戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man

<   2009年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

こりゃおどろいた

今日の甲州は朝から雨模様でしたが、現在は西側から晴れてきております。

連日の東京での出張から帰ってきましたが、ここで驚きの報告が。

昨日の選挙のことなんですが、実は私が過去に開催した成功戦略の講演会の参加者の方の一人が、なんと今回の選挙で当選しました!

もちろん私の講演会に来たから衆議院議員になれたかどうかはわからないのですが(苦笑)、何はともあれ心よりお祝い申し上げたい次第です。

今後は政治家として戦略を意識しつつ「日本の国益」のためにがんばって欲しいものです。

ということで詳しい話はまた後ほど。
by masa_the_man | 2009-08-31 16:00 | 日記 | Comments(8)

兵頭二十八氏の講演会

今日の東京はまたまたよく晴れまして、残暑の厳しい一日でした。

さて、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、日本安全保障倫理啓発機構主催の兵頭二十八氏の講演会の司会とコーディネーターを本日つとめてまいりました。

兵頭氏はもちろん写真で見たことがあるだけで、文章から受ける印象としてちょっとコワい人を想像していたのですが、会ってみたら本当にくだけた気さくなかたで、打ち合わせの時も非常に楽しい会話をさせていただきました。

講演内容については後ほど啓発機構のホームページ等に内容が掲載されると思いますので詳しい話はここではしませんが、アメリカの無人機をはじめとするロボット関連の話や、シナの「浸透」の実態、そして国防の倫理など、とても充実した内容でした。

軍事技術に関する知識はさすがという感じで、この辺の分析の仕方やその意味合いの解釈の話は私も大変勉強になりました。

また、それよりも参考になったのは、彼の執筆者としての仕事の仕方の部分であり、これは以下のように三つのポイントにまとめられます。

1、本を徹底的に汚す
2、メモを書いたら、その本は捨ててしまう
3、朝四時半くらいに起きて仕事する

とくに面白かったのは「早起きをしたら精神的に前向きになれた」とおっしゃっていたところでしょうか。

実は私も「早起き本」を昔読んだことがあって、このようなことを書いていたことを思い出しました。

彼の一日の仕事のスタイルですが、朝まずおきてから軍事関連のネットのサイト10個くらいを一時間巡回してから執筆の仕事を始めるとのことですが、「かな入力」を駆使して午前中にとにかく書きまくるとのことです。

現在は北海道に住んでいらっしゃるとのことですが、ネットのおかげであまり仕事上の不便は感じないとか。テレビは見ないし、新聞もとっていないとのこと。

笑ってしまったのは、なんと二日間同じホテルの隣同士の部屋に滞在していたという事実です(笑

とにかく刺激的な一日でした。
b0015356_23462732.jpg

by masa_the_man | 2009-08-29 23:20 | 日記 | Comments(11)

友人との語らい

今日の東京は快晴でした。久しぶりに暑い一日でした。

本日から東京で講演会を二連荘ですが、その前に昨夜はある方とその仲間の方々にプライベートで「横綱論」を講義させていただきました。

さて、以前に少し触れた元コースメイトとの会話について。

この香港人の彼は二週間ほど前に突然連絡をくれまして、どうやら一週間ほど父親のビジネス旅行につき合う形で日本にくることになりました。

滞在先は新宿で、ついたその日から商談会議のラッシュだったらしく、私が会えたのは最終日。

一緒に新宿でランチを食べたのですが、やはり話は「戦略の本質」のような話になりまして、具体的には西洋と東洋の戦略の違いというところに落ち着きます。

すでにご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、この彼の博士号論文のテーマは「戦略における西洋と東洋の融合」というタイプのものであり、主に道教などの視点からワイリーのような「究極の戦略」を論じております。

わたしも最近はこの辺の話を考えなければならない状況が増えてきたため、色々と彼に対して質問があったのですが、この彼が面白いことを言いました。

それは、海外で知られるようになった日本の戦略論の話です。

東洋のものとしては、かなり以前から孫子の兵法などはかなり知られているほうでして、さらに詳しく知っている人だったら宮本武蔵の「五輪書」などを読んでいるくらいでした。

ところが戦闘機パイロットのジョン・ボイドあたりの影響か、どうやらもっと深いところまで読んでいる人が最近出て来たとのこと。

ではその深いものは何かといえば、それは禅と剣を融合させた、柳生宗矩の『兵法家伝書』だとのこと。

この彼によると、道教と戦略の話をしているものは多いが、禅と戦略の話をしているものとして完成度が高いのはこれであると。

その他にも、フランス人で中国文化を深く理解している人の名前などを教えてもらいましたが、とにかく時間がないので今日はこの辺で。

今日は後ほど兵頭氏の講演会の感想などを書いてみたいと思います。
b0015356_0492611.jpg

by masa_the_man | 2009-08-29 00:49 | 日記 | Comments(29)
いよいよ今日開催です。

====

兵頭二十八氏講演会 

 日  時 : 8月29日(土) 午後2時半開会 午後2時受付開始

 場  所 : 文京シビックホール2階 小ホール(東京都文京区春日1-16-21)

 参加費 : 2,000円(お一人につき)

 要申込 : 先着300名

 申  込 : この「申込フォーム」をクリックして必要事項を記入のうえお申し込み下さい。

====

これは新しく発足した「日本安全保障倫理啓発機構」という組織の創設記念の講演会なんですが、実はなんとこの私がこの講演会の司会およびディスカッションのパネラーをおおせつかることになりました

兵頭氏といえば「軍学者」として非常に有名な方です。当日は一体どういうことになるのかわからないのですが、個人的にはとても楽しみにしております。
by masa_the_man | 2009-08-28 00:13 | ためになる情報 | Comments(11)

オフ会:締め切り迫る!

