戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ルトワック自身の教えるわかりやすい「パラドックス」

今日の横浜北部はやや雲が出ましたが、なんとか天気の崩れはありませんでした。

さて、またしても久々の更新ですが、今日はここ数日間に連続で話を聞いてきたエドワード・ルトワックの話を。

私が『自滅する中国』を監訳したことはすでにご存知の通りだと思いますが、彼の戦略書としては主著となる『エドワード・ルトワックの戦略論』という本を出したことは、私が最近始めた動画生放送でもご紹介させていただきました。
b0015356_23451975.jpg

ただしこの本は、彼の文体の難しさもあって、非常にわかりづらいところがあり、彼の理論の核心となる戦略の「逆説的論理」(パラドキシカル・ロジック)というものが、正直なところうまく解説されているようには思えません

ところが彼が口頭で説明すると、このパラドックスというものを実にわかりやすく説明してくれます。

今回の来日では食事を囲みながら彼がこの戦略の「逆説的論理」を自身でうまく説明してくれたのでその要約を。

まず、ルトワック自身は、史上優れた戦略家としてその優れた性質が「文書」として残っているのはたった二人だと言います。それは、ナポレオンとチャーチルです。

そしてルトワック自身が実例として使うのは、このチャーチルの方。

チャーチルというのは、ご存知の通り、それほど学校での成績はよくなく、むしろ落ちこぼれの部類に入る人間でしたが、軍に入ってからメキメキとその才能を発揮。

そういう意味で、彼は戦略の本質というものを本能的に直感で理解していた人間の典型だ、というのがルトワックの見解。

ではその戦略の才能がどこにあらわれているのかというと、ルトワックによれば第二次大戦中の1941年9月末の英空軍幹部との会話。

この時にチャーチルは、ポータル元帥の進言する爆撃機のみによるドイツ戦の勝利の綿密な計画について逐一論破していくことになったが、これがまさに彼の戦略についての直感をよくあらわしているとのこと。

なぜなら、たとえば英空軍が後にハンブルグを空襲で全滅させて大成功したように、最初に何かを成功させると、それは「今日成功したがゆえに、明日は失敗することになる」という戦略の逆説的論理を、チャーチル自身がよく理解していたから。

ではチャーチルは何をわかっていたかというと、最初に空爆が(ハンブルグなどで)成功すると、その効果は次の目標都市では半分、そしてその次の都市ではさらにその半分というように落ちていってしまうということ。

なぜならドイツ側もまな板のコイではないわけですから、一度爆撃されると、それに対抗して工場を分散したり、代替品を開発(ゴムなど)したりして、次の攻撃には備えることができるわけです。

結果として、ドイツはイギリスからの空爆後のほうが軍需産業の生産性が効率化したというデータもあるくらい。

なぜチャーチルはこのようなことを見越せていたのかというと、それは彼が「敵の反応や対抗措置」というものが戦略を行う上で決定的になることをよく理解できていたからです。

つまり戦略というのは敵がいるからこそ成り立つものであり、しかも敵がその攻撃に対して行ってくる対応や反応が決定的な意味を持つ、ということなわけです。

私の先生のグレイはこのルトワックの説明を、「戦略に時間という概念を入れたという意味で革命的だ」と解説しておりましたが、これはたしかに鋭いところをついているかと。

どうも戦略というものを考えた時、われわれは「相手がこう動いてくる」ということを忘れがちなのですが、このような例を聞くと、「逆説的論理」などと難しい言葉を使われなくても、なんとなくその戦略の複雑さと面白さが理解できる気がします。

ちなみに『…戦略論』の中にはチャーチルの良い言葉が引用されております。それは、

「力の等しい国家間で行われる今回の戦争、あるいはあらゆる戦争に勝利する確かな方法があると考える者は、無分別な人間である。唯一の計画は耐えることである」(p.93)

というものです。

たしかにこれは、戦略の「逆説的論理」というものを上手く表現できておりますね。



奥山真司のアメリカ通信LIVE


http://ch.nicovideo.jp/strategy

Commented by t at 2014-05-24 01:27 x
まあ対人ゲーマーならみんな知ってることなんですけどね、これ
Commented by 中山太郎 at 2014-05-24 04:23 x
「敵の反応や対抗措置」、時間の概念。勉強になります。
Commented by 無花果 at 2014-05-24 07:07 x
>どうも戦略というものを考えた時、われわれは「相手がこう動いてくる」ということを忘れがちなのですが、

戦略を考えるときにコレを忘れる人がいるのですか…。

読み合いに長けるかどうかはさておいても、これを忘れる人は、戦略についていくら考えても、戦略家にはなれないのではないでしょうか。
もしかしたら通称、逆神とか呼ばれる人たちがそうなのかもしれないですが。
Commented by nemo at 2014-05-24 10:35 x
よく言う「相手も同じ人間なんだぞ!」は理想主義者だけの科白ではないという事ですね。
Commented at 2014-05-24 10:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-05-24 10:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by xyz at 2014-05-24 15:15 x
モノポリーやってれば常識と書こうと思ったら、先に書かれたか・・・
Commented by 愚人 at 2014-05-24 19:20 x
そろそろ紙の本だけでなく、電子書籍も出して頂けると助かります。
私という読者を想定すると、これまで私に書籍を購入させることに成功してきましたが、それが故に私の部屋の床面積の減少が著しく、図書館で借りる、或いは文庫化を待つという対抗手段を講じようとしています
ここで電子書籍化されると借りることが出来ないので利便性の面から購入することになります
Commented by niji24 at 2014-05-25 15:44 x
抗生物質と耐性菌の出現にも通じる話。
今は医者にも戦略眼が必要な時代なんだ
Commented by 無花果 at 2014-05-25 15:53 x
中国の孫子への拘りすぎによる敗北、というくだりで少し思い出しましたが
日露戦争の時、海軍で戦略策定に関わった方(どなたか失念しました)は、西洋の戦略は開国の後、学んだとはいえ、まだ我々日本にとっては付け焼刃であちらに一日の長があるのは間違いない、それだけをベースに思考していては彼らに手の内を読まれて負ける可能性がある、と、国内の水軍の戦略に関する書物を集めさせて、和洋の戦略を組み合わせようと知恵を絞ったとか。
Commented by 待兼右大臣 at 2014-05-25 23:51 x
>>対人ゲーム(以下略)

米長永世棋聖は「棋は対話なり」
原田泰夫九段は「3手の読み」
と、対戦相手の存在を組み入れた至言を残しています。

また、昔のとあるラグビーチームは「表と裏」の2種類のサインプレーを持っていたということです。これは、1種類では相手に読まれるので、相手の出方に応じて「後だしじゃんけん」が出来るようにとのことだったようです。

ゲーム理論を持ち出すまでもなく「ゲーム」なら、基本のような気もしますが、それを改めていわざるをえないということは、何を意味するのでしょうか
by masa_the_man | 2014-05-23 23:43 | 日記 | Comments(11)