戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man

<   2010年 02月 ( 32 )   > この月の画像一覧

今日のイギリス南部はけっこうスッキリ晴れまして、気温も久しぶりに2ケタにあがり、とても過ごしやすい一日でした。

来週から日本ですので、ちょっとひさしぶりにイギリスっぽいものを食べておこうかと思いまして、町のパイ屋さん(しかも名前がスウィーニー&ドット)でステーキ&マッシュルーム入りのパイを買ってきました。これをあとで夕食に食べてみるつもりです

さて、判断力のつけかたについての「学派」なんですが、コメント欄でshahilさんにいただいたご意見がなかなかよかったので、ここに提案しておきます。

個人的にはこの「形式知」とか「個人知」いう言葉をもうちょっとわかりやすいもので表現できればいいと思っているんですが・・・・どなたか良い案ないですかね?


1:「経験至上主義学派」=「形式知」+「個人知」
2:「経験則/伝承学派」=「暗黙知」+「集団知」
3:「歴史学派」=「形式知」+「集団知」
4:「精神学派」=「暗黙知」+「個人知」

これをまた簡単に解説しますと、1の学派の人は「最高の判断をするには、自分の身体で会得した経験的な知識を使えばいい」というアドバイスをする人たちです。その経験も原因と結果がわかるようなものが多いですな。

サッカーなどでたとえると、「彼は国際試合の経験が豊富ですから、その経験を活かせると思います」みたいな解説者の発言にみられますね。もちろん大舞台の経験が多いからと言って、必ずしもいいプレーができるとは限らないというツッコミも忘れてはいけませんが(笑

2の学派は「ことわざ」とか「格言」になりまして、これは「原因と結果はわかりにくいが、とにかくそうするといいらしい」という風に、ある文化や民族、国家の中に伝統的に共有されているものかと。

わかりやすいのは、「ハチに刺されたらしょんべんひっかけろ」みたいなものですか(笑

3の学派は本などに書かれた歴史の知識から判断力を獲得しようというもので、基本的に原因と結果がハッキリしていて、情報も公開されたものばかりで一般的に共有されているものであります。

いわゆる「歴史に学べ」系はほとんどがこれで、学者というのもだいたいこれです。科学的な判断というのもここに入りますね。

4の学派は完全にスピリチャルな学派でして、巫女さんかチャネラーのような「神」または「宇宙人」のような存在を介して最高の判断をあおごうという考えをもちます。

しかし最大の問題は、その判断が本当に正しいのかどうか誰にもわからないということでありまして、それが権力をもっている特定の人間に信じられてしまうと、なかなかやっかいなことにもつながりかねない危険性がある、ということですね。
by masa_the_man | 2010-02-28 03:45 | 日記 | Comments(15)
elmoiyさんに見つけていただきました。



ここで戦っているのはウェールズの部隊なんですよね。これの前の「子牛のシーン」がけっこう有名です。マイケル・ケインが若い・・・・
by masa_the_man | 2010-02-27 01:40 | 日記 | Comments(16)

戦略論の原点[普及版]

今日のイギリス南部は昼過ぎからずっと小雨が降っておりました。気温が少し上がってきたのはありがたいですね。それでも二ケタいくかいかないかですが。

さて、以前から好評いただいている『戦略論の原点』ですが、なかなか売れ行きが止まらず、とうとう今回は装いを新たに、価格もお求めやすいソフトカバーの「普及版」として発売されることになりました。

b0015356_7443824.jpg


この本は実はものスゴい本でして、一回読んだだけでは「あ、なるほどね」という感じの薄い印象しか与えてくれないのですが、読めば読むほど、そして戦略論についての理解が深まれば深まるほど、味わいがにじみ出てくる、スルメのような歴史的名著です。

わたしは今でもたまにこの本を読み返すことがあるのですが、読み返すたびに新しい発見があります。さすが私の先生が「過去百年間に書かれた戦略の理論書の中では最高のものである」と言っただけありまして、先生の主な著書の中では必ずといっていいほど引用されております。

