戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man

<   2012年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

無人機と民主制度

今日の横浜北部はまたまたよく晴れました。気温は相変わらず真冬ですが、昼間はなんとなくしのげる感じが。

さて、久しぶりに記事の要約を。私が関心を持っているテクノロジーと戦争の変化についての興味深い記事を。

====

民主制度に攻撃する無人機

by ピーター・シンガー

●民主制国家では、歴史的に戦争と国民の間に深い絆があった。

●ところがアメリカの最近のテクノロジーの変化のおかげで、この絆に大々的な変化が起こっている。

●10年前にはロボットが戦争を戦うというのはハリウッド映画に出てくる単なるファンタジーだったが、いまはそれが現実になっている。

●現在の米軍は、無人機を7000機もっており、地上には12000機の軍事ロボットが活躍している。

●去年の2011年には、このようなロボットが6カ国で攻撃を行っているのだ。

●われわれはもう宣戦布告をしていない。最後に議会がこれを行ったのは一九四二年で、このときはブルガリア、ハンガリー、ルーマニアに対するもの。

●現在アメリカで従軍しているのは人口のたった0・5%だ。

ロボットというテクノロジーのおかげで、われわれは戦争を行う際の最後の政治的障害を取り除いてしまったのだ。なぜなら自分たちの息子や娘を戦場に送らなくてもよくなったからだ。

●そうなると、戦争と平和という問題が、少なくともこのようなテクノロジーをもっているアメリカには深刻な問題とはならなくなるのだ。

●つまり戦争は、以前は国民にとって命をかける「リスクのあるもの」であったが、今はそうではなくなったのである。

●しかも現在の無人機はまだ発展をはじめたばかりである。初期のものはGPSもついていなかったほどだが、最近のものは自動で離着陸をするし、1600メートル下の地表の変化を感知して足跡を追跡できるような高感度センサーまでついている。

●しかも空軍は現在、有人の飛行機(戦闘機と爆撃機)のパイロットの訓練よりも、無人機のパイロットの訓練のほうを遥かに多く増やしている。

パキスタンでは2004年から300回以上にわたって無人機から空爆しているのだが、この作戦はアメリカの議会でほとんど議論された形跡はない

●これは米軍ではなく、CIAによって行われているという部分もあるのかもしれない。軍ではなく、民間人が戦争をやっていると、政治家の見方も変わってくる。

●先日パキスタンで大統領が海軍の特殊部隊を40分間の作戦にゴーサインを与えて「大変な決断だった」という評判だが、同時期に同じ国で行われていた300回の攻撃は政治的には何も問題になっていない

●私はこのような作戦には賛成しているが、それでもこの新しいテクノロジーが民主制国家にとっての最も重い「戦争」という決断を経ずに行われている事実には心配している。


●去年のリビアの事件はさらに問題。この時は米軍が直接介入したわけではないから議会に許可を得ていないし、国民からも支持はほとんどなかった。

●ところがアメリカは地上軍を派兵していなかったため、戦闘行為開始から48時間以内に議会に報告し、60日以内に議会の許可を得るというベトナム時代に制定された「戦争期限法」(the War Power Resolution)には違反しないとホワイトハウスが説明。

●ところがアメリカは以前は「戦争」と呼ばれていた破壊行為にリビアで関係したことは明白。

●去年の4月23日からはじまった無人機による攻撃で、少なくとも146回攻撃を行っているのだ。戦闘期間は戦争期限法の60日をはるかに上回っている。

●また、無人機はNATOの有人飛行機のためにターゲットの狙いをつける作業にも従事していた。

●6月21日には米海軍の無人ヘリ(ファイアースカウト)が親カダフィ派の攻撃によって墜落しているのだが、これは米軍側には人的被害が出なかったためにニュースにもならなかったほど。

●もちろん議会は戦争に関する決断をスルーされたわけではなく、同じ時期にアフリカのウガンダの軍の訓練のために米軍を派遣する際にはオバマ大統領は議会に報告している。議会はこの行為を賞賛。

