戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

参院選の結果に左右されない日本の安全保障

今日の横浜北部は朝方にけっこうやばい雲がかかっておりましたが、昼になると晴れてきました。

さて、久しぶりに書きます。

もちろん本ブログをお読みの皆さんは選挙に行かれた方がほとんどだと思いますが、今回の参院選に関連して、ひとことだけ。

見方は色々あるでしょうが、純粋に数的なところをみれば、やはり今回の選挙では「自民党が勝った」という分析が正しいことになりそうです。

では奥山さんは嬉しいのですか、それとも悔しいのですか、と聞かれるかもしれませんが、私はどちらかと言えば、

「選挙の結果など、どうでもいい」

と冷ややかに見ている部分があります。

「いやいや、選挙の結果が国家の運営にも影響してくるから、やはり選挙は重要なのでは?」

とお感じになるかたもいらっしゃるでしょうが、私はこのような選挙が行われても、常にどこかで虚しさを感じている人間になってしまいました。

その理由は、戦略論を学んでしまったからです。

たしかに世間で言われているように、今回の選挙で自民党が勝ち、与党側が改憲要件となる国会の三分の二の議席を確保できたというのは、日本の安全保障にとってはプラスになることかもしれません。

ただしそれも、しょせんは半分のこと。

なぜなら日本がいくらがんばっても、戦争や紛争に巻き込まれるかどうかというのは、結局はそのもう半分である「相手」がいて成り立つものであるからです。

この場合の「相手」とは、日本の「平和憲法」のようなものを持たない中国かもしれませんし、航行の自由作戦を行っていて、建国以来、ほぼ毎年の割合で戦争を続けているアメリカかもしれません。

さらには突然ミサイルを日本に落としてくる北朝鮮みたいな国もありますし、日本の国土を第二次世界大戦後から占領しつづけているロシアもあります。

ようするに私が言いたいのは、「日本の行動や決断だけで東アジアの安全保障環境が決まるのではない」、ということ。

ところが残念なことに、われわれ一般人(さらにはメディアや学者まで)は、どうも日本という狭い国の狭い言語空間で生きているせいか、

日本の行動こそが、世界(東アジアの地域だけに限定されない)の安全保障環境に決定的な影響を及ぼす

という、なんとも誇大妄想的なバイアス(偏見)を無意識的にもっていることが多いのです。

ここであえて言っておきます。日本は(悔しいですが)「大国」ではありません。

安全保障はアメリカに多くを依存しておりますし、自分の国の軍隊をまともに戦闘させることもできないですし、何より「日本には平和憲法がある」と知られているわけでもありません。

つまり周辺の安全保障環境において、日本はカギを握っているプレイヤーではないのです。

戦略には、常に考慮すべき「相手」という存在があります。そしてこの「相手」は、自由意志を持った存在であると同時に、日本の政治面での力をまったく考慮しない存在かもしれないのです。

結論からいえば、日本が国内的に何をしようとも、そして自民党が選挙で圧勝しようとも、それは「相手」のいる戦略がかかわってくる紛争については、(よくても)たった半分のことであり、われわれの力ではどうすることもできない部分が大きい、ということです。

したがって、われわれは日本国内の選挙結果というものに一喜一憂することなく、ただひらすら冷静に、日本の安全と平和と繁栄をいかに守るか考えるべきなのです。

これらのトピックについては今夜の放送(http://live.nicovideo.jp/gate/lv268232726)でも議論します。ぜひご期待ください。


▼~あなたは本当の「孫子」を知らない~
奥山真司の『真説 孫子解読』CD
奥山真司の『真説 孫子解読』


▼~これまでのクラウゼヴィッツ解説本はすべて処分して結構です。~
奥山真司の現代のクラウゼビッツ『戦争論』講座CD
奥山真司の現代のクラウゼビッツ『戦争論』講座

▼奴隷の人生からの脱却のために
戦略の階層」を解説するCD。戦略の「基本の“き”」はここから!戦略の階層を徹底解説するCD

奥山真司の地政学講座
※詳細はこちらから↓
http://www.realist.jp/geopolitics.html
奥山真司の地政学講座 全10回

奥山真司のアメリカ通信LIVE


http://ch.nicovideo.jp/strategy2/live
奥山真司のアメリカ通信LIVE

https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal



Commented by 無花果 at 2016-07-12 17:39 x
日本の意思決定だけでは決定的な何かにはなりえない、という内容自体には同意できるのですが、その表現では切り落とされている部分が大きすぎる気がしますw
決定的ではなくても、1か0かではない以上、掌握できる範囲が大きくなったことで左右できるようになる部分はありますから。左右したからといって日本に有利になるとは限りませんが、選択肢はたとえわずかでも幅広く多いに越したことはありませんし。
現在日本が大国でないことについては、奥山さんは悔しいと仰っていますが、むしろ有利に働く面が多いように考えているので+要素ではないでしょうか。
何を以て勝ちとするかによりますが、日本の生存を目的とするなら、さほど悪い要素ではないと思っています。
Commented by 待兼右大臣 at 2016-07-14 01:00 x
>>「日本の行動こそが、世界(東アジアの地域だけに限定されない)
>>の安全保障環境に決定的な影響を及ぼす」

「戦勝国理論」あるいは現在の世界体制は、ある意味そのことを前提として構築されています。それは、国連憲章の「敵国条項」や「日本国憲法」にその痕跡があります。

わが国が、他国と同じような「普通の国」であれば、このエントリのような「戦略論」も意味があるのでしょうが、国連をはじめとする「戦後レジーム」を前提としている限り、そのような

国際安全保障上の特別な地位(世界に混乱と破壊をもたらす)敗戦国

という地位を受け入れるということになるでしょう。
その意味において

「日本の行動こそが、世界の安全保障環境に決定的な影響を及ぼす」

ということが、現在の国際社会でわが国の生きる道となります。
「歴史修正主義者」という国際的評価を受けるリスクを犯して、そのような「歴史認識論争」をするような「胆力」が今の政治家にあるかどうかは疑問です。
Commented by 待兼右大臣 at 2016-07-14 01:20 x
追加です

明治以後、わが国が経験した戦争は
日清戦争
日露戦争
第一次世界大戦
満州事変
日華事変
第二次世界大戦
と「全て」わが国が仕掛けた戦争となっているので

日本が良からぬことを考えない限り、世界は平和

という「戦後レジーム」と親和性が高かったと思います。
その意味で、「わが国の意思」というものが「世界平和」の前提となっているという意味で

>>「日本の行動こそが、世界の安全保障環境に決定的な影響を及ぼす」

というものが、第二次世界大戦後の世界体制の「前提のひとつ」となっているといえると思います
Commented by 依りにも寄ってこの日に at 2016-08-07 02:39 x
外務省 尖閣接続水域航行で重ねて抗議 | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/20160807/k10010624431000.html

踏み込んで来ましたね。
地政学者の皆さんからも、何度も警告されてきた事態ですが、これからどうなるのでしょうか。
台湾とは体力も武力も違いますから、最悪の事態も考えないとならないのでは。
Commented by インテリジェンスオフィサー at 2016-08-25 20:18 x
日本人が今1番行うべきは外国語と文化を学び外国の情報を得ることですね。
Youは何しに日本へ、や日本凄い系の番組が流行ってますが、このように大国でもないのに大国意識を持ってることは問題ですね。
by masa_the_man | 2016-07-12 13:12 | 日記 | Comments(5)