本文はたった120ページほどなので、けっこう気軽にお読みいただけると思います。ただしその内容はなかなか深いですが。
by masa_the_man | 2010-02-26 07:51 | 日記 | Comments(6)
今日は、ニューヨークからの風景です・・・・

b0015356_6284687.jpg


皆さんにバイアスのない目で見ていただきたいので、あえて名前と肩書きは伏せます。「顔」だけを見て考えてみてください。

===========

デイヴィッド・ロックフェラー・シニア(David Rockefeller, Sr. 1915年6月12日 - ) はアメリカ合衆国の銀行家、実業家であり、現在のロックフェラー家の当主[1]。1936年.、ハーヴァード大学卒業。卒業論文のテーマはフェビアン協会[2]であった。その後、フェビアン協会が設立したロンドン・スクール・オブ・エコノミクス (LSE)に留学[3]、同校で修士号を取得した。また同時期にLSEに留学していた後のアメリカ大統領ジョン・F・ケネディと出会う。その後、シカゴ大学で経済学博士号を取得。1981年までチェース・マンハッタン銀行の頭取兼最高経営責任者。外交問題評議会名誉会長。ビルダーバーグ会議には初会合から参加している。1973年三極委員会を設立[4]。2007年に11月に来日、回想録(日本語版)の出版記念会が都内のホテルで催され、出版記念サイン会がMoMA Design Storeにて催された[5][6]。

(wikiより)
by masa_the_man | 2010-02-26 06:29 | 日記 | Comments(35)
引き込まれるように見てしまいました。これは面白い。



年金システムというのは、そもそもネズミ講(マドフ事件)と一緒だとまで言い切ってますね(笑)

チリ政府の改革の先頭に立ってきた人間なので、とりあえず説得力はあります。ギリシャ危機は大きな問題の単なる前振りだと主張しつつ、ファーガソンの言葉を引用しながら「ヨーロッパの街角では5〜10年以内に血を見ることになる」と言ってます。

「ビスマルク・システム」よりも「フランクリン・システム」にしろというのはなかなか興味深い指摘です。つまり自分が自分の所得を10%強制的に貯金させられて、それを将来自分のためだけに使えるようにする、ということですな。
by masa_the_man | 2010-02-24 09:23 | ニュース | Comments(38)

ハト時計か!



けっこう引用に使われる有名なセリフです。
by masa_the_man | 2010-02-22 14:00 | 日記 | Comments(46)
b0015356_5575578.jpg


■田母神俊雄氏推薦! 「日本をもっといい国にするために、 こんな若き地政学者の登場を待っていた!」 地政学とは、国際社会の常識とされている戦略で、 「自国の国益のために行う戦略」である。 この学問は、第二次世界大戦中、日本でも盛んに研究された。 しかし、敗戦後GHQによって研究は禁止され、 危険な学問として、日本では長らく封印されてきた。 しかし、世界は地政学を常識として 日本に対して、さまざまな戦略を仕掛けている。 知らないのは日本だけ。 地政学を知らなければ、これまで同様、 他国にいいようにされてしまうだけである。

■やがて日本は「世界地図」から消えていく!? 日本は50年にわたり日米安保のもと、 アメリカの戦略に乗り、これまでやってきた。 しかし現在、アメリカの経済力の低下、 中国の台頭により、その勢力図が変わりつつある。 しかも唯一の同盟国アメリカにとって、 国益の第一は地政学上、日本ではないのである。 アメリカが日本を捨て、中国に委譲するとき、 戦略なき日本は、世界地図から消えていく。 そして、日本は中国にのみ込まれていく。 その中国は、海洋に勢力を広げようとしている。 その範囲は、台湾、沖縄から 将来的には太平洋をアメリカと分割することまで目論んでいる。 つまり、沖縄独立も視野に入れているということである。 そんな中、民主党は「沖縄ビジョン」を掲げ、 外国人参政権を与えようとしている。 果たして、日本は中国と手を組んでうまくやっていけるのか。 かつて日本に国土を蹂躙された老獪な国は、 日米同盟のようにはいかない。 その先にあるのは、日本の属国化なのである。

■日本に残された道は、地政学上3つしかない 地政学で言うランドパワーの国(中国)と シーパワーの国(アメリカ)に挟まれた、 シーパワーの国である日本は、 戦略上、3つの選択肢しかない。 ・日米同盟の維持 ・中国による属国化 ・日本の独立 では、日本は真の独立は果たせるのか。 しかし、真の独立などそんなに甘くない。 日本に一番欠けているもの、それは世界観、 つまり、日本のアイデンティティである。 世界が「カオス化」していく中、 日本がアイデンティティを取り戻し、 世界に伍していくために、 今こそ、地政学という 「世界の常識」を知らなければならない。

