戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

朝日新聞の慰安婦記事がもたらした影響:FT紙の分析

今日の横浜北部はあさから快晴です。気温も上がり、過ごしやすい週末ですな。

さて、ちょっと前なのですが、イギリスの日経新聞であるフィナンシャル・タイムズ(FT)紙の記者が、一連の慰安婦誤報問題について、NYタイムズとは違ってかなりバランスのとれた分析を書いておりましたのでその要約を。

===

朝日新聞の性奴隷「慰安婦」報道は日本で激論を巻き起こす
by デメトリ・セバストプロ

●木村社長は先月、極めて異例となる社内会合を開催したのだが、その時の現場の雰囲気はかなり緊迫いしたものであったという。

●この場に居合わせた2人の目撃談によると、「木村社長、辞任してください!」と何人かの社員たちは叫んでいたというが、これは日本において公的な場で社員が社長に反対意見を示すという、きわめて珍しいシーンであった。

●朝日新聞はその中道左派的なスタンスから「日本のニューヨーク・タイムズ」として知られており、日本政府を痛烈に批判しながら翻弄するような存在として君臨してきた。

●ところが現在ではこの世界第2位の規模を誇る日刊紙の、第二次世界大戦の性奴隷についての報道で生じた危機に対する木村社長の対処について、社員たちは怒りを表している。

●135年の歴史を持つこの新聞社は、今年の8月以来、日本の兵士が戦時中に強制的に韓国の「慰安婦」たちを軍の徴用していたとする十数年前の一連の記事を訂正してから、大きな批判さらされている。

●また同じ頃に、福島の原発危機についても誤った報道(吉田調書)をしたことも認めている。

●朝日新聞は、その800万人の読者を狙う保守系の読売新聞と産経新聞から、批判の集中砲火を浴びている。さらにこの騒動は、旧日本軍が戦時中に女性を売春を強制したことを否定する集団たちにさらなる論拠を与えたために、地域外交にも影響を与えている。

●習近平は最近まで安倍首相に会うのを拒否していたが、この理由の一部は、安倍首相の歴史観に懸念を持っていたからだ。韓国の朴槿恵大統領も、安倍首相が慰安婦にさらに強調した謝罪を出すまでは公式会談を行なわないとしている。

●ところが安倍首相は今年のはじめにそれとは正反対の方向に向かうことで議論を巻き起こした。彼は慰安婦の募集について「旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した」ことを日本政府が認めた画期的な1993年の「河野談話」を再検証するよう指示している。

●日本の専門家たちが指摘しているのは、軍が直接的的に関与したとする十分な証拠がないということであり、慰安婦たちは業者たちによって軍の慰安婦所に連れて来られたと結論づけている。

●何人かの主流派の歴史家たちは、旧日本軍がその業者を選択して売春宿を管理していたという意味でその責務を負うべきであると述べているが、右派の歴史家たちは旧軍には何も責任はないと述べている。

●また、「日本政府は韓国との緊張を緩和するためにこのような文言に同意した」と指摘する人もいる。別の保守派の人々は、慰安婦たちはただ単に職を求めていた人々であると述べており、このコメントは「長年強制されて強姦されてきた」とする多くの韓国人や中国人の多くを激怒させている。

●安倍首相は結果的に河野談話を見直さないことにしたが、この見直し作業自体は、彼が周囲を固める人々と同様の「歴史修正主義者」であるという疑いをさらに深めることになった。

●朝日新聞の訂正以降、安倍首相のコアな支持者で右派の著者である櫻井よしこ氏は「プロパガンダ新聞」は廃紙すべきだと宣言している。

●安倍首相の友人でNHKのトップに任命された籾井勝人氏も、今年の始めに戦時中の慰安婦の使用を擁護する発言をしており、NHKは全般的に政府の見解に沿うように報道しなければならないと強調している。

●朝日がここまで日本の保守派を怒らせた理由の一つは、一連の記事の中心人物で旧軍の兵士であった吉田清治氏の証言が、慰安婦たちが「軍の性奴隷であった」とする国連の画期的な報告書の論拠として引用されていたからだ。

●安倍政権は朝日新聞の訂正を受けて、国連に対してこの報告書の書き換えを求めているが、国連側はそれ以外にも証拠が豊富にあるとしてこの要請を拒否している。

●インテリジェンス企業であるテネオ・インテリジェンスの日本専門家であるトビアス・ハリス氏は、日本政府の朝日新聞に対する批判は、河野談話の信頼性を損なおうとするあからさま動きであると述べている。

●「もし米政府がニューヨーク・タイムズ紙にたいして同じようなことをしたら政治的なスキャンダルとなるでしょうね・・・これは河野談話を支持すると言いながら河野談話を空洞化させているわけですから」とハリス氏は述べている。