今日の甲州は久しぶりにスッキリ晴れました。甲府方面にいくと富士山の頭がよく見えまして、陽気的にはかなり秋らしくなっております。

さて、オフ会についてですが、募集開始からたった4日間で残りの席があと10名分ほどとなってきました。

しかも今回は参加者の3分の1もの方々が女性となる予定で、個人的にも非常に嬉しい限りです(笑

残り席も限られてきましたので、参加をご希望の方はなるべくお早めのお申し込みをお願いします。
by masa_the_man | 2009-08-27 23:46 | 日記 | Comments(0)

アメリカ流の戦争方法

今日の東京はもうすっかり秋らしさが漂ってました。

数日前に募集を開始したオフ会ですが、すでに数名の女性を含む方々にご応募いただいておりまして、規定の数の席の半数近くの方々にご連絡いただきました。ありがとうございます。

この分ですと席の確保がかなりのペースで進むことが予測されますので、ご応募を考えているかたはぜひお早めにご連絡お願いします。

さて、今日はある本を読んでいて「アメリカ流の戦争方法」(the American way of war)についてのまとめがあったので、それをメモ代わりに列挙しておきます。

ご存知のかたもいらっしゃると思いますが、最近流行の「戦略文化」(strategic culture)にも深い関わりを持つ「〜流の戦争」については日本でもいくつか論文が書かれておりますが、アメリカについてはまとまったリストは珍しいと思いますので以下を参考にしてみて下さい。

===

1、非政治的

2、非戦略的

3、非歴史的

4、問題解決思考で楽観的

5、他の国の文化についての関心の低さ

6、テクノロジーに依存する傾向

7、「火力」だけに注目しすぎ

8、大規模が好き

9、侵略的、攻撃的

10、とりわけ通常戦型を好む

11、我慢できない

12、ロジスティクス面は特に優秀

13、自国の犠牲者の数について敏感

====

これらについての簡単な解説については、また時間がある時にここに書いておきます。
by masa_the_man | 2009-08-27 01:49 | 日記 | Comments(16)

一流の人の共通点

先週の土曜日ですが、あるノンフィクションライターの人の講演を聞いてきました。

私はこの講演のあとの質疑応答の時に、この人がいままで取材してきた「一流」と呼ばれる人たちの共通項を挙げてくれと質問しました。

その答えを三つ挙げてくれたんですが、なかなか興味深かったのでここに書いておきます。参考まで。

1、意志が強い。

いいかえれば「ポリシーがある」ということなんですが、ひとつ重要なのは「ガンコ」とは違うということみたいです。

個人的にも面白かったのは、この人が「この強固な意志の背後には、その人なりのセオリーがある」と言っていたことです。

2、目標を達成した瞬間に、次の目標を目指している。

当然のように、一流の人たちは目標を持っているわけですが、彼らはこれを達成するとすぐ次の目標に心が移るらしいのです。山の頂上に立っても、すぐとなりの高い山の頂上が見えてくるので、それを目指しはじめる、ということでしょうか。

3、基本的に、礼儀正しく誠実である。

これは当たり前といえば当たり前らしいのですが、一流の人たちはどんな人に対しても最初は同じような態度で真剣に対応するみたいです。

これは逆に反対のケースで考えてみても納得できます。つまり一流でない人というのは、いばっていたり不誠実である、ということですね(苦笑

そういえばこれは選挙事務所に務めている人も同じことを言っておりました。「小物ほどいばりたがる奴が多い」と(笑

もちろん一流の人々もジャーナリストたちに変な詮索をされたり決めつけられたりするようなことを言われると心を閉ざしてしまうことがけっこうあるらしいですが、それでも真剣に対応してくる人間には真剣に対応する、という共通項があるみたいですね。
by masa_the_man | 2009-08-25 02:23 | 日記 | Comments(2)

ある選挙事務所の風景

関係のない選挙区の事務所ですが、少し覗かせてもらいました。なかなか興味深いものがあります。

ここの関係者の方によれば。「選挙事務所で働くとものすごく有意義な人間観察ができる」とのこと。さもありなん。

b0015356_9312159.jpg

by masa_the_man | 2009-08-25 01:59 | 日記 | Comments(2)
国家指導者の任務は・・・複雑なものについて注意深く観察することよりも、それを解決することにある。

ヘンリー・キッシンジャー(Henry Kissinger)、一九九四年
by masa_the_man | 2009-08-24 09:50 | 日記 | Comments(6)
新刊の『戦略の格言』が平積みされておりました。もちろん5Fの「軍事」のコーナーです(笑

『戦略論の原点』は棚の中に一冊だけ。

となりはハンチントンの「軍人と国家」でした。これを並べた店員さんはけっこういいセンスをしているなぁと。

他の著者の方々はどう思うのかわかりませんが、私の場合、ある本を出版してしまうと、「あ、もう俺のものじゃないんだなぁ」という感じがします。

これって「独立した子供を遠くから眺める親の気持ち」に似ているのかも?

今日は新宿で香港人の元コースメイトに会ってきましたので、その会話の内容についても今夜書きます。

b0015356_17404243.jpg

by masa_the_man | 2009-08-23 17:40 | 日記 | Comments(4)