戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

遅ればせながら

今日の横浜北部は寒くて快晴でした。真冬にこれだけ晴れるというのは世界の首都のある地域ではなかなか珍しいのでは。

さて、遅ればせながらあけましておめでとうございます。

年末からやや風邪気味だったこともあり、2日まで「寝正月」を実践しておりました。

いろいろな方から「あけおめメール」をいただいたのですが(下のエントリーのコメント欄にも)、まだ満足に返信できておりません。

とりあえず本日3日から仕事始めということで、たまりにたまっていた次に出る訳本の最終章の翻訳を再開したわけですが、スペースパワーに関するものなので、2008年にドールマンの論文を翻訳して以来の宇宙関連用語に直面していて、正直なところ面食らっているところです。

ホーマン遷移軌道、ヴァンアレン放射帯、ラグランジュ点、静止軌道など、いずれもその当時は慣れ親しんでいたはずの用語でも、数年経つとすっかり忘れているものであることが痛いほどよくわかりました(苦笑

今回あらためてスペースパワー関連の文献を読み直して実感したのは、このような新しい戦略の「次元」が出てくると、人間というのはそれを以前から存在している戦略環境に似たところを参考にして理解しようとするところです。

たとえばサイバーパワーという新しい環境への戦略を考えるときには、エアパワーでいうところの「戦略爆撃」(strategic bombing)を参考にしたのがその典型。

ではスペースパワーの場合は何を参考にしているのかというと、戦略家たちはマハンのシーパワー論を参考にするというパターンがけっこう目立ちます。

たしかにスペースパワーの論者として有名な人物の中にはジョン・クレインという米海軍の人間がおりまして、彼は自身のスペースパワーの理論の説明に、マハン(とコルベット)のアイディアを大活用しております。

また、このクレインもそうですが、私の留学時代に知り合った人間たちが、スペースパワーの主要文献に名を連ねていることも少々驚きでした。なんというか、世界が狭いのです。

この本はおそらく2月末までには出版されると思いますが、この他にも、今年はクラウゼヴィッツ系の軍事戦略関連の原書をあと2冊ほどをまず出版したいと考えております。

いろいろと忙しくて時間が本当に足りないのですが、今年も興味深い記事などを本ブログなどでも積極的に紹介していきますので、本年もまたぜひよろしくお願いします。



奥山真司のアメリカ通信LIVE


http://ch.nicovideo.jp/strategy
奥山真司のアメリカ通信LIVE

https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal



Commented by 大阪人K at 2015-01-04 01:12 x
新年明けましたことを謹んでお慶び申し上げます。

益々のご発展を祈っております。
Commented by prof at 2015-01-04 13:34 x
あけましておめでとうございます。

奥山さんを見ていると、忙しいという言葉を軽々しく口にしてはいけないと痛感。
オフ会等、今年もよろしくお願いします。
Commented by kjzrat at 2015-01-04 14:11 x
明けましておめでとう御座います。
翻訳の仕事でお疲れのご様子ですね。
無理はなさらずにお仕事に励んで下さい。
Commented by エルトリューム at 2015-01-06 01:18 x
明けましておめでとうございます。
今年もお忙しい1年となる事が確定しているようで、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。
さて、最近はオフ会がご無沙汰なので、次回先生に持って行こうと思っていた本や、オフ会向けに備蓄していたビールがかなり貯まってしまっています。
お忙しいので中々時間が無いとは思いますが、もし機会があれば、お土産の本などのお届けが出来る機会が今年もあったら良いなぁ~と思っています。
今年もよろしくお願い致します。
by masa_the_man | 2015-01-03 23:32 | 日記 | Comments(4)