戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

留学する際に最も必要なもの

今日の横浜北部は曇りがちでして、一時的に小雨も降りました。

目黒で友人とランチをする予定だったのですが、彼がいきなり来る途中に安部首相の靖国神社参拝の様子を見たいということで見てきたらしいのですが、警備が厳しくて、けっこう遠目にしか見られなかったとか。

それにしても報道ヘリが8機くらい飛んでいて、九段下上空はかなりの騒ぎだったようです。

個人的には日本の報道機関は、中韓の反応よりも、アメリカ側の反応をもっと大きく取り上げるべきだと思いました。日本にたいする政治的影響という意味ではそちらの反応のほうが重要だと思うんですが。

さて、数日前にTwitter上でつぶやいた、日本人が留学する際に必要なことについて、もう一度復唱することにします。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、私は20代前半から15年近く留学生活を送っておりまして、おかげで90年代後半から2000年代前半の日本の状況というものが全く肌で実感できていないほど向こうに定着していたわけですから、そこで見てきた「日本人が留学する際に必要なこと」についていくつか書いてみたいと思います。

まず第一ですが、これはリアリスト的に考えるとごく当然のように、「お金」です。マネーです。留学資金です。これがないと、まず話になりません。

これが大前提だとして、次に「留学」という意味で必要になってくるのは、なんといっても現地の言葉(英語圏だったら英語)の「単語力」です。

もちろん現地の人間が何を言っているのかを理解するという意味でヒアリングの力が試されるというのはある程度は当たっているのですが、現地のテレビなどを見ていたり、買い物などをしていれば、一定期間をすぎれば自然の慣れてくるもの。

ちなみに英語は日本語と違って、しゃべり言葉で別の音域というか、別の周波数が多用されているために、それに慣れるまで時間がかかるという話をどこかで聞いたことがあります。

それよりも何よりも、とにかく重要なのは単語を覚えること。なぜならボキャブラリーを豊富にしておけば、たとえば文法などがまったくわからなくても、意味を知っている単語が多いだけで、たとえば相手に単語を並べるだけで話が通じたりします。

余談ですが、「あなたが言っていることはわかりません、もう一度繰り返していただけませんか?」ということを相手に伝えたい場合に、世界共通でどこでも一発で通じるのは、

「ハァ?!」

と言うこと。これで相手がどんな言葉をしゃべろうが、その人は間違いなくもう一度丁寧に教えてくれること請け合い。

話を戻しますと、大学受験の時に覚えた単語であろうと何だろうと、私が見かけた日本人の留学生で伸びている人たちというのは、おしなべてこの「単語」を多く身につけていた人ばかり。

実はこの単語を豊富に知っていることの重要性というのは、いわゆる天才教育のほうでも定説らしく、赤ちゃんの頃から徹底的に単語の数を増やすように訓練された人は、感情表現も豊かになるし、その後の知性の伸びが全然違うらしいのです。

そういわれてみれば、たしかにある分野の学問を極めるというのは、いいかえればその分野の「単語」、つまり「専門用語」についての知識を増やすことと直結しておりますし、主な学問ではいまだにその学問の名前に使われている用語の定義について議論が続いていることもしばしば。

日本ではあまりこのあたりは意識されておりませんが、使う語彙が豊富であるということは、英語圏ではどうも社会の階層を上がっていく際に必須とされているようで、私は以前あるオーディオブックで「ビジネスで成功するために必要な500ワード」というものを何度か聞いたことがあります。

この一例ですが、「溝」(gap)という言葉を使う代わりに、「亀裂」(fissuer)という言葉を使えば、相手にインテリジェントに聞こえる、というものがありました。

たしかにこのような洗練された言葉や単語を使うことができる人というのは、世界のどの国でも尊敬されます。しかもそれが留学先の国で、しかも学問をやるということになると、そもそもの地頭を構成している単語の知識量を問われてくるのは、当然といえば当然のこと。

ということで、これから留学する人は、ぜひその留学先の言語の単語だけは必死に覚えるということをやっておくと、あとで楽になります。


Commented by 無花果 at 2013-12-27 13:52 x
もし、安倍氏の次の総理(安倍総理では既に色がつけられすぎているので)が「第一次世界大戦の終戦記念日」に参拝したらどのような反応が起きるのでしょうね。
Commented by Tomy at 2013-12-27 22:29 x
はじめまして。

単語力のある無いについてはよく聞きます。ある新書にも書かれていました。
ところで,戦略論(戦略学)について質問ですが,現実主義(realism)に基づいた戦略論と保守主義(conservatism)に基づいた戦略論とは,どう違うのでしょうか??
現実主義(realism)は何か「浮き雲」を追いかけ,短期的な視野にたって戦略論を展開しているイメージがあります。
対して,保守主義(conservatism)は国体や歴史・文化など「土着性」の印象があり,歴史性に基づいた戦略の方がより現実的な気がしてならないのですが,両者の違いについて解説願えればと思います。
Commented by おっけ at 2013-12-29 08:57 x
はじめまして。いつもブログ拝見しております。

奥山さんが自信の留学経験に詳しく言及するのは珍しいことだと思ってこのたび書き込みませていただきます。
できれば、奥山さんの「英語習得」についていつかブログに書いていただけませんか?
というのも、私も現在アメリカの大学で国際関係論を勉強しているのですが、常日頃からIRという学問そのものと同時に、どうやったらネイティブと同レベルで英語を「読めて・聞けて・話せて・書ける」のかということを考えてしまいます。

思うに、英語だけに限らず、語学学習というはまさに「順次戦略・累積戦略」の考え方が役に立つ領域だと思います。毎日、英字新聞、雑誌、TVニュースに触れるのが累積で、ある検定試験(TOEFLやGMATなど)のための勉強を通じて英語を伸ばそうというのが順次で、という具合です。

是非いつかお時間があれば、奥山さんの「英語(外国語)論」をリアリストの見地から語っていただきたいと思います。
Commented by たま at 2013-12-30 21:40 x
私も、おっけさんに同感であります。 

奥山さんの英語習得論をブログ記事で読んでみたいと強く欲します。

また細かい質問で恐縮ですが、実際どうやって専門分野の単語カを強化するのがベストでしょうか?
やはり地道に分野の英日対訳の単語集や辞典を読んでいくというところでしょうか。
Commented by 朽木倒 at 2014-01-03 19:29 x
>「溝」(gap)という言葉を使う代わりに、「亀裂」(fissuer)と

日本が医学においてある程度の後塵を拝していた時期、
それでも留学生が嘗められていなかったそうなんですが、
その理由が筋肉の名前を「ムスクルス~」と言う等、解剖用語を
ラテン語で覚えていたため、という話を聞いたことがあります。
あちらさんにとって「ラテン語」は最上級の教養の一つであった為、
無条件にビビられた、と。
雑学ですが。
by masa_the_man | 2013-12-26 23:24 | 日記 | Comments(5)