戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

<   2015年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今日の横浜北部は本当に真夏でした。ピークですね、これは。

さて、だいぶ以前からぼんやりと考えていたことを書いておきたいと思います。

すでに告知させていただいたように、私は現在、次に出る本の訳出作業の最終追い込み段階に入っているのですが、ここ数日間とりくんでいるテーマが、なんと核兵器に関するもの。

「なんか物騒なテーマですねぇ」とお感じになる方もいらっしゃると思いますが、原著者はなんといってもレーガン政権で核戦略をアドバイスしていた人物ですから、この分野が専門領域であり、色々と言いたいことがあったようで色々と書いており、こちらも勉強になってます。

ただしこれを訳していて私が個人的にあらためて感じたのは、やはり「戦略はフィクションである」ということです。

というのも、グレイ自身はソ連に対抗するためにアメリカの核戦略をアドバイスしていたわけですが、なにせ核兵器というのは、歴史上アメリカが日本に対して2度使っただけ。冷戦後期にソ連と対峙していたアメリカのような国が、大量に核武装している相手と撃ち合いになったという例は(幸運なことに)一度もありません。

ところがこのような「核戦争」(nuclear war)というのは、その発生の可能性としては「ゼロ」ではないので、アメリカもソ連も、互いに最悪の事態を想定して、政府の上層部はさておき、軍同士は手持ちの核兵器を使って戦う計画を立てておりました。

しかし繰り返しますが、誰も「核戦争」を戦った経験を持つ人物はいませんので、おのずとその計画や訓練、それに兵器の調達などは「核戦争になったらおそらくこうなるだろう」という推測を元にするしかなくなってしまいます。

もちろん当時の専門家たちは「推測を元にしたもの」というと聞こえが悪いため、とくにアメリカ側は、戦争経験のある軍人ではなく(そもそも彼らだって核「戦争」の経験はないので素人)、経済学者や数学者、それに社会科学系の学者たちに、いざ核戦争が起こった場合の戦略理論を色々と議論させて、精緻化させていきました。

ところが根本的に、それは「まだ起こっていないことを計画する」ということですから、相変わらず推測の域を出ません。そういう意味で、核戦略というのは、まだ起こっていない未来についての話、つまりフィクションと変わらないわけです。

ところが核戦略だけでなく、戦略というのは基本的にすべてフィクションじゃないか?、というのが私の長年の問題意識です。

たとばプロイセンの英雄、大モルトケは、

「敵の主力に最初に対峙した後まで確実に生き残るような作戦計画というものは存在しない」

という印象的な言葉を残しておりますが、これは戦略全般にも言えることです。戦争や戦闘というのは、その流れがどのようになるのかは、いざ起こってみないと誰にも全く予測がつかないものだからです。

ところがこれは戦争だけでなく、人間が未来に向かって新しいことをやっていこうとする場合、その活動全般にもあてはまることではないでしょうか?

たとえば前のエントリーで紹介した「ハードシングス」という本ですが、原著者はITベンチャーで全く新しいことをやっていく時に、戦略やビジョンのようなもの(つまりフィクション)を立てながらとりかかるわけですが、基本的に先はどうなるのかわからないので、すべて手探りでやっております

これは経営だけでなく、国家経営である政治、戦争、さらにはミクロのスケールでいえば、われわれ個人の人生でも全く一緒です。みんな先がどうなるのかわからないので、手探りでやっているわけですね。

ところがここで「歴史学者」のような人物が出てきます。彼らは過去の政治や戦争、それに核戦略のようなものに対して、ただ単に自分がその結果を知っているだけなのに、上から目線でガンガン批判をするわけです。

しかもその当事者たちが、完全な情報をもたない「戦場の霧」の中で必死にのたうち回っていたことなどは無視です。

さらにひどい人にいたっては、「過去を知っている」というだけで、まるで自分が「神の視点」を手に入れたかのように振る舞いつつ、そこから現在の状況や、さらにはこれからどうすべきかという未来的なことまで、さも聞いてきたかのように論じてしまうことがあります。

