戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man

<   2011年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

今日の甲州はまたしてもよく晴れまして、気温もなんとなく春らしくなってきました。そういえばそろそろ桃の花の季節です。

一昨日のエントリーですが、どうやらトピックのチョイスのせいでいつもの数倍のコメントを頂いたわけですが、一部感情的なものをのぞけば、みなさんどうやら冷静に読んでくれたようで何よりです。

何度も言うようですが、私があのエントリーで言いたかったのは決して「原発肯定論」ではありません。むしろ私にとって関心があったのは、人間の感じる「恐怖感」と「コントロールの感覚」の間にどのような関係があるのか、ということです。

そういう意味では、「原発は危険かどうか」という話ではなく、人間の心理のメカニズムをテーマにして色々と考えてみたかったのです。そしてそこで私が出した結論が、

「コントロールできていると感じれるかどうか」が人間に大きな感覚の差を生み出す

というものでした。

さて、今日はそこから話をもう一歩先に移してみようかと。

私はこの「コントロール」という概念については、戦略学のコースや自分の指導教官の話を聞いているうちに気になってきたものなのですが、実はこの概念が、今回の原発事故だけではなく、人間界のあらゆる政治的現象などにも全て適用できるのは?と最近考えております。

まずは「原発」ですが、これはすでに述べたように、われわれはこのテクノロジーを手に届かないところにあり、しかもここから生まれるリスクを「コントロールできない」と感じるので、実際の致死率は低くても「ものすごく危険」という恐怖を感じさせるわけです。

その反対に「車」というテクノロジーですが、これは基本的に手に届くところにあり、リスクは基本的に自己責任。しかも自分が管理・運転するわけですから「コントロールできる」と感じることができるため、実際には致死率や事故のリスクが高くても「危険だ」という感覚はあまり生まれないわけです。

これをやや単純化すると。

●個人がコントロールできていないという感覚を持つ →不安(例:原発)
●個人がコントロールできるという感覚がある  →安心(例:車)

という公式というか、原則(プリンシプル)のようなものが出来上がります。ここまでは前回のエントリーで説明したところです。

私はこれを敷衍した時に、どうやらこの原則は他の現象に当てはめてみても似たようなことができるのではと考えております。

そのうちの分かりやすい例が、わが日本国が採用している「民主制度」という制度。

ご存知の通り、民主制度の最低限の共通項として挙げられるのは、選挙権を持った国民が国政を担う代表権をもった人間を投票で選びだし、この選ばれた人々が国民の代わりに国政を担当する、というところでしょうか。

このような制度は、このブログをお読みの方のほとんどはすでに生まれた時から日本で行われていたものですから、「いまさらなんでこれが重要なの?」と言われてもピンとこないかも知れませんし、政治関係の本を読んでも「政府のレジティマシーに関わる云々」ということしか書いてありません。

しかしこれを「コントロール」という概念や上の原則から考えてみると、そもそも「なぜこのような国民による選挙が重要か」ということがよくわかります。

ではなぜ選挙を行なう民主制度が重要なのかというと、これはつまり

「国民一人ひとりに“俺たちが政府をコントロールしている”と感じさせることによって、不満を生じさせない」

という理由があるからです。

もちろん実際には民主制度を採用している国家の国民が本当に政府をコントロールできているかどうかは極めて怪しいところがあるわけですが、とりあえずここで大事なのは、選挙というイベント的な手続きを踏むことによって、「俺たちがコントロールしている」という、いわば「納得」という名の幻想を、投票という行為によって国民一人ひとりの中に発生させてくれるからです。

そして国民が納得・安心していれば「反乱を起こしてやれ!」と考えるような不埒な輩も出ず、国家の体制と国内の秩序は守られます。

そして秩序が守られるということは為政者にとっても国民側に互恵的なものだから良い、ということになるわけです。

ちょっと話が長くなったので、続きはまたあとで。次は陰謀論との関係について書きます。
by masa_the_man | 2011-03-31 00:57 | 日記 | Comments(13)
今日の甲州はよく晴れましたが、まだまだ朝晩はかなり冷え込みます。本格的な春の到来が待たれるところです。

さて、深刻さを増す福島の原発事故ですが、これについて最近考えていることをここで少し。

まずこれを書く前にここでお断りしておかなければならないのは、私は別に原発の推進派でも反対派でもなく、あくまでも今回の原発事故の及ぼす影響に憂慮している一国民だということです。