●ところが同じ時期に無人機で戦闘行為を行っているリビアのほうには無関心。

●これはつまりテクノロジーが人間を戦場から引き離してしまったということだ。

●そして新しい現実は、「大統領は人的被害が出そうな作戦の場合にのみ議会の承認が必要だ」ということ。


●政治的な議論もなしで戦争を行うというのはいままでになかったことだ。しかしこれが将来どのように変化するのかについてはまだよくわからない。

無人機による作戦というのは「コストなし」というわけではない

●たとえば去年ニューヨークのタイムズ・スクエアを爆破しようとしたパキスタン人ファイサル・シャザド容疑者は、パキスタンのプレデターの攻撃のおかげでテロ組織に入ったという。

●しかも現在無人機を獲得しつつある国は50カ国以上になっており、それには中国、ロシア、パキスタン、そしてイランも含まれている。

●アメリカの「建国の父」たちは、国が戦争を行うためには政治的なプロセスに深く関与するような体制をつくった。ところが最近の議会は戦争の許可についてはほとんど何もできていない。

●去年私は米国防省の高官たちが集まった会合で、最近の増加しつつある戦争におけるロボット使用について厳しい議論をする様子を聞いていたが、ある参加者が、「このような(民主制度と戦争の許可の)問題について一体誰が考えているんですか?」と質問している。

●「建国の父」たちは無人機による戦争については想像できなかったはずだが、それでも彼らは一つの答えを出している。

●それは、「戦争は行政府だけで実行できるものではない」ということだ。民主制国家では、これはわれわれ全員の問題なのだ。

====

クラウゼヴィッツは戦争の本質である「奇妙な三位一体」として、政府(理性)、軍隊(チャンス)、国民(情熱)という三つの要素を挙げておりますが、このうちの国民という要素が(無人機を使う)アメリカ側からどんどん乖離していっている、ということがこの記事のテーマでしょう。

私が一番気になったのは、「コストが低いから戦争しやすくなる」という勘違いで、知らないところでアメリカは恨みを買うわけですから、実は「コストなし」ではないというところかと。

アメリカに限らず、西洋諸国をはじめとする先進諸国ではリベラリズムによる「痛みを少なくする」という思想や傾向が多く見られるようになっておりますが、この無人機による戦闘行為は、まさに(自国側の)人的被害を少なくするという意味で非常に興味深いものかと。
by masa_the_man | 2012-01-31 21:45 | 日記 | Comments(9)
今日の横浜北部は本当によく晴れましたが、夕方になってから恐ろしく冷えました。真冬度が最高潮に達しております。

さて、久しぶりに本の紹介を。去年出たばかりの戦略学ど真ん中のものです。

b0015356_22184188.png


The Evolution of Strategy: Thinking War From Antiquity to the Present
by Beatrice Heuser

ハッキリいいまして大著です。ソフトカバーのものでも本文だけで505ページあります。

基本的には教科書として書かれたものであり、具体的には戦略についての思想やアイディアを、項目や時代ごとにわけて紹介するというもの。

目次は大きく七部構成になっており、

1、イントロダクション:戦略とは何か
2、長期的に変わらないもの:テクノロジーから中世のマインドセットまで
3、「ナポレオン・パラダイム」の総力戦
4、海軍・海洋戦略
5、エアパワーと核戦略
6、非対称線/小規模戦争
7、大戦後の新しいパラダイムの追求

という感じになっております。

この本の特徴は、その教科書的な作りにあることはもちろんなのですが、やはり一番はなんといっても戦略思想におけるたった数人のビッグネームに焦点を当てる今までの教科書よりも、むしろアイディアそのものを中心に見て行くという、まさに前代未聞の構成でしょうか。そのために、あまり知られていない思想家たちの名前がバンバン出てくるのがけっこう驚きです。

著者はドイツ人の女性でありまして(ベアトリス・ホイザーと読む)、しかもタイで生まれてイギリスで学位をとり、旦那はフランス人というマルチリンガル多国籍人。自分も数カ国後を操れるという利点を活かして、参考文献も英語だけでなく多国籍な品揃え(ただし一次資料はナシ)。

イギリスの戦略界のドンであるマイケル・ハワードに師事し、数年前まではあのローレンス・フリードマンが君臨するロンドン大学のキングスカレッジで教授として教えておりましたが、数年前に縁あって私の大学に移動してきました(ちなみに私は個人的に論文提出の時に並々ならぬお世話になっております)。

本人いわく、「いやー、この本を書くのは本当に苦労したわ」というだけあって、なかなかの力作です。すでにいくつかの戦略系の大学では副読書もしくは教科書として扱われているだけあった、品質は保証済み。

