戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

メールチェックが仕事の効率を下げている

今日の大宮は快晴でした。気温もけっこう上がりました。

さて、ISISの日本人人質問題について言及したいところでしたが、先々週の生放送で触れたトピックが興味深かったので、こちらを先に紹介させてください。

---
▼オープンオフィスにしたら、仕事が<<非>>効率化・・・
/メール・チェックはほどほどに…|
http://www.nicovideo.jp/watch/1421673908
---

著者は私の母校の心理学の先生と学生です。テクノロジーがわれわれの生産性や効率というものにどれほど影響を与えているのかを教えてくれる好実験です。

この実験結果で最も重要なのは、人間はひとつのタスクから別のタスクへ切り替えるときに大きなエネルギーを必要とする、ということです。

現代では特にスマホなどの普及のおかげで人々はますます集中して考える時間を持てなくなっている
ということなのですが、これは知的生産をする人間にとっては、特に致命的な重要性を持っているかと。

日本でも、これからますます独創性や創造性というものが求められる時代に入っているにもかかわらず、LINEなどに代表されるツールによって、メッセージを処理する頻度がますます上がっておりますね。

私も、テキストの執筆などに集中したいときは、あえて携帯を家に置いて外に出るなどしておりますが、意識的に「ネット断ち」をする覚悟が必要なのかなと考えております。

===

Eメールをチェックするのはやめておけ
byコスタディン・クシュレイ&エリザベス・ダン

●Eメールがたまってしまうのは本当に悪いことなのだろうか?

●これは実は複雑な問題だ。たしかに研究者たちは、Eメールの対処が有害であること(精神的な疲れやストレスにつながることを)を発見しているのだが、Eメールこそがすべての問題の元凶というわけではないからだ。

●この原因として考えられるのは、おそらくスケジュールが厳しくなっていることにありそうだ。そしてメール処理に使う時間が増えたのは、人々が忙しくなったことによるものであろう。

●さらに研究からいえるのは、Eメールに真の原因があるにせよ、その問題はそのやりとりする量が増えたことにあるわけではない、ということだ。

●そしてこれはもうひとつの可能性を示している。それは、「Eメールをチェックする頻度がストレスの原因となっているのでは?」というものだ。

●たとえば、アメリカのある職場の503人のワーカーに調査した結果、そのうちの75%がメールを受け取ってから一時間以内に返信すると答えているのだ。

●この結果に触発され、私達は2週間にわたって実地調査を行った。調査結果については、2月に発売される専門誌に発表されることになっている。

●その実験法はこういうものだ。われわれはまず学生から教授、医者やIT関係の会社員たち124名の大人を集め、実験の最初の週に彼らを2つの集団に無作為に分け、最初のグループに一日できるかぎり何度もメールをチェックするように指示し、メールが届いたらアラートが鳴るようにしてもらっている。

●もうひとつの集団にはメールのチェックを1日たった3回だけに限定してもらい、メールボックスも開けずにアラートもオフにしてもらっている。

●翌週には両グループにやってもらうことを交換してもらい、毎回チェックしていた方を3度に限定し、3度に限定していた方を毎回チェックするようにしてもらった。これによって個人ごとにメールチェックの頻度の変化だけでどれほどストレスの受け方に違いを受けたのかを比較できるからだ。

●われわれは1日の終わりごとにその日の感想を広範囲にわたって聞いている。たとえばストレスを調べるために、われわれは被験者たちに彼らの生活の中で重要なことや、やらなければいけないすべてのことの中で困難に陥ったことが何度あったのかを聞いている。

●被験者の中で唯一変化させたのは彼らのメールチェックの頻度だけであったが、結果として出てきたのは、その頻度を減らすとストレスが大きく減ったということであった。

●では頻度を下げた週では上げた週とどれだけの差があったのかというと、何かリラックスするためのテクニック(深呼吸や心地良い状態をイメージすることなど)を学んだ時と同じくらいの効果があったのだ。

●いいかえれば、メールチェックの頻度を減らすことは、南の島の温かい海で一日に数回泳ぐのをイメージするのと同じくらいのストレス軽減効果があったのだ。

●その原因は、おそらくメールチェックの頻度を下げることによって、タスクの切り替えをする頻度を下げることができるからであろう。

●これは人間の頭脳の機能の限界なのだろうが、人間は2つのことを同時進行でできないために、その2つの異なるタスクに必要となる注意を何度も切り替えながら行うことになり、これによって頭脳のエネルギーを浪費してしまうことになるのだ。

