戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今日の横浜北部は朝から快晴です。

さて、次に出る新刊の原稿のチェックなどが重なって猛烈に忙しくなっていた間に、中東ではロシアが旅客機をテロで墜落させられたり、ベイルートやフランスではISが関連したとされる連続テロ事件が起こるなど、世界が激変しております。

それを受けて今回はISについて書いてみたいと思うのですが、すでに日本でもとりわけパリの事件についてはニュース番組だけでなく、ワイドショーなどでも大々的に取り上げられておりますので、詳しい事実関係についてはここで触れません。

それよりも私が気になったは「ISが年中無休の24時間対応のテロリスト様ご相談窓口を持っている」というニュースです。

このニュースを私は番組(http://www.nicovideo.jp/watch/1448004727)の中で紹介したのですが、「俺の会社よりも親切だ」とか「うちの行政よりもサービスが充実している」という、ISを褒めているのかよくわからない微妙なコメントをいくつかいただきました(笑

ただし私がこのニュースを見て感じたのは、クラウゼヴィッツ主義者の仲間の中で学んだおかげで気づくことができた、以下の2つのポイントです。

1つ目は、ISのテロリストも人間であるということ。

「当たり前じゃないか」というご意見は当然なのですが、この手のテロ事件が起こると、メディアを騒がせることになるのは、たとえばNYタイムズの外交コラムニストアン・コールターという保守系の識者のような、敵を悪魔化した、感情的かつ扇動的な意見です。

こうなると相手は「人間」ではなくなり、まるで映画「ターミネーター」に出てくるスカイネットやターミネーターのような、顔の見えない存在となってしまうため、これを読んだ人間たちは、冷静にものごとを考えることができなくなってしまいます。

そうなると以前の本ブログのエントリーにもあったように、我々は相手を冷静に判断する手段を失ってしまいます。これは戦略で最も重要な「冷静さ」をわれわれから失わせることにもつながります。

2つ目は、ISのテロリストたちも必死であるということ。

「自爆テロするんだから当たり前だろ」という突っ込みはごもっともなのですが、彼らも所詮は「人の子」なのですから、いざ実行するまでにアジトがバレて警察に踏み込まれたり、現場で自爆する前に射殺されるなどして、自分の命を無駄にすることは我慢できないわけです。

つまり彼らも「命をかけている」わけですから、とっても不安。ビビってます。

だからこそここで紹介したような「ご相談窓口」への需要が出てくるのであり、本部のIS側もそれに答えようとして(CIAやNSAにバレる危険をおかしながら)爆弾の作り方を教えたり、他のイスラム教徒をISの教義に共感させて巻き込むような扇動の仕方を、わざわざオンラインで親切丁寧に教えてあげたりするわけです。

クラウゼヴィッツは戦争を「決闘である」と表現しております。そしてここで重要なのは、テロによって「決闘」を申し込んできたISというテロリストたちも、われわれと同じように不安を抱えながら犯行を実行する、弱さをもった人間であるということです。

テロリストたちはたしかに悪魔的な行為をしております。ただし彼らもわれわれと同じ「摩擦」(フリクション)に取り囲まれた人間です。スーパーマンでも悪魔でもないのです。そしてその違いは、戦略の階層の最上階に位置する「世界観」にあるのです。

彼らが人間であるという当たり前の想定・・・戦略を考える際に、われわれはこの単純な事実を決して忘れてはなりません。






▼奴隷の人生からの脱却のために
戦略の階層」を解説するCD。戦略の「基本の“き”」はここから!戦略の階層を徹底解説するCD

奥山真司の地政学講座

※詳細はこちらから↓
http://www.realist.jp/geopolitics.html

奥山真司の地政学講座 全10回




奥山真司のアメリカ通信LIVE


http://ch.nicovideo.jp/strategy
奥山真司のアメリカ通信LIVE

https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal



by masa_the_man | 2015-11-21 09:52 | 日記 | Comments(5)