つまり歴史を知っている(と思う)ことは、知的に傲慢な態度につながりやすい、ということなのです。

ちなみにジャンル的に現在のことを最もよく語れるのは、現役のジャーナリストたちかもしれませんし、未来についてはシンクタンクの人間、さらには占い師やSFライターたちのほうが適役ということになるのかもしれませんが・・・

もちろんこれはすべての歴史家や歴史学者たちに当てはまることではないですが、人間にとっての最大の問題は、まだ起こっていない未来についてはフィクション的なツール(戦略論や、状況の違う時代の歴史の教訓など)を使って対処していくしか方法はない、ということであり、その反対にファクト(ノンフィクション)だけを求める歴史学者に未来を語らせるのは、実は本人が勘違いしている傾向があるために、われわれが思っているよりも危険である、ということです。

余談ですが、バーナード・ブロディは、

「人々がどのように戦争を遂行し、ストレスのかかった状態の中でどう行動するのかについての唯一の実証的なデータは、われわれがもつ“過去の経験”であるが、ここで忘れてはならないのは、これらの経験が現在とは条件の大きく異なる環境の中で起こったということだ」

と書いてます。至言ですね。
b0015356_0274530.jpg



未来はまだ来ていません。

過去のノンフィクションの知識はもちろん重要ですが、未来に向かっていく場合、われわれにはフィクションの力も重要なのではないでしょうか、という問題提起でした。




ビジネスと人生に活かす『クラウゼヴィッツ理論』CD


ビジネスと人生に活かす『クラウゼヴィッツ理論』

※詳細はこちらから↓

http://www.realist.jp/clausewitz-business.html



奥山真司のアメリカ通信LIVE


http://ch.nicovideo.jp/strategy
奥山真司のアメリカ通信LIVE

https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal



by masa_the_man | 2015-07-27 23:34 | 日記 | Comments(5)
今日の横浜北部は風がありましたが蒸し暑かったですね。いよいよ真夏です。

さて、ここ数日チラホラ読んでいる本のご紹介。
b0015356_21182919.png


HARD THINGS
by ベン・ホロウィッツ

現在書店にも平積みされている本ですが、立ち読みしてみたら面白かったので即購入。

内容はアメリカ西海岸のベンチャー投資家の話でして、創業者としての心構えを自らの体験を通して語るというもの。IT関連に興味の有る方でしたら、シリコンバレーの歴史書としても読めるかもしれません。

もちろん私はこの辺のテクノロジー系の話は専門ではないのでなんと言えませんが、とくに響いたのが、経営者としての強烈な孤独感や、先の見えなさ、そして不安感などを、成功本という体裁ではなく、どちらかといえば失敗教訓本として書いているという点。

こういうところは、まさにクラウゼヴィッツの『戦争論』と近いものがありまして、戦争の不確実性とIT系の企業の経営の「手探り感」というのが、まったく瓜二つであることがよくわかります。

また、この本はクラウゼヴィッツの言うところの「摩擦」が企業内部においてどのように、そしてどこから発生するのかについて、かなり具体的に書いているところがとても好感持てます。

また、非常にリアリスト的というか、幹部や親友の「解雇の仕方」という、ちょっとドキッとするようなことも詳細にかかれており、日本とアメリカの企業文化の違いを知る上でも参考になります。

この手の本としてやや字が小さめで分量が多いのは仕方ないのかもしれませんが、翻訳も十分読みやすくなっており、起業家を目指さない人でも戦略的な感覚を身につけるという意味で勉強になることが多いです。オススメ。




ビジネスと人生に活かす『クラウゼヴィッツ理論』CD


ビジネスと人生に活かす『クラウゼヴィッツ理論』

※詳細はこちらから↓

http://www.realist.jp/clausewitz-business.html



奥山真司のアメリカ通信LIVE


http://ch.nicovideo.jp/strategy
奥山真司のアメリカ通信LIVE

https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal



by masa_the_man | 2015-07-25 21:35 | おススメの本 | Comments(2)