●政府からの批判というゾッとする結末を懸念する人々もいるが、伝統的な朝日新聞の支持者たちは、木村社長が「オウンゴールをした」と言っている。

●ある人気コラムニスト(池上氏)は、訂正の発表と共に謝罪文を掲載しなかった朝日新聞を批判する記事を掲載しようとして拒否されている。ところが批判にさらされた朝日新聞は、後にこの記事を掲載している。

●朝日新聞のこの状況に詳しい人によれば、この掲載拒否の決断は社内のモラルを潰した「キラーパス」だったという。別の人によれば、圧力に負けて12月はじめに退社することになっている木村社長はすぐに辞任しなかったために「決定的な失敗を犯した」というのだ。

●また、朝日新聞は20万人が慰安婦として強制連行されたと書いた植村隆記者の記事によってもその評判を落としている。この数は実際は工場などで強制的に労働させられた日本人を含む「志願者」の女性である「挺身隊」を示したものであるが、彼はこれを「慰安婦」としてしまったからだ。

●慶応大学の細谷雄一教授によれば、「朝日新聞の最大の誤りの一つは、植村氏をかばい続けたこと」だという。

●これらの記事はたしかに朝日新聞の評判を落としたのだが、これがもたらしたさらに大きな懸念は、右派団体が植村氏が講師を務める大学に爆破予告をしたことである。

●日本政府のあるアドバイザーによれば、「朝日新聞はたしかに巨大な間違いを犯したが・・・・安倍政権がやっていることはやや危険なものになってきている」と述べており、首相はヘイトスピーチに対して厳しく対処すべきだとしている。

●慶応大学の日本政治の専門家である曽根泰教教授によれば、日本の新聞と右派からの朝日への度重なる批判が示しているのは、東アジアにおける大きな変化を反映したものであるという。

●彼によれば、メディアはより極端化しており、「ソニーはサムソンに抜かれた」という右派にとっては不愉快な現実に示されているような中国と韓国の台頭に直面して、保守派はその勢いをますます増加させているという。

●また、朝日新聞では現場記者たちが幹部たちにたいして木村社長と共に辞任するよう抗議している。この状況に詳しい人によれば、昔の記者たちは朝日で働いていることを人に自慢できたという。ところが現在の彼らはどこの記者なのかと問われると、声をひそめながら「すいません、朝日新聞なんです」と言うようになったという。

===

客観的かつ冷静に見てますね。

これについてはメルマガのほうで少しコメントしてみます。




奥山真司のアメリカ通信LIVE


http://ch.nicovideo.jp/strategy
奥山真司のアメリカ通信LIVE

https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal



Commented by 無花果 at 2014-11-23 17:37 x
客観的でしょうか?いつも通りなんとか朝日新聞の責任を軽く印象付けたい(言ってしまえばリベラル系メディアの印象を悪くしないように尻尾切りをしたい)雰囲気に読めましたが。

雇った業者が犯罪行為に手を染めていた場合、雇った側に責任があるかどうかは法律論であるべきで、そこに「右派の~」などという思想や主義についての枕詞は必要ないはずです。
日本軍に責任があるとする歴史家を「主流派」(これもかなり読み手の印象を誘導する表現ですが)と書くのであれば、「少数派」と冠されるべき対比にそういう表現を混ぜ込んでくる以上、まったく冷静でも客観的でもないのではないでしょうか。

「歴史」であれば新たな発見や史料に基づいて、誰にとって都合が良かろうと悪かろうと適宜修正されねばならないものです。現状、あの時代についてそれができないのは「政治」だからですし。
FTもそのように見ているから、そう書いているのでしょうが、慰安婦報道を批判したり否定したりしている層=右派・保守派、と繰り返して意義付けていて、慰安婦について「政治的思想とは無関係に客観的に見て事実と異なると考えるから」否定したり批判している層というものを完全に無視している記事だと思います。

ある問題の意見集団について、特定の存在を書かないことで、認識を欠落させそこに目を向けさせない、というテクニックを使ったいつものFTらしいプロパガンダ記事なのではないかと。
Commented by ん~・・・ at 2014-11-23 17:54 x
彼らなりに「冷静」かも知れませんが、「歴史修正主義」だの「ヘイトスピーチ」だのと言ってる時点で明らかにバイアスがかかりまくっており、到底客観的とは評価できないように思えます。
しかも、今年になって明確に凋落したサムスンを今さら持ち出して「ソニーを抜いた」なんて書くところを見るに、「ヘイトスピーチ」と合わせて考えたら明らかに半島の息がかかっているか、または半島との対立を利用しようという勢力の息が掛かっていると読み取れる感じです。
Commented by 通りすがり at 2014-11-24 02:15 x
>一連の記事の中心人物で旧軍の兵士であった吉田清治氏の証言が、

