戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

ロシアがシリア領内へ空爆開始

今日の横浜北部は雲が多めですが晴れております。このくらいの気温が過ごしやすくて最高ですね。

12月に出る訳書のゲラチェックで忙しい中、一作日は第一次世界大戦の権威であるヒュー・ストローンの講演、そして昨日はエドワード・ルトワックと個人面談をしてきまして、色々と知的刺激を受けてきました。

さて、久々の更新ですが、ロシアのシリア領土内で空爆を始めたことについて。

これについてすでに様々な解説記事が日本でも出ておりますが、イギリスのテレグラフ紙のウェブサイトのよくまとまった記事を発見しまして、興味深く読んだのですが、ここからわかるのは以下のような点です。

===

●ロシアは表向きシリア領内の「過激派組織IS=イスラミックステート」を攻撃していると発表。

●ところが実際に空爆の対象としているのは、アサド政権に反対する非IS系の「自由シリア軍」(FSA)を中心としたグループ。ただしその爆撃対象には、アルカイダ系の「ヌスラ戦線」を含むジャイシュ・ファタハ(征服軍)から、アメリカが訓練をほどこした「穏健派」まで含まれる。

●そしてこの勢力を支援しているのはトルコ、カタール、サウジアラビア

●結果としてロシアが狙っているのはアサド政権の延命だと思われる。好意的に解釈すれば、ロシアは反政府派のFSAを潰してアサド政権を延命させてから、結果としてISを打倒させようと思っているのかも?

●今後の焦点は、なんといっても地上軍の派遣が行われるかどうか

●アサド政権のシリア政府軍とヒズボラ、それにイランから支援を受けた兵力がシリアに続々と集結中で、反政府が側の勢力に対して攻勢をかけようとしている。

===

ここで浮かび上がってくる対立構図なんですが、宗教的にわければ意外に明確になります。それは、

反シリア体制派側=スンニ派:FSA、IS、カタール、サウジ、トルコ:アメリカ
vs
シリア政府軍=シーア派:アサド政権、ヒズボラ、イラン、イラク(マリキ政権):ロシア

もちろん現実は「ドイツ三十年戦争」の時のように、カソリック・プロテスタントが入り乱れてのバトルロイヤル状態と同じなわけですが、とりあえずシリア領内に限っていえば、

反シリア体制派(スンニ派)vs シリア政府軍(シーア派)

という構図が出てくるわけです。

ここで不都合なのは、実はアメリカは、化学兵器を使った反体制派やIS、それにアルカイダ系の勢力と近い関係にあるという事実。

国際政治はまさに平沼騏一郎首相が述べたように「複雑怪奇」ですが、宗教という一面から切ってみると、意外に勢力構造が明確に見えてくることもあるようです。

このニュースについては、次回の生放送(http://live.nicovideo.jp/gate/lv235238144)でももちろんとりあげますのでぜひご期待を。



▼奴隷の人生からの脱却のために
戦略の階層」を解説するCD。戦略の「基本の“き”」はここから!戦略の階層を徹底解説するCD

奥山真司の地政学講座

※詳細はこちらから↓
http://www.realist.jp/geopolitics.html

奥山真司の地政学講座 全10回




奥山真司のアメリカ通信LIVE


http://ch.nicovideo.jp/strategy
奥山真司のアメリカ通信LIVE

https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal



Commented by プシュケ at 2015-10-03 14:13 x
ドイツ三十年戦争を最後にキリスト教世界では宗教戦争がなくなりましたけども、イスラム教世界においてもこのシリア内戦を最後に宗教戦争はなくなるんでしょうかねぇ・・・

ドイツ三十年戦争では、ドイツの人口が約3分の1まで減少しましたが(1600万人⇒600万人 数字は諸説あり)、一神教世界においては当事者たちがホントに嫌になるぐらいの犠牲を出さないと、宗教対立はなくならない気がします。
Commented by 生は時間的に見れない人 at 2015-10-04 18:27 x
個人的な印象ですが。
シーア派は小乗的で権威型、スンニ派は大乗的で適応型。
故にスンニ派のほうが欧米と交流しやすいが、時に過激になり手に負えなくなる。
ともあれアメリカはスンニ派側、ロシアはシーア派側と言う分布は概ね世界中で成り立つ?のでしょうか。
だとしたら、現状、イラクとアフガンがこんがらかっているのは、大英帝国の適当過ぎる線引からのこの構図に限界が来て、サダム・フセインとビンラディンという鬼子を産んでしまったため。
でもこれは漢字文化圏が大陸と島嶼で決して相容れず2度の大戦(もしかしたら三度目もあるか)でようやく住み分けたのと同じくらい、人類の習性として、虐殺と難民移動の末の住み分け以外では解決しない。
のかな。
Commented at 2015-10-05 11:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yomo-uni at 2015-10-05 12:07
根源的な疑問だけれど、そもそもアメリカはシリアやイラクやアフガニスタンにどういう政権を作りたいのでしょうか?

今回の安全保障法案採決での民主党他反対派の醜態を見ていても思うのですが、血みどろの民族紛争を繰り返した勢力が集まって、そしてイスラム世界全体で原理主義が勃興する中、欧米のような「民主制」による政権ができるとは、思えません。

それをこれらの地に強制しようとすれば、30年戦争を戦い抜いても不可能でしょう。

アメリカは一体この地域をどうしたいのか?
 
現実的にこれらの地域統治する政権のプラン無しに介入を続けるって、無限地獄になってしまいます。
Commented by sdi at 2015-10-06 00:47 x
上記の構図に、クルド人が出てきてません。
宗派的にはスンニですが、政治的、軍事的にはISと対立関係にあります。クルド人を蚊帳の外においておけるほど、この対立構図の色分けが鮮明だとは思えないんですが・・・・・・。
Commented by かれー at 2015-10-06 20:41 x
明確な目標が無く、対処療法的に対応して風邪が治るまで寝てる様にすら見えます
拗らせて肺炎にならなきゃいいんですがね
Commented by まつもと at 2015-10-12 17:41 x
オーディオ講義のダウンロード販売はないのでしょうか。海外からブログを読んで興味を持ったので、もしあれば購入しようと考えています。
Commented by 伊呂波 at 2015-10-17 11:06 x
ロシアが北海道なり日本に侵攻する可能性は無いのでしょうか?
中国より圧倒的に軍事技術は高いですし、ロシアが北海道を呑む方が脅威なのでは無いのでしょうか。
by masa_the_man | 2015-10-03 06:56 | 日記 | Comments(8)