戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

戦略と人間の深い関係

今日の横浜北部はよく晴れました。さすがに朝晩はかなり冷え込んできましたね。

さて、先週末のことですが、私が所属する日本クラウゼヴィッツ学会で研究発表をしてきました。その時に色々と学んだことを少し書きます。

今回の学会の発表研究テーマは、クラウゼヴィッツの「摩擦」という概念についてでありまして、この「摩擦」というのは、『戦争論』の中でクラウゼヴィッツが提唱したいくつかの概念の中でも、いまだに戦略研究の分野ではホットな議論のネタとなっているものの1つであります。

この「摩擦」、実はそれほど難しい概念ではなく、クラウゼヴィッツ自身は、

「戦争は、なかなか思った通りにいかない障害に満ちあふれている」

という風に説明しており、この「障害」のことを「戦争における摩擦」(friktion im kriege)と彼自身は呼んでおります。

実はこの「摩擦」という概念はかなり応用の効くものでして、戦争だけでなく、一般的なビジネスや、われわれの生活一般にも当てはまるすぐれものと言えるでしょう。

たとえば、われわれが普段通りに会社や学校に行こうとしても、電車が遅れたり、事故で道が混んでいたりするような場合があります。これは「計画を思い通りに行かせてくれない、思いがけないハプニングで起こる障害」という意味で「摩擦」であると言えます。

===

さて、この「摩擦」という概念なんですが、これについてバリー・ワッツ(Barry D. Watts)というアメリカの元軍人が、この分野では非常に有名な論文を書いています。

今回の私の発表は、このワッツの論文の内容の概略を、今回の研究会全体の議論の叩き台として発表・説明するものでした。

このワッツの論文のテーマは極めて単純・明確。どういうことかというと、

クラウゼヴィッツの摩擦という概念の重要性は、先端テクノロジーの発展をもってしても、未来永劫残るものである

というものです。

このワッツの立場というのは、いうなれば「摩擦」というクラウゼヴィッツの概念を強固に支持する「クラウゼヴィッツ主義者」の立場なんですね。

米軍は戦争を遂行する際に発生するさまざまな「摩擦」を、センサーや無人機などの最新テクノロジーをつかって解消しようとする傾向が多いわけですが、ワッツの議論はこれに水を差すようなものであると言えるでしょう

===

ではワッツは、クラウゼヴィッツの「摩擦の重要性が未来永劫変わらない理由」をどのように説明して論じているんでしょうか?

彼はこの理由を、カオス理論や物理学、それに進化生物学や軍事組織の基本的な構造など、実に様々な分野の知見や知識を引っ張ってきて論じます。

個人的にはこのような広い知見による理由付けで書かれた論文は「見事だなぁ」と思ったわけですが、実は論文のメインテーマと同じように、「摩擦」がなくならないとするワッツの論拠は、あくまでも一貫しております。

それは、「人間」という要素です。

いきなり「人間」といわれても、「なんのこっちゃ!???」かもしれませんが、これはつまり、戦争の遂行には「摩擦」を発生させる「人間」が構造的に組み込まれており、人間が関わってくるからには、絶対に「摩擦」はなくならないというわけです。

たとえば米軍やCIAは、無人機を大量に使ってタリバンをはじめとするイスラム原理主義者のような"アメリカが認定"する「テロリスト」たちを、精密爆撃によるピンポイントで次々と狙って殺害しております。

ところがアメリカくらいの(衛星や無人機などを使った)監視能力の高さや攻撃手段の精密度が最高レベルのものであっても、それを実行する際には、ものごとを判断する「人間」が関わってくるので、誤爆のような「副次的な被害」(コラテラル・ダメージ)は絶対になくなりません。

人間の限界が生じさせている「摩擦」というのは、いくらテクノロジーが発展したとしても克服できない、というワッツの議論は、かなり説得力のあるものだと言えるでしょう。

===

話は飛びますが、私は最近、いわゆる「ソーシャルメディア」について書かれたある興味深い本を読んでおります。

この本の極めて面白い指摘としてあったのは、

「近年インターネットを通じて爆発的に広まったソーシャルメディアというものは、実は決して新しいものではない

という意外な結論です。

どういうことかというと、19世紀から盛り上がってきた「マスメディア」の以前の時代のメディアの歴史を考えてみると、人間というのは実に様々な手段(石版、手紙、パンフレット)を使って、常に「ソーシャルメディア」と同じような活動を展開してきたというのです。

この本の著者の究極の結論も、

使っているテクノロジーは違えど、人間のやることは過去も未来も変わらない

という、まるでワッツと瓜二つのようなもの。

われわれは概して新しいテクノロジーや技術というものに目を奪われがちですが、どうもものごとの本質というものはそこにはないんじゃないでしょうか。

カギはあくまでも「人間」なのであって、この未熟で不完全なために「摩擦」を発生させる存在を、どこまで戦略に織り込みながらものごとを考えていけるのか・・・・

私は最近、自分の先生である戦略家のコリン・グレイと、ビジネス論の大家であるピーター・ドラッカーという分野の異なる両者の格言を比較した「国家戦略とビジネス戦略を同時に学ぶ」というCDを作ったのですが、この両者が強調していたのも「人間」を知ることの重要性でした。

このCDの中でも解説しておりますが、コリン・グレイは私が翻訳した『戦略の格言』において、「格言22:人間が最も重要である」として取り上げるほど、この点を強調しています。

戦略論とテクノロジー論の二つの文献を読みながら、私はあらためて「戦略とは人間に関することである」という基本的な事実と、そこから発生するジレンマについて、思いがけずにじっくり考え込むことになってしまいました。


Commented by AAA at 2013-11-08 20:50 x
流行りのデータマイニングも最終的な評価、判断は人間ですからね。ですから摩擦を減らすためには認知心理学に基づく批判的思考でバイアスを抑制していくしかないんじゃないでしょうか。
by masa_the_man | 2013-11-08 17:54 | 日記 | Comments(1)