しかしそうは言ってもとにかく気になっている疑問が、なぜここまで原発というものが怖がられるのか、という問題

私がなぜこんなことを考えたのかというと、CNNの(元オフェンシブ・リアリストの)ザカリアの番組のブログの記事の中に、「過去数十年間にわたる原発の事故による死者というのは、他のエネルギー関連の死者数よりも遙かに少ない」ということが書かれていたからです。

たとえば石炭だと中国や最近のニュージーランドでの炭鉱の事故で大量の死者を出しておりますが、原発ではチェルノブイリで出ただけで、スリーマイル島では直接の死者数はゼロ。石油関連では過去40年間で2万人以上が死んでいる、と。

それよりもわかりやすいのが、たとえばわれわれが普通に使っている「車」は、日本でさえ年間1万人前後、アメリカだと毎年3万人ほどの命をコンスタントに奪っております。

つまり単純な死者数で考えると、どう考えても「原発」よりも「車」のほうが危険なテクノロジーということになるわけですが、なぜか原発のほうが恐れられております。

もちろん広島・長崎などの原子爆弾の投下による被害を受けた唯一の国として、日本には核エネルギーに対する猛烈な不信感があることは当然なのですが、それにしても単純に「死者数を出す」という危険性からみたら、どう考えても車のほうが「危険」な存在です。

そこで少し考えてみたんですが、どうやらわれわれが感じるこの「原発」と「車」という二つのテクノロジーについての「危険度の感覚の違い」には、われわれ個人がコントロールできる範囲というものがひとつの要素として絡んでくるのでは、ということ。

これを単純に言えば、人間には以下のような二つの原則が成り立つのではないか、ということです。つまり、

●自分がある程度コントロールできている(と感じる)場合→危険だと感じない。

●自分のコントロールが効かない(と感じる)場合→危険だと感じる。

ということです。

もちろん上は「車」というテクノロジーでして、これはあくまでもリスクの管理は個人の責任ということになり、安全に使えるかどうかというのも、かなりの部分は個人の技量によって左右されるもの。つまり自己責任だからOK。

そうなるとどうやら人間というのは、毎年死者数を1万人出すようなテクノロジーでも「危険だ」とは感じにくくなるわけです。

それとは反対に、下の例の典型が「原発」であり、これは国家プロジェクトとしてエリートたちが、一般人の手の届きにくい知識や複雑な機器を使って勝手に管理しており、とくに今回のような事故では、まさに制御が効かない「コントロール不能」の事態に陥っております。

そうなると、まだ(直接的な原因による)死者は出ていないのに、人間の感じる恐怖感は劇的にアップするわけです。

もちろんこのようなことを書くと「こいつは原発を擁護している、けしからん奴だ!」ということになりそうですし、そう言われても仕方ないと思っておりますが、私がここで本当に言いたかったことは、最近の報道を見てつくづく感じるのは、

人間社会で大きな影響力を持つのは、事実そのものよりも“人々がどう感じるか”のほうである」

ということなのです。

そしてその「感じ方」という面で大きな役割を果たしているのが、実は人々がそのテクノロジーを「コントロールできていると感じているかどうか」という点にあるのかと。

これについては私もさらに考えてみたいので、みなさんのご意見をぜひ。
by masa_the_man | 2011-03-29 02:38 | 日記 | Comments(68)
今日の甲州は昼間まで晴れたんですが、午後から曇りまして、一気に寒くなりました。春はまだなんでしょうか?まるで冬でした。

さて、今日は久々に本の紹介。といっても珍しく日本の本です。

b0015356_0541980.jpg

「日本ダメ論」のウソ
by 上念 司

この本は、実は先月のオフ会にいらした人に直接いただいたもの。出たばかりの新刊です。

中身は基本的に経済ものなんですが、その特徴としては最終章で地政学についての議論が展開されており、小生の著作からもいくつか引用されております。

まさかこういう本の中で私の本の内容が引用されるとは思わなかったのですが、興味のあるかたはぜひ。
by masa_the_man | 2011-03-25 01:03 | おススメの本 | Comments(12)
b0015356_23173687.jpg

タイトル:なぜリーダーたちはウソをつくのか―国際政治におけるウソ
原題:Why Leaders Lie: Lying in International Politics

著者:ジョン・ミアシャイマー John J. Mearsheimer
書籍情報:University of Oxford Press 2011年出版 初版 本文104ページ

