戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man

<   2009年 06月 ( 34 )   > この月の画像一覧

首切り戦略の反対の概念

今日の甲州は梅雨の真っただ中だというのにほとんど雨が降らず、日中は少し日も射しておりました。

近所の桃の出荷がそろそろ本格的になってきたみたいで、原付で塩山方面に走っておりますと、桃畑からの甘い香りがプ〜ンと漂ってきます。あー、たまらん。

さて、今日は簡単に昨日のエントリーで紹介した記事について。

その記事のタイトルは

South to Boost Surgical Strike Capability Against North

というものだったのですが、私が以前から気になっていたのがこの太字の「サージカル・ストライク・ケーパビリティ」という部分。

これを直訳すると「外科手術的攻撃能力」ということになるんですが、この「外科手術的」という部分が西洋、とくにアメリカの戦略文化の典型的な概念だなぁと私は以前からつくづく感じておりました。

私はカナダ時代に西洋哲学史のクラスを集中的にとっていた時期に、なんというか、「西洋の(戦略)文化」というものに対して異様に敏感になっていたことがありまして、毎日が西洋の概念との格闘の繰り返しの中だった時に、逆にノドの渇きを覚えて、その反発で東洋哲学を読みふけったことがあります。

その時に実感したのがこの「西洋vs東洋」という概念の違いなんですが、今回のような韓国の新しい軍事戦略(or 戦術)の概念として出てきた「外科手術的攻撃能力」というのは、完全に「西洋(医学)」の概念が混じってますよね。

ところが我々日本人というのは基本的に東洋人ですから、このような「外科手術的〜」という言葉を聞いても何か違和感みたいなものを感じてしまう人が多いような。

私はこれは西洋の戦略文化が生み出した概念であることをわざわざ学校で習った人間ですから「ああ、またか」という感じなんですが、自分の中での「西洋vs東洋」という対立の歴史(?)があるものですから、こういう概念を見ると、

「じゃあ外科手術の反対として、内科的診察型攻撃、もしくは漢方薬的攻撃というものはないんかい!

と突っ込みを入れたくなってしまうんですね(苦笑

ある意味でキルカレンやペトレイアスなどが提唱しているのはこの「東洋的な手段」なのかも知れませんが、逆に韓国のような東洋の国が「外科手術的攻撃」と言っているのを聞くと、どうも不思議な感覚を感じざるを得ません(苦笑
b0015356_22454051.jpg
(先生の自宅の書斎:その3)
by masa_the_man | 2009-06-30 22:46 | 日記 | Comments(21)

韓国の「首切り戦略」?

韓国の対北朝鮮軍事計画が修正・変更になったようです。

South to Boost Surgical Strike Capability Against North

By Jung Sung-ki
Staff Reporter

The South Korean military plans to speed up efforts to deploy ground, air and naval weapons systems for use in strikes against key facilities in North Korea in the event of war, the Ministry of National Defense said Friday.

The plan is part of a revised version of a military modernization package. The ministry unveiled the revision of the Defense Reform 2020 initiative drawn up in 2005.

The updated plan is focused on securing independent capabilities to remove North Korea's asymmetrical military threat of nuclear and missile programs by deploying sophisticated surveillance, reconnaissance and striking assets.

In the case of an emergency, the military could conduct pre-emptive strikes against nuclear and missile facilities, an official at the Joint Chiefs of Staff (JCS) said.

``That depends on a decision by the leadership,'' the official told reporters on condition of anonymity.

Under an integrated defense mechanism, the Air Force's multi-purpose satellite, early warning aircraft and high-altitude unmanned aerial vehicles, along with a ground-based early warning radar, conduct surveillance and reconnaissance missions around the clock, according to the defense reform plan.

Once signs of unusual movement, such as missile and nuclear tests, are detected, F-15K and other advanced aircraft are to conduct surgical strikes against the relevant facilities, it says.

Both ship-based and ground-based interceptors are ready to shoot down missiles from the North, it says.

