戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

再録:日中衝突は第一次大戦前夜だ

今日の横浜北部は昼間はかなり気温がゆるみましたが、やはり朝晩は冷え込みます。

さて、安部首相のダボス会議で波紋を読んだ「日中を第一次世界大戦前夜にしてはいけない」発言ですが、それと関連したFTのラックマンの同様のアナロジーの記事を再び掲載します。

ぜひ参考にしてください。

===

一九一四年の影が太平洋におちる
by ギデオン・ラックマン

●第一次大戦を描いた白黒映画のようなシーンというのははるか昔のことのように思える。ところが「現在の大国は一九一四年の時の戦争に突入することはありえない」とは断言できない。

中国と日米間で高まる緊張は、ほぼ一〇〇年前に発生した、このおそるべき大災害と似通った点をもっているからだ。

●もっとも明らかな潜在的発火点は、日中間で未解決の、尖閣諸島の領有権をめぐる問題である。

●ここ数ヶ月間で、この二国の航空機と船はこの諸島の近くでシャドーボクシングを行っている。これを警戒したアメリカは、去年の十月末に北京と東京にたいして、四人の米外交の重鎮を送り込んでいる。

●そのメンバーには、ブッシュ政権で安全保障会議を主宰したスティーブン・ハドレーと、ヒラリー・クリントンの国務省のナンバー2であったジェームス・スタインバーグが含まれている。

●この超党派の米国特使たちが明確にしたのは、「中国の尖閣への攻撃はアメリカが担保している日本への安全保障への挑戦として行動せざるを得なくなるかもしれない」ということだった。

●一九一四年の時と同様に明確な危険として挙げられるのは、小規模な事件が同盟のコミットメントを引き起こして広範囲な戦争に拡大する可能性があるという点だ。

●アメリカ側の特使たちはこのリスクについて十分すぎるほどよくわかっていた。

●この四人のメンバーのうちの一人であったハーバード大学のジョセフ・ナイはこういっている。

●「われわれの中で、一九一四年の例を引き合いに出して議論した。誰も戦争を望んでいないのはわかっているが、それでもわれわれは日中双方にたいしてコミュニケーションの失敗やアクシデントについて注意するよう促した。抑止というのは、合理的なアクターたちの間では大抵の場合には効くものだ。ところが一九一四年の時の主なプレイヤーたちも、実は全員が合理的なアクターたちだったことを忘れてはならない」

●キューバ危機についての古典的な研究(『決定の本質』)を書いた、ナイ教授のハーバード大学の同僚であるグラハム・アリソンも、計算違いによる戦争の危険性があると考えている。

●「一九一四年の時のメカニズムは非常に役立つものだ。セルビア人のテロリストが誰も名前の聞いたことのない大公を殺したことで、最終的には参戦したすべての国々を破壊させてしまった大戦争を引き起こすなんて、一体誰が想像しただろうか?私の見解では、中国の指導部はアメリカにたいして軍事的に対抗しようとするつもりはまだないはずです。しかし中国や日本の頭に血が上ったナショナリストたちはどうでしょうか?」とはアリソン氏の弁。

●このような「頭に血が上った」人々が、現場レベルにいる可能性はある。

●二〇一〇年九月には中国の船長が日本の海保の船に自分の漁船をぶつけた事件が発生したことがあるが、後になってから、当時この船長が酔っぱらっていたことが判明している。

●この時の日本政府は、かなり融和的なアプローチをとっていた。しかしアメリカは、日本の現政権の中には、中国に対決することもいとわないようなタカ派のナショナリストが溢れていることを危惧している。

●新しい首相である安倍晋三は、第二次大戦の時の閣僚(岸信介)の孫であり、日本が当時の罪滅ぼしをするための「謝罪外交」を拒否した人物だ。

●日米安保というのは日本にたいする安心の提供という意味があるのだが、それでも日本の政治家がこのおかげで不必要なリスクを取ろうとする危険があるのだ。

●何人かの歴史家は、ドイツ政府は一九一四年の時点で「より強力な敵に囲まれる前に、なるべく早めに戦争をしておかないとまずい」という結論を出していたと論じている。

●同様に、何人かの日本研究者たちは、安倍政権内のナショナリストたちが「日中間のパワーのギャップが拡大する前に、まだアメリカが太平洋で支配的な軍事力をもっている現在の時点で中国と戦っておくべきだ」という考えに傾くことを心配している。

●日本の政治における「右傾化」にたいするアメリカの懸念は、同様の傾向が中国にも見られることから倍増している。

●中国は100年前のドイツのような台頭する国家であり、既存の大国が自分たちのことを押さえ込もうという意志を持っていることを恐れている。

●現在の中国の父である鄧小平は、「能力を隠して時間を稼ぐ」という対外政策の格言を追求していたが、彼の世代の人間はすでに世代交代で去っており、新しい世代は自信をつけて自己主張が強いのだ。

●また、人民解放軍も対外政策の決定に大きな影響を与え始めている。

●第一次大戦前のドイツとの比較によって、驚くべきことが見えてくる。この時はオットー・フォン・ビスマルクの熟練したリーダーシップが、戦争が発生する前には、はるかに稚拙で不器用な政軍のリーダーシップにとってかわっていたのだ。