また重大な誤解が。。吉田清治は空想小説を書いている段階で正式な所属部隊や階級を明示していないでしょう。自称は「労務報国会下関支部動員部長」で、これはもちろん軍組織ではありません。1970、80年代ならまだ旧軍人で生き残ってる方がおられたころで、ここでウソを言えば一発でばれてしまうからです。
FTの英国は軍もあり、日本のような軍音痴ではないのだから、なぜこのような基本的なことを確かめないのでしょうか?階級と所属を明らかにできない軍人、それはそのこと自体で信用ゼロです。
Commented by 待兼右大臣 at 2014-11-24 02:35 x
「慰安婦問題」そのものについてのコメントはtwitterや転載先のblogosも含め、色々来るでしょうから、そちらのお任せします。

短く感想を言えば、
「従来のスタンスを守った上で【嘘にならない】ギリギリの論調にまとめた」
というところでしょうか。その意味では「河野談話」と一脈通ずるところがあります(「河野談話」も【嘘】はついていない。「和解」あるいは「司法取引」の文書としては良くできています。問題は相手が韓国だったということです)

また、ペリー来航以来、わが国は約25年で大きな節目(その中間点で小さな節目)を迎えるという私の仮説を裏付ける材料となるという意味でも心強いです。
(私見では、第二次安部内閣の成立で「ネトウヨの時代」に入ったと見ています)
Commented by 待兼右大臣 at 2014-11-24 02:37 x


閑話休題、おそらく「広義の強制」を前面に押し出せば、英国も含めた欧米諸国も無傷ではすまない

ということに気がついたのでしょう。

ここからが、自称「ネトウヨ界の西園寺公望」としての感想です。

時代は、奥山さんが某氏のHPの中でとある掲示板を主催していた頃、あるいはそれより前の話です。

そもそも「慰安婦問題」とは、冷戦終結後「社会主義」という錦の御旗を失った左翼(サヨク)陣営が「新しい錦の御旗」の象徴として「でっち上げた」ことに由来します。この見解は、秦氏の『慰安婦と戦場の性』でもそれとなく触れられています。

で、過去の歴史を「錦の御旗」として「作り上げる」過程で発生したのがいわゆる「歴史認識論争」といわれるものです。ある歴史研究者はこういいます

米国での「republican」か「democrat」に相当するわが国の言葉は「【先の大戦】をどう呼ぶか」である

その結果、歴史認識は、わが国において思想的位置を示す中心的地位に就いたのです。そして、現在では「反日サヨク」と「ネトウヨ」という言葉で大別されています。


この「歴史認識論争」により、「反日」をキーワードに左翼(サヨク)は韓国と連携するようになります。さらに「戦前の悪夢」という点で欧米諸国からの好意的中立という「消極的支持」も得られました。

しかし、韓国(中国)との連携と欧米の消極的支持は

「(戦前の)日本【のみ】が特別に残虐であった」

という言説が成立するか否かにかかっており、それを担ったのが「強制連行」だったのです。その意味で、「吉田証言」や「植村氏の記事」は

慰安婦問題の核心だったのです。

その「強制連行」が「広義の強制」となり「普遍的な人権問題」となって、「どこの国でもある」売春・人身売買問題あるいは軍人とレイプの問題となった時点で、

欧米諸国はいつわが国に波及するか

という問題に直面する可能性が生起したために、このFT紙のような「腰のひけた」記事となったのです。
Commented by 待兼右大臣 at 2014-11-25 00:07 x
今週は所要により待兼山界隈から東京に出てきています。

>>1970、80年代ならまだ旧軍人で生き残ってる方がおられたころで

わが国で「歴史認識論争」がここまで大きくなった理由としては、先の投稿で挙げた「サヨクの【でっちあげた】錦の御旗」という「運動」だけではなく、その運動を後押しするような
1 昭和天皇の崩御(昭和64(1989)年)
(昭和戦前史を語るための「タブー」の払拭)
2 戦前を知る世代の退場
 (戦前に成人した世代は昭和60(1985)年に60歳、
  広く取って15歳でも平成2(1990)年に60歳)
と事実上昭和天皇の崩御により「歴史認識論争」が本当の意味で解禁になり、かつ、戦前世代が社会の一線から退場したことによって、「歴史認識論争」に係る「サヨクの嘘」を見抜くことができなくなり、その「嘘」を見抜くのはいわゆるインターネットによる集合知、揶揄的に「ネットDE真実」といわれる状況になったからです。

