戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今日の横浜南部は湿ってて不安定な天気でした。


さて、先日の放送(https://www.youtube.com/watch?v=_VBef3QypnY)でも触れましたが、ポリティカル・コレクトネス、つまり「政治的に正しいとされていること」が、実は学問の進歩を妨げているという問題を指摘した記事がありました。


鋭い内容でしたので、その要約を以下にご紹介しておきます。


====


ポリティカル・コレクトネスは学問の進歩を妨げる


By アレックス・ベレゾウ


われわれは、学問によって居心地の悪さを感じることがある。


たとえば天文学は、地球が太陽の周りをまわっていることを証明したおかげで、神学における天動説をひっくり返したし、物理学では、われわれの住む宇宙が、いつか日か終わりを迎えるということが唱えられている。


そしてDNAの配列は、われわれの本当の祖先や、ガンやアルツハイマーの遺伝的傾向を暴くことにより、われわれの人生の考え方を永遠に変えてしまったのだ。


このような研究の中には、社会的に議論を呼ぶ可能性もあるため、研究者たちが政治的に非難されることを恐れて、その結果を公の場で発表するのをやめてしまうようなケースも少なくない


ネイサン・コンファスという学者は、「科学の土台」(Foundations of Science)という専門誌に書いた論文の中で、この恐怖が「科学の探求における、自己修正的な性質を妨げるものだ」と論じている。


コンファス氏の論文は、ギリシャの「若者を堕落させた」という罪で処刑された、古代ギリシャのソクラテスの話から始まっている。


彼によれば、このような「処刑した側の考え方、つまり社会道徳を脅かすような学問的な研究は禁止すべきだとするものは、今日でもまだ広く共有されている」というのだ。


この論拠として、コンファス氏は「集団や人種の間の知能の差を研究すること」がタブーとなっていることを挙げ、「それを語ることさえ道徳的に誤っているし、危険でさえある」と信じる人々によって抑圧されている、と述べている。


このような見解を支持する人々は、もちろん「差別を防ぐ」という立派な意図を持っていることは明らかだ。ところが「地獄への道には善意が敷き詰められている」のであり、完全な平等性というものを維持しようとする誤った努力は、知識の進歩を妨げるものだ。


コンファス氏は、「もしその仮説が特定の道徳的価値や望ましい政治目標を支持していると見なされると、学者は証拠が揃っているにもかかわらず、その研究を止めてしまうことが多い」と述べている。


彼の言うことは正しいのであろうか?実は完全に正しい。


実際のところ、学者たちは自分たちの研究において政治的には好ましくない結果が出た場合に、それを受け容れないだけでなく、そもそも「政治的正しさに疑問を呈することさえも、自分の経歴に傷をつけるものだ」と考えているほどだ。


ローレンス・サマーズといえば、クリントン政権の元財務長官で、ハーバード大学の教授だが、彼は「男女間では知的な面で差がある」と示唆したおかげで終身在職権を剥奪されている。


このような厳しい圧力のおかげで、何人かの学者たちは確実に存在するこの「男女の脳の違い」を、研究することさえためらっているのだ。このような遠慮的な態度は、神経科学という学問の進歩にとっては明らかに「足止め」となっている。


同じようなことは、気候学の分野にも起こっている。


たとえば気候変動についての政治的に唯一正しい考え方というのは、「すべて悪いことは100%人間の責任によるもの」であり、「地球にはすでに死神がやって来つつある」というものだ。


このような「この世の終わり」的で非科学的な考えについて疑問の声を挙げた学者たちは、結果的に「気候変動否定者」(climate deniers)というレッテルを貼られたりしている。


もちろん気候学というのは、より懐疑的で慎重な「煮え切らない」アプローチによって進歩するはずなのだが、あまりにも多くの人々が、このようなアプローチをとったおかげで放逐されたり悪魔化されたりしている


ホームレスの原因についての議論でも、政治的に正しいかどうかが問題となっている。「政治的に正しい説明」によれば、ホームレスの原因は貧困にあるということになっている。たしかに貧困は、その一つの原因であることは明らかだ。


ところがその議論で無視されることの多いのは、全米ホームレス協会のデータによると、20%から25%のホームレスが精神的に重い病を抱えており、これは全人口の中の割合と比べても、4倍の数字になるという事実だ。


