戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ:日記( 1100 )

白い巨塔と成功戦略

成功戦略について少し。

実はこの週末に、友人に勧められて「白い巨塔」という医学ものの社会派ドラマ(2003年フジの連続ドラマ)をDVDで見まくっていたいたのですが、これはかなり「戦略論」をしている素晴らしい内容でした。

b0015356_15442715.jpg


もちろんドラマ(というか原作は山崎豊子の古い小説)のメインテーマは大学病院の中で行われるギトギトの人間模様を描くところにあるわけですが、当ブログをご覧の戦略論や地政学に興味のある皆さんには、この物語の主人公である財前五郎(唐沢寿明)と里見 脩二(江口洋介)の対照的な生き様に注目していただきたい。

ここではなぜこの二人の生き方に注目すべきなのは詳しくは語りませんが、これは拙訳『戦略論の原点』の特に前半の章を読んでいただければよく分かっていただけるはずです。

演技はやや臭いところもありますし、設定もドラマらしさがあって気になるとこもありますが、それにしても近年私が見たドラマの中ではかなりよくできているほうだと感じました。

できれば4月4日の講演会にご参加のみなさんに、このドラマをレンタルビデオ屋などで借りて来てみていただきたいと思う今日この頃です。
by masa_the_man | 2009-03-22 15:40 | 日記 | Comments(0)
「悪の枢軸」という言葉を作ったことで有名になった元カナダ人でネオコンのコラムニスト、デヴィッド・フラムの勉強法がWikiに載っておりました。ちょっと興味深かったのでとりあえず参考まで。

===
http://en.wikipedia.org/wiki/David_Frum

When I was in law school, I devised my own idiosyncratic solution to the problem of studying a topic I knew nothing about.

I'd wander into the library stacks, head to the relevant section, and pluck a book at random. I'd flip to the footnotes, and write down the books that seemed to occur most often. Then I'd pull them off the shelves, read their footnotes, and look at those books.

It usually took only 2 or 3 rounds of this exercise before I had a pretty fair idea of who were the leading authorities in the field. After reading 3 or 4 of those books, I usually had at least enough orientation in the subject to understand what the main questions at issue were — and to seek my own answers, always provisional, always subject to new understanding, always requiring new reading and new thinking

===

まず図書館に行き、知りたい分野の本のセクションに行く。そこで数冊の本をランダムに選び、いきなりそこでその本の脚注を読む。

その脚注でよく共通して引用されている本の目星をつける。

で、それらの本を数冊読めが、とりあえずその分野における重要な議論と、そこで問われているメインの「質問」を見つけることができる、ということです。

これは意外と役に立つかもしれません。
by masa_the_man | 2009-03-20 02:53 | 日記 | Comments(8)

中央アジアの兵站ルート

WSJにロジスティクス関連の良い記事を発見。これは使えます。

===


The Risk to U.S. Supply Lines


Washington's reliance on the unstable former Soviet republics in Central Asia shows how few options it has in this war.

By PAUL QUINN-JUDGE | From today's Wall Street Journal Europe.

BISHKEK, Kyrgyzstan

With Afghanistan now the Obama administration's top military priority, Central Asia has taken on new international importance. The five former Soviet republics usually lumped together as "the Stans" -- Kazakhstan, Kyrgyzstan, Tajikistan, Turkmenistan and Uzbekistan -- are set to provide the new supply lines for the U.S. military effort in Afghanistan. These new supply lines will initially supplement, but perhaps eventually supplant, the increasingly risky and unreliable route through Pakistan.

Washington's reliance on Central Asia shows how few options it has in its Afghanistan campaign

(中略)

The search for routes at least is going well. American officials have so far identified two main land corridors. The northern arm will start in Riga, Latvia, continuing by rail through Russia and Kazakhstan to Uzbekistan. The other will probably start in the Georgian port of Poti, crossing the Caspian by ferry and then on to Kazakhstan and Uzbekistan. At that point goods will probably go to Afghanistan in two directions: by train and then truck to the Tajik-Afghan border and across a new U.S.-built bridge; or to the Uzbek border town of Termez, currently the site of a German base.

The Russians are another matter. In principle they support the resupply effort, but they also seem deeply reluctant to let the U.S. have a free hand in Central Asia. Witness the current confusion over the most visible American presence in the region, the Manas air base just outside the Kyrgyz capital of Bishkek. Since 2001 the base has ferried troops and supplies to Afghanistan and provided in-flight refueling capability to coalition air operations against the Taliban.

Right now, however, the base's future is up in the air. In February the Kyrgyz government, encouraged by a large Russian aid package, announced it was closing the base. This proved little more than a signal that Bishkek wanted a better U.S. offer. The U.S. has yet to reply publicly, but talks apparently continue. Russia might eventually accept the base, but chances are it would want the base to function under conditions that would underscore the Kremlin's primacy in Central Asia. Even then, further Russian mischief down the road would not be out of the question.

