戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中
by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
連絡先&リンク
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2004年 08月
検索
最新のコメント
 地形学と言うなら、雇用..
by 悩める子羊 at 17:27
文化も戦略文化と同様に変..
by 逃亡兵 at 09:58
 大事な点が抜けている。..
by 逃亡兵 at 09:55
放送で和田さんが陸自はと..
by ミナミ at 14:20
このへんの話は最近JBp..
by 赤い彗星 at 12:35
ブログパーツ
ライフログ
ブログ著者の本
↓地政学おススメ本↓
原著!
特別参加
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2014年 03月 29日

ロバート・カプラン新刊:南シナ海レポート

今日の横浜北部は朝から晴れましたが、午後は少し曇りました。

さて、久々に本の紹介を。私が翻訳したことのあるロバート・カプランが、またまた新刊を発売しました。

今回のテーマは、なんと南シナ海。これは私が二年前に国際会議に出た時にあるBBCの記者に「カプランが書いている最中らしいぜ」と聞いたものです。

Asia's Cauldron: The South China Sea and the End of a Stable Pacific
by Robert D. Kaplan
b0015356_21474218.jpg




タイトルを直訳すると、「アジアの大釜」ということになりますが、Youtubeに上がっている出版記念講演会の話からすると、南シナ海が20世紀におけるミッテルオイローパ(中欧)のようなもので、ここが21世紀の地政学的な問題の中心地になる、というものです。

本は冒頭から本人が現地を旅した様子から始まり、これはまさに『インド洋圏が、世界を動かす』の書き方とそっくりでありまして、違うのは扱っている国と地域。

今回はベトナム、フィリピン、マレーシア、それに台湾や中国までが中心です。

これは見方を変えれば、私が翻訳した本の続編という形で見てもよろしいかと。

まさその時と同じように、現地に行って、政治家などに直撃インタビューなどをかましたり、現地でボートを借りて人々の生活から地域の歴史について思いをはせたり。

個人的にはスパイクマンの理論や、ミアシャイマーのような理論家の文献まで丁寧に引用している部分や「日本海」としっかり表記していることに好感(笑)がもてましたが、意外に中国に甘い見方をしているところが気になるところ。

ということで、南シナ海は「アジアの地中海」であり、「海の環境」であるために第一次大戦のような紛争にはならない、という予測など、なかなか知的刺激にあふれる、しかしながら適度にバランスのとれた興味深い分析をしております。

やや詩的な表現を多用しておりますが、本編は200頁弱なので、英語が読めるかたはぜひ挑戦なさってみては。おすすめです。

余談ですが、上の動画は本当に面白いですな。カプランが現地に行った時の取材の仕方の秘訣などについて語っております。

「印象に残ったことはすぐにノートにとれ」ということであり、「何度も長期滞在してみろ」、「現地の人に何も語られない中に真実がある」というのがその秘訣らしいです。


プロパカンダ&セルフプロパカンダCD

[PR]
by masa_the_man | 2014-03-29 22:18 | おススメの本 | Comments(0)
2014年 01月 20日

日本史の謎は「地形」で解ける

今日の横浜北部もよく晴れて寒かったです。さすが「大寒」だけありましたな。

さて、久しぶりに本の紹介というか、正確には「紹介された本の紹介」です。

日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫)
by 竹村 公太郎

この本、先日行った地政学研究所での講義で参加者の方に教えてもらったもの。まだ到着したばかりなので中身まで詳しくは読み込めていないのですが、簡単にいうと、

●元国交省の官僚さんが「インフラ屋」としての誇りを胸に、日本史の常識を地理の知識を使って徹底的に洗いなおす

というもの。いわば古典地政学でいうところの三位一体のうちの一つである「物理的地理」を軸に、既存の日本史の定説にたいする新しい解釈を加えていくというものなのですが、象徴的なのは著者の以下の記述。

●明治以前は、食糧とエネルギーを自足できるかどうかが、その土地の発展を決した。もちろん、主要な食糧は米と薪(まき)であった。

●この米と薪に共通して必要なものは河川である。河川の沖積平野と水が米を与えてくれ、川の上流域の森林がエネルギーの薪と炭を与えてくれた。

●都市が繁栄するための食糧とエネルギーの確保、それを言い換えると、「大きな川があるかどうか」であったのだ。(p.346)

というもの。まさに徹頭徹尾「物理的地理」という観点から政治地理学を分析しているという特徴がよく出ております。

もちろんあまりにも地形という「下部構造」のみを重視しているために、逆に上の「地理観」のようなものへの言及が少なく、それによってやや強引ともいえる結論付けが見受けられるところは多々ありますが、それでもそれを余りあるほどの魅力的な説明(遷都の理由など)をいくつも展開しております。

ということで、まださらっと読んだだけでもかなり興味深い記述がいくつも発見できる面白そうな本であります。

本ブログをお読みのかたはぜひ一冊。


[PR]
by masa_the_man | 2014-01-20 22:41 | おススメの本 | Comments(2)