同じデータでは、ホームレスの中の38%がアルコール依存症であり、26%が薬物依存症であると推察されている。そのデータでは「ホームレスを生み出している最大の原因は、アルコール・麻薬依存症にある」と指摘されている。


たしかに多く(というかほとんど)の人々は、心地良い幻想を優先して現実を無視することを好むのかもしれない。コンファス氏は、この現象の原因として「事実と道徳的な価値観を合成しようとするのは、人間の本能的な衝動にある」と考えている。


これをいいかえれば、世界をありのままに描き出す(ポジティブな)説明は、「世界はこうあるべきである」と定める規範的な言葉に「自動変換」されてしまうことが多いということだ。


このような根本的な混乱は、学問の議論をゆがめ、その進歩を妨げてしまうものだ。


もしコンファス氏の「われわれの認知不一致は人間の本性につきものである」という点が正しいとすれば、証拠を元にして作成される政策目標は、残念ながら、いつまでも達成できないことになるだろう。


===


この問題は、実は「タブー」という形で、学問以外にもわれわれの住む日本社会でよく見られる現象ですね。


ここから見えてくるのは、社会的な価値観(政治的に正しいこと)と、学問的な真実は実は違うことがあるということ点でしょうか。


見過ごされがちですが、実はかなり重要な問題です。



▼~あなたは本当の「孫子」を知らない~
奥山真司の『真説 孫子解読』CD
奥山真司の『真説 孫子解読』


▼~これまでのクラウゼヴィッツ解説本はすべて処分して結構です。~
奥山真司の現代のクラウゼビッツ『戦争論』講座CD
奥山真司の現代のクラウゼビッツ『戦争論』講座

▼奴隷の人生からの脱却のために
戦略の階層」を解説するCD。戦略の「基本の“き”」はここから!

戦略の階層を徹底解説するCD

奥山真司の地政学講座
※詳細はこちらから↓
http://www.realist.jp/geopolitics.html

奥山真司の地政学講座 全10回




奥山真司のアメリカ通信LIVE

http://ch.nicovideo.jp/strategy2/live


奥山真司のアメリカ通信LIVE





by masa_the_man | 2016-08-20 00:12 | 日記 | Comments(5)
今日の横浜北部は完全に真夏の一日でした。ラジオに出てきましたが、ようやく慣れてきました。

さて、久々にブログの更新です。

すでに番組(https://goo.gl/eW0TJJ)の方でも触れましたが、尖閣案件について一言。

東シナ海の尖閣沖で、中国が日本に大きなプレッシャーを与えてきていることは、みなさんもすでにご存知だと思います。

===

2016年 08月 6日 17:34 JST

尖閣周辺に約230隻の中国漁船、武装した海警船も

[東京 6日 ロイター] - 外務省は6日、東シナ海の尖閣諸島(中国名:魚釣島)の接続水域で中国の漁船約230隻と海警局の船6隻を確認し、中国側に抗議したと発表した。これほどの多くの中国漁船が同接続水域に入るのは異例。海警局の船のうち、3隻は武装しているという。

外務省のアジア大洋州局長は同日午前、在日中国大使館の公使に対し、領海内に入らず、接続水域からも退去するよう求めた。さらに、一方的に緊張を高める行為だとして強く抗議した。

===

これについて、軍事的に対決姿勢を徹底的に見せるというものから、一緒に酒を飲み交わすまで(?)、日本側にとっては様々なオプションがあるという意見があるでしょう。

ただし現実的に考えてみると、日本政府ができることといえば、残念ながら「外交チャンネルを通じて抗議する」ということくらいでしょうか。

実際に上の記事でもわかるように、日本政府はとりあえず抗議はしているみたいですが、本気で尖閣をとりにきている相手には、これもほとんど意味をなさないでしょう。

かくして私は尖閣事案については非常に悲観的でありまして、専守防衛で軍事的脅しの裏付けも低い日本が、このようにサラミ・スライス的に既成事実を積み上げてくる中国側の動きを抑止することは無理だろうと見ています。