●その結果として、人間は達成すべき各タスクに必要な効率そのものも落としてしまうのだ。

●つまり、Eメールというのは新しいタスクの到来をわれわれに知らせるだけでなく、これらのタスク自体の達成のための効率も下げてしまうのだ。

●その証拠に、われわれの行った調査の被験者たちはこの実験の2週間の間に普段の日と変わらない数のメールを受け取りしているのだが、頻度を下げた週にはいつもよりもおよそ20%短い時間で処理できたと答えている。

●ようするに、メールを頻繁にチェックしてしまうと、ストレスは上がるし、効率も下がるのだ。メールチェックに関していえば、チェックする回数は少なければ少ないほど良い、ということになる。

●ところが人間の習慣というのはなかなか改善できないものだ。たとえば頻度を下げて1日3回のチェックに制限をかけても、被験者たちは1日5回ほどチェックしてしまったと認めている。

●そしてこの記事を書いているわれわれでさえ、書いている時になんどもメールのインボックスに目が行ってしまったのだ。

●ところがメールチェックの頻度を落とせないという人はいる。たとえば証券マンなどはメールチェックの頻度を下げることによって数百万ドルの取引を失うことにもなるため、むしろストレスがたまることになる。

●それでもわれわれのほとんどはおそらく必要以上にメールをチェックしすぎだと言えよう。最近の調査によれば、55%のワーカーたちが夜11時以降にメールをチェックしていると答えており、なんと奥さんが分娩中にメールをチェックしたことがあると答えた人も6%いるという(この記事の著者の一人はその6%に入っている)。

●われわれの研究結果から言えるのは、メールチェックの最適な回数は何回かというよりも、むしろ本当に必要な回数と気まぐれにチェックする回数をなるべく縮めるということだ。

●よって、まだ新年の誓いを決めていないひとは、「メールのチェックを本当に必要だと感じる時以外はなるべく控えてみる」とするのはいかがであろうか?

===

以上



奥山真司のアメリカ通信LIVE


http://ch.nicovideo.jp/strategy
奥山真司のアメリカ通信LIVE

https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal



Commented by 無花果 at 2015-01-24 21:16 x
毛沢東~の記事は何か情報に間違いでもあったのでしょうか?取り下げになっているようですが
Commented by masa_the_man at 2015-01-25 13:00
無花果さんへ

>毛沢東~の記事は何か情報に間違いでもあったのでしょうか?取り下げになっているようですが

いや、もう日程的に終わってしまったもので。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2015-01-25 20:00
無花果さんへ

すいません、慣れないスマホからの操作でコメント消してしまいました。もう一度書き込んでいただけませんか?

よろしくお願いします。
Commented by 無花果 at 2015-01-26 02:40 x
了解しました。
--
わかりました、ありがとうございます。

>いわゆる「柳澤提案」というものも、そのエッセンスを言えば「切腹せよ」ということか。結局のところは日本人の思考法は変わっていないということに。

これは、「日本人の思考が変わっていない」のではなく、「切腹思考の人間こそ日本人である」という奥山さん自身の日本人認識が生んだ結論ではないでしょうか。
この表現からは、奥山さんの世界観の中の日本人の定義から「切腹思考ではない日本人」が綺麗さっぱり消えている印象を受けます。
柳澤氏自身が切腹思考の人間である可能性は高いと思いますが、安倍責任論者が単に大問題を口実に政敵に責任を押し付けて政敵を潰してやろうという発想であった場合、そうとは言えなくなります。
氏や同様の主張が「日本人の思考法」といわれるほど日本で大勢の支持を受けている様子も見られません。
むしろ、視野が狭く、非常事態を政治に利用しようとするバカ者の提案扱いを受けている印象です。
勿論、政治の中枢に責任を取ることと問題を解決することの区別がつかない(つけない)人がいたのは由々しき問題ですが、それは別の話ですので。
人質への同情論があまりないのは自己責任的な切腹論というよりは、「なんだかこいつら可哀想だと思えない、助けるべきだと思えない(それが正しいかどうかはさておき)」という野次馬的感想であると思います。
そしてこれも日本人的な反応、というには大衆の無責任さ、という普遍的な反応だと思います。
責任論で問題が解決するというような発想からは距離を置き、解放のための秘密裏の身代金支払いや、身代金は支払わないが交渉を続けて時間を稼ぎ自衛隊による救出作戦を可能にすべき、といったような対策を訴えている人を無意識にか「日本人」を定義するサンプルから外してしまっているのはあまり良い傾向ではないと考えます。
---
というようなことをコメントさせていただきました。記憶を頼りに書き直したので一言一句同じではないですが主旨は同じです。
by masa_the_man | 2015-01-23 14:42 | 日記 | Comments(4)