The domestic realities are equally messy. Tajikistan is edging ever closer to failed-nation status. It cannot provide most of its population with more than three hours of electricity a day. The electricity shortage promises to be only the first crisis of the year. Half of its labor force has until now been forced to seek work abroad, and their remittances provided almost 50% of national GDP. But unemployment will rise even further this year and remittances will decline sharply as the world-wide economic crisis makes the migrant labor market dry up. There is no sign that the Tajik government has the faintest idea how to address these problems.

Amazingly, it gets worse. The northern and southern routes converge in Uzbekistan, a deeply repressive regime where, according to the U.S. State Department, security forces routinely beat or torture confessions out of suspects, and where hundreds of people were killed during unrest in the town of Andijan in 2005. The situation has not improved since then. It is also widely viewed in the region as the country mostly likely to come to a nasty end: either explosion or implosion, or factional fighting once its elderly, unpopular and deeply feared president, Islam Karimov, departs from the political stage. For now, President Karimov maneuvers between Russia and the West for the best possible deal on anything from political support to trade, shifting balance every six months or so. The U.S. can expect sooner or later to be on both ends of his survival maneuvers.

Central Asia, then, is less a solution than a new set of headaches. U.S. engagement in Central Asia may well make geopolitical and logistical sense. But facts on the ground could destroy this logic and leave Washington with more problems than solutions.

===

最初の太字のところは地図が欲しいところですね。

地政学的な兵站の論理としては筋が通るわけですが、安全保障的には状況がまずい、ということです。

しかしこの辺の話はマッキンダーの『デモクラシーの理想と現実』(復刊後は『マッキンダーの地政学』)の中に全て基本が書かれているんですよね。去年のグルジア紛争やアゼルバイジャンをめぐる石油利権争いなんかはこの本の中にヒントがすべて書かれております。

私は講演会ではこの辺の話をせずに、そこからいきなりテクノロジーの話に移ってしまったわけですが(苦笑

そういえば参加していただいたみなさんからのアンケートの回答を頂きました。やはり多かったのは「もっと時間を増やせ」というものでした(苦笑

しかしネタがありすぎて時間が全然足りないのです。逆にネタを全て話そうとすると、今度はそ各ネタの説明と分析が浅くなってしまいますし・・・これは本当にジレンマです。
by masa_the_man | 2009-03-13 02:06 | 日記 | Comments(2)

オバマ・ドクトリン?

ガーディアンが興味深い署名記事を載せておりました。

===
After a flurry of early activity, the Obama doctrine is taking shape

We're only 50 days in, but it's not too soon to discern a refreshing thread of logic in the president's foreign policy

Jonathan Freedland
The Guardian, Wednesday 11 March 2009

(中略)

The US did not become a different country on 20 January, they say; its interests have not changed overnight. It's true, they concede, that in its second term the Bush White House did become more "realist", opening up lines of communication with the likes of Iran. The difference, says the new team in Washington, is that while the Bush folk were "forced" into realism after seeing their ideological dreams in ruins, "this is our starting point". What no one denies is that there is a clear advantage for the US in the rest of the world believing that a profound change has come about. Which is why Joe Biden's declaration that the US is pressing the "reset button" has become the current catchphrase of US diplomacy.

A benign assessment of the Obama record so far would see two other early traits. The first is a readiness to speak the truth. Asked by the New York Times last week if the US was winning the war in Afghanistan, he replied tersely: "No." After the Bush years, when those who followed the evidence were dismissed as dullards imprisoned in the narrow-minded confines of the "reality-based community", such candour is a relief.

Second, there are some signs of imaginative thinking. Deploying the veteran of the Northern Ireland peace process, George Mitchell, to the Israel-Palestine conflict is one of those ideas that seems obvious - but only because it makes so much sense. The same goes for allocating the Afghan-Pakistan, or "Afpak", file to hardball maestro Richard Holbrooke.

But plaudits surely go to Obama's direct appeal to Medvedev, with its echoes of John F Kennedy's resolution of the Cuban missile crisis of 1962. Just as JFK agreed to remove US missiles from Turkey if the Soviet Union took theirs away from Cuba, so Obama implicitly made a similar offer to Russia: you get Iran to back down, and I'll remove my interceptor missiles and radar stations from Poland and the Czech Republic. If such an initiative were to work, the knock-on effects would be multiple. Take one: Israel has long hinted that if its friends were to make the Iranian threat go away, it would respond by moving forward on the peace track. For a long while that was assumed to mean military action against Iran. But if Obama's Russia gambit were to succeed - and the critics claim Gates started work on these lines a year ago - the goal of an Iranian nuclear freeze, with all its ancillary benefits, would be achieved without a shot being fired.