The military is considering the introduction of up-to-date SM-6 extended range active missiles, which are being developed by the U.S. Navy and Raytheon, the JCS official said.

The purchase of the PAC-3 missile interceptor system is also under consideration, he said.

The Army, for its part, will triple the number of its K-9 self-propelled howitzers and next-generation multiple launch rocket systems to counter attacks by North Korea's long-range artillery deployed near the border.

About 15 trillion won ($11.6 billion) will go towards producing and deploying about 1,000 K-9 and new multiple launch rocket systems by 2020, said the JCS official.

The North is believed to have about 1,100 long-range artillery systems, including 60-kilometer-range 240mm rocket launchers, along the Demilitarized Zone dividing the two Koreas.

Under the revised plan, the military has readjusted its target troop reduction number to 517,000. The original plan called for cutting the troop level from 690,000 to 500,000 by 2020.

For example, the military has decided to decrease the number of Marine force cuts from 4,000 to 3,200, in a bid to boost defense against North Korea's provocation in the volatile western waters.

The military has also decided to withdraw a plan to slash the number South Korean service members supporting the U.S. Army here, called Korean Augmentation Troops to the U.S. Army (KATUSA).

In an Army restructuring plan, five regional corps and two mechanized corps will be operated separately from three specialized commands for air operations, guided missiles and special operations.

The Capital Defense Command in Seoul will serve as the regional corps responsible for the defense of the capital area after merging with the Capital Defense Corps currently based in Gyeonggi Province.

The Army will maintain 28 divisions in peacetime. In case of an emergency, the number will increase to 38 with the reinforcement of reserved troops.

===

衛星などで監視を強めて、いざ動きがあったらF15-Kで対地攻撃をする、ということですね。その他にも部隊の数をどうするのかについても言及しており興味深いです。
by masa_the_man | 2009-06-29 17:16 | 日記 | Comments(21)
今日の甲州は昼まで雨だったようですが、午後からやんだみたいです。

さて、昨日のセミナーにご参加いただき本当にありがとうございました。

いつもの講演会の時よりはやや少なめの人数でしたが、参加者同士でだいぶ交流があったようで、開催者側としても見ていてうらやましくなったほどでした(笑

そういえば参加した女性の方で異様に背筋をピンと張って姿勢のよい方がいらっしゃったので、その方にその理由を聞くと、「意識してやっている」とのこと。どうやら彼女の職場ではみんながよい姿勢の人ばかりだそうです。

ということで腰に問題を抱える私も、昨日からさっそく姿勢をよくしております。こうすると確かに気持ちも違ってきますね(笑)そういうわけで、色々な意味で私にも勉強になるセミナーでした。

今後は自分の研究に没頭するために講演会のような場で「横綱論」や「人生戦略」を語るのはこれで最後となりましたが、それでも知りたいという方は個人的に私のところまでご連絡いただければ「山梨からの足代」+「わずかな謝礼金(時価)」でお教えします(笑

ということで昨日は本当にありがとうございました。まずはお礼まで。
b0015356_19301292.jpg

by masa_the_man | 2009-06-28 19:30 | 日記 | Comments(10)
地理に政治(とくに安全保障問題)が絡んでくるとこうなる、いう典型的な例です(笑

===


b0015356_173743.jpg


核通過優先で領海制限 津軽など5海峡3カイリに

政府が宗谷、津軽など五つの重要海峡の領海幅を3カイリ(約5.6キロ)にとどめ、法的に可能な12カイリ(約22キロ)を採用してこなかったのは、米軍の核搭載艦船による核持ち込みを政治問題化させないための措置だったことが21日、分かった。政府判断の根底には、1960年の日米安全保障条約改定時に交わされた核持ち込みの密約があった。複数の元外務事務次官が共同通信に証言した。

