戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

アメリカのとるべき6つの対中戦略

今日の横浜北部は完全に梅雨の真っ最中です。それにしてもここ数日の雨の量はすごいですね。

さて、今夜の放送の中身について少し。

「中国の台頭にどのように対処していけばいいのか?」という疑問について、アメリカの安全保障の専門家や、とりわけ「リアリスト」と呼ばれる学者や専門家たちの間では、すでに90年代後半に本格的な議論が始まっておりました。

その成果のうちの一つが、私が翻訳したミアシャイマーの『大国政治の悲劇』なのですが、その原著の初版が出た2001年当時のアメリカでは、まだ中国の脅威が一般的には認知されていなかったにもかかわらず、ミアシャイマーはすでに「中国の台頭は平和的なものとはならない」と警告しておりました。

結果としてそれから10年ほどたってみると、中国の脅威はたしかにミアシャイマーの予測した通りの状況になっているわけですが、その合間にアメリカでの対中戦略の議論も色々と進んできました。

今回紹介する論文は、そのような議論を進めた人物の一人である、プリンストン大学教授のアーロン・フリードバーグのものです。

この人は、どちらかといえば共和党寄りの中国専門家でありまして、日本では『支配への競争: 米中対立の構図とアジアの将来』という本が出ているので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
b0015356_1540275.jpg


この論文の議論ですが、フリードバーグはこれからアメリカがとるべき対中戦略のモデルとして、なんと6つものオプションを挙げて、これらをそれぞれ比較検討(!)しております。

この詳細は今夜の生放送(http://live.nicovideo.jp/gate/lv225853765)で詳しくご紹介するつもりですが、その戦略(というか大戦略)の名前だけ挙げておきますと、

1強化エンゲージメント
2安心の提供
3大型取引・影響圏
4オフショア・バランシング
5ベター・バランシング
6封じ込め

というものです。これだけ見ると「なんじゃこりゃ」ですが、説明を聞けばたしかに納得のものばかりです。

このような戦略面での選択肢を挙げて論じれる分だけ、まだアメリカには物理的な面や、知的な面でも「余裕がある」、ということも言えそうです。いやはや羨ましい限りですな。

ということで、今夜の放送をぜひお楽しみに。


ビジネスと人生に活かす『クラウゼヴィッツ理論』CD


ビジネスと人生に活かす『クラウゼヴィッツ理論』

※詳細はこちらから↓

http://www.realist.jp/clausewitz-business.html



奥山真司のアメリカ通信LIVE


http://ch.nicovideo.jp/strategy
奥山真司のアメリカ通信LIVE

https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal



by masa_the_man | 2015-07-07 15:37 | 日記 | Comments(0)