And this surely is the current Obama doctrine: the emphasis on what candidate Obama, nearly two years ago, called "tough-minded diplomacy".

(中略)

In this conception, almost no one is off limits. Obama spoke last week of reaching out to those moderate elements of the Taliban that can be reached, much as dialogue with assorted Sunni militias eventually brought progress in Iraq. But while it is the prospect of dialogue with America's enemies that generates headlines, no less important is the relationship with America's friends. Pressed to define the doctrine of the administration he serves, that senior official says it's the "recognition of the necessity and efficacy of collective action".

I'm told that this was the thrust of Biden's message to Nato's North Atlantic Council in Brussels yesterday: not some kind of "wussy multilateralism", with lots of cosy meetings and platitudes, but a "results-oriented" desire to get things done - and the belief that that only happens when the world acts in concert.

To be sure, these are only the early signals in the early days. But from a president with his hands full, they are encouraging.

===

この記事を書いたフリードランドはけっこう好意的に見てますね。

結局これからわかるのは「ブッシュ政権の二期目の対外政策をかなり引き継いでいる」ということですな(笑
by masa_the_man | 2009-03-13 01:50 | 日記 | Comments(0)
先週末の講演会ですが、おかげさまで本当に多くの方々に来ていただきました。感謝感激です。

内容とレベルを少し上げたのですが、参加者のみなさんの意識と関心が高く、あらためてみなさんの知識レベルの高さを感じました。

個人的にはまだちょっと話足りないところもあり、二時間半ではまだ短いと痛感しております。

最終回の第三回目はいよいよスパイクマンを取り上げるわけですが、今回まとめる切ることができなかった「テクノロジー」と、そしてミアシャイマーやウォルトに通じる欧米の「リアリズムの理論」との歴史との関連性について大きくまとめてみたいと考えております。

次回はどうしても理論の話ばかりになってしまうので、どういう風にやわらかく料理して話をすればいいのか悩んでおります。真面目な話ばかりしてもつまんないですから(苦笑

ということでご参加いただいた方々、本当にありがとうございました。

次回は五月初旬に開催予定です。詳細等がわかり次第また追ってご連絡させていいただきます。

b0015356_13111133.jpg

by masa_the_man | 2009-03-09 13:10 | 日記 | Comments(4)
「マッキンダーの地政学」の講演会はいよいよ本日開催です。

気合い入れていきます

■地政学講座シリーズ:第二回目■

<マッキンダーの地政学>

地政学の祖、ハルフォード・マッキンダーの今日的意味を徹底分析!ハートランド理論が教える「地政学の三位一体」と「アメリカの対外政策の源泉」とは?

今回は前回よりも大幅にレベルを上げて、質・量ともに充実させた中〜上級者向けの内容で行います。

具体的な内容としては、前回までに説明された地政学の基本理論を踏まえ、その総合発展形としてのマッキンダーの「ハートランド理論」を中心に、「西洋の戦略観」や「戦略文化」、そして「テクノロジー」というキーワードから地政学を分析していきます。


【日時】

平成21年(2009年)3月07日(土)18:30〜20:30 (開場18:15)

※終了後、懇親会あり(21時から2時間程度を予定)

【会場】

京橋区民館:中央区京橋二丁目6番7号
b0015356_23593116.jpg

アクセス:
東京メトロ銀座線京橋駅下車6番出口 徒歩2分
都営地下鉄浅草線宝町駅A5・A6番出口 徒歩2


【参加費】

講演会(4,000円:お菓子/資料代込み)
  +
懇親会(4,500円)

【お申し込み先】

以下のURLまで。

↓ ↓ ↓ ↓
http://www.realist.jp/so20090307.html

【持ち物】

筆記用具一式、ノート、そして各自の名刺(ネットワーク作りのため)

===

ちなみに第三回目の最後の講座は「スパイクマンの地政学」というテーマで四月上旬頃の開催を予定しております。

それではみなさんと会場でお会いできることを楽しみにしております。
b0015356_13204745.jpg

by masa_the_man | 2009-03-06 12:00 | 日記 | Comments(23)

ガトリングガン

最近のyoutubeには何でもありますね(笑



講演会ではこの銃についても少し触れるつもりなので、参考までにアップしておきます。
by masa_the_man | 2009-03-06 00:33 | 日記 | Comments(0)
明後日の講演会の参考用としてWikiからコピペさせていただきました。