次に出る本のご紹介

今日の横浜北部は朝は快晴だったのですが、午後から雷と雨になるという、なんとも真夏なパターン。

さて、久しぶりに本の紹介をしたいと思います。

といっても、単なる書評ではなく、次に私が出す本を紹介したいのです。
b0015356_2047258.jpg


Modern Strategy
by Colin Gray

原題はそのまま『現代の戦略』です。ただし中身は「20世紀の戦略」という感じです。

すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、わたしの指導教官の「主著」です。1999年に出版されたものですから発売からすでに15年以上たっておりますが、この分野ではさすがに時代を越えた「名著」と言っても過言ではないでしょう。

本文だけで365頁の大著でして、私が単独で手がけた翻訳としてはミアシャイマーの『大国政治の悲劇』に次ぐ長さを誇っております。いやー、長かった。

本書の内容については、すでに『戦略論の名著』という本の中で解説しておりますが、簡潔にその中心的な主張を言えば「戦略は普遍的なものである」ということです。

全般的にクラウゼヴィッツ主義者としてのトーンが色濃く、あらためて私が録音したこのCDも、無意識にこの本の影響を受けていたと今更ながら思わされる部分が多いです。

私が留学した頃、考えてみれば、周りのコースメイトたちはこの本の議論をベースにした知識を土台にしていたことに気づいたのは、翻訳をはじめてかなりたってからのことです。

私が2000年代後半に身につけた古典地政学以外の戦略学の知識は、今回紹介した本と、前回出版したこの本の中にほとんど詰まっていると言っても過言ではないですね。

また、議論の中では「戦略の階層」の実際の使用法が縦横無尽に味わえるのも魅力です。

翻訳原稿そのものの締め切りは8月始めでして、現在最後の追い込みに入っております。やや文章が長いところはあるかもしれませんが、原著者本人の「日本の読者のみなさんへ」という特別寄稿もあります

本ブログ恒例のタイトル募集についてはまだ未定です。できればいいのですが・・・・出版社に聞いてみます。

発売は9月末か10月始めまでになんとか。ぜひご期待ください。


ビジネスと人生に活かす『クラウゼヴィッツ理論』CD


ビジネスと人生に活かす『クラウゼヴィッツ理論』

※詳細はこちらから↓

http://www.realist.jp/clausewitz-business.html



奥山真司のアメリカ通信LIVE


http://ch.nicovideo.jp/strategy
奥山真司のアメリカ通信LIVE

https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal



by masa_the_man | 2015-07-24 22:51 | おススメの本 | Comments(0)

銃撃事件は伝染する

今日の横浜北部は梅雨明けしました。いやはや蒸し暑くてびっくりです。

さて、先週の放送(http://nicovideo.jp/watch/1437376880)でもご紹介しましたが、アメリカで面白い(?)研究結果が出てきましたので、その記事の要約を。

===

Mass killings may be contagious: U.S. study
AFP-JIJI

http://www.japantimes.co.jp/news/2015/07/03/world/crime-legal-world/mass-killings-may-contagious-u-s-study/#.Vau4i5Ptmkr

大量殺人事件は伝染する:米国調査

●先日発表された研究によると、米国での大量殺人はどうやら伝染するらしい。

●科学者たちは1998年から2013年までの米国の学校やその他の場所での銃撃事件に関するデータを集め、その結果を専門誌に発表した。それによると、4人以上が殺された事件では、およそ13日間続く伝染的な現象が見られたという。

●そのうちのおよそ20%から30%が、最初の悲劇的な事件から「伝染」したものであると見られている。

●後続の銃撃事件はどうやら一時的なもので、2週間をすぎるとそれが収まっていくという。これまでの研究では、若者の間で自殺が伝染することが判明しており、とりわけその時に使われた手法が知られると「あと追い自殺」が増えるという。

●この研究を行った実験者の一人であるアリゾナ州立大学のシェリー・タワー氏は「この伝染は、どうもランダムに起こったものではなく、時間によってまとまっているのです」と述べている。