難点といえば、やや英語がスムーズではなく読みづらいという点でしょうか。しかしそれをもっても余りある、資料的価値も高い完成度の高い本かと。

アマゾンじゃないですが、★四つでおススメ。
by masa_the_man | 2012-01-26 22:02 | おススメの本 | Comments(2)
またメモ代わりにここへ。ルトワックの比較的最近のインタビューを。前半の戦略のパラドックスについての話が興味深いです。


by masa_the_man | 2012-01-20 23:52 | 日記 | Comments(0)
今日の横浜北部はすばらしい快晴でしたが、やはり寒かった。

さて、数日前にお知らせした戦略学の授業についての続報ですが、本日関係者の方々と打ち合わせを行いまして、おかげさまでプロジェクトは無事スタートすることになりました。

とりあえず開催日時なんですが、三月上旬のどこかの土・日のたった一日の限定で行うということにして、ここでは授業を60分一コマの合計四コマやることになりました。途中の休憩時間を一時間入れますので、拘束時間は五時間ほどでしょうか。

具体的なこの四コマの内訳ですが、

1時間目:レクチャー
2時間目:発表/ゼミ
休憩
3時間目:レクチャー
4時間目:発表/ゼミ

となります。

ただし、開始するにあたって参加希望者のみなさんに、いくつか注意点があります。

1、授業は私がイギリスで受けたものと全く同じもので、レベルは下げません。基本的にリーディングは日本語のものをできる限り用意させていただきますが、読む量は大量です。

よって、ハッキリいってかなりしんどいことは覚悟しておいて下さい。

2、授業なんですが、とくにレクチャーを聞いた後のゼミの時間では、みなさんに必ず読んできた文献についてまとめてから発表していただくことになります。

よって、授業に主体的に参加できない方はご遠慮いただきたいと本気で考えております。

3、基本的に「聴講生」というのは認めません。また、ネットでの授業の配信なども行うつもりはありません。なぜなら、

①宿題をやってきて、
②それを自ら皆の前で発表し、
③それをネタにみんなで討論する

という三つのことを、人の前で自発的に行っていただくことに本当の意味があると考えるからです。

これらについての詳しい説明ですが、次の2月5日(日)のオフ会で行います。その際には、参考となる資料(リーディングパッケージの一例)をお見せするつもりです。

資料は今学期のイギリスの授業で使われているものと全く同じものを使用するつもりです。

ということで、またコメント欄にご意見・ご質問いただければと思います。

よろしくお願いします。
by masa_the_man | 2012-01-18 22:53 | 日記 | Comments(7)
カウティリアについて少し調べていたら以下の箇所が出てきました。メモ代わりにここへ。

1, 宥和(Sanman):妥協すること、 不可侵条約を結ぶこと。
2, 懲罰(Danda):力で相手を圧倒すること。
3, 買収(Dana):贈り物、賄賂を使うこと。
4, 分断(Bheda):敵を仲違い・分断すること。
5, 幻惑(Maya):相手を錯覚させたり、騙すこと。
6, 無視(Upeksha):敵を相手にせず無視すること。
7, 誇張(Indrajala):軍事力を実際よりも強く見せること
by masa_the_man | 2012-01-17 12:51 | 日記 | Comments(1)
メモ:英語圏で最も影響力の大きい国際関係論の学術専門誌は以下の12個ある。

American Political Science Review (APSR),
American Journal of Political Science (AJPS),
British Journal of Political Science (BJPS),
European Journal of International Relations (EJIR),
International Organization (IO),
International Security (IS),
International Studies Quarterly (ISQ),
Journal of Conflict Resolution (JCR),
Journal of Peace Research (JPR),
Journal of Politics (JOP),
Security Studies (SS),
World Politics (WP).