=========

久々の自著です。すでにお読みになったかたもいらっしゃると思いますが、今回のものは前作よりもさらに「わかりやすさ」や「読みやすさ」を追求しております。

そういう意味では本ブログを長年読んでいらっしゃる方々の中には「もう少し掘り下げて欲しかった」というご意見もあるかも知れませんが、個人的には地政学というものを広げるという目的のためにはさらにわかりやすく書いてもよかったかなぁと考えているほどです。そのため、参考文献や出典なども削りました。

いままで翻訳したものと比べるとまったく「学術的な著書」ではないかも知れませんが、私のここ数年間の「世界観」のようなものは味わっていただけるのではないかと。その意味では「地政学の入門の入門」ということになります。

あとがきにも書いておりますが、わたしはこの本でかなりの悲観論を展開しております。ただし長期的には日本の将来に楽観的でありまして、この辺は勘違いしないでいただきたい。

もっと「バリバリの理論書」をご期待の方々は、「進化する地政学」の続編や、今年の後半に出すつもりの新書(?)のほうも併せてお読みいただければと思います。

あ、それとルボウの翻訳もご期待下さい。訳は予想以上に大変ですが、有志の方々の英雄的な献身によって、なんとかなりそうな雰囲気です。現在は全十章のうち、三章目の翻訳作業が始まってます。

ああ、そんなことやってないで早く論文を仕上げないと(苦笑

b0015356_712531.jpg
(写真提供:K氏)
by masa_the_man | 2010-02-22 06:31 | 日記 | Comments(55)

ポーゼンの地政学論

すいません、ちょっとメモ代わりに(苦笑

Posen classiaes himself as a “selective engagement” advocate. He does believe, however, that the United States should not only act to reduce the probability of great power war, it should also pursue the traditional policy of opposing the rise of a Eurasian hegemon who would conquer or even dominate the world’s centers of industrial and economic power. The latter risk seems very low in the short term, but preserving the political division of industrial Eurasia remains a U.S. interest.

ああ、すばらしき地政学の世界(笑
by masa_the_man | 2010-02-21 09:41 | 日記 | Comments(4)

ナポレオンの名言

軍事力には何かを組織するような力はない。この世には二種類の「力」がある。「剣」と「精神」だ。長期的にみれば、「剣」というのは「精神」に常に負けてしまうものだ。
by masa_the_man | 2010-02-20 10:33 | 日記 | Comments(37)
北崩壊時中ロ共同で北朝鮮占領の可能性も、米研究者

2010年2月19日(金)09:40

【ワシントン18日聯合ニュース】米ハドソン研究所のリチャード・ワイツ上席研究員は18日、韓米経済研究所主催の討論会に出席し、「ロシアと南北韓:過去の政策と未来の可能性」と題した研究論文を発表。北朝鮮が崩壊した場合、中国軍とロシア軍が共同で占領するシナリオが考えられると述べた。
 北朝鮮が崩壊すると、人道的次元の災害が生じるのを防ぐと同時に、北朝鮮の核爆発装置や武器がテロリストや犯罪者、不良政権の手中に渡る前にこれらを確保するため、他国も軍隊を北朝鮮に送ることを考慮する可能性があると見通した。
 その上で、「中国とロシアが、米軍が自分たちの国境に近付くことを許す前に、その地域(北朝鮮)を占領することを望むことが考えられる」と分析した。中ロはすでにこうした共同占領の総練習となり得るウォー・ゲームを実施していると述べ、2005年8月に北朝鮮に近い地域で重要な軍事訓練を行ったことなどを指摘した。

================

ランドパワーで協力して統治ということですな。これも一種の「現状維持」のシナリオですね。中国単独でやらないというところがミソかも知れませんが。

結局のところは日清・日露の頃と同じで、地政学的な状況はアメリカが加わったこと以外はあまり変わっていないわけで(笑
by masa_the_man | 2010-02-20 06:34 | ニュース | Comments(31)