●タワー氏は去年パーデュー大学での会合を取り仕切ったのだが、そのキャンパスで直前に銃撃事件と殺傷事件が起こり、学生一人が死んだという。

●「私はその前の週に他の学校で銃撃事件があったことに気づいたので、それは単なる統計的な偶然なのか、それともニュースメディアが心の不安定な人の潜在意識の中に観念化したものを植えつけたのかが気になったのです」とはタワー氏の弁。

●ただし今回の研究では、銃撃事件の動機までは調査していない。彼女によれば、そのような銃撃者側の潜在意識の領域まで踏み込んで調査結果を導き出すのは不可能だからだという。

●この論文のデータによれば、アメリカでは平均2週間に1度の割合で銃を使った大量殺害事件が起こっており、学校での銃撃事件は1ヶ月に1度の割合だ。

●また、銃の所持率が高い州の方が、銃を使った大量殺人事件や学校での銃撃事件がはるかに起こりやすいという。

===

テーマはなんともアメリカらしいですが、この実験の結果そのものは意外と応用が効きそうな気がしますね。

ということで、コメントについてはメルマガ(→http://ch.nicovideo.jp/strategy/blomaga )のほうで。


ビジネスと人生に活かす『クラウゼヴィッツ理論』CD


ビジネスと人生に活かす『クラウゼヴィッツ理論』

※詳細はこちらから↓

http://www.realist.jp/clausewitz-business.html



奥山真司のアメリカ通信LIVE


http://ch.nicovideo.jp/strategy
奥山真司のアメリカ通信LIVE

https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal



by masa_the_man | 2015-07-20 12:00 | 日記 | Comments(1)
今日の横浜北部はほぼ梅雨明けとも言って良いくらいの、快晴の真夏日となりました。

さて、東南アジアを歴訪している国際政治ジャーナリストのファリード・ザカリアが、オバマ政権がアジアで作った真空状態に中国が入り込んでパワーを拡大している様子を報告しております。

興味深いので久々に要約です。

===

With an absent United States, China marches on
by By Fareed Zakaria

http://www.washingtonpost.com/opinions/outside-our-focus-china-marches-on/2015/07/02/370a3b38-20f3-11e5-84d5-eb37ee8eaa61_story.html

アメリカがよそ見している間に進軍する中国
By ファリード・ザカリア

●ブッシュ前大統領がイラクへの大規模増派(サージ)を発表してからそれほどたっていない2007年1月に、私は本土の共産党と強いコネをもつ旧来の中国の友人と昼食を共にとった。

●私はこの時に、この友人に「ブッシュ大統領の増派発表について北京ではどのように受け取られている?」と聞いてみたが、彼の答えは実質的に「米国が全部の陸軍をイラクに派兵して、あと10年以上そこに残ってくれれれば、その間に経済成長を着々と進められるからいいね」というものだった。

●私は今週東南アジアを旅していたのだが、この時のエピソードを思い出さざるをえなかった。ISやイラン、それにギリシャが西側メディアでは注目されているが、中国は相変わらず前進しているのだが、当時との違いは、自国の経済発展だけでなく、アジアにおいて新しい地政学を構築しているという点だ。

●最近発表された人工衛星からの写真によれば、中国はスプラトリー諸島で過去一年半にわたって埋め立てを行っている多くの人工島のうちの一つで、滑走路の建設をほとんど完了させている。もちろんその地域での狙いは、毎年613兆円の価値のものが通過する南シナ海の90%についての領有権の主張を固めることだ。

●ちなみにこの領有権の主張に対抗しているのは、フィリピン、ベトナム、マレーシア、ブルネイ、そして台湾である。

●習近平主席が前任者たちと決定的に違うのは、積極的な対外政策を推進している点だ。たとえば「アジア太平洋の夢」を語ってみたり、アジア開発投資銀行(AIIB)や「海洋シルクロード」などのプロジェクトを宣言している。

