戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

<   2010年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

今日のイギリス南部は朝から気持ちの良い快晴でしたが、とにかく気温が低くてビックリしました。また寒波のようです。

さて、今日も「地政学」な話題を。

インド洋や「真珠の首飾り」戦略についてです。インドの新聞の意見記事ですが、彼らの危機感がよくあらわれております。


======

The games at Gwadar

January 29th, 2010

By Arun Kumar Singh

●去年のことだが、中国のある退役した提督が、アデン湾における中国海軍の対海賊作戦が行われて一年がたったことから、そろそろこの海域に中国海軍が使える港が必要であるということを発言した。

●現在中国海軍の船は母港から4万5千海里離れたアデン湾で四ヶ月から半年間、どこの港にも立ち寄らずに操業している。

●中国がインド洋域(IOR)で基地を求めていることは国際的にも注目されているので、北京政府はこの提督とは距離を置いているが、実は北京政府はこの海域ですでに使える基地をもっている。

●彼らが建設したパキスタンのグワダル港がそれで、もうすぐ完成するものとしてはスリランカの南端にあるハンバントタ港がある。また、メディアはビルマにも中国が港を建設していることを報じてる。

●北京政府は「真珠の首飾り」政策の一部としてIORで港を求めているのだが、パキスタンのグワダル港に関しては建設しているだけでなく、その資金まですべて提供している。

●バロチスタン州にあるこの港は戦略的に重要な位置にあり、イランとの国境近くにあって、ホルムズ海峡の出口から180海里しか離れていないため、中国のタンカーはここで原油を積み降ろし、鉄道や道路、それにパイプラインなどを使って輸送し、戦時には閉鎖されたり貴重な物資を海賊に狙われたりする可能性のあるマラッカ海峡やシンガポールなどを通らずにすむのだ。

●また、この港はパキスタンにとっても戦時にカラチの港が封鎖されて石油の輸入ができなくなったときの別の選択肢を与えてくれることにもなる。

●グワダル港はまず最初の建設(フェーズ1)が2002年3月に始まり、公式には2005年3月には完成しているのだが、2003年には一部で操業が開始されており、このフェーズの建設費の28400万ドルのうち、中国は19800万ドル払っている。

●グワダル港4・5キロの幅と11・5メートルの水深があり、三つの多目的用の停泊地がある。

●パキスタンのムシャラフ前大統領は、「インドとの戦争が起こったら、パキスタンは中国海軍をグワダル港に招き入れなければならない」と言ったとされている。

●フェーズ2はフェーズ1と時期的に重なっており、これは2006年1月に終了している。

●この時には九つの停泊地が加えられ、港への航路の水深も14・5メートルまで掘り下げられ、5万トン級の船も発着できるようになった。この港は2007年3月に正式に開港し、パキスタン海軍の母港となったとされている。

●ここで重要なのは、ペルシャ湾からインドのクッチ湾のヴァディナール石油ターミナルに向う石油タンカーは、すべてグワダル港の南40海里の海域を通過するのであり、この港にいる中国やパキスタンの艦船に阻止されてしまうこともありうるのだ。