うーむ、やはりおなじみの名前がいっぱいでてきますね。

影響力の大きさで言えば圧倒的に下の二誌らしいのですが、peer-reviewを行う専門誌ではないので番外ということみたいです。

Foreign Affairs
Foreign Policy
by masa_the_man | 2012-01-17 09:44 | 日記 | Comments(2)
メモ代わりにここへ。別の先生の授業のものですが、最新版です。

イギリスの大学の学院生向けのものです。

1.Introduction: What is Strategy?
2.Technology, Ideology, Society and Strategy
3.Strategy from Sun Tsu to the French Revolution
4.The Quest for Eternal Principles
5.Guibert and Lloyd: Ideology, Society and Strategy
6.Small Wars: from Special Operations to People’s War
7.Napoleon’s interpreters I: Ruehle von Lilienstern, and Jomini
8.Napoleon’s Interpreters II: Clausewitz
9.The Heirs 1850-1914: Quest for Decisive Victory
10.Sea Power Writing from Mahan to Corbett: Decisive Battle, Guerre de Course or Blockade?
11.World War I and its Lessons: Mobility, Static Defences or Indirect Approach?
12.Heirs of Naval Blockade: early Air Power
13.Total War and Genocide
14.World War II on land and at sea, the European, African and Far Eastern Theatres
15.The Hot Wars of the Cold War; Insurgencies and COIN
16."Conventional" Air Power from World War II to Gulf War I
17.Nuclear Strategies
18.Naval Strategy in the 20th Century
19.Technologic Revolutions since the mid-19th century

こっちのほうは授業数も多いし、ひとつのイシューにけっこう細かく対応しているような。
by masa_the_man | 2012-01-15 15:39 | 日記 | Comments(1)

抑止論の決定本

昨日の横浜北部は晴れ時々曇りでした。それにしても寒さが続きます。

さて、久しぶりに本の紹介を。

といっても十年近く前の本なのですが、とりあえずこの分野では古典的な名著となっているものをひとつ。


Deterrence Now by  Patrick M. Morgan
b0015356_0253499.jpg


原題は「抑止論を今!」という感じですが、これは映画「地獄の黙示録」(Apocalypse Now)に引っ掛けたものですね。

抑止論といえば、冷戦時代にアメリカを中心に核戦略との関連からかなり注目されて研究された古典的な概念・理論ですが、本書はその知識を蓄積した、いわば集大成ともいえるもの。

この微妙な概念を、著者のパトリック・モーガンは冷戦時代の議論を大きくまとめつつ、この理論の詳細な分析を行って、最後はこれが冷戦後の時代にどういう意味を持つのかというところまで論じております。

本書の特徴は、なんといってもその理論を幅広い文献に当りながらまとめていることで、イギリスの戦略界の巨人であるあのローレンス・フリードマンにも「モーガンの本があるから今さら抑止について書けっていわれても・・・」と言わしめたほど。

結論としては、「抑止論というのは思ったほど信頼性がない」という、どちらかと言えば当然のものなんですが、その分類(general vs. immediate)やメカニズムの説明はさすがです。

四つの核戦略の分類・説明や、抑止理論を構成する六つの「想定」の紹介、それにRMAへの適用など、大枠を俯瞰する意味でも有用なものが多数あります。

本文だけで300ページ近いなかなか手強い本ではありますが、ある意味で「ハンドブック」的なものとしても活用できるかと。

抑止論の大枠を知りたいという方にはおススメです。
by masa_the_man | 2012-01-15 00:59 | おススメの本 | Comments(2)

砲艦外交の復活:その4

今日の横浜北部はおそらく今年一番の冷え込みかと。朝晩本当に冷えますね。

さて、またまた昨日の続きを。なかなか終わりません。

=====

●新しい船が加わっていないあの北朝鮮でさえ、対艦ミサイルを装備したことによって火力は上がっており、沿岸部隊にサンオ型潜水艦の数を加えて拡大している。

●東アジアで唯一、過去二十年間、海軍力にほとんど変化がないのがフィリピン。

●このように各国で海軍の能力が上がってくるにしたがって、砲艦外交の使用頻度も上がってくることは確実だ。

●とくに中国は「アメリカに囲まれている」という恐怖感があるため、それを打破しようとして海軍の動きを活発化させているのだ。それに従って周辺国との摩擦が生じ、それがめぐりめぐって砲艦外交の循環を促進している。

●ところが東アジアの軍備増強は、紛争の頻度も一緒に上げているわけではなく、過去30年間の国家間での紛争は、比較的平和な状態が続いている。

●その理由は、彼らが外国との戦争をなるべく避け、経済発展に集中しようということになっているからだ。

●ところが彼らは実際の軍事行動をしない代わりに、砲艦外交を使うことによって、不満であることを他国にたいして意思表示するようになったのだ。

●よって、外交的には厳しい環境になることはこれからも予測できるのだが、実際の軍事衝突は避けようという機運は残っているのだ。

●この外交に海軍が使われるのには理由がある。それは陸軍のように部隊を現地に残すようなことがなく、船だけでどこにも出現して、その場をすぐに抜け出すこともできるからだ。つまり船を使ったほうが政治家にとっての選択肢が増えるからだ。

