戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

次に出る本の内容紹介:その3

今日の横浜北部はまたしても寒空の快晴。正月から続いてますね。

さて、またまた昨日からのつづきを。

これまで、世代、自然、人生、さらには時代(の雰囲気)にまで、4つのタイプがあることを説明してきたわけですが、ハウとストラウスの最大の特徴は、これらをすべて統合して、自分たちの理論をつくっているのです。

その最大のカギが、特定の「世代」(ジェネレーション)がなぜ生まれるのかという説明でして、これがわかるとその理論の全体構造が見えてきます。

まず前回までに、時代には春夏秋冬があり、これが20年ごとに4回訪れる、その一サイクル(サエクルム)が80年ほどになると説明したわけですが、この時代の春夏秋冬が、各世代(預言者、遊牧民、英雄、芸術家)の特徴を形成する役割を果たしている、というところがミソです。

では具体例から見ていきましょう。

シンプルに説明するために、とりあえずここでは最初の世代である「預言者」だけを参照してみたいと思います。

▼預言者の例

ハウとストラウスによれば、預言者たちは、春の時代に生まれて幼年期(0〜20歳)を過ごします。

ちなみに現在生きている預言者といえば、日本でいえば圧倒的な数を誇る「団塊の世代」、アメリカでもベビーブーマでありまして、まさに歴史上の「春」である1946〜64年の間に生まれた世代ということになります。

彼らは戦後(つまり冬の後)の秩序が入れ替わった「春」の時代に生まれ、いわゆる「戦争を知らない子供たち」としてすくすくと育ちます。もちろん最も影響を受けたのは「戦後の復興の雰囲気」でありまして、比較的高揚感のある時代に育つわけですから、必然的にナルシストになりやすいといわれております。

そんな彼らが大学生くらいの年(20歳〜)になると、時代の季節も「夏」に入ります。アメリカではこの頃からヒッピー文化やカウンターカルチャーなどが吹き荒れ、日本でも学生運動などが始まり、社会的にやや荒れてくる時代でもあります。1964〜84年がこの時期にあたります。

ところが団塊の彼らも、いい加減大人になり(40歳〜)、社会の中の中枢を担うようになります。その頃には時代は秋(1984−2004年)に入り、日本ではバブルとバブル崩壊が始まることになります。

そしてその団塊の彼らが社会的にはリタイアしはじめ、老人となりはじめた(60歳〜)のがおよそ10年前くらいからです。これが冬の時代であり、2005〜25年くらいまで続く、というのです。

さて、ここまで預言者である「団塊の世代」(ベビーブーマー)たちを例にとって、彼らが人生の四季をそれぞれ過ごしてきたことを説明してきましたが、おそらくこれだと

「なんだよ、預言者というのは時代の春夏秋冬とまったく同じサイクルで動いているだけか」

となってしまうので、これだと参考にならないかもしれません。なので、ここでは私も属する、その下の「遊牧民」の人生の四季も同じようにたどってみましょうか。

▼遊牧民の例

ハウとストラウスによれば、遊牧民たちは、夏の時代に生まれて幼年期(0〜20歳)を過ごします。

ちなみに現在生きている遊牧民といえば、日本でいえば「団塊ジュニアの世代」、アメリカでは「ジェネレーションx」などと呼ばれておりまして歴史上の「夏」である1964〜84年の間に生まれた世代ということになります。

つまりすぐ上の世代は「団塊」でありまして、戦後の秩序が入れ替わった「春」が終わり、その秩序が試される「夏」の時代に生まれ、忙しい親たちからあまり保護を受けずにないがしろにされて育ちます。

もちろん最も影響を受けたのは「勢いはあるが荒れた社会」でありまして、校内暴力なども多かった時代のため、他の世代よりも個人的で生き抜くサバイバル技術を持っているといわれております。

そんな彼らが大学生くらいの年(20歳〜)になると、時代の季節も「秋」に入ります。アメリカや日本ではこの頃(1984〜2005年)からバブルとその崩壊やIT革命が起こり、とりわけ日本の場合は「就職氷河期」に突入します。「金の卵」と言われて集団就職できた一つ上の世代とは大違いです。

このようなサバイバル技術を身に着けた彼らが大人になり(40歳〜)、社会の中の中枢を担うようになると、とたんに危機が始まります。その頃には時代は冬(2005〜25年)に入るからです。

その後はどうなるかはわかりませんが、彼らが社会的にはリタイアしはじめ、老人となりはじめる(60歳〜)くらいには危機の時代となる冬が過ぎ去り、新たな春が2025年くらいから始まるのではないか、というのがハウとストラウスの推測です。

※※※

さて、この二つの世代の説明で、なぜ各世代が独自の特徴を持つようになるのかがおわかりいただけたでしょうか?