ただし絶対に行われないだろうが、ひとつだけ中国側にとって強力な抑止効果となる可能性のあることを想像しないわけでもありません。

それは「相手と同じことをすること」です。

===

ちょっと話を飛ばします。
「テーラード抑止」という言葉があります(詳しく知りたい方はこちら)。

これは冷戦中にアメリカの国防関係者や戦略家の間で発展させられた抑止(deterrence)の考え方を踏まえて出てきたものです。

もちろんアメリカにとって、冷戦中の最大の敵は「ソ連」という超大国。

そして相手は核武装をしているわけですが、こちらも核兵器を持っているので、お互いに牽制しあってバランスがうまれて戦争を防ぐ、という考え方が「核抑止」(nuclear deterrence)の土台になってました。

ところがソ連が崩壊して冷戦終了。

そうなると、いままでソ連というドラゴン並の大きな敵を牽制するためにもっていた大量の核兵器が無駄になり、今度はテロリストや「ならずもの国家」など、いわばヘビのような小規模な敵に対して抑止をすることをアメリカの国防関係者たちは考え始めました。

そこで出てきたのが、コリン・グレイと共にシンクタンクをつくるなど活躍していたキース・ペインという、これまた核戦略の専門家のつくった「テーラード抑止」(tailored deterrence)という考え方です。

「なんだか専門的な言葉だな・・・」

とお感じの方もいらっしゃると思いますが、そのアイディアは意外に簡単。

具体的にどういうことかというと、個別の敵に適合させて(仕立てる、テーラードする)、こちら側がどのような手段で抑止して行くのかを決めていこう、ということなのです。

もちろん相手は「ソ連」というたった一つの相手ではなく、アメリカに危害を及ぼしてくる可能性のある多種多様な潜在的な敵なので、そもそも彼らが何をしてこようとしているのか、その意図を知らなければなりません。

そうなるとただこちらがわの手段だけではなく、必然的にその相手を調べるための、インテリジェンスの機能が重視されてきます。

それはとにかく、この「テーラード抑止」という考え方は、孫子でいう「敵を知り」を徹底して行い、相手のいやがる手段を研究して、それに合わせてこちらも対抗手段を考えて牽制しましょうね、ということなのです。

さて、これを現在の尖閣周辺に大量の船をよこしている中国に当てはめて考えた場合はどうなるでしょうか?

ひとつの案ですが、日本も中国の真似をして、たとえば大量の漁船を連れた海保(と海自)の船が、日中中間線付近で操業している中国のガス田の構造物(レーダー搭載)の付近を航行する、というのはどうでしょうか?

もちろん日本政府はこのようなことを実際はできませんし、はじめからする気もないでしょう。

ただし中国というのは、以前から「自分たちがやられたらいやがることをあえてやる」という、なんというか「無理やりなお互いさま」を手段として使ってくることが多いのです。

ならば日本もそれにならって、まさに中国のやり方に適合(テーラード)させて、同じように大量の漁船を連れて中国の領海付近に行く、というのも一つの抑止手段となる可能性があるのです。

「いやはや、そんなの無理ですよ、日本にはできませんよ」

というのはごもっともでしょう。

ただしみなさんに戦略的に考えていただきたいのは、ただいたずらに抗議をするだけでなく、戦線を拡大したり、あえて相手のいやがることを想像力を働かせて考える、ということなのではないでしょうか?

戦略に特効薬はありません。

ただし柔軟な考えで様々なオプションを考えておくというのも、いまの尖閣事案に直面する日本政府には必要です。



▼~あなたは本当の「孫子」を知らない~
奥山真司の『真説 孫子解読』CD
奥山真司の『真説 孫子解読』


▼~これまでのクラウゼヴィッツ解説本はすべて処分して結構です。~
奥山真司の現代のクラウゼビッツ『戦争論』講座CD
奥山真司の現代のクラウゼビッツ『戦争論』講座

▼奴隷の人生からの脱却のために
戦略の階層」を解説するCD。戦略の「基本の“き”」はここから!戦略の階層を徹底解説するCD

奥山真司の地政学講座
※詳細はこちらから↓
http://www.realist.jp/geopolitics.html
奥山真司の地政学講座 全10回

奥山真司のアメリカ通信LIVE


http://ch.nicovideo.jp/strategy2/live
奥山真司のアメリカ通信LIVE

https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal



by masa_the_man | 2016-08-10 22:00 | 日記 | Comments(4)