戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

韓国はなぜ戦略を失敗するのか

今日の横浜北部は昼前から晴れてきまして、午後はスッキリ快晴に。日差しは真夏ですね。

さて、この記事を書いている現時点で、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が中国を訪問中です。この話題について少し。

韓国の歴代大統領は、就任してからまず同盟国であるアメリカや日本に先に訪問するのが建国以来の「恒例」になっていたわけですが、朴大統領はアメリカの後に、今回初めて中国を訪問しております。

b0015356_18444131.png
(FNNより)
※参考記事※
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130627/kor13062707300000-n1.htm

このような動きというのは、普段、国際政治を分析する者にとっては、少々不可解な動きに見えます。

というのも、普通の地政学の考え方からすれば、韓国は今まで通りに、アメリカと日本との安全保障的な結びつきを強め、北朝鮮を牽制しながら、中国を警戒するような動きを見せなければならないわけです。

ところが今回は、中国に積極的にバンドワゴニング(追従)する姿勢を見せております。このようなことはなぜ起こったのでしょうか?

これについて参考になるのが、本ブログをご覧の皆さんにはすでにおなじみの、来月の末に新刊として出る予定の『自滅する中国』という本の中で展開されている、戦略家エドワード・ルトワック氏の分析です。

ということで今日はこのルトワック氏の韓国の戦略状況の分析の要点をご紹介。

ルトワック氏によれば、韓国の戦略状況は以下の要点にまとめられることになります。

===

●国家は普通は独立を尊ぶものだが、従属したがる国もある。それが韓国だ。

●彼らは中国と中国人にたいして、文化面で深い敬意を持っている。
中国の「マーケットの将来性」にもその原因がある。

●韓国における中国と中国人への尊敬の念は明の時代にまでさかのぼることができる
その一番の担い手は、知的エリートとしての官僚である両班だ。

●面白いことに、中国文化の影響が非難されるのは北朝鮮
北では漢字は事実上禁止され、ハングルの使用だけが許されているほど。

●韓国では教育水準が高ければ高いほど反米の傾向が強まる。
 しかも最近はアメリカが衰退していると考えられているために、
 中国の重要性のほうが相対的に高まっている。
 個人で中国でビジネスを行っている人が多いという事情もある。

●極めて奇妙なことに、韓国は大規模な北朝鮮の攻撃を抑止するのは、
 グローバル規模の軍事力を持つアメリカの役目だと考えられており、
 実際に天安沈没事件や延坪島の砲撃事件にたいしても
 (死者が出たにもかかわらず)ほとんど報復は行っていない。

●つまり実際のところ、韓国政府は米国と中国に依存する
 従属者
となってしまっている。
 米国には全面戦争への抑止力、そして中国には
 一時的な攻撃にたいする抑止力を依存しているのだ。

●ところがこれは、アメリカにとって満足できる状況ではない。
 韓国を北朝鮮から庇護するコストとリスクを、
 アメリカは独力で背負わなければならないからだ。

●その上、韓国への影響力は中国と折半しなければならない。
 中国は北朝鮮への統制を中止すると脅かすことで、
 常に韓国政府を締め上げることができる
からだ。
 今のところ韓国が中国に声を上げることはない。

●米韓同盟を形成しているものが何であれ、
 そこには共通の「価値観」は含まれていない。
 なぜなら韓国はダライラマの入国を中国に気兼ねして
 堂々とビザ発給を拒否
しているからだ。

●現在のような政策を保ったままの韓国は、いわゆる「小中華」の属国として、