●もちろんこれが可能な理由としては、豊富な資金の存在が挙げられる。デヴィッド・シャンボウという学者が指摘しているように、中国が最近宣言した投資額の合計は1.41兆ドル(173兆円)にも達するのであり、これは米国が過去にヨーロッパ復興のために行った「マーシャルプラン」を現代のドルに換算すると1003億ドル(12兆円)になるのと比べれば、それがどれほど大きな額であるかがわかる(中国のほうが10倍)。

●東南アジアのある国の外交官が教えてくれたのは、中国がカネと圧力をつかって地域の国々を買収しつつあるという実態であった。彼はその一例としてマレーシアを挙げており、現在の首相の政治基盤であるパハン州に対して、北京側が冷静な狙い撃ちで投資していると述べていた。

●「ミャンマーやタイでも彼ら(北京政府)は軍の将軍たちが契約からキックバックを受けることができるようにしています」とはこの外交官の弁だ。さらにカンボジアやラオスのような国では、中国からの資金が経済を動かしている状態だ。

●また、北京政府は軍事面での選択肢も増やしており、スプラトリーの埋め立てだけでなく、地上発射型のミサイルシステムを拡大配備している。

●さらに加えて、北京政府は隣国との国境付近で静かにダムを建設中だ。これによって、メコン川とブラーマプトラ川の上流のものが完成すれば、危機になった時にカンボジアとインドに流れ込む水量を遮断できることにもなる。

●シンガポールの政治家に至っては、北京政府がアメリカとの同盟関係を強調する中央政府の対外路線を、より親中路線に変更させることを狙って、中華系の地方議員に働きかけはじめたことを教えてくれた。

●彼によれば「中国大使館の外交官たちは、私の選挙区の人間たちにコンタクトしてきて彼らを説得に回っているようです」とのことだ。同国のある政治家に至っては、「彼らは中華系の若いシンガポール人をアゴアシ付きで中国まで招待しているようです。積極的で熱心ですし、うまいやり方ですよね」と述べていた。

●では東南アジアの外交官たちはアメリカをどのように見ているのかといえば、基本的に「注意を削がれて何も考えていない」とことだ。

●私が語った外交官たちは、オバマ大統領の「アジアへのピボット」については正しい大戦略であると評価していたが、その後に続くものがなく、実行が伴っていないと批判していた。また、TPPに関しては議会を通したことについて喜んではいたが、中国のむちゃくちゃな進展のスピードと比べてあまりにも時間がかかりすぎていると懸念していた。

●ある外交官は私に対して「国家安全保障アドバイザーのスーザン・ライスは、ほとんどアジアのことを知らないし、知ろうともしていないし、国務長官のジョン・ケリーは中東和平にばかり時間を割いてます。さらに大統領はアジアへの歴訪を中止してますよね、国防長官のアッシュ・カーターのみが戦略家であり、彼が就任したことで流れは変わりましたね。中国側はより警戒するようになってます」と語ったほどだ。

●アジアで影響力を増す中国との対処の難しさは、それが不可避であると同時に、それがそれほど有害ではない可能性もあるという点にある。

●中国はアジアのほとんどの国、そしてオーストラリアとの最大の貿易相手国である。その地域への関与は、ウィンウィン状態になる可能性もあるのだ。ところが政治的な支配状態については大きな不安を発生させることになる。

●東南アジアの国々は、中国を抑止するためにアメリカの方を見ているのだが、まだその動きを本格的に始動させたわけではない。彼らはアジアの国々を経済的に勃興させたこの地域の貿易、商業、そして親善的な雰囲気を、わざわざこわしたくないからだ。

●「アメリカ政府にお願いしたいのは、単なる対処法ではなく、精緻化されてバランスのとれた継続的な外交なのです」とはシンガポールの元国連大使であるキショール・マブバニ氏の言葉だ。アメリカは「冷戦時代にはソ連との競争の中でじのようなことを実行できましたよね。現地の声を聞いて、あえて近寄ったり、とにかく積極的に深く取り組むという姿勢です。今はこのようなことが全くできてませんよね」と指摘している。

