戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

「判断力」の違い

今日の横浜北部は快晴で日差しが強かったです。暑さもかなりの厳しさで、とにかく涼しい屋内に避難しているのがやっと。

さて、一連のバイトがネットにイタズラ画像を公開してしまう事件について勝手なことを書いてきましたが、またピザハットで事件がありましたので、この話の続きを少し。

ピザハット事件が昨夜起こった時点で、私はこれを「自爆テロ」のようなものだと考えていたんですが、冷静に考えてみるとこれは自爆テロではありませんね。やはり「猿にマシンガン」に近いかと。

(勘違いされる方がいらっしゃるかもしれませんが、私はこの事件を起こした彼が「猿である」と言っているわけではありません。あくまでも例えのレベルでの話です、念のため)

なぜなら自爆テロというのは、それを実行する際には基本的に何かしらの「政治目的」を持っており、それを実現するために自爆という手段を使うわけですが、イタズラするバイト君たちは、ごく一部の例外を除けば、一般的にはそれを自分たちの楽しみのためにやるわけで、会社や店に恨みをもっていて、それにたいして復讐したいからやるという(政治)目的はないからです

彼らの行為は、純粋に「イタズラ」なわけですな。

ちなみに自爆テロに関する研究として名高いのは、戦略爆撃の研究者としても名を馳せたシカゴ大学のロバート・ペイプの以下の著作でしょう。かなりよく調べられておりまして、参考になります。

Dying to Win: The Strategic Logic of Suicide Terrorism
by Robert Pape
b0015356_23485013.jpg


話を戻します。

私は一貫してこの問題は「テクノロジー」がその核心にあると言ってきましたが、もう少し見るレベルを変えて、「事件を起こしてしまうバイトたち」個人の問題として見ていくと、メルマガでも書いたように、その本人たちの「思考の抽象度」というところに行き着くと思っております。

しかしさらにそのもう一歩先まで話を進めますと、私は究極の問題点に突き当たると考えております。それは、人間の「判断力」の問題です。

彼らはなぜ今回のような問題を起こしてしまうんでしょうか?答えは明白です。判断力がないからです。

この判断力の話は、私がこのブログを開始した時に始めて戦略研究の授業をとった時から常につきまとっているテーマでありまして、あらゆる物事の成功や失敗の究極の元には、誰かが行った「判断」にすべて還元することができると感じております。

ところがこの判断力というものを身につけるのは極めてむずかしく、それを公式に教えてくれるような教育機関のようなもの(昔はそれが家庭や村であったり、寺であったり青年団だったりしたのかもしれませんが)は全く存在しません。

さらにやっかいなのは、日本には以前からかなり異なる価値観、つまり判断力を持っている人々が存在したにもかかわらず、いままではテクノロジーが発展していなかったためにその価値観の違いを意識しなくても良かったのに、それが携帯とネットの発展によって可視化されてしまったために、異なる価値観・判断力を持った人の行動が一気に世間にさらされてしまう事態になったという点です。

この話は長くなりそうなので、この続きはまた明日。


by masa_the_man | 2013-08-19 23:36 | 日記 | Comments(0)