戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

ドイツの新しい反ユダヤ主義:リベラルのパラドクス

今日の横浜北部はよく晴れておりまして、気温も秋晴れの空の中で少し上がっております。相変わらず過ごしやすいですね。

さて、ニコニコ動画の生放送(http://ch.nicovideo.jp/strategy/live)でも触れたドイツの新しい反ユダヤ主義の台頭についての記事の要約を。

今回の記事について番組中で触れたところはYoutube(http://youtu.be/TU5nQH985W8)の方にも公開しておりますので、ぜひ御覧ください。

それにしてもなかなか考えさせられる話です。

===

ドイツの新しい反ユダヤ主義の背景にあるのは?
byヨッヘン・ビットナー


●ヨーロッパは反ユダヤ主義の新たな波にさらされている。ドイツの「ユダヤ人中央協議会」の代表は、ヨーロッパにおいて第二次大戦以来の最悪の状態だと述べているほどだ。

●彼の見立てはおそらく正しい。シナゴーグ(ユダヤ教寺院)への攻撃はほぼ毎週発生しており、ロンドンからローマまであからさまに反ユダヤ的な掛け声がデモから聞こえる。ところが反ユダヤ主義が歴史的に最も傷跡を残したのは、ここドイツなのだ。

●先週の日曜日には、これに対抗する形でベルリンで反ユダヤ主義を拒否するための集会が開かれ、ここにはメルケル首相とガウク大統領が参加している。

●もちろんこのようなことは以前にあったことだ。ところが今回がいままでのものと違うのは、新しい反ユダヤ主義がネオ・ナチのような白人至上主義者によって扇動されたものではないということだ。

●ヨーロッパの多くの人々が直面したくない不都合な真実は、今回の反ユダヤ主義に向かう嫌悪感は、ヨーロッパに住むイスラム系の人々から発生しているということだ。

●つい最近までドイツはこのようなトレンドについてあまり積極的に議論しようとはしていない。ドイツ人たちはイスラム教徒たちの反ユダヤ主義を「オリジナル」のバージョンよりも問題が少ないものだとみなしており、社会の多数の人々は気にもかけていなかった。

●ところがドイツの警察が気付き始めたのは、近年に入ってからアラブ系やトルコ系の移民の子孫が反ユダヤ的な行為をして逮捕される数が劇的に増えてきつつあるということだ。しかもその数はここ数ヶ月間でとくに上昇しているという。

●移民の学生たちの間で反ユダヤ主義が急激に上昇している警戒すべき傾向に気付いたドイツ政府は、ホロコースト教育に特別財源をつけて強化することを検討している。

●もちろん反ユダヤ主義はヨーロッパのイスラム系の人々だけに由来するものではないし、今日それを推進しているのは彼らだけではない。伝統的な極右の反ユダヤ主義は生きている。また、極左の反ユダヤ主義は、パレスチナの自由を求める戦いに同情する心情の副産物として存在する。

●また中道派の人々にも、反米主義や反資本主義に沿ったかたちで反ユダヤ主義が存在する。

●ところがイスラム系の反ユダヤ主義の台頭は、ドイツにおける最近の憎しみのトーンの変化によるものだ。つい最近まで、この国の反ユダヤ主義はほぼ間接的な匿名的なものであった。

●そのような主張は、夜中に壁に落書きされる程度で、昼間にだれかが堂々と反ユダヤ主義を叫ぶの聞くことはなかったのだ。

●ところが七月にベルリンで行われたデモでは参加者たちが「ユダヤ人たちをガス室に送れ!」、「臆病な豚のユダヤ人たちよ、一人で出て来て戦ってみろ!」と叫んでいたのである。しかも彼らは、これをホロコースト記念館のすぐそばで行っていたのだ。

● これはいままでのものと大きな違いを見せている。最近の反ユダヤ主義は、単に情熱的なものだけでなく、ドイツの特殊な歴史事情にも関係なく行なわれているものだからだ。

●私のイスラム系の友人に話を聞いてみると、私はそれらが「犠牲者の立場を利用したもの」であるという感想を禁じ得ない。この感覚は、ヨーロッパのイスラム系のあまりにも多くの人々が熱心に主張している「不利な立場にある」という鬱屈した感情なのだ。

●しかもこれは、「人種差別の犠牲者である人たちの持つ、人種差別の引き起こす嫌悪感」という社会科学的な解説では説明が足りない。

●もちろんヨーロッパではイスラム系に対する差別や排斥が存在するし、彼らの多くがそれを不満に感じるだけの理由も確実にある。ところがこのような感情は複雑であり、彼ら自身が自分たちや近所の人々のことをどのように感じるかというだけでなく、自分たちと国の関係についてどのように感じるかという点にも関係してくるのだ。

●これには二つの段階がある。まず移民たちにとってドイツの歴史は「私の歴史」ではない。そして私はあなたの国家には完全に属しているわけじゃないので、あなたたちの責任問題には関係ないですよ、ということなのだ。

●両親がトルコ出身の私の友人の一人が私に教えてくれたのは、ドイツの学校でホロコーストを教わったときに、自分の身には全く関係のないことだと感じたという。ブロンドの髪を持っているが、一九七三年に生まれた自分のような人間についても、これはまったく同じ感想だ。

●ここで重要なのは、それが個人的な問題ではないということだ。われわれの血の中にはないが、われわれの歴史の中にあり、その中に移民たちも合流しつつあるということだ。

●ドイツ人にとって、ホロコーストの責任を受け入れるということは、そのおぞましい記憶を他のどの国民よりも生かし続けるということであり、その理由は単純にそのような犯罪がわれわれの住む土地から発生したということだからだ。