● 著者紹介
ジョン・ミアシャイマー(1952年〜)シカゴ大学教授。コーネル大学博士課程卒。

●本書の内容
なぜ国家のリーダーたちはウソをつくのだろうか?国際政治において一般的に考えられているのは、「政治家はウソをつく」ということだ。しかし歴史的事実を詳しく検証していくと、どうも彼らは思われているほどウソはついていないらしい。もちろん明らかにウソをついていたケースもあるにはあるのだが、実は国内に向けてウソをついている場合のほうが多いのだ。本書はこれまでほとんど検証されてこなかった「国際政治でのウソ」というものを、国際政治理論の学者として名高いミアシャイマーが体系的に分類してまとめた、いままでに前例のない極めて珍しい視点からの簡潔な研究。

●目次
まえがき
イントロダクション 
第一章 「ウソ」とはどういうことか
第二章 国際関係における「ウソ」の一覧表
第三章 「国家間でのウソ」
第四章 「恐怖の煽動」
第五章 「戦略的な隠蔽」
第六章 「ナショナリスト的な神話づくり」
第七章 「リベラル的なウソ」
第八章 国際的についたウソがバレた時のダメージ
第九章 まとめ

by masa_the_man | 2011-03-24 00:20 | 日記 | Comments(1)

リビアの飛行禁止区域

b0015356_10202570.jpg

(msnbc.comより)
by masa_the_man | 2011-03-23 10:20 | ニュース | Comments(5)
b0015356_111646.jpg
(msnbc.comより)
by masa_the_man | 2011-03-21 01:01 | ニュース | Comments(4)
b0015356_11385683.jpg
(cnn.comより)
by masa_the_man | 2011-03-20 11:39 | ニュース | Comments(0)

新しい人文学:その3

●適合性(Attunment) :他人の思考に入って彼らから何を得られるのかを学ぶ能力。

●均衡(Equipoise):自分の心の動きを敏感に察知し、偏見や短所を修正できる能力。

●混血性(Metis): 世界のパターンを見ぬき、複雑な状況の中から要点をとらえる能力

●同情(Sympathy): 周辺の人間のリズムに溶け込み、集団を活性化させる能力のこと。

●リマレンス(Limerence): これは才能でもないし、動機でもない。顕在意識というのは金と成功を求めたがるものだが、潜在意識のほうは自分個人を超越した、互いの愛にあふれた、いわば神の愛や使命などに溢れた瞬間を求めているものだ。

●我々の中にはとくにこの欲望を他人よりも強く感じる者がいるようだ。

●心理学者のフロイトが「無意識」という概念を提唱したとき、これは社会と文学に大きな影響を与えた。

●そして現在は、何万人という研究者たちが、我々自身の正確な姿というものをとらえつつあるのだ。

●彼らの研究は科学的であるが、同時にそれは我々の視点を新しい人文学へと誘うようなものなのだ。

●それらは合理性と感情というものがいかに結びついたものなのかを証明しはじめていると言える。

●私はこれらの研究成果は我々の文化に非常に大きな影響を与えることになるものと見ている。

●これは我々自身の姿についての見方そのものを変えうるのだ。もしかしたら、いつかこれらが我々の政治家たちの世界観を変換してしまうことになるかもしれない。

(了)
by masa_the_man | 2011-03-19 01:50 | ニュース | Comments(1)
今日の甲州は曇りがちでして、先ほどは大きな地震がありました。どうやら直下型みたいで、縦の細かい揺れを感じたんですが、特に家の中の被害はありませんでした。

さて、最近相次いで地震やら原発事故やらが頻発しておりますが、長年留学していた関係から、海外の友人から続々と安否を気遣うメールをいただきましたので、被害を受けた方々を応援するつもりで、ここにちょっと紹介しておきます。みなさん日本のことを絶賛してくれていて、とってもありがたいです。

以下はコースメイトの空軍大佐からのメッセージです。

=========

how are you? Are you safe? What can be done to help?

All of America is behind you. We are very, very sad to see beautiful Japan, our very good friend and strong ally, hurt so badly by the earthquake and tsunami.

Help is on the way. I have been in planning meetings for the last two days laying out our relief efforts. We are working with your authorities. Our Air Force is busy establishing an "air bridge" to rush immediate medial supplies to help the wounded and rescue operations... as well as material to help you secure your nuclear reactors. Our Navy and Merchant Marine is underway to bring massive relief to places where your authorities tell us you need it.

This is a great disaster, but we are amazed at how well prepared your emergency services are. Amidst this tragedy, Japan is showing the world that your people and culture are brilliant.

