戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

中国の「防空識別圏」についての新聞報道の温度差

今日の横須賀南部は昨日とうってかわって快晴になりました。

津久井浜でオレンジをハンティングしてきた(ルー語)のですが、収穫シーズン終盤とはいえ、まだまだ木に美味しそうなのが鈴なり状態でした。

さて、ここ数日間で安全保障面における大きなニュースとなっている、中国が新たに設定した「防空識別圏」についてメモ代わりにここへ。

私はテレビを持っていないのでテレビではどういう報道をされているのかはよくわからないのですが、大手の新聞を見た限りでは、けっこう大きなニュースになっているような。

参考までに某名古屋系の喫茶店に行って大手新聞5紙(日経、サンケイ、朝日、毎日、読売)をチェックしてみたのですが、私の感覚ではこのニュースに関してもっともよくまとめていたのが読売で、その次が毎日。

個人的に面白いろいなぁと思ったのは朝日でありまして、現地からの記事と社説で、状況について大きくことなる見解を持っているということが判明しました。たとえば本日づけの一方の記事では、

●中国側は2008年12月から尖閣諸島周辺に公船を派遣し、領海侵入を開始。(北京:倉重奈苗, p.3) 

という報道をしているのにもかかわらず、その数頁後ろのトップの社説では、

昨年9月の日本政府による尖閣国有化以来、中国側は主に船によって日本領海を侵犯する行為を繰り返してきた。(社説)

と書かれておりまして、一体いつから中国の船が領海侵入するようになったのか、朝日新聞内でも見解が統一されていないことを伺わせます。いや、むしろ(社説側の)ファクトチェックができていないのでしょうか?

その他ですが、日本側の防空識別圏がそもそも米進駐軍によって設置された経緯についての説明について各紙で温度差があったのは面白かったですね。

ただし日本が発行している新聞の中では、いままで中国が防空識別圏を主張しておらず、今回が史上初めての例であるという事実を明確に指摘しているものは皆無でありました。

さて、私は個人的に今回の北京政府側の動きを幾つかのパターンに分けられると思っておりまして、参考までにそれを列挙しておきますと、

1,東アジアの覇権狙いためのステップだ説
2,人民解放軍が暴走して勝手に設置しちゃった説
3,国内向けの観測気球
4,国内の民族主義者向けの「ガス抜きパフォーマンス」説
5,日本との交渉を引き出すための「ちゃぶ台返し」説
6,アメリカ側の出方を試した説

などがあります。私としてはまだどれなのか判断しかねている部分がありますが、それにしても1や6のように本当に狙って実行したとしたら、彼らに「やるなぁ」と言ってやりたいですね(笑)典型的なランドパワー的発想ですし。

一点だけ英語メディアの報道を見ていて面白いなぁと思ったのは、「これにたいして日本はどのようなカウンターメジャー(対抗策)を採用するのか」という点でした。

たしかに日本政府は要人たちが非難声明を出して中国大使に文句言ったただけで、具体的に何をするということは(航空会社に計画書出すなと言った以外は)まだ何も言っておりませんよね。

ということで、この辺の話は引き続き興味を持って注目していきたいと思います。

b0015356_21565591.jpg
(本日の収穫の一部)


Commented by だむ at 2013-11-27 01:07 x
ぶっちゃけ、ADIZだけ設定してもそれに見合ったレーダーサイトやらAWACSやらが無ければ単なる地図上の線ですからねえ。
アメリカ人が今回追加したADIZ内で今後どうするのかが問題かも
Commented by えんき at 2013-11-27 22:22 x
三中全会後の中国政府が一方的に防空識別圏を設定してきたのは、先の三中全会によって中国政府の長期政策が改革開放政策から覇権強国政策(軍国主義政策)へと転換することが採択された事を意味するようです。

日本政府はこの中国政府の政策転換に際して、政治的にも経済的にも、もちろん軍事的にも対抗して行かざるを得なくなったのです。見識ある日本人一般は「罹る火の粉は払わねばならない」ことを薄々でも感じ取っており、消費税率引き上げをシナリオ化する事とは、大規模日銀特融を可能とさせ、急速な日本国軍創設を行わせるためであったのだと、最終的には理解する事となるでしょう。
Commented by sdi at 2013-11-28 02:08 x
以前にオフ会で待兼右大臣殿が指摘していた「中国は海も土地と同じ感覚で考えている」点と符合しますね。排他的経済水域同様、防空識別圏も「自分の縄張り」という認識なのでしよう。「自分の縄張り」なのだから利用する(通過する)のなら代価を払え、という感覚なのでは?
今は、中国空軍の作戦行動圏内でなくても「いずれ」作戦行動圏内に含める気でいるのでしょう。とにかく、まず言うだけ言うことで「既成事実」を作ったことにして、実態は後から追いかけていけばよいという腹ですね。
Commented by だむ at 2013-11-28 16:10 x
やっぱあれかな、向こうの空軍の中の人的に「防空網がザルだからAWACSとレーダーサイトちょうだい」というアピールのためにやってるんかなあ
Commented by 愚人 at 2013-11-29 13:25 x
以前、中国のご友人が、
アメリカとの緩衝地帯がなくなるから朝鮮半島の統一は中国は容認できない
との記事が有ったと思うのですが、本気で中国がせ尖閣を取りにくる気だとすると、東シナ海というアメリカとの緩衝地帯を自ら埋める事になるかと思います。
中国首脳がまともな判断ができる事を前提とするなら、本気で第一列島線突破に向けて行動を起こしたということでしょうか?

まともな判断ではないとすると、何も考えず国内のガス抜きに後先考えず勇ましいことをやってみたって所ですかね?
だとすると、ちょっと考えれば現状のように世界の反発を招く可能性は容易に考えられ、考えがなさすぎな様にも思えますが。
Commented by navi-area26-10 at 2013-11-29 23:46 x
出遅れましたが、計画書は2日間だけ出されたいうことなんでしょうか。

URLは、
日本の航空会社が、中国の防空識別圏に従う意向 by Iran Radio
by masa_the_man | 2013-11-26 22:33 | 日記 | Comments(6)