●また、海で起こったことはトンキン湾事件でもわかるように、メディアを扱うという面でも便利だ。なぜなら海の上というのは、何かことが起こったあとでもほとんど形跡が残らないからだ。

●まとめると、砲艦外交の増加は、そのまま軍事衝突の増加にはつながらない。なぜなら軍事衝突を避けたいがために、表現する手段として砲艦外交が使われるということだからだ。

●したがって、最近起こっているこの地域の紛争は、いずれもが「表現的」で「目的や狙いのあるもの」なのだ。

●ただし「天安」沈没事件は、このようなカテゴリーには当てはまらず、きわめて戦闘的な海軍力の使われ方だった。

●その他にも特徴として挙げられるのは、「非砲艦外交」という形で、軍以外の艦船による外交が盛んになっているという点だ。

●その一例が去年の5月から6月にかけて起こった、中国の調査船によってベトナムとフィリピンに雇われた船が敷いていたケーブルを切断して事件。

●砲艦外交というのは、他の脅しと同じように、使えば使うほど実際の効力が少なくなってきてしまうもの。

●結局東アジアでは1988年に中国とベトナムがスプラトリー諸島で実際に死者が出てからは本格的な衝突は起こっていない。

●ところが軍備を増強している周辺国が、段々と「武力を使わない」という最低限の規範をこわしていくことも考えられる。そこが一番問題であろう。

=====

以上です。かなりケースが紹介されており、訳しててもチェックするのが大変でした。

結論としては、砲艦外交は増えているが、実際の軍事衝突はまだ起こっていない。でもこれから心配だ、ということでしょうか。
by masa_the_man | 2012-01-12 22:28 | Comments(1)

砲艦外交の復活:その3

今日の横浜北部は久しぶりに曇り空のスタートでして、午後から少し晴れたのですが一気に寒くなりました。明日の朝はかなり冷え込みそうな予感。

さて、またまた昨日の続きを。

=====

●ではこの一連の砲艦外交の復活の、そもそもの原因は何だろうか?いくつか挙げられる。

●まずは根本的なところで、東アジアの海域の領土はまったく確定していないことが第一だ。

●たとえば「アジア太平洋」という地域の名前だが、これは太平洋という名前がついていることからわかる通り、広大な海が存在するという意味になる。

●この中でも中国は注目だ。彼らは自分たちがランドパワーかシーパワーかまだ決めかねているところがあるが、陸の国境についての紛争のほとんどは解決しており、今は海へと乗り出しているところで、海の領海問題はかなり深刻になりつつある。

●とくに最も近い関係にある北朝鮮とも、実は海の国境については確定できておらず紛争中なのだ。

●この地域の経済力の向上は、やはり海の活用についての競争を激化させている。

●たとえば中国にとっての南シナ海というのは、経済成長に必要な海洋資源(魚とメタンハイドロ)の宝庫という一面があるのだ。これらについて紛争国はなかなか負けを認めたがらないものだ。

●東シナ海では、すでに中国がガス田から採掘している。南シナ海のガスも中国とフィリピンとヴェトナムの間での奪い合いがはじまった。これは両方とも2005年から始まった。

●経済成長は軍備の増強&近代化も促進している。西洋諸国の船の数は減少しつつあるが、この地域の船の数は増えており、日本はヘリ空母の他にも艦船の数が冷戦終了あたりからほぼ二倍、韓国は揚陸艦や巡洋艦、それに潜水艦などを冷戦後から備えつつある。

●中国の海軍の軍備の近代化は劇的で、ソ連制の第二次大戦時代の駆逐艦がたった二隻だった一九九〇年代から2010年現在で13隻の現代的な駆逐艦をもっている。

●ほかにもマレーシアは同じ時期に駆逐艦を4隻から8隻、それに加えて潜水艦も2隻。ベトナムは2隻のフリゲート艦に6隻のキロ級潜水艦。台湾もキッド級ミサイル駆逐艦冷戦直後から三倍の規模になり、22隻のフリゲートをもつ。

====

今日はここまで。続きはまた明日。
by masa_the_man | 2012-01-11 23:22 | ニュース | Comments(2)