戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

テクノロジーは人間を変える?!

今日の横浜北部はやや寒かったのですが、朝から快晴の素晴らしい天気でした。日差しは「春」です。

さて、昨日のエントリーの続きを。

90年代に戦略学の分野で集中的に議論された、いわゆる「軍事における革命」(RMA)の主唱者たちが、

本物のRMAが起こるためには、技術面、ドクトリン・作戦面、そして組織面の、3つの分野でのイノベーションが必要だ

と言っていたことを踏まえて、私は、

日本の“ものづくり”を中心としたテクノロジーの考え方というのは、それ以外の(2つの)要素を無視しているために、バランスを決定的に欠いている

ということが言えるのでは、という分析をしたわけですが、最近入手した本の中で、これに加えるべき非常に興味深い記述があったので、それを簡単に触れたいと思います。

その本とは、

キッチンの歴史: 料理道具が変えた人類の食文化
ビー・ウィルソン (著), 真田 由美子 (訳)
b0015356_21343480.jpg
というものです。

「なんじゃ、料理関係の本か」

と思ったら大違い。門外漢が読んでも最高に面白い本です。

いくつかの新聞の書評欄には、すでに料理や文化に詳しい専門家による書評が載っておりましたが、どれもややマトハズレ的なコメントばかりでした。

なぜならこの本の真髄は、料理のための「道具」という、いわば「テクノロジー」の歴史の考察にあるからです。

しかも私がとくに注目したのは、この本の第2章のナイフの歴史についての説明のところで出てくる、「人間の歯並びが、ナイフの使い方の習慣の変化とともに変わった」という文化人類学者の見解を紹介しているところ。

詳しい説明は本書に譲りますが、ここで言及されているのは、人間の食習慣(ナイフとフォークを使って食材を細かく刻むテーブルマナーの普及)が変わったおかげで、ヨーロッパの人間のアゴの噛み合わせが、18世紀後半から劇的に変化したということです。

なぜこの例が前日の「テクノロジー」に関するエントリーとのからみで重要だと思ったのかというと、それはRMAの提唱者たちの主張する、いわば

「ハード」「ソフト」「組織」

という3つの分野でのイノベーションだけでなく、

テクノロジーによる人間自身の変化・順応

という決定的な「第四の要素」を忘れていることを思い起こさせてくれる、格好の例だと思ったからです。

これに似たような例としては、私が好きな、アメリカにおける19世紀の電信の発達の例があります。

この当時のアメリカでは、東部から流れてくるニュースを電信で伝達して、それを新聞にして印刷するということをやっていたわけですが、西部で新聞を作る際に、東部の方から流れてくるニュースに使用される言語が「標準化」されていないと、現地で新聞を印刷する時に支障が出てきてしまいます。

そのために言語が「標準化」され、いわゆる「客観的な言語によって報道する」というスタイルが確立され、これが現代のジャーナリズムの源流となった、という例があります。

これはいわば「電信」というテクノロジーが、人間が社会で使う言葉の「標準化」をもたらしたという一つの例でありまして、上記の「歯の噛み合わせ」ほどではありませんが、それでもテクノロジーによって人間そのもののが変化させられた、ということも言えるわけです。

フィクションの世界ですが、たとえば「ニュータイプ」になったアムロ・レイなども、テクノロジーによって変化した人間の一例かと。
b0015356_10201080.jpg

まとめて言いますと、もし日本が、現在のような技術やテクノロジーの大転換期に生き残っていこうとするのであれば、ハードウェア重視の「ものづくり」だけではなく、それ以外の「戦略やドクトリン」(=ソフト)や「組織」、そしてさらには第四の要素である人間自身も変わっていくものであり、変わっていかなければならない、ということです。

ではこのようなテクノロジーの変化における人間自身の変化・順応の重要性に気づいている米軍は、これ対して何をやっているかというと、それはひたすら

「教育、教育、教育」

であります。テクノロジーが進む時代には、それに順応できるだけの高い知識を持った兵士が必要、ということなんですな。

元米陸軍の軍人でジャーナリストとしても有名なラルフ・ピーターズは

結局のところ、本当の“革命”は人間の頭の中で起こる

という印象的な言葉を書いておりますが、これなどはRMAやテクノロジーの関係について、意外に深いところまで突いている言葉なのではないでしょうか。


Commented by 待兼右大臣 at 2014-03-23 00:39 x
現在の日本で、そのような、ハード、ソフト、組織が一体となった「技術」は

ガラパゴス

と言われて、不必要に誹謗されているという悲しい現実があるわけで、いっそのこと開き直って、

ものづくり=職人道

として、クールジャパンの一種として売り出すか、

イデオロギーフリー

の「ものづくり」を目指すかというところでしょうか
Commented by 待兼右大臣 at 2014-03-23 01:03 x
追加ですが、新幹線が海外の高速鉄道建設で苦戦している理由が、まさに

運用システム(ノウハウ)まで一体化したトータルパッケージ(ハード、ソフト、組織を纏めた)商品

だからとも言われていますので、将来の方向性として、それらを切り離すというアプローチ、謂わば、上下分離(インフラ所有者と運用者との分離)も考慮に入れるべきではと考えています。
Commented by 大阪人K at 2014-03-24 00:21 x
人間とテクノロジーとの関係を見直すのであれば、昔の映画それこそ戦前の映画を観るのがいいのかもしれません。
昔の映画を観ることで現在がどういう時代なのかをビジュアル的に分かると思います。(尤も、映画の場合は製作者の思惑が入るので100%その時代を表すものではないでしょうが・・・まあ、それは歴史書も同じだと思って割り切っています。(笑))

それで昔の映画を見ると、やはりテクノロジーのガジェットが今よりも少なく、テクノロジーの限界による世界観が画面から滲み出てくるのが分かります。
つまり、現在が如何にテクノロジー塗れで溺れているのかを実感したりします。それだけに人間の本質を冷酷に見る強さが過去よりも要求される時代なんでしょう。(良いことなのか、迷惑なのかは分かりませんが・・・)
by masa_the_man | 2014-03-22 22:18 | 日記 | Comments(3)