戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

イギリスで「ウンコバス」の運用開始

今日の横浜北部は朝からよく晴れました。気温も昨日よりはやや温かいですね。

さて、ややくだらないと感じられるかもしれませんが、またまたイギリスからの話題です。

===


イギリスの最初の「ウンコバス」が人糞で走る

●イギリスでは人糞を燃料としたバスが初めて町を走ることになった。全40席の「バイオ・バス」は、下水処理や工場で植物を加工する際に出てくるバイオ・ガス(メタン)を燃料としている。

●このバスの燃料タンクは、普通の5人の人間が一年間に生み出す排泄物によるガスで満タンになるのだが、これによって300キロも走らせることができるという。

●このプロジェクトにかかわったリーダーたちは、この画期的がバスは町の空気の浄化にもつながり、人糞にも価値があることを証明したと述べている。

●このバスの「処女航海」は、ブリストル空港から歴史のあるサマセットのバースという町まで行く乗客を乗せることになる予定だという。

●燃料となるガスはウェセックス下水処理場を管理しているジェネコ(GENeco)という会社が製造しており、社長のモハンマド・サディグは「ガスで走る車はイギリスの街中の空気を改善する上で重要な役割を果たします」と述べている。

●「ところがバイオ・バスはそれ以上のものであり、実際は運行しているその地域に住んでいる人々によって動かされているのです。もちろんバスに乗っている本人が燃料を提供している可能性もあるんですよ」とはサディグ氏の弁。

●バスに乗っている人全員が一年間に出す人糞では、イギリスの南西端のランズ・エンドかスコットランドの北東端のジョン・オ・グローツまで往復旅行ができるくらいであり、しかもここで出す排出ガスはディーゼル・エンジンのものよりも少ないのだ。

●環境団体の代表を務めるシャーロット・モートン氏によれば、「このバスが証明しているのは、人糞と残飯が貴重な資源であるということです・・・人間の消費に適さない食料は独自の分類で収集し、嫌気性消化を通じてグリーンなガスと肥料にリサイクルされるべきであり、土に埋めたり燃やしたりして無駄にすべきではありません」ということだ。

●さらにジェネコは今週に入って、イギリスのガスのインフラを通じて人糞から発生させたガスを8300軒の家に配った最初の会社となっている。

●ブリストルにある下水処理場は、毎年7500万立方メートルもの活性汚泥と、3500トンもの残飯を処理している。

●酸素のない環境でバクテリアを使って分解する嫌気性消化という処理法を使えば、この処理上では毎年1700万トンのバイオ・ガスを製造することが可能だという。

===

この辺の取り組みについては、すでにヨーロッパや日本でもけっこう進んでいて、神戸なんかではすでにバイオガスを使った市バスが走っているとか。

少し調べてみると、このエネルギーそのものはかなり昔から使われているみたいですね。

ただしここまであからさまに「人糞使ってます!」という報道の仕方はあまりなくて、このイギリスの報道のようなタイプは珍しいというか(笑

こういうのを見ると、テクノロジーの進化というのは直線的に進むのではなく、一部は昔のものの復活という形を取るということもわかって興味深いですね。






奥山真司のアメリカ通信LIVE


http://ch.nicovideo.jp/strategy
奥山真司のアメリカ通信LIVE

https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal



by masa_the_man | 2014-11-21 17:29 | 日記 | Comments(0)