戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

新しいシルクロードの地政学的な意味

今日の目黒は小雨が降っております。

さて、「新しいシルクロード」に関する話題がワシントン・ポスト紙に出てきたのでこの記事を要約します。

おなじみのランドパワー論ですが、具体的な地図でルートが示されたところがいいですね。

これについては今夜の放送(http://live.nicovideo.jp/gate/lv199750402)で少し解説します。


===

中国で世界最長の鉄道の旅が始まる
by イシャーン・サローア

●11月18日に中国東部の工業都市である義烏(Yiwu)から、82両編成の貨物列車が出発した。その旅は21日後となる12月にマドリッドで終わる歴史的なものであった。

●この貨物列車がカバーする距離はほぼ1万キロであるが、これは貨物列車として世界最長であり、ロシアの有名なシベリア鉄道よりも長い(以下の地図を参照のこと)。
b0015356_16444750.png


●義烏には小さな消費製品の最大の卸センターがあり、外国のビジネスマンや小規模な仲買人などが集中しており、アラブ人の大規模なコミュニティもあるほどだ。

●しかもこの都市はさらに大規模なプロジェクトを開始しており、自国の台頭する経済とヨーロッパの市場をつなげることを狙っている。

●「義烏=マドリッド線」は、大陸間の陸上貿易を再活発化させようとする北京の新しい取り組みを表している。これは「新しいシルクロード」という計画であり、習近平主席が400億ドルをかけて貨物列車のためのインフラや集積施設の改善への投資を決定している。

●もちろん貨物を使った貿易というのは主に海上を通じたものであるが、エコノミスト誌によれば、ヨーロッパの高級品への中国市場での需要の高まりによって、ユーラシアの鉄道貨物も発展しつつあるという。

●また、ロイターによれば中国はヨーロッパの会社に握られている貨物の分野における自国の企業の機能を強化する狙いがあるという。すでに中国は世界貿易の中心的な存在であるが、この計画を推し進めているのは歴史的な優越感である。

●この貨物線のルートは中国の最西部である新疆ウイグル自治区を横断しており、中央アジアのカザフスタンを越えている。このルートでは、数百年前に中国の製品が草原や針葉樹林を越えて向かっていた。

●別の貨物線のルートではトルコを通過してヨーロッパに向かっているものもある。国営の新華社通信が発表した地図によれば、新しいシルクロードは陸だけでなく海を通るものがある(以下の地図を参照)。
b0015356_16452797.png


●中国の海洋貿易の野望は、その国営企業がインド洋沿岸を越えて、バングラデシュ、スリランカのハンバントタ、そしてケニヤへの港湾施設への莫大な投資を行っていることからもわかる。

●中国の世界への展開、とりわけアフリカへの取り組みは、海軍規模の拡大と、アフリカ東岸へのプレゼンスの確立へとつながっている。

●何人かの専門家によれば、習近平氏の「新しいシルクロード」というプロジェクトは、ヨーロッパとアジアのロジスティクスとマーケットを結びつける地政学的な狙いがあるという。

●ボストン大学の国際関係論の准教授であるミン・イー氏によれば、これはアメリカのアジアへの「リバランス」への対抗であるという。

===






奥山真司のアメリカ通信LIVE


http://ch.nicovideo.jp/strategy
奥山真司のアメリカ通信LIVE

https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal



Commented by だむ at 2014-11-25 21:18 x
中国とヨーロッパは軌間1435mm、ロシア領内は1524mmの広軌なのをどうクリアしたんですかね
Commented by 待兼右大臣 at 2014-11-25 22:01 x
旧ソ連圏とその他の国では線路の幅が違います。
つまり、中国とカザフスタンとの国境で「乗り換え(積み替え)抵抗」が発生します。
人間なら出入国審査のついでに歩かせれば良いのですが、荷物はそうはいきません。

その意味では、「その他のルート」のほうが見込みがあるかもしれませんが、通過国の政情不安定さといえば・・・
Commented by 待兼右大臣 at 2014-11-25 23:48 x
そういえば、スペインの在来線も標準軌(1435mm)ではなかった。貨物列車のTALGOなんて聞いたこともないし・・・
(高速新線のAVEは標準軌ですが)
Commented by だむ at 2014-11-27 13:14 x
ロシアンゲージの問題もあるが、輸送力自体がそんなに大きいものにはならないよなあ。82両で1両あたり20ftコンテナ2つとして164TEU。1日10本走らせて1640TEUで、パナマックス級コンテナ船の1/3程度でしかない。一方コンテナ船のほうは一隻で18000TEU載るマラッカマックス級すら登場している
Commented by sdi at 2014-11-28 00:45 x
「通販商品を期日指定で」という、少量高付加価値の商品を期日厳守で運ぶビジネスモデル、という手は有りますね。船便とちがって商品の配送追跡が容易、というメリットがありますから。通販業者は船便から鉄道に切り替えるメリットはありますね。
荷物を満載した貨物列車のゲージ幅変更を日本の秋田新幹線みたいなフリーゲージトレイン化できるのかは解りませんね。
Commented by 待兼右大臣 at 2014-11-28 00:49 x
鉄道の利点は、

船舶より速く、トラックや航空機よりたくさんの貨物を運べる

というもので、路盤さえ良ければ、時速100キロ(50ノット)という貨物船では不可能な速度での輸送は充分可能です
Commented by ななし at 2014-11-28 12:41 x
スピード対コストで、ヨーロッパの物を速く欲しい人は、高い運送料の航空便で、一ヵ月ぐらいかかってもいい人は、安い運送料の船便になるのではないか。

中国内陸部の購買力があがらなければ、鉄道の効果は薄いのでは。
Commented by 待兼右大臣 at 2014-11-28 13:48 x
Sdiさん
秋田新幹線はフリーゲージトレインではなく、改軌して線路の幅を新幹線に合わせました。山形新幹線も同じです。

追伸
TALGOには、元々軌間可変という意味はありません。その特殊構造を利用して軌間可変台車を開発して、長らく、実用化された軌間可変台車がTALGO だけでしたので、軌間可変台車の代名詞的に使われることもあります。
by masa_the_man | 2014-11-25 16:49 | 日記 | Comments(8)