戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

オバマ大統領にシリア攻撃を嘆願する対外政策の専門家たち

今日の横浜北部は朝から快晴です。日が本格的に照る前まではけっこう過ごしやすいわけで。

さて、一週間ほど前の話になりますが、オバマ大統領にシリア攻撃を嘆願する手紙を書いた(ネオコンを含む)対外政策の専門家の人々がいたことが話題になりましが、この手紙の内容をご紹介。

この手紙にサインしたのは74人なのですが、いわゆる昔の「ネオコン」だけでなく、意外とイデオロギー的に幅が広いのが特徴といえば特徴でしょうか。

===

大統領殿

シリアの独裁者であるバッシャール・アル=アサドは、あなたが設定した「最後の一線」を再び越えて、ダマスカスの郊外において、最大1400人にものぼる数の人々を化学兵器で殺害しました。

あなたは、シリアにおける大規模な化学兵器の使用は「大量破壊兵器の拡散を阻止し、われわれの同盟国や当該地域におけるわれわれの基地を守る必要という意味で、アメリカの核心的な国益に関係してくるものである」と述べました。

イランや北朝鮮、そしてその他の大量破壊兵器を獲得しようとしたり、すでに持っている世界中の国々は、あなたがこれからどのように対処するのかを注意深く見ております。

われわれは、あなたがアサド政権にたいして有意義な結果をもたらすために決定的な対処をすることを求めます。また、少なくともアメリカは、有志の同盟国やパートナーたちと一緒に(ミサイルのような)離隔攻撃兵器(Standoff weapons)やエアパワーをつかって、最近の大規模な化学兵器を使用したシリアの独裁者側の軍隊を攻撃すべきであります。

また、これにはよく調べた上でシリアの武装反体制勢力の中の過激ではない集団にたいし、化学兵器で武装している政権側の部隊を特定させて攻撃するために必要となる、軍事的な支援を行うことも含まれます。さらにいえば、アメリカと有志の国々はアサド政権の根幹部分にも直接軍事攻撃を仕掛けることも考えるべきです。

ここでの目標は、アサドの化学兵器がアメリカや同盟国、それにシリアの人々にとって脅威ではない状態にすることだけでなく、アサド政権のエアパワーと、その他の通常兵器が民間の非戦闘員へ使われることを、抑止、もしくは破壊することです

同時に、アメリカはシリアの反体制派の中の過激ではない勢力を、審査し、訓練し、武装させる作業を加速させなければなりません。これによって彼らがアサド政権を倒すだけでなく、アルカイダと近い勢力やその他の過激な反逆派のプレゼンスの増加にたいして打ち克つようにすべきなのです。

もしこれにたいして何も応えなければ、アサド政権のまずます増加する化学兵器による攻撃は、世界にたいして「アメリカの“最後の一線”は単なる空の脅しである」ということを証明してしまうのです。

このようなメッセージは巡り巡って、後で私たちを呪うことになるでしょう。なぜならいくら「開発を勧めるのは許容できない」と繰り返し言っても、結局はイランの核兵器開発計画を確実に進めさせることになってしまうからです。

したがって、アメリカは今こそアサド政権の無慈悲な攻撃的ふるまいにたいして、あなたが「不可欠である」と述べた、アサド政権後のシリアの土台を形成して影響をあたえる手助けのための、有意義かつ決定的な行動をとるべきなのです。

敬具

Ammar Abdulhamid
Elliott Abrams
Dr. Fouad Ajami
Michael Allen
Dr. Michael Auslin
Gary Bauer
Paul Berman
Max Boot
Ellen Bork
Ambassador L. Paul Bremer
Matthew R. J. Brodsky
Dr. Eliot A. Cohen
Senator Norm Coleman
Ambassador William Courtney
Seth Cropsey
James S. Denton
Paula A. DeSutter
Dr. Larry Diamond
Dr. Paula J. Dobriansky
Ambassador Robert G. Joseph
Dr. Robert Kagan
Lawrence F. Kaplan
James Kirchick
Irina Krasovskaya
Dr. William Kristol
Bernard-Henri Levy
Dr. Robert J. Lieber
Senator Joseph I. Lieberman
Tod Lindberg
Mary Beth Long
Dr. Thomas G. Mahnken
Dr. Michael Makovsky
Thomas Donnelly
Dr. Michael Doran
Mark Dubowitz
Dr. Colin Dueck
Dr. Nicholas Eberstadt
Ambassador Eric S. Edelman
Douglas J. Feith
Reuel Marc Gerecht
Abe Greenwald
Christopher J. Griffin
John P. Hannah
Dr. Jeffrey Herf
Peter R. Huessy
Dr. William Inboden
Bruce Pitcairn Jackson
Dr. Kenneth Jensen
Ash Jain
Allison Johnson
Ann Marlowe
Clifford D. May
Dr. Alan Mendoza
David A. Merkel
Dr. Joshua Muravchik
Ambassador Andrew Natsios
Governor Tim Pawlenty
Martin Peretz
Danielle Pletka
Dr. David Pollock
Arch Puddington
Karl Rove
Randy Scheunemann
Ambassador John Shattuck
Dan Senor
Lee Smith
Henry D. Sokolski
James Traub
Ambassador Mark D. Wallace
Michael Weiss
Leon Wieseltier
Khawla Yusuf
Robert Zarate
Dr. Radwan Ziadeh

===

以上です。目立ったネオコンは太字で示しておりますが、他にも色々いそうな気が。たとえばカール・ローブはネオコンではないが、それに近い右派という分類になります。

それにしても、この「目標」というのはちょっと無理がありますよね・・・・


Commented by sirimonkon at 2013-09-05 00:12 x
アメリカはやはり価値観の国ですね。
by masa_the_man | 2013-09-04 16:09 | 日記 | Comments(1)