戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

クリエイティブな会社になりたかったらハリウッドに学べ

今日の横浜北部は朝から曇りがちでした。小雨も少し降りましたね。

さて、これから番組でも触れるのですが、数週間前のエコノミストのビジネス欄によい記事が掲載されておりましたので、その要約を。

これは私の問題意識にある「創造性」という部分にフックしました。

===

クリエイティブな資本主義:これからの企業はハリウッドに学べ

●映画産業というのは、エゴと行き過ぎがあふれる、きわめて特殊な業界だ。彼らの歴史のほとんどの期間では、新しい会社が大儲けした例はないし、古い会社も利益が安定しているわけではない。

●駄作に大金をかけて大失敗するというのはこの業界ではよくあることであり、たとえば1980年の「天国の門」は、チャーリー・チャップリンたちが1919年に創設したユナイテッド・アーチストという会社を潰したほどだ。

●ビジネス科の大学教授が映画関係者になることは少ないし、ハリウッドを研究の事例に使うこともほとんどない。ところがこの風潮は変わりつつある。

●その理由の一つは、他の業界のやり方が、いくつかの面で映画産業のそれと似通ったものになりつつあるからだ。

●今日の知識基盤経済では、会社のボスたちは気まぐれな「スター」たちを管理するのに時間をとられるようになっているし、食品や消費者製品のメイカーたちは、すでに映画のスタジオがやっているように、「より狭い分野での大ヒット作」を狙うようになっている。

●そして電機産業や車産業のように、製品の生産やブランドの立ち上げのペースはどんどん上がっているのだが、これはハリウッドが新しい映画を話題にする手法から多くのことを学ぶことができるのだ。

●さらに、映画製作というのはアメリカの成功物語そのものである。この業界はアメリカがいまだに世界市場を席巻してその状態を維持している、数少ない分野の一つなのだ。中国のチョリウッドもインドのボリウッドもこれほどまでに世界中の人々が並んでまで観る映画をつくることはできていない。

●アメリカの映画・テレビ産業の輸出額は年間160億ドルにのぼると見られている。

●創造的な人間を雇っているすべての会社は、彼らの自由な創造性を阻害せず、それをいかに商業的な利益に結びつけるのかを考えなければならないものだ。ところがハリウッドはこれについて百年にわたる歴史の蓄積による、貴重な体験を持っている。

===

この続きはこちらまで(http://ch.nicovideo.jp/strategy/blomaga/ar663048






奥山真司のアメリカ通信LIVE


http://ch.nicovideo.jp/strategy
奥山真司のアメリカ通信LIVE

https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal



Commented by 無花果 at 2014-11-11 21:57 x
「とりあえず世界で受けて食っていける物を作り続けたいなら」というならわかるのですが、クリエイティブであるか、とは何か違うような。
世界中で受けるということは、言ってしまえば、恋や復讐、恐怖など人間の根源的な感情に根ざした普遍性があり、陳腐なテーマをわかりやすく単純に描いて、それに目新しいフレーバーをつける、ということではないでしょうか。

日本文化で言えば、歌舞伎における「世界」と「趣向」にあたる飽きられない工夫をしたマンネリズムであるような気がしますが。
Commented by 在米 at 2014-11-13 01:21 x
上の方に同意です。
ハリウッド映画は、既に形骸化していて、単にアメリカの国として都合の良いように勝手に「正義の味方が黒い敵(日本→ソ連→イラク→イマココ)をやっつけたぞ!」という恐怖を植え付けるだけのものしか作れなくなっています。
Big Hero 6は、米軍の基地内にある映画館でも上映されているようで、「日本、好き!」と感想をもらす子供もいるとか。これを使わない日本の政治家…あーもったいない。
by masa_the_man | 2014-11-11 20:00 | 日記 | Comments(2)