===

まあ日本側としても、オバマ政権に対する見方というのは上記で述べられているような感じですね。それにしても中国の「なんでもやる」戦略はここでも健在ということです。

コメントについてはメルマガ(→ http://ch.nicovideo.jp/strategy/blomaga/ar830561 )のほうで。


ビジネスと人生に活かす『クラウゼヴィッツ理論』CD


ビジネスと人生に活かす『クラウゼヴィッツ理論』

※詳細はこちらから↓

http://www.realist.jp/clausewitz-business.html



奥山真司のアメリカ通信LIVE


http://ch.nicovideo.jp/strategy
奥山真司のアメリカ通信LIVE

https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal



by masa_the_man | 2015-07-11 23:27 | 日記 | Comments(2)
今日の横浜北部は完全に梅雨の真っ最中です。それにしてもここ数日の雨の量はすごいですね。

さて、今夜の放送の中身について少し。

「中国の台頭にどのように対処していけばいいのか?」という疑問について、アメリカの安全保障の専門家や、とりわけ「リアリスト」と呼ばれる学者や専門家たちの間では、すでに90年代後半に本格的な議論が始まっておりました。

その成果のうちの一つが、私が翻訳したミアシャイマーの『大国政治の悲劇』なのですが、その原著の初版が出た2001年当時のアメリカでは、まだ中国の脅威が一般的には認知されていなかったにもかかわらず、ミアシャイマーはすでに「中国の台頭は平和的なものとはならない」と警告しておりました。

結果としてそれから10年ほどたってみると、中国の脅威はたしかにミアシャイマーの予測した通りの状況になっているわけですが、その合間にアメリカでの対中戦略の議論も色々と進んできました。

今回紹介する論文は、そのような議論を進めた人物の一人である、プリンストン大学教授のアーロン・フリードバーグのものです。

この人は、どちらかといえば共和党寄りの中国専門家でありまして、日本では『支配への競争: 米中対立の構図とアジアの将来』という本が出ているので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
b0015356_1540275.jpg


この論文の議論ですが、フリードバーグはこれからアメリカがとるべき対中戦略のモデルとして、なんと6つものオプションを挙げて、これらをそれぞれ比較検討(!)しております。

この詳細は今夜の生放送(http://live.nicovideo.jp/gate/lv225853765)で詳しくご紹介するつもりですが、その戦略(というか大戦略)の名前だけ挙げておきますと、

1強化エンゲージメント
2安心の提供
3大型取引・影響圏
4オフショア・バランシング
5ベター・バランシング
6封じ込め

というものです。これだけ見ると「なんじゃこりゃ」ですが、説明を聞けばたしかに納得のものばかりです。

このような戦略面での選択肢を挙げて論じれる分だけ、まだアメリカには物理的な面や、知的な面でも「余裕がある」、ということも言えそうです。いやはや羨ましい限りですな。

ということで、今夜の放送をぜひお楽しみに。


ビジネスと人生に活かす『クラウゼヴィッツ理論』CD


ビジネスと人生に活かす『クラウゼヴィッツ理論』

※詳細はこちらから↓

http://www.realist.jp/clausewitz-business.html



奥山真司のアメリカ通信LIVE


http://ch.nicovideo.jp/strategy
奥山真司のアメリカ通信LIVE

https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal



by masa_the_man | 2015-07-07 15:37 | 日記 | Comments(0)
今日の横浜北部は午前中こそ完璧な梅雨の雨模様でしたが、午後は雨があがりました。

さて、戦略家として有名なエリオット・コーエンの講演会に出て興味深い話を聞いてきたのですが、その内容は後回しにして、今日は先日の放送(http://ch.nicovideo.jp/strategy/live)でも紹介した、シカゴ大学のビジネス・スクールで行われたある実験の内容についての記事の要約を。

===

The Mouth Is Mightier Than the Pen
By MATT RICHTEL
15-6/27 New York Times
http://www.nytimes.com/2015/06/28/business/the-mouth-is-mightier-than-the-pen.html?_r=0
口はペンよりも強し
byマット・リクテル

●新しい実験で判明したことがある。それは、書いたものをベースとしたコミュニケーションのほうが、口頭で伝えられたものよりも、あなたを「知能的に劣り、雇いづらい」と感じさせるということだ。