預言者も遊牧民も、そして英雄も芸術家も、それぞれが特定の時代の季節(春夏秋冬)の流れの中で生まれてしまったがために、その季節の影響を(とりわけその幼年期に)モロにかぶることによって独特の世界観を身に着け、他の世代とは明らかに異なる行動様式を持つようになる、というのです。

ハウとストラウスは、このような世代の歩みはほぼ80年ごとにまったく同じパターンで進行するとしているわけですが、その様子を簡略化したのが以下の図です。
b0015356_21561086.png

そしてこの図の中でとくにみなさんに注目していただきたいのは、預言者、遊牧民、英雄、芸術家という4タイプの世代が、時代の季節ごとに組み合わせを変えている、という点です。

そしてハウとストラウスは、とりわけ預言者の世代が老年期(60歳〜)に入り、英雄の世代が若い成人期(20〜40歳)に入る、いわば「冬」の時代に、社会は大改革を迎えるというのです。

では80年前、そしてそのさらに80年前(160年前)に日本はどのような状況にあったでしょうか?

そうです、それは第二次世界大戦と明治維新だったのです。

時間がなくなりましたので、さらにこの続きはまた明日。



▼奴隷の人生からの脱却のために

戦略の階層」を解説するCD。戦略の「基本の“き”」はここから!
戦略の階層を徹底解説するCD

▼~あなたは本当の「孫子」を知らない~
奥山真司の『真説 孫子解読』CD
奥山真司の『真説 孫子解読』


▼~これまでのクラウゼヴィッツ解説本はすべて処分して結構です~
奥山真司の現代のクラウゼヴィッツ『戦争論』講座CD
奥山真司の現代のクラウゼヴィッツ『戦争論』講座

▼~これまでの地政学解説本はすべて処分して結構です~
奥山真司の地政学講座CD 全10回
奥山真司の地政学講座 全10回



奥山真司のアメリカ通信LIVE

奥山真司のアメリカ通信LIVE
Commented by りこ at 2017-01-08 11:03 x
あと8年くらいで、1サイクラムが完結するとの事ですが、「大変革」の時を、忍従して過ぎ去るのを待つか、積極的に(具体的には分からないけど)自ら行動を起こすか…
いずれにせよ、奥山先生の発信を受け止めながら、考える力を養いたいと思います。
どの世代に産まれたとしても、自分の宿業と向き合う責任を持たないと、虚しくなりそうです。
先生、連日の更新、ありがとうございます(^3^)/
Commented by 歴史は繰り返す at 2017-01-08 13:29 x
実に興味深いです。
明治維新から第二次世界大戦までに登場したインフラ等で、現在までの社会を動かしてきたものが多いと思うので、これが今後また様々なものが登場して淘汰されていく、という事でしょうか。
書籍も興味深いですが、こうして詳しく解説していただけると、日本のことにも目を向けながら、より一層理解が深まりそうですね。
Commented by masa_the_man at 2017-01-11 20:50
りこ さんへ

>連日の更新、

途切れてしまいました(泣)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2017-01-11 20:52
歴史は繰り返すさんへ

>明治維新から第二次世界大戦までに登場したインフラ等で、現在までの社会を動かしてきたものが多いと思うので、これが今後また様々なものが登場して淘汰されていく、という事でしょうか。

わかりませんが、社会的な雰囲気が変わるということだけは言えそうですね。

>こうして詳しく解説していただけると、日本のことにも目を向けながら、より一層理解が深まりそうですね。

そういっていただけるとありがたいです。コメントありがとうございました
Commented by sirimonkon at 2017-01-12 14:00 x
私は遊牧民ですが、確かに日常の生活や人間関係でリアリズムを学びました。
そういえば年上の人間はビーバップ・ハイスクールでしたし、小中の頃出かける時は、カツアゲに遭遇する危険性を常に考えていたし、その後も5人くらいは喧嘩で対応できるようにと考えていましたね。実は高校卒業までフランス外人部隊にいこうと思っていました。色々あって諦めましたが。これらは関係ないですかね。
by masa_the_man | 2017-01-07 22:02 | 日記 | Comments(5)