●未確認情報によれば、中国はグワダル港に電波通信傍受施設も設置しているという。

●インドにとっての戦略的重要性を理解するためには以下のようなデータを示す必要がある。

●インドで輸入されている70%の石油は、タンカーによってホルムズ湾を通って海から来ている。

●この70パーセントの石油は、クッチ湾やキャンベイ湾の港、そしてムンバイ港で陸揚げされる。

●2007年にクッチ湾では、実に1100隻のタンカーがグワダル港の南40海里を通って入港している。

●そしてこの船の数は、2012年には2100隻、2025年には4000隻以上になり、この時の総石油輸入量は今の4倍の2億トンになると見込まれている。

●ちなみに中国の輸入量は6億トンになると見込まれており、そうなると当然のようにここで紛争が起こりやすくなる。

●同様に、ペルシャ湾からムンバイ港やキャンベイ湾の港まで石油を運ぶ船は激増し、他のインドの港にも振り分けられることになるはずだ。

●これは世界にとっても深刻な問題となる。なぜならペルシャ湾には埋蔵が確認されている世界の石油の実に75%が存在し、50%のガスもここにあるからだ。

●毎日1600万バレルの石油がタンカーに載せられてホルムズ海峡を通過しており、これは年額に直すと2千億ドルの価値が通過していることになる。

●これはペルシャ湾の石油の輸出の90%に当たり、世界全体の石油貿易の40%以上にあたるのだ。

●ところがこの重要な石油航路のそばにあるグワダル港が、もうすぐ中国海軍によって使用されることになるのだ。

●周辺国の中国に対する恐怖感に配慮してか、パキスタン政府は2007年3月にこの港の操業をシンガポールのPSAという会社に40年間任せる契約をした。

●PSAの子会社は11カ国で22の港を操業しているのだが、ここは次の5年間でグワダル港に5億5千万ドルの投資を行うという。

●去年と今年のインドの独立記念日がテロの危険も無く無事終了したのはインドのセキュリティーやインテリジェンス機関のおかげだが、それでも完全に安心できるというわけでない。

●なぜなら、パキスタンは中国から「友情価格」で武器を買っており、アメリカからも「贈り物」として最近はF-16(Block 52)戦闘機や無人飛行機を何十機も贈られているのであり、したがって現在の平和な状態は「嵐の前の静けさ」かもしれないのだ。

●IORにおける中国海軍の活動は、パキスタンのテロリストの動きと共に注視していかなければならない。

●現在の中国は、西アジアよりもアフリカ西部(ナイジェリアとアンゴラ)から石油を多く輸入しているのだが、それでもこの石油はマラッカ海峡や東南アジアの海峡(スンダとロンボク)を通らなければならないのだ。

●ところが異常事態が発生した時には、中国はアフリカ西部の石油をグワダル港にあげて、計画中のパイプラインを使って本土に送ることもできるようになるのだ。

●したがって、インド海軍がIORにおける状況に対応するためには、200隻の船と500機の航空機が必要になる。

●そして海軍力というのは建造したり購入したりするにしても時間がかかるものであるから、われわれは今すぐにでも海軍力の不足、とりわけよく話題になっている、縮小しつつある潜水艦部隊を充実させなければならないのだ。

======

うーん、地政学的ナレーティブの典型ですな(笑

b0015356_11445467.jpg
(chinapage.comより)
by masa_the_man | 2010-01-31 11:45 | ニュース | Comments(19)
今日のイギリス南部は昼過ぎから晴れまして、快適な天気を堪能できました。しかし寒気が入ってきたのか、昼頃にはみぞれが少し降りまして、風も強まり、気温もかなり低くなっております。

さて、アメリカでは小説家のサリンジャー(『ライ麦畑でつかまえて』)が死んだというニュースが大きくとりあげられておりますが、私が気になったのは左翼系の歴史家であるハワード・ジンが死んだというニュースのほうです。

=====

Howard Zinn, historian who challenged status quo, dies at 87

By Mark Feeney and Bryan Marquard, Globe Staff

Howard Zinn, the Boston University historian and political activist who was an early opponent of US involvement in Vietnam and whose books, such as "A People's History of the United States," inspired young and old to rethink the way textbooks present the American experience, died today in Santa Monica, Calif, where he was traveling. He was 87.

His daughter, Myla Kabat-Zinn of Lexington, said he suffered a heart attack.

"He's made an amazing contribution to American intellectual and moral culture," Noam Chomsky, the left-wing activist and MIT professor, said tonight. "He's changed the conscience of America in a highly constructive way. I really can't think of anyone I can compare him to in this respect."

======

この人は長らく左翼系の雑誌なんかコラムを書いたりして活躍しており、私もカナダ時代によく読んだのですが、代表作はなんといっても学校に使われる教科書にまでなった、

A People’s History of the United States
by Howard Zinn

b0015356_518228.jpg


という本ですね。日本では、

『民衆のアメリカ史』

という名前で翻訳が出ております。

完璧な左翼史観からアメリカ史を振り返っているわけですが、私も十年近く前にこの本の原著を買って読みまして、やけに印象に残ったのがリンカーンの「ゲティバーグ演説」の解説をしている部分でした。

日本ではこの演説は、

「人民の、人民による、人民のための統治」

というフレーズで有名ですし、ある意味で「偉大な理想論」として語られていることが多いのですが、ジンは原文の

the government of the people, by the people, and for the people

というこのフレーズのthe peopleという部分に注目しております。

これは少しでも英語の翻訳などをしたことがある方ならおわかりだと思いますが、the という言葉は、ある特定の、唯一存在する対象を限定している言葉なわけですよね。

日本語では「人民のための」と聞くと、「ああ、これは“一般国民のための”という意味だよな」となんとなく受け取りがちですが、ジンはここに「ザ」という言葉がついている事実に注目して、