●この実験から示されているのは、雇ってくれそうな人事の人を印象づけたり、契約を取りたい場合に、電話での会話や実際に対面するような、古いタイプのメソッドのほうがより効果的であるということだ。

●この調査を行った人物の一人はシカゴ大学のビジネススクールの行動科学科の教授であるが、彼によれば「誰かの言葉にはそれを発した人の考えや活動というものが乗るのですが、テキストだけだとそれらが抜け落ちてしまうのです」と述べている。

●論文で発表されたこの一連の実験のうち、最初の実験では実験者側がMBAの取得を目指すビジネススクールの学生18人を被験者として選び、人事の人に向かって簡潔な自己紹介――約2分でビデオ撮影する――を準備するように命じている。

●それとは別に、実験者たちはシカゴの科学産業博物館を訪れていた162人の協力を得て、この18人の自己紹介を見て評価をつけてもらった。そのうちの何人かは動画を見せられ、次のグループは彼らの声だけを聞かされ、三番目のグループはその自己紹介の文章だけ読まされることになった。

●実験の結果わかったのは、動画と音声を視聴した人々のほうが、文章だけを読んだ人たちよりも高い評価をしたということだ。また、動画と音声を視聴した人々は、この18人に好意を持つ傾向が高く、さらに重要なのは、より「雇いやすい」と感じたということだ。

●もちろんこのような実験を「くだらない。文書のものは音声として聞かれるためのもので、読まれることを意識して書かれたものじゃないだろ」と感じる方もいらっしゃるかもしれない。

●ただし実験者側にはそれに対する反論がある。なぜなら2回目の実験では、評価を行ってもらう人々にたいして書かれた自己紹介の文章を口に出して読んでもらうようにしたからだ。しかもその文章は黙読されることを意識して書くように指示したものであった。

●そして、結果は全く同じであった。

●しかも三回目の実験では、フォーチューン500の(全米の大)企業のプロの人事担当者に評価してもらったのだ。

●実験者は完全に別の実験として、博物館を訪れていた人々に対して、書かれていた自己紹介文(これは黙読用に書かれたもの)を口に出して読み上げるように頼んだ。そして以前と同じく、結果は口に出して読まれた場合のほうが、印象が良かったのである。

●実験を行った教授によれば、「私が書いた自己紹介文をあなたが口に出して読んでくれれば、あなたの中で、実際に書かれた文章を黙読した場合よりも私に対する評価が高くなるのです」という。ちなみに書かれた文章のスキルはここではすでに高いものとしてあえて操作していない(シカゴ大学のビジネススクールに来る時点ですでに高い書きのスキルがあるという前提だから)。

●結果としてわかったのは、評価する側は、相手の声の抑揚やイントネーションを実際に聞いたほうが、書かれた同じ内容のものを読んだときよりも、相手の考えを推測しやすくなるということだ。

●この教授は「相手がしっかとした考えをもっている人物であることを知るための最も効率の良い方法は、相手の口を通じて声を聞くことなんです」と述べている。

●「われわれはEメールのように文章をベースとした伝達手段を不正使用しています。これは実は障害だらけです。Eメールというのはエクセルのような表計算のグラフなどを送信する場合には使えるのですが、それでもそこに込められた人間性のようなものを剥ぎとってしまうのです」

===

まあ結果は当然といえば当然ですが、これをあらためて実証するというところに意味があるわけでして。

やはり好きな子に告白する場合は、会って相手の顔を見て告白するほうが、電話や手紙よりも良い、ということなんですな。


ビジネスと人生に活かす『クラウゼヴィッツ理論』CD


ビジネスと人生に活かす『クラウゼヴィッツ理論』

※詳細はこちらから↓

http://www.realist.jp/clausewitz-business.html



奥山真司のアメリカ通信LIVE


http://ch.nicovideo.jp/strategy
奥山真司のアメリカ通信LIVE

https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal



by masa_the_man | 2015-07-02 23:27 | 日記 | Comments(0)