 これらの海峡は、ソ連(現ロシア)や中国、北朝鮮をにらんだ日本海での核抑止の作戦航行を行う米戦略原子力潜水艦などが必ず通らなければならないが、12カイリでは公海部分が消滅する海峡ができるため、核が日本領海を通過することになる。

 このため、核持ち込み禁止などをうたった非核三原則への抵触を非難されることを恐れた政府は、公海部分を意図的に残し核通過を優先、今日まで領海を制限してきた。政府は表向き「重要海峡での自由通航促進のため」と説明してきており、説明責任を問われそうだ。

===

これ、日本周辺の「チョークポイント」ですね。地政学ドンピシャの話です。

左翼側の方々でしたら、これを日本政府の批判のネタにしそうなものですが、リアリスト的視点からみれば「日本政府よ、よくやっ(てきた)た」と褒めてやりたいところです(笑

今日はこれから最後の「横綱セミナー」の開催です。しかもコラボですからね。とても楽しみにです。

参加者の方々にはささやかながらイギリスからのおみやげをお渡しする予定です。
b0015356_1114499.jpg

by masa_the_man | 2009-06-27 01:11 | 日記 | Comments(32)

マイケル追悼

1分18秒から30秒までが見所です。


by masa_the_man | 2009-06-26 11:41 | 日記 | Comments(8)
今日の甲州は暑かったのですが、かなり曇りがちで連日の暑さは一段落。近所では桃の出荷が始まっておりまして、近くにある桃畑からもいいにおいがただよってきます。

さて、下らないニュースをひとつ。

===

b0015356_2545455.jpg


( 2009年6月24日 20時07分更新 )

「大仏もっこり」に待った 奈良・東大寺がカンカン

下半身が膨張した人気キャラクター「まりもっこり」の関連商品「大仏もっこり」について、東大寺(奈良市)は24日までに「信仰対象の尊厳を踏みにじっている。販売を中止してほしい」と、発売元に抗議文書を送付した。

===

このニュースなんですが、けっこう冗談ではすまされないマジな話なんです。

このブログでも以前すこし触れたと思いますが、私の知り合いがタイの偉い坊さんを鎌倉の大仏までアテンドしたことがありまして、実はこの時も似たようなことが起こっております。

このお坊さん、タイの仏教大学の学長かなんかで、若いのにものすごい偉い人だったらしいのですが、鎌倉の大仏のなかに入ってみると、タイ人の旅行者が書いたと思われるタイ語で書かれた落書きを発見。

これに激怒しまして。「ほれ、仏教をうやまわないからこういう乱れた学生がタイに出てくるんだ。タクシンに仏教を敬えと厳しく進言してやる!」と息巻いておりました。

ところがそのお坊さんが大仏のみやげ屋さんに行って、あるものを発見して大ショック。

なぜかというと、そこには「大仏まんじゅう」なるものがおみやげとして売っていたからです。

そこで彼は震えながら一言。

日本人は、ブッダを食っちまうのか!!!!

タイのお坊さんにとっては大仏(仏陀の像)は聖なる信仰の対象。まさに今回のまりもっこりの事件のように、信仰対象をグッズにしてみたり、ましてやみやげのまんじゅうにして食ってしまうのは大問題。

考えてみれば、向こうには「マリア・クッキー」とか「ジーザス・ビール」なんで絶対ありえませんから(苦笑

グローバル化していく日本では、これからこういう宗教的な面についてもちょっと敏感になるべきなのでは、と東大寺のまりもっこりを見て考えてしまった次第です。
b0015356_25794.jpg
(リヴァプールストリート駅の外の様子)
by masa_the_man | 2009-06-26 01:57 | 日記 | Comments(36)
今日の甲州はまたしても真夏日でした。午後から地元山梨で出来た初の「知り合い」と甲府駅近くのカフェで歓談してきまして、楽しいひとときを過ごして参りました。