「このthe people とは、白人で奴隷を持っていた男性たちのことだ。だから“人民の”といっても、そこにはアメリカに住む国民全員、とりわけ黒人奴隷たちは絶対に含まれていないのだ!」

と鋭く批判しているのです。いわれてみれば、黒人に平等な権利が与えられたのは一九六〇年代に入ってからですから、たしかにこれは納得です。

このような定冠詞がつく/つかないで、英語の意味というのは劇的に変わることが多いわけですが、たとえば一般的に「社会」という意味のsocietyという言葉も、単なるsociety だったら「社会」という意味ですが、the society となると、陰謀論で活躍するような「ある特定の組織」という意味が出てきてしまいます(笑

このように単純なことですが、ジンの「おくやみ」欄を読んでいて、こういうことを少し思い出しました。
by masa_the_man | 2010-01-30 05:18 | 日記 | Comments(21)
今日のイギリス南部はまたしても雲が多く寒い一日でしたが、なんとか気温は上がってます。ただし今週末あたりにまた寒波がくるみたいですが。

さて、簡単にニュースだけ。地味ですがけっこう大切かと。

=====

NATO, Kazakhstan Signed Agreement on Transit of Military Cargoes to Afghanistan

Thursday, 28 January 2010

Almaty. January 28. Kazakhstan Today - The North Atlantic Treaty Organization (NATO) and Kazakhstan signed the agreement on transit of cargoes for the international forces in Afghanistan. NATO Secretary General, Anders Fogh Rasmussen, informed on Wednesday, the agency reports citing RIA RosBusinessConsulting (RBC).

"I signed the agreement which opens transit of NATO military cargo to Afghanistan through the territory of Kazakhstan with the Minister for Foreign Affairs of Kazakhstan," A.F. Rasmussen informed.

=====

ということはNATO軍はアフガニスタンに向けての物資輸送ルートをある程度確保できたということなんですが、問題はこのランドパワールートがどれだけのキャパシティーを持っているのか、というところですね。

そういえば昨日もロシアが「NATOに協力しまっせ」と言ってましたが。

関係ないですが、ジェレミー・ブラックの地政学本をそろそろ読み終わるので、その書評も今週末あたりに書いておこうかと。

翻訳プロジェクトのほうはだいぶ形になってきました。有志の方々の中にはさまざまな才能を持った方がいて、本当に助かっております。
b0015356_542495.jpg
(ロンドンの地下鉄の車内)
by masa_the_man | 2010-01-29 05:43 | ニュース | Comments(1)
今日のイギリス南部は雲が多く、気温も低めでした。しかし着実に日は長くなっていることを実感します。なんとなく春の予感が。

さて、最近あまり学校のことについてなかったので少し。

論文や翻訳プロジェクト、そして数ヶ月後に出る本の準備などに追われて、最近あまり学校に行っていなかったのですが、昨日と今日は久々に出かけてコースメイトたちの顔を見てきました。

先生なんですが、どうやら最近はエアパワーの理論に関する本を書いているようで、Explorations in Strategy という本よりもさらに理論とその歴史に踏み込んだ内容になるとか。現在は第一次世界大戦のあたりについて書いていて、けっこう悩んでいる様子が(でも楽しそうでしたが)。

また、イギリス政府の防衛見直しに関するコメントを求められているようで、これについては格言38(予見できない未来)の意見を中心に書くと言っておりました。

そういえば「求めよ、さらば与えられん」というのは本当のようで、以前にここで紹介した戦略文化についての本(Military Orientarism)なんですが、この著者(Pat Porter)をうちの学校に呼んで話させようということになりました。

