戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

国際政治はヤクザな世界だ

今日の横浜北部は朝から快晴。朝はかなり寒く、そろそろ暖房が必要な雰囲気に。

さて、先週の「韓国トップたちの怪しい“世界観”」というエントリーの続きを少し。

このエントリーでは、韓国の上層部は、日本側から見ると強烈な「甘え」ともとれる世界観を持っている、ということを、最近韓国に行った人から得た情報を元にして紹介しました。

私がなぜこのような韓国側の「怪しい」ともいえる要素を指摘したのかといえば、それは何も韓国が憎いからではなく、それを知ることが大切である、と強調したかったからです。

それでもこのような指摘をすると、「おくやまは韓国を嫌いなのか!」と非難したり、「日韓友好を推進しているのではなく、敵対関係を増長させているだけだ!」と目くじらを立てて怒る人もいるわけですが、実際はその反対です。

私は「リアリズム」という観点から、韓国の問題も「善悪」や「好き嫌い」という面から判断しない
と述べたわけですが、ここで大事なのは、

「日韓親善や国際理解のためには、相手の汚いところ・奇妙なところも直視する

という姿勢だと思うのです。

たとえば、リベラル系の人々というのは(ここでの「リベラル」というのは、リアリズムとは反対の、経済相互依存万歳の理想主義的な考えの人という意味)どうも相手の不都合なところには目をつぶって、とにかく良い面だけを見ようとしがちです。

日本の国際政治に関する議論だと、たとえば「右派」といわれる人々は「中・韓にたいして厳しく、米国に甘い」という傾向があり、逆に「左派」の人々は「米国にたいして厳しく、中・韓にたいして甘い」という傾向があるといわれております。

私は、このような傾向がそれぞれ出てくるのは理解できるのですが、自分の基本的な姿勢としては、このような偏りというのはアンフェアー(不公平)だと思っております。

なぜならそれは、どちらの側(中韓vs米?)に対しても、片方の「良い面」を強調するばかりで、どちらかの「汚い面」を見ようとしていないからです。

なぜこういうことが起こるのかというと、これはどちらも国際政治の現状に対する「冷静な分析」で見ているのではなく、単なる「イデオロギー」から見ているからです。

それが「保守」であれ「リベラル」であれ、現在の日本の置かれた状況をイデオロギー的にみてしまうと、大きく判断を誤ってしまう可能性が出てきます。

まさに韓国の日本にたいする姿勢が、このイデオロギー的(というか、もはや宗教的?)なものであることは昨日のエントリーでもおわかりいただけるかと。

このような「イデオロギーが国際政治におけるトップの判断を難しくしている」という点について、日本の経営学の泰斗である野中郁次郎氏が、ある雑誌のインタビューで良いことを言っておりました。それは、

「なぜイデオロギーがまずいかというと、白か黒の二元論だからで、現実は灰色なのです。二極の間のどこかに真理があるわけです。そういう健全なる常識がジャッジメントなのです」

というものでした。私はこの「健全なる常識」として、日本人の国際情勢の戦略的な判断のために、まず相手の汚いところ、奇妙なところから認めるという「リアリズム」的な視点が、リベラル的な解釈に染まりきった日本人にとってのちょうど良い「解毒剤」になると考えているのです。

しつこいようですが、大切なことなので、何度でも言います。

本物の「国際親善」「日韓友好」のためには、日本人は、相手の汚いところ、奇妙なところ、おかしいところがあるということを、身も蓋もない「現実」的な視線から率直に認めましょう、ということなのです。

戦略論や、それがベースになっているリアリズムというのは、どう公平に見積もっても、あまり「気持ちの良いもの」ではありません。

国際政治というのは危険なビジネス、いいかえれば「ヤクザな世界」の話なわけですから、そのようなヤクザ的な要素の部分はまずしっかり押さえましょう、というのが本ブログを書く私の基本的な姿勢です。


Commented by 大阪人K at 2013-10-31 21:39 x
日本にもヤクザが普通にいますから、国際感覚にまったく疎い訳ではないかと・・・

ただ日本のヤクザ自身が”世界基準”で見た場合、非常に紳士的であるため、世界標準の中国マフィアやロシアマフィアに勝てるのかという疑問が・・・(苦笑)

日本の最大の問題は個人ではリアリズムに徹していても、公の場でリアリズムの議論が出来ない”空気”が漂っていることでしょう。

そして、その空気の正体はリアリズムの話をした者を罵ることで、自分の権勢を勢いづかせたい人の思惑に他なりません。(具体的には、山本太郎議員みたいな人)
そのような者が日本では多いため、国家としてリアリズムに徹しきれないのではないかと思います。
Commented by もん太 at 2013-11-01 01:38 x
企業間取引の世界ではリアリズムは十分に機能していると思うのですが。とくに海外との交渉場面は激しい戦略的思考が求められますし。まぁでも、IT時代になってリアリズムの概念そのものが定義しづらくなっていませんか。
Commented by 無花果 at 2013-11-05 21:24 x
「右翼」が親中朝韓ではなく親米を指すようになってきたことに、ある意味時代の移り変わりを感じます。

選挙制度の弊害でもあると思いますが、政治的に正しい選択がわかりきっていても、主権者のご機嫌取りをせねばならず、その主権者は国際政治のプロではないため、政治家に政治的才能や能力より聞こえのいい美談、解りやすい善良さや誠実さを求めるため、現実の汚さや卑怯さを口にしづらくなっている、というのもあるかと思います。
そのため、現実の汚さを指摘する「外部」の存在が必須になりますが、厭な役回りであるためか、なり手もおらず聞きたがる人も少なく、と、なかなか巧く行っていないのではないかと。
はっきり敵対している相手であればまだしも、友好関係を築く必要のある相手の暗部、となると尚更です。
そして広く周知した結果、政治のプロではなく一般の人が暗部を直視してしまうと、今度は徹底した嫌悪に囚われる事も避けられませんし。
by masa_the_man | 2013-10-31 18:00 | 日記 | Comments(3)