さて、数日前に新聞に載っていたある経済評論家の主張について意見があるので一言。

みなさんもご存知のように、ここ数年間で有名になった勝間和代さんという女性の経済評論家の方がおります。

この方が二日ほど前の産經新聞の一面掲載のコラムで「人生戦略の立て方」という興味深い記事を書いておりました。

ところがまがりなりにも「(国家)戦略」を勉強していた自分としてはちょっと見過ごせない部分を発見。これについて一言。

まず勝間女史は、このコラムの冒頭で「戦略」という言葉の定義をはじめます。これそのものは西洋式の非常に参考になる素晴らしいことだと思うのですが、問題はその内容。

以下、その重要部分をのまま引用します。

===

なぜ、人生に戦略が必要なのでしょうか。それにはまず、「戦略」の定義を理解する必要があるでしょう。戦略は(1)何か特定の目標を達成するために(2)統合的な施策を通じて3)資源を効果的に配分・運用する技術、のことを言います。3つの要件をそろえることで初めて戦略として機能をしていきます。多くの日本人、日本企業は、決められた目標に対して配分された資源の範囲内で、ベストを尽くすことはたいへん得意です。しかし、どうやって目標を定めるかとか、資源の配分自体を見直すか、について不得手だと思える場面がしばしばあります。すなわち、戦術は行っているが、戦略は行っていないのです。

===

ちょっと重箱の角をつつくようですが、戦略を研究している人間としてはあえてこの彼女の「戦略の定義」にこだわりたい。

まずこの彼女の定義の最大の問題点は、結果的に「戦略=技術」だと断言してしまっていることです。

これは私の講演会に一度でも来たことがある方々でしたら十分ご承知のことかと思われますが、戦略は(理論上は)技術よりも上に位置するものであり、決して同等のものではない、ということです。

私のブログでも文章がおかしいことが時々ありますが(苦笑)、この彼女の文章自体もちょっとおかしい。なぜなら「戦略を定義する」と言っておきながら、その後に挙げた三つを「要件」としているからです。つまり言いたいのは「定義」?それとも「要件」?

彼女の「日本人は戦術は行っているが戦略は行っていない」という意見にはたしかに同意しますが(というか、戦術は得意だが戦略は不得意、というほうが正しいかもしれませんが)、その彼女自体が極めて「戦術的/技術的」な意見を言っているなぁと感じました。

その後の部分でも「戦術レベル」と「戦略レベル」を区別せよという話が出てくるのはなかなか良いのですが、肝心の「政策レベル」や「世界観レベル」の話が全く出てこないのはちょっと物足りなさが残りました。

もちろん彼女はビジネス戦略の方なので、もしかしたら私の考える「戦略」という定義と遥かに違う捉え方をしているのかも知れません。

たとえば彼女の戦略の定義の中には「資源の配分〜」というものがありましたが、あれはむしろ「大戦略レベル」の話ですよね。まあ「軍事」も「大」も、戦略という意味では同じレベルなのでかまわないのですが。

引き続き彼女は「人生戦略」についてこのコラムで書いて行くそうですが、私は今後も注視していきたいと考えております。

b0015356_031293.jpg
(先生の書斎その2)
by masa_the_man | 2009-06-25 00:31 | 日記 | Comments(30)

立ち机を完成

今日の甲州はとにかく暑かった!半袖半ズボンで原付にのりましたが、それでも暑くてビックリしました。梅雨の晴れ間は完全に夏日でした。

さて、書評を書くつもりでしたが、立ち机を完成させましたのでちょっと公開します。

b0015356_21415052.jpg
b0015356_214248.jpg


これはニトリのバラ売りの組み立て式のパイプ棚セットを買って来て、自分でアレンジしたものです。総額は八千円くらいでしょうか。

机の高さは、基本となる四本のパイプ(92センチ+延長パイプ31センチ)の123センチで、その上に机用の黒い板をつけたので少し位置を落とし、自分の肺のちょうど中間くらいの高さ(115センチほど?)に調節しました。