そのきっかけは、昨日の火曜日のランチミーティングで、先生が

「発表者に空きがあるんだが、誰か発表するトピックを提案してくれないか?」

と言ったので、「ミサイル・ディフェンスについて」とか「テクノロジーについて」というコースメイトたちの意見を押しのけて、私が

「戦略文化についてお願いします!」

と言うと、

「じゃあMilitary Orientalismの著者を呼ぶか」

ということになったのです。私としては思ってもみない返答だったのでビックリ(笑

しかし問題なのは、その著者が来るのが三月の私の日本への一時帰国中になりそうという点ですね。来てもらっても、会えなければ意味ないですし(苦笑

関係ないですが、トヨタは本格的にまずいですね。ここ数日内にABCとNBCの夜のニュース番組でリコール問題がトップ扱いでした。強烈なイメージダウンです。

何度も言うようですが、あんな顔の人をトップにしている限り、トヨタに未来はありません

このブログをご覧のトヨタの高級幹部の人たちは、すぐに豊田社長の交代を真剣に検討してください!といっても、こんなブログをトヨタの幹部の人が読んでいるわけないから意味ないんですが(苦笑
b0015356_10184315.jpg
(マッキンダーが一九〇四年に論文を発表した建物)
by masa_the_man | 2010-01-28 10:10 | 日記 | Comments(31)
b0015356_7522620.jpg
(IHTより)
by masa_the_man | 2010-01-27 07:52 | ニュース | Comments(6)

感情の地政学

今日のイギリス南部は朝からずっと曇りで気温も低かったのですが、なんとなく日が長くなったことを感じさせてくれた一日でした。

例の翻訳プロジェクトは着々と進んでおりまして、今日でほぼ二週間目なんですが、すでに第十章の翻訳だけでなく、それに対する編集作業も終了しようというところです。

ここでの参加者の方々はどれもレベルが高く、用語に関する議論のやりとりや、原著の間違いの発見など、とにかく刺激的なことばかり。

現在行っている第十章や、その後に行う第一章の翻訳までならまだいいとしても、問題は第二章/三章です。これはミアシャイマーの『大国政治の悲劇』をお読みになった方々もおわかりのとおり、ここでは理論の構築を行うため、どうしても理屈っぽい議論が多くなるわけですね。

もちろんミアシャイマーの時は「パワーとは何か」ということだったのですが、ルボウの場合は「なぜ自分は精神を重視するのか」ということをギリシャ哲学から現代の心理学まで使って縦横無尽に語るわけですから、どうしてもそれについていくためには広範囲な知識が必要。しかも第二章は、本書の中でも最長の80ページも使って論じられております。

これさえ越えればあとはラクなんですが、果たしてどうなることやら。

さて、今日はこのルボウの本とは関係ないですが、ちょっと似たようなテーマの本を。
b0015356_11121519.jpg


The Geopolitics of Emotion: How Cultures of Fear, Humiliation, and Hope are Reshaping the World

by Dominique Moisi

題名に「地政学」とついてますが、実はほとんと(古典)地政学とは関係なく、ハンチントンの「文明の衝突」に対する反論のような形で書かれた本です。

この本は、あの隠れオフェンシブ・リアリスト、ニューズウィークのファリード・ザカリアが、CNNの自身の番組でも「去年出た本の中でも最も面白い部類に入る」と絶賛していた本です。

論じられているテーマを一言でいえば、「世界の文化圏は感情圏で区別できる」というもので、具体的には

1、インドと中国ーー希望
2、イスラム諸国ーー屈辱
3、西洋諸国ーー恐怖

という図式になるとか。

これはルボウ風に言うと、「希望/屈辱/恐怖を基礎にした社会」ということになりますな。そして最後には2025年の予測をして締めくくっております。

「グローバル化の時代には“他者”との関係がこれまでにないほど重要になる」

というように、なかなか興味深く印象に残る言葉がちらほら含まれております。

この人はフランス人らしいのですが、FT誌のコラムニストでもありますので、とても文章がこなれて読みやすい。ページ数も160ページちょっとなので、どちらかといえば気軽に読めるものではないでしょうか。
by masa_the_man | 2010-01-26 11:12 | おススメの本 | Comments(20)

The Book of Eli

今日のイギリス南部はとりあえず曇っていたのですが、連日の雨から抜けてほっとひといき。

さて、論文と翻訳プロジェクト(と本のゲラ直し)の合間をぬって、今日はイギリス人の友人と映画を見てきました。

はじめは「アバター」を見ようとしたのですが、メチャメチャ混雑していてとても見れるような状態ではなかったので、全然前知識もなく選んだのですが、この映画が大当たりだったのでご紹介します。

題名は『ザ・ブック・オブ・イーライ』というものでしたが、邦題は「ザ・ウォーカー」という、なんとも宗教色のない不思議な題名なっているみたいですね(笑



簡単にストーリーを紹介しますと、舞台は第三次世界大戦後?のようなマッドマックスのような世界。そこにデンゼル・ワシントン扮する謎の男が、ある本(世界に唯一現存する聖書)を持って西に向っております。