Please let me know how YOU have faired through all of this.

My whole family sends our respect, love, prayers, and deepest sympathy to you.

Cheers!

=======

このメールに対して私が「俺の家族は全員無事だ」と返信すると、以下の返信。

=======


I am very grateful that you and your family are safe and fairing well, all things considered! Thank you! Thank you! Thank you!

Every news channel and every newspaper in America is focused on Japan right now. We share your shock, and everyone here is anxious to help.

Be of good cheer. Japan will get through this. Japan's leaders and rescuers are demonstrating calm dignity as they implement brilliant contingency plans developed and exercised many times over the years.

Again, I am very happy that you and your family are unharmed.

Take care, and stay in touch!

=====

いやー、こういう心あたたまるメッセージはありがたいもんです。アメリカ人なので、非常にポジティブなトーンが見受けられますね(笑

それに対して、以下はイギリスの友人からです。

=====

I do hope you and your family are all safe. I, like everyone, have been stunned by the scale of the disaster that has hit Japan, and incredibly impressed and moved by the spirit of the Japanese people in coping with it.

The enormity of what has happened has yet to sink in, but this is clearly a truly horrifying disaster and one that has left us as foreigners feeling numb and shaken, so we can only guess what it must be like for you. But, if any country in the world can deal with a disaster of such scale, then surely it is Japan.

Watching so many Japanese respond to such a calamity in such a competent, composed and resolute manner is not something I will ever forget. In the midst of such appalling grief and suffering perhaps you can take some pride in that.

We are all thinking of you.

Yours ever

=======

これもありがたい。それにしてもこの彼は英語がうまい(笑)

ということで、日本の冷静さに驚嘆していることがうかがえます。われわれは彼らに日本の強さを証明するためにもがんばらなければいけませんね。

上のアメリカ人の彼が言うように、ポジティブに勇気を出していきましょう。
by masa_the_man | 2011-03-15 23:38 | 日記 | Comments(20)

新しい人文学: その2

●我々の政策の多くは、計測可能で数値化できる、統計上の「相関」だけを信頼し、それ以外のことは全て無視するような「専門家たち」によって提案されている。

●しかし我々がこのような分裂した「人間の本質」についての視点を持ち続けるかぎり、より豊かで深い視点というのは生まれてこないのだ。

●豊かで深い視点というのは、神経科学、心理学、社会学、行動経済学など、分野を越えた様々な研究者たちによってもたらされるものなのだ。このような多岐にわたる研究から、いくつかのヒントが見えてくる。

●一つ目は、思考のほとんどは無意識の領域で起こっており、人間の創造性というのはここでその多くが発生している、ということだ。

●二つ目は、情熱と理性は相反するものではない、ということだ。我々の情熱は物事に価値観を与えるものであるし、情熱は理性の基礎となっているのだ。

●三つ目は、人間は人間関係を作り上げる「個」ではない、ということだ。我々は(アリストテレスの言うような)社会動物なのであり、互いに深く支えあっていて、人間関係によってできあがった存在である、ということだ。

●このような最近の研究が示しているのは、個人主義や理性を強調するフランスの啓蒙主義の「人間の本質」についての見方は間違っている、ということだ。

●それよりも、社会の情緒面を強調するイギリスの啓蒙主義のほうが、我々の実態をより正確に述べている。イギリスの啓蒙主義は、「人間はそれほど分断された生き物ではない」ということを示していた。

●我々が進歩できたのは、「理性が情熱を支配した」という理由だけではないのだ。我々は自分たちの感情を教育することによっても成長してきたのだ。

●これらの研究の成果を踏まえて考えてみると、ビジネスや家族関係や政治に至るまで、今までとはかなり異なった視点を得ることができる。

●つまり、いままでは人の「分析の仕方」のほうが重要であると思われていたのだが、この新しい考えに従えば、人間が現実をどのように感じ、心の中でその現実をどのように整理するのか、という点のほうに注目が集まるようになったのだ。

● そうなると、「個人の性格」よりも、個人が他人と持っている「関係の質」のほうが大切であることになる。つまり、今までとは違った「人的資産」(ヒューマンキャピタル)についての考え方が見えてくるのだ。

●過去数十年間の我々の「人的資産」の定義はかなり視野の狭いものであり、知能指数や学歴、それに仕事のスキルのレベルなどしか強調されていなかった。

この続きはまたあとで。
by masa_the_man | 2011-03-10 23:03 | ニュース | Comments(21)