日本語版だと面白いところがあまり書かれておりません。まあこれは日本での知名度と関係してくるわけですからしょうがないのかも知れませんが。

ということで英語版も見てみたのですが、これもまだ詳しくは書かれてませんね(苦笑

===

サー・ハルフォード・ジョン・マッキンダー(Sir Halford John Mackinder, 1861年2月15日 - 1947年3月6日)は、イギリスの地理学者、政治家である。ハートランド理論を提唱し、この概念は地政学の基礎的な理論付けとなった。事実上の現代地政学の開祖ともいえる。

生い立ち
1861年、イングランドの東部にあるリンカンシャーでスコットランド系の医者の長男として生まれる。若い頃から周囲の自然に興味を示し、オックスフォード大学では生物学を専攻しようとしたが地質学や歴史や法学を学び、そのいずれにも頭角を表した。法学の分野においては弁護士の資格を取得している。その後も自然に関する関心と情熱は止みがたく、広く国内を旅行して、自然科学と人間社会を結びつける中間的な概念としての「新しい地理学」を提唱し、学会の注目を引いた。ちょうどその頃、イギリスの王立地理学協会(the Royal Geographical Society)では、地理を大学の正規の講座に昇格させる為の猛烈な運動を始めていた。それで1899年にオックスフォード大学が地理学院(the Oxford School of Geography)を開設したとき、マッキンダーはその初代の院長に迎えられた。さらに彼は1904年にロンドン大学に新設された政治経済学院(the Economics and Political Science)の院長に就任し、その後20年に渡って同学院の経営に専念するかたわら、経済地理の講義を続けた。この学校の卒業生や留学生の中から英連邦諸国の政治家や外交官を輩出している。

政界へ
マッキンダーは学生時代から政治にきわめて強い関心を持ち、1900年に自由党から立候補して落選した後、1910年に保守党と自由党の一部が参加した統一党として下院に当選を成し遂げ、1922年の選挙で敗退するまで下院に議席を持っていた。その交友の中には、L・S・エーメリやミルナー卿など、当時の有名な政治家の名前がみられる。だがその後の出馬を断念したのは、おそらくはその学究肌が下院の空気と合わなかった為とみられる。にも関わらずマッキンダーの祖国イギリスと世界の現状を憂うる発言は高く評価され、とりわけ第一次世界大戦後の平和体制や国際連盟の構想を考える上での色々な参考にされた。ドイツとオーストリアの連合勢力を敗北に導いた最大の功績は、とりわけ英国海軍が主として行った大陸封鎖の作戦にあったので、その講和における発言力もまた相応に大きかった。マッキンダーは第一次世界大戦を基本的にユーラシア大陸の心臓部(ハートランド)を制覇しようとするランドパワーと、これを制止しようとする海島国(イギリス、カナダ、アメリカ、ブラジル、オーストラリア、ニュージーランド、日本)の連合およびフランスやイタリア等の半島国、言い換えればつまりシーパワー、との間の死活をかけた闘争であると見た。そして、今後の世界の平和を保証する為には、東欧を一手に支配する強力な国家の出現を絶対に許してはならないと力説した。マッキンダーの国際連盟の構想は、いわばこの目標を実現することに賭けられていたといっても良い。戦後の1919年から1920年にかけては南ロシアにおける英国の高等弁務官としてオデッサに駐在し、白軍勢力をまとめることに苦労したが、これは成功しなかった。しかしこのような国家的功績によって、ナイトの称号を授けられる。その後マッキンダーはいくつかの公職を歴任しているが、その主なものとしては、1926年に枢密顧問官に就任したことと、それから1920年以降1945年に至るまでイギリスの船舶統制委員会の議長を務め、1926年から1931年に至るまで、英帝国経済委員会の議長も務めている。

晩年
第二次世界大戦の最中、マッキンダーが82歳の時に、アメリカの雑誌フォーリン・アフェアーズ(1943年7月号)に「球体の世界と平和の勝利」(the Round World and the Winning of the Peace)という題で最後の寄稿をしている。
1947年3月6日にドーゼットの自宅で死去。

逸話
1899年9月13日、アフリカ大陸第2位の高山、ケニア山の初登頂を果たした。

===

マッキンダーは特に人生の後半に面白いことをやってます。
by masa_the_man | 2009-03-05 12:43 | 日記 | Comments(0)

空海のことば


「山川は長くして萬世なり、人は短くして百年なり」

スパイクマンも全く似たようなことを言ってます。ちょっと気になったのでメモ代わりに。
by masa_the_man | 2009-03-03 01:11 | 日記 | Comments(0)

小さな哲学者

姪が遊びに来たのですが、私の本棚からおもむろに二冊取り出し、一人で静かに読んでおりました。

本の題名と人物とのギャップがあまりに面白かったので載せておきます。

しかしなんでよりによってニーチェ?
by masa_the_man | 2009-02-14 12:31 | 日記 | Comments(6)