そこでゲーリー・オールドマン扮するある町に来て、その聖書をめぐってトラブルに巻き込まれる、というもの。

単純にみれば新手の西部劇かと思われるのですが、キリスト教の情熱的な部分があって一筋縄ではいかない複雑さがあります。しかも最後のほうで「驚きのどんでん返し」も用意されております。

この映画、おもしろいのはけっこう勝手な深読みができることでしょうか。

たとえば主人公演じる武芸達者で使命を持って突き進むデンゼル・ワシントンの姿は、ある意味でオバマ政権のアメリカという風にも見えますし、それにすがっていくヒロイン役の若い子は中国。

そして聖書を奪おうとするゲーリー・オールドマンは、さしずめオサマ・ビン・ラディンかタリバン、またはイランのアハマディネジャド大統領とも考えられます(笑

テーマ的には西遊記的なところもあるかも知れません。

全く期待して見なかっただけに、かえって面白さ倍増でした。クリスチャンの方には(やや暴力的ですが)純粋な布教用のミッション映画として見てもいいかも知れません。

私は翻訳の本のテーマ(精神)を考えていることもあり、かなり楽しめました。超オススメです。
by masa_the_man | 2010-01-24 07:04 | 日記 | Comments(17)

地政学理論の資料

ネットで偶然発見。ちょっと古いですが。

Eurasia, the "World Island": Geopolitics, and Policymaking in the 21st Century

by Christopher J. Fettweis

もちろんこの人は「反地政学」の立場ですね。
by masa_the_man | 2010-01-23 15:44 | 日記 | Comments(0)
今日のイギリス南部は朝から曇りでして、午後からかなり雨が降りました。もうそれほど寒くはないので雪にはならないみたいですね。

さて、色々なニュースがありますが、私はいよいよ論文のほうが待ったなしの状態になってきまして、その合間にも翻訳プロジェクトのほうを進めております。

私は実際の翻訳作業はそれほど行っておらず、おかげさまでもっぱら最近は交通整理のほうに集中できてきているのですが、他の方が訳している文章を読ませていただいて、この本のレベルの高さをあらためて実感しているところです。

たとえばミアシャイマーだと「国際関係論」という分野の「リアリズム限定」みたいな感覚がありましたので、正直言えばこの分野のことだけ知っていれば翻訳はほとんど問題ないわけです。

ところがこのルボウの本は、なんというか、西洋の社会科学の叡智を結集したような内容で、とても私一人じゃ手に負えるような代物ではありません。

幸いなことに今回集まっていただいた有志の方々のレベルは非常に高く、とても翻訳用につくられたホームページではかなり活発な議論が行われており、私もとても勉強になっております。

現在は原著の「第十章」の訳をすでに7割から8割くらい訳せているわけですが、問題なのはこの後訳すことになる、セオリーを扱った第二・三章。

ここではギリシャ関連の話がバシバシ出てくるので、正直どうなるのだろうとちょっと心配です(汗

まあ逆にいえば、このセオリーの章を乗り越えたら、あとは特定の時代の事例だけなのでなんとかなるという気はするのですが。

ということで翻訳は続いております。三月にはなんとかまとめてどこかに話をもっていけたらと思っております。

このブログをご覧の出版社の方で、ルボウ本の出版に興味のあるかたいらっしゃいませんか?もしございましたら私のメールアドレスまでご連絡下さい。

b0015356_7551197.jpg

by masa_the_man | 2010-01-23 07:55 | 日記 | Comments(3)
北極海について気になったので、以下の部分だけ


仮に北極海航路が利用可能となった場合のメリットは、北極海経由の日本から欧州への航行距離がおよそ7,000マイルと、スエズ運河経由のおよそ11,000マイルに比較し約4割短くなることにより、所要日数の大幅な短縮と燃料消費量の削減に伴う、温室効果ガス(CO2)・硫黄窒素酸化物(SOx、NOx)などの排出量減少も期待できるという点である。また、極東から欧州に向かう際、日本が極東側の最終寄港地の1つとなり得るため、日本が欧州航路のハブポートの機能を担う可能性を秘めている。さらに、北極圏での資源開発を後押しすることができよう。

 一方、商業ベースで北極海航路を安全に安定的に航行可能とするための課題は、ロシア沿岸を一番南側のルートで通過する場合、喫水制限のある海峡を使うことになるといったルート選定、保険の付保の扱いをどうするのか、航路の安全確保ための管制体制構築等であり、地道な検証・対応を通じて克服する必要がある
by masa_the_man | 2010-01-21 06:05 | ニュース | Comments(16)