戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

日本人の持つべき世界観・政策?

今日の横浜北部は朝方は曇っておりましたが、昼過ぎから晴れました。明日からようやく暖かくなるそうですが。

さて、今日は久しぶりに私が最近考えていることを少し。

私がここ数年イチオシ状態で推している戦略についての概念が「戦略の階層」であることは、本ブログを長年ご覧の皆様でしたらすでに耳タコ状態かと思います。

この「戦略の階層」ですが、おかげさまでここ数年の間に地方の経営者の方々の前で発表する機会に恵まれているわけですが、ここでたまに聞かれるのは、

日本人、もしくは日本という国家が持つべき世界観や政策はどのようなものか?

というもの。

これについては私も正直なところ、あまり明確な答えというものを持っていなかったわけでして、もしかすると日本人は概して世界観が「弱い」(無いというのはありえない)のでは?という疑念を持っていたこともあります。

ところが数ヶ月前に、ある本を横浜の某地下街にある本屋で立ち読みしておりまして、その疑惑に答えを与えるひとつのヒントになるものを見つけたかな、という感覚を得たものがありました。

そのヒントは、ある大手印刷会社を取材したジャーナリストの記していた言葉にありました。

このジャーナリスト、日本のさまざまな老舗企業を取材してきたらしいのですが、彼にとってとりわけ印象的だったのは、ある大手印刷会社。

この会社は単なる印刷業者ではなく、広告代理店的な仕事やエレクトロニクス分野、インテリア、ファッション、建設、それにシンクタンク的な分野まで実に幅広くこなしているというもの。

つまり「超」のつくほどの多角経営企業だったというのです。

彼が取材してわかったのは、印刷業というのがきわめて「受け身」産業であり、とにかく相手の注文に徹底的に応えるという、いわば女性的(?)に任務をこなしてきたわけであり、客のニーズの必死に応えているうちに分野を拡大させてきたとのこと。

しかも面白いのは、このように徹底的に受け身に徹することによって、それが逆にアクティブな企業としての体質につながったわけであり、このジャーナリスト、どうも日本の優秀な企業の特徴は、その受け身のしたたかさというか柔軟性にあるのではないかということに気づいたというのです。

このようなやり方というのは、逆にいえば「日本の企業には(外国の企業や国家のような)明確な政策や世界観がない」という風にも映ることがありますし、実際そういう部分があるのは私も認めます。

ところがここで問題なのは、このような「徹底的に受け身に徹する」というのも、実は立派な世界観であったり、政策ではないか、というもの。

「主体的・積極的に行け、受け身はよくない」というのは確かにある面では正しいのですが、どうも日本人の体質に合うのはこの逆で、ひたすら受け身に徹するというのも一つの方策なのではないかということを最近つくづく感じているわけです。

ただしここで決定的に致命的になってくるのが、そのためにどこまで柔軟性を保っていくことができるのか、という点です。

これがなくなってしまえば、「受け身であること」には何のメリットもなくなってしまうわけですから。


Commented at 2014-02-24 21:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 赤い彗星 at 2014-02-24 22:16 x
>徹底的に受身

これを武道では「後の先(ごのせん)」と言います。
ただし相当実力がないと、フルボッコにされますが。
Commented by 待兼右大臣 at 2014-02-25 00:17 x
五輪も終わり、
「羽生さん?強いよね。序盤、中盤、終盤隙がないよね」
(それは「はぶ」)というボケはおいといて
奥山さんの言う「戦略の階層」は一神教的なものであり、神道という先進国で唯一生き残ったアミニズム社会である我が国に適用しようとしても、回答不能だったでしょう。

私は、このブログでも言及したことがありますが、我が国は

「世界観を不問にする世界観」

というボトムアップ的なものであり、トップダウン的な戦略の階層とは異なるものという仮説を立てています。
このような我が国の世界観が「文明の衝突」を避けうる処方箋を出せる一番手にあるのではないかと思います。
Commented by masa_the_man at 2014-02-25 08:53
waterloo さんへ

>に行く事は出来そうにないですね

そこが問題なんです(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2014-02-25 08:55
赤い彗星さんへ

>「後の先(ごのせん)」と言います。ただし相当実力がないと、フルボッコに

その実力をいままで優秀な人材で確保していたわけですが・・・これから人材の絶対数が少なくなるわけですからここに課題が。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2014-02-25 08:58
待兼さんへ

>「世界観を不問にする世界観」

たしかにこれはわかるんですが、これもいわゆる「一神教」の世界観にブーメランしてしまう可能性が。「一神教」と言った瞬間に「多神教」(もしくはアニミズム)的な概念を想定してしまうわけですから、ここが難しいところかと。

>このような我が国の世界観が「文明の衝突」を避けうる処方箋を出せる一番手にあるのではないかと思います。

同意します。ただし「処方箋を出す」わけですから、どうしても一神教的な枠組み、つまり「言挙げ」という手段に訴えかけないとまずいのかな、というのが私の考えです。鋭いコメントありがとうございました
Commented by METT-TC at 2014-02-26 23:28 x
世界観の前提には人間観があると思います。

個人主義的な人間観があってこそ、西洋世界の世界観があると思います。

日本独自の世界観の形成には、和辻哲郎が説いた人間(じんかん)主義という日本独自の人間観に、なにか手がかりがあるのではと思います。
Commented by 田中 at 2014-02-27 13:14 x
過去を見ると近代以前は中国を、戦後はアメリカに世界観を合わせていたから、日本は世界の中心に合わせることはできても、世界の中心にはなれないとそんな文化論があったから受身が世界観というのは合ってると思われます。
Commented at 2014-04-14 09:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by masa_the_man | 2014-02-24 18:40 | 日記 | Comments(9)