊だけではなく、これからものごとを成していくあらゆる人々にとって忘れてはならない有益なヒントをくれる概念であることは間違いないでしょう。

b0015356_04031877.png

(マハン・ホール)

====


▼〜あなたは本物の「戦略」を知らない〜

奧山真司『一発逆転の非常識な成功法則〜クーデター入門に学ぶCD』

b0015356_07412195.jpg





▼〜あなたは本当の「国際政治の姿」を知らない〜

奧山真司『THE REALISTS リアリスト入門』CD
b0015356_07411043.jpg






▼〜あなたは本当の「孫子」を知らない〜

奥山真司の『真説 孫子解読2.0』CD

b0015356_07383130.jpg






▼〜"危機の時代"を生き抜く戦略〜
奥山真司の『未来予測と戦略』CD

b0015356_07403719.png





▼奴隷の人生からの脱却のために
戦略の階層」を解説するCD。戦略の「基本の“き”」はここから!
b0015356_07411313.png





▼〜これまでのクラウゼヴィッツ解説本はすべて処分して結構です〜
奥山真司の現代のクラウゼヴィッツ『戦争論』講座CD
b0015356_07412534.jpg





▼〜これまでの地政学解説本はすべて処分して結構です〜
奥山真司の地政学講座CD 全10回

b0015356_07411781.png







by masa_the_man | 2018-11-15 04:06 | 日記 | Comments(0)

作戦実行メンタリティー

今日のワシントンDCは曇って気温は低めでしたが過ごしやすい一日でした。

さて、本当に久々の更新となりましたが、遅れに遅れていたルトワック本の新刊の宣伝も兼ねて、最近感じたことについて書いてみたいと思います。

すでにご存知の方も多いと思いますが、ルトワックの『日本4.0』が大変好評をいただいておりまして、この分野では再びベストセラーとなっております。ありがたいことです。

その中でルトワック自身が繰り返し使っていた「作戦実行メンタリティー」(operational mentality)という言葉に気づいた方もいらっしゃるかと思います。

ルトワック自身は、日本が進めようとしている新たな「イージス・アショア」の話を聞いて思うところがあったようで、今回出演したBSフジのプライムニュースの中でも「完成までに10年もかかるイージス・アショアなど幻想でしかない」と手厳しいことを述べておりましたが、その理由は、日本政府や防衛省に「作戦実行メンタリティー」が欠けているからだとしておりました。

ではなぜ日本には「作戦実行メンタリティー」がないのかというと、当然ながら、それは長年にわたって実戦を経験していないからというのが最大の理由として挙げられると思いますが、私が今回ルトワックから強烈に感じたのは、やはり「戦略文化」としか言い表しようのない概念でした。

ややマニアックな話になりますが、「戦略文化」(strategic culture)という概念は、英語圏の戦略研究では1977年9月にジャック・スナイダーがランド研究所から発表した「ソ連の戦略文化」(PDF)という報告書の中で、アメリカの「合理性」をベースにした考えでは当時の敵であったソ連の核戦略は理解できないことを指摘する際に使われたことから議論されるようになったもので、私の指導教官であったグレイもその議論に積極的に参加した人間の一人です。

この「戦略文化」という概念なのですが、人間の普遍性や共通性を突き詰めようとする学問の世界では、国家や民族の違いを強調するためにやや扱いに困るものなのですが、戦いの現場観を持っているルトワックの中では「文化の違い」というのは当然のことでして、とりわけ戦略の世界ではこれが最も大きな働きをすることを前提としてものごとを分析します。

この戦略文化ですが、ルトワックの中では「作戦実行メンタリティー」と密接に結びついておりまして、たとえばこれが欠落している韓国やイタリアなどに厳しい批判を加えることになるわけです。

そこで「新冷戦」が開始したという話につながってきます。

まだまだ日本では新たな米中冷戦の本格的な開始については十分な認識が広まっていないようですが、ルトワック的な議論を前提とすると、この冷戦の始まりは、彼の地経学の議論からもわかるように、それがあくまでも「戦い」であるために、国際関係において「戦略のロジック」が発動したということになります。

この「戦略のロジック」とは、紛争において二者が互いに相手を貶めようとするために、そこに関係性のダイナミズムが発動するということです。

わかりやすくいえば、相手を殺そうとしてこちらが動くと、相手も殺されないように必死で抵抗して、その作用と反作用が事態を複雑で矛盾したものにするということです。「モード」が変わってしまうのですね。

いいかえれば、冷戦という「戦時」になって戦略のロジックが発動して、国際関係の「モード」がゼロサムに変わってしまったために、「平時」の協力関係を基調としたウィンウィンのロジックは通用しなくなったということです。現在の米中の貿易戦争などはまさにその兆しですね。

そうなると日本にとって最も必要になってくるのが、この戦略のロジックを克服するための「作戦実行メンタリティー」だというわけです。

ただしここで、大きな問題が発生します。というのは、日本政府や自衛隊、さらには国民までが、自分たちの「戦略文化」を変えて本当に「作戦実行メンタリティー」を身につけることができるか、ということが問われてくるからです。

戦略文化に関する議論では、この「作戦行動メンタリティー」のような「文化」が変化するには二つのパターンがあるとして、

1:時間をかけてゆっくり変わる
2:外的なショックで一気に変わる

とされており、たとえば2の例として、戦後の日本やドイツの平和主義への変化などを引き合いに出す議論も見受けられます。

さて、われわれは本当に文化やメンタリティーを変えて新たな冷戦という事態に対処していけるのでしょうか。これについてはまた続きを書いてみたいと思っています。



b0015356_19394287.jpg
(映画館の入り口にあった「武器持ち込み禁止」の看板)

====


▼〜あなたは本物の「戦略」を知らない〜

奧山真司『一発逆転の非常識な成功法則〜クーデター入門に学ぶCD』

b0015356_07412195.jpg





▼〜あなたは本当の「国際政治の姿」を知らない〜

奧山真司『THE REALISTS リアリスト入門』CD
b0015356_07411043.jpg






▼〜あなたは本当の「孫子」を知らない〜

奥山真司の『真説 孫子解読2.0』CD

b0015356_07383130.jpg






▼〜"危機の時代"を生き抜く戦略〜
奥山真司の『未来予測と戦略』CD

b0015356_07403719.png





▼奴隷の人生からの脱却のために
戦略の階層」を解説するCD。戦略の「基本の“き”」はここから!
b0015356_07411313.png





▼〜これまでのクラウゼヴィッツ解説本はすべて処分して結構です〜
奥山真司の現代のクラウゼヴィッツ『戦争論』講座CD
b0015356_07412534.jpg





▼〜これまでの地政学解説本はすべて処分して結構です〜
奥山真司の地政学講座CD 全10回

b0015356_07411781.png







by masa_the_man | 2018-11-08 21:25 | 日記 | Comments(3)