先の「25年周期説」によれば、

1989年の昭和天皇崩御(とベルリンの壁の崩壊)による「サヨク(歴史認識論争)の時代」が、日韓W杯という中間点を経て2012年の安部内閣で「ネトウヨの時代(サヨクの嘘が明らかになった時代)」へ移行した

というのが私の仮説です。
Commented by ほっけ at 2014-11-25 01:25 x
「客観的かつ冷静に見てますね」と評されていますが、日本語訳が正しいと仮定すると、事実関係として誤っていますね。

>日本の専門家たちが指摘しているのは、軍が直接的的に関与したとする十分な証拠がないということであり

「的的」はタイプミスでしょうけど、「官憲等が直接これに加担したこともあった」に証拠がないと主張している日本の専門家はいません。
河野談話の「直接」で想定されているのは、インドネシアにおけるスマラン事件とされています。これは戦犯裁判資料も残っており、右翼ですら滅多に否認はしていません(現場の暴走だとして組織の責任を否認する右翼はいます)。
また、「関与」を否定する専門家もいません。副官通牒という資料が発見されて以降、軍の関与は専門家内では共通理解されています。この発見は朝日新聞が1991年に報じており、今年8月の検証でも否定されていません。

資料で裏づけがないと専門家が考えているのは、朝鮮半島における直接的な強制募集です。
これは慰安婦の証言からも業者が騙して集めたことが主流と考えられています。
ひょっとして原文では「慰安婦たちは業者たちによって軍の慰安婦所に連れて来られたと結論づけている」が朝鮮半島に限定しているかのような記述になっていませんか?
インドネシア以外でも、フィリピンや中国山西省などでは業者ではなく日本軍が直接的に募集したと専門家は考えています。

>一連の記事の中心人物で旧軍の兵士であった吉田清治氏の証言

「一連の記事」とありますが、朝日新聞が吉田清治証言を報じた全記事は20以下。
最も報道や政治がもりあがった1991年から1992年に限っても、全体の1%以下ですね。
http://d.hatena.ne.jp/Apeman/20130721/p2
そもそも労務報国会の部長であって、「旧軍の兵士」とは正確には違います。ひょっとして原文では「軍属」なのではありませんか?
Commented by ほっけ at 2014-11-25 01:30 x
通りすがりさんへ
>自称は「労務報国会下関支部動員部長」で、これはもちろん軍組織ではありません。
>階級と所属を明らかにできない軍人、それはそのこと自体で信用ゼロです。

軍人を自称していないと指摘しておきながら、どうして軍人であるが階級と所属を明らかにしていないという評価をくだすのですか?
自称すら把握できていないFT記事が客観的でも冷静でもない証拠、という判断しかできないと思うのですが。
それとも実際は軍人であった証拠でもつかんでいるのでしょうか?
Commented by よもぎねこ at 2014-11-25 10:52 x
>一連の記事の中心人物で旧軍の兵士であった吉田清治氏の証言が、慰安婦たちが「軍の性奴隷であった」とする国連の画期的な報告書の論拠として引用されていたからだ。

 これを読んでイギリス人が吉田証言の意味を理解できるのでしょうか?
 「旧軍の兵士であった吉田清治」などと書いている所を見ると、そもそも書いている記者自身が、全く理解していないと思うのですが?

 吉田清治は「旧軍の兵士」ではなく労務報国会下関支部動員部長として慰安婦を駆り集めたと言っていますが、この労務報国会下関支部動員部長と言うのは軍人でありません。
 
 この記者が多少なりとも正確に慰安婦問題を勉強していれば、「旧軍人」とは訳さないと思うのですが?
Commented by sdi at 2014-11-26 00:55 x
この記事を書いた記者は、吉田証言の信憑性や慰安婦問題の経緯や実態については恐らく一欠けらの興味も持ってないと感じました。そして、恐らく欧米の知識層の一般的な態度もそんなものではないでしょうか。
極論してしまうと、この記事の筆者は慰安婦誤報問題で朝日新聞という日本を代表する新聞社が窮地に追い込まれたことの社会的影響について「懸念」しているだけですね。
Commented at 2014-11-26 08:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ランバダ at 2014-11-28 19:24 x
中韓の台頭に憤慨、っていうのがいつも解せないですね。
企業群が勢いづいている以外に両国に手本になることがあるか、
というと正直無いですから。
ソニーは純然たる日本企業って訳ではもはやないですし。
自らの基盤さえ崩しかねない韓国の歴史論議は揶揄の対象
ですらあります。
by masa_the_man | 2014-11-23 12:51 | 日記 | Comments(12)