●それだけの話なのだが、少くともこの事実はこの国のすべての国民に自覚してもらうべきことであり、それはその人々の両親がどこから来たのかということに関係がない

●今年の夏に明確になったのは、「古い」ドイツ人たちはこのメッセージを「新しい」ドイツ人たち全員にうまく浸透させきっていないということだ。

●もちろん感情的にはこれは理解できるものだ。先祖代々のドイツ人たちは実際にナチスに属していた家族を持っていたのであり、その事実を他人にどのように受け取られるのかについて気にしなければならない状態が続いているからだ。

●ところがホロコーストの教訓は人類の教訓でもある。そしてこれはすべてのドイツ人がいつでもどこでも明確にしなければならないことであり、しかもそれは親がどこから来たのかという点においても関係なく行なわれるべきことなのだ。

===

移民政策の負の遺産ですね。

著者のビットナー氏はこれをリベラル的な発想で乗り切るしかないと認めて、「ドイツ人になるんだったらドイツの負の歴史も一緒に背負うべきだ」という感覚ですが、私はこれに関して根本的な解決法はないというのが正直な感想です。

なんというか、反ユダヤ主義をやって反省してリベラルになったドイツが、移民というリベラルな政策を実行して非リベラルな事態に直面して当惑しているというのは、なんともいえず「パラドックス」です。

これについてメルマガ(http://ch.nicovideo.jp/strategy/blomaga)でも少しコメントしてみましたのでよろしければぜひ。




奥山真司のアメリカ通信LIVE


http://ch.nicovideo.jp/strategy
奥山真司のアメリカ通信LIVE

https://www.youtube.com/user/TheStandardJournal



Commented by よもぎねこ at 2014-09-26 19:54 x
>ドイツ人たちはイスラム教徒たちの反ユダヤ主義を「オリジナル」のバージョンよりも問題が少ないものだとみなしており、社会の多数の人々は気にもかけていなかった。

 自称リベラリストってどうしようもないですね。 イスラエルとイスラムは現在戦争中なのに。
 それが戦争なんか全然する気のないドイツの反ユダヤ主義より無害って・・・・・。

 自称リベラリストとか弱者に優しいをモットーにする人達って、勝手に弱さは善良無垢と妄想するようです。
 しかし人間の強弱は人格に関係ないし、また人間の強弱など相対的なもので、単純に弱者は善良無垢なんて発想はナンセンスなのです。

 しかしそれに執着する人間達には、絶対に現実は見えないのでしょう。
Commented by よもぎねこ at 2014-09-26 20:15 x
>ドイツ人になるんだったらドイツの負の歴史も一緒に背負うべきだ

 ドイツ人になるからには負の歴史まで背負えなんて、これって個人を国家によって最大限拘束する発想で、リベラルどころか超国家主義そのものではありませんか?

 だって負の歴史を背負えと言うなら、栄光の歴史だって背負わなければならないはずです。
 そうなるとトルコ移民にフリードリッヒ大王の栄光や、ケルン大聖堂の建設を誇るように教育するべきと言う事になります。

 つまりドイツ民族ではない移民にも、ドイツ民族としての歴史教育をするばかりか、その歴史を移民にも背負わせる事をになります。
 これはドイツへの同化の強制であり、文化的ジェノサイトです。

 勿論多文化主義なんて吹き飛びます。

 ドイツのリベラリスト達はこれをどう考えているのでしょうか?

 
Commented by ヒマンジ at 2014-10-02 19:56 x
宗教とか中東地域問題を棚上げすれば、現在のユダヤ問題とはユダヤ流グローバリズムvs民族自決主義(国家枠尊重主義・地域特殊性優先主義)と捉えてるんですけど、大戦後ユダヤ絶対政権が続くドイツのグローバリズム賛同という立場でさえも大きな矛盾が露呈し始めたということなんでしょうか?それとも当のドイツ人は建前を述べながらも、現体制の矛盾を代弁してくれるイスラム系移民を支持してるのかな?
-
Commented by ジョン at 2014-10-04 00:22 x
リベラルって日独だけを悪者にした戦後体制を作り上げた偽善者共の事を指すんじゃないんですか
そりゃ臭い物に蓋をして現実見てない綺麗事ばかり言ってれば問題が起こるに決まってるとしか言いようがない
いい加減に連合国の連中も反省すれば良いのに
無理だろうけど
Commented by 待兼右大臣 at 2014-10-04 12:21 x
日本的な感覚で言えば、この筆者の結論「リベラル」というよりは「ナショナリズム」や「バトリオティズム」に近いと感じます。

ある組織に属する人はその組織の歴史を我が物としなければならないというのは、組織人としてある意味「当たり前」のことです。

我が国においても、私が子供の頃まで「サーカスに売られる」という語に特別な意味があったのは「地縁・血縁社会」と無縁の彼等の境遇の負の側面を示したものです
Commented by 待兼右大臣 at 2014-10-04 12:45 x
サーカスの人は「永遠のstranger(エトランジェ)」である訳です

移民というのは所属する「ゲマインシャフト」を変更することを一般的に意味しますので「出生」によりその組織に加入した人とは「属してきた組織の【歴史】」が異なります。
だからこそ、「選挙で選ばれた【国王】」という性質を持つ米国大統領の被選挙権は「出生による米国籍取得」と「一定期間の米国居住」を用件としているのはそのことを本能的に察したのでしょう

ある組織に属していると公言しつつ、当該組織の歴史を共有することを拒否できることを「移民【特権】」と表現すれば、それを巡る問題は私達の身近にも現在の問題として存在します
Commented by 待兼右大臣 at 2014-10-04 13:58 x
この筆者の結論は我が国では「同化政策」或は「植民地主義」として、「ナチスの手先」と言われかねないものなのですが・・・
by masa_the_man | 2014-09-26 14:35 | 日記 | Comments(7)