その下には本や資料をおくため、そして机全体の強度をあげるために別の棚をくくり付け、その他に簡単な書類をいれられる別売りの付属品のカゴをつけました。

今日からさっそくつかい始めてみましたが、立ち位置や姿勢を変えるのが簡単なので、腰に対する負担が非常に少ないと感じております。

私はもう少し本を置くスペースが必要だったので、新たにカゴを一つと棚を一つ追加しましたが、かなり快適になりました。

実は横須賀時代にもこのような立ち机をパイプ棚で作って使用していた経験があるので今回のものは二作目なんですが、何度使ってもこれはいいものです。

長時間机仕事をしなければならない人で、特に腰に問題を抱えている人には超オススメです。
by masa_the_man | 2009-06-23 21:57 | 日記 | Comments(12)

マハンはメイハンである

今日の甲州はどしゃぶりの梅雨らしい一日でした。それにしてもこれだけ雨が降ってて気温が高いというのはすごいですな。

さて、昨夜はさっそく東京のある場所でミニ講演会を行ってきました。

帰って来てからまだゆっくりと休んでいないので、今日こそは寝て過ごそうかと思っております。

読んだ本について書評的なことを書きたいと思ったのですが、時間がないので小ネタを一つ。

実は先ほど東京からの終電で帰って来たのですが、テレビで全米オープンがやっているのを観ました。

私はゴルフそのものにはそれほど興味はないのですが、成功戦略のエヴィデンスとしてのゴルフプレイヤーの心理状態の持って行き方などにはとても興味がありまして、とくに彼らがものすごいプレッシャーの中でプレーしている時の顔の様子をうかがうのがけっこう好きであります。

私がとくにエヴィデンスとして気になるタイガーは今年はどうも不調だったみたいで、例の「タイガーチャージ」はなかったのですが、プレイヤーの中である見覚えのある人物の名前が。

それは最終日にトップ集団に残っていた、アメリカの若手選手であるハンター・メイハン(Hunter Mahan)という人物です。

この人、先週のエコノミストの記事に出て来た地政学のアルフレッド・マハンの親戚なのかどうかはわかりませんが、ファミリーネームのスペルが一緒です。

ということはつまり、地政学のマハンはこのゴルファーのように「メイハン」が正しい呼び名ということになります。

このブログにも何度か書きましたが、これは私のコースメイトがジョン・スミダという米国日系人の学者に直接聞いたことなんです。

そしてこのスミダは90年代末にマハンを一年間みっちり研究しており、その時にマハン家の人々にもインタビューしたそうなんですね。その研究成果として書いた論文が、拙訳書『進化する地政学』に収録されております。

だからなんだと言えばそれまでなんですが(苦笑)「スピークマン」や「ヴァイガート」の例と同じように、外人の名前の本当の呼び方というのは難しい、ということですね。

私はある国際的な学界で、日本人の学者がある有名な欧米の学者の名前を正しく呼べなかったばかりに聴衆に誰のことを話しているのかを全く理解されていなかった様子を目撃したことがあるので、どうもこの辺に敏感になってしまうのです。

ということで明日は書評を書きます。
b0015356_312869.jpg
(先生の自宅の書斎)
by masa_the_man | 2009-06-23 03:01 | 日記 | Comments(8)

帰国しました

今日の甲州は小雨のつづく一日です。

さて、昨日の夜に帰国しました。帰ってきての印象は「湿ってて暑い」ということと、「成田空港が全体的にしょうゆ臭い」ということですね(笑

その逆に、ヒースロー空港についた時の印象は「乾いている」ということと「人工的な洗剤の匂いがする」ということでした(笑

今回のイギリス行きで腰をいためたので、今日は午後から甲府のニトリに行って「立ち机」を買ってきます。これで姿勢の問題がだいぶ解消されるはずなんですが・・・

飛行機の中で読んできた本の中でも色々と面白いものがありましたので今夜あたりから紹介していきたいと思います。
by masa_the_man | 2009-06-21 15:05 | 日記 | Comments(8)