当時のドイツの支配層も、民衆からの民主化のプレッシャーを同じように脅威として感じており、その関心をそらすためにナショナリズムに訴えていた。もちろん中国のリーダーたちも、共産党の正統性を強化するためにナショナリズムを使用している。

●唯一の救いとでも言えるのは、中国の指導者層たちが長年にわたる大国の台頭について、熱心に研究をしており、ドイツと日本の失敗から学ぼうと強い決意を持っていることだ。

●われわれが核兵器の存在する世界に行きているという事実も、一九一四年の危機を繰り返すことはないという一つの論拠にはなる。

●もし事態が悪化しても、日米安保には解釈の余地がある。この条約の第五条は一般的にアメリカが軍事的な手段によって同盟国を守ることが約束されていると解釈されている。

●ところが実際は、日本が攻撃された時に「共通の危険に対処するよう行動する」と書かれているだけだ。

●このような曖昧さは、もし中国が「単なるアメリカのブラフだ」と言うようになれば危険だともいえるが、これは危機の際には役に立つこともあるのだ。

●一九一四年七月の時点で、当事国のリーダーたちは誰も望んでいない戦争に向かわざるを得なくなっていたことで無力さを感じていた。

●そしてこの歴史を研究することで、中国、アメリカ、そして日本の人々は、二〇一四年に同じような運命に陥ってしまうことを回避できるかもしれない。

===

これにたいする反論は、ハーバード大学のウォルトによって行われておりますが、このような発言を一国の首相が行うというのはリスクが大きいかもしれませんね。

ま、通訳が意図的にやったということも推測できるかもしれませんが。


Commented by 待兼右大臣 at 2014-01-25 00:15 x
第一次世界大戦勃発百周年ですから、良くも悪くも、欧州へのインパクトは絶大でしょう
Commented by at 2014-01-25 02:09 x
日中戦争にはならないでしょう。中国共産党と人民解放軍の幹部は
巨額の資産を海外に築いているのでごまかしの為に尖閣問題を
持ち出しているだけです。中国の幹部たちはアメリカと事を構える
気はなく、日本とも戦争をする気はないでしょう。
日本にはgood enemyとして使い勝手のいい隣国であって欲しいと願っているだけでしょう。
尖閣を取ってしまえば次は沖縄になるのでまともにアメリカと
対峙する事になるので尖閣ですら奪取の対象ではない。
中国共産党幹部は国内問題の目くらましに反日を利用するだけです
Commented by 大阪人K at 2014-01-25 11:56 x
欧州にとって、”第一次世界大戦”というワードに反応する姿が受験生にとっての
「おちる」
「すべる」
と言葉に過剰反応する姿と重なって見えるのは私だけでしょうか。


安倍首相の発言内容の全容を見れば、平和的な解決を目指しているものであり、非常に理性的なものです。
(「危険だから話し合いましょう。」という意味でしかない。)

あれを持って煽っていると解釈するのも凄いなぁぁぁと思ったりします。

もう理屈でなく”第一次世界大戦”という言葉だけで過剰反応するところ見ると、我々日本が持っている大東亜戦争敗北のトラウマ以上のものを持っている証左なんでしょうか。
Commented by 中山太郎 at 2014-01-26 20:31 x
悲しいかな、欧州の知識人たちは尖閣問題は、日本が火をつけたと見ています。隠れた白人の有色人種蔑視も見え隠れします。これに対応するには、日中が手を組み彼らより文明度の高い社会を作り上げることですが、中国は社会主義国、この一点だけでも、至難のワザでしょう。
Commented by sdi at 2014-01-26 23:09 x
「1914」というのは、欧米社会にとって未来永劫「そのときまであたりまえのように考えていた希望に満ちた未来がなくなった年」として刻まれるのでしょうね。
Commented by おっけ at 2014-01-27 02:15 x
http://thediplomat.com/2014/01/rhyme-and-reason-why-2014-doesnt-have-to-be-1914/

The Diplomat誌に「1914年アナロジー」への反対記事が載っています。
Commented at 2014-01-27 11:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 通りすがり at 2014-01-27 20:11 x
こんな話が。

http://kt-yh6494.blog.so-net.ne.jp/2014-01-26
自衛隊の観艦式映像、観閲式映像、総火演映像等大変な量だったようです。結論を先に言えば、会議の方向を決めたのはこれらの映像資料でした。開戦強硬派の陸軍は中国軍戦車と日本の10式戦車の圧倒的な能力差にまったく反論ができなかったのです。また対潜水艦哨戒システムやP3CがP1ジェットに切り替わることによって南シナ海も原潜の危険ゾーンであることが判明したのもビデオ映像からでした。
Commented by ジョン at 2014-01-28 07:58 x
戦勝国理論を守るために日本とドイツはいつまでも悪者でいろと言う事ですね
なるほど、分かりかねます
Commented by 写楽斎 at 2014-02-01 12:16 x
英国は中国に支配されているようですね。香港という穴を通じて、毒が流れ込んでいるのでしょう。
自業自得とはいえ、哀れなものです。
by masa_the_man | 2014-01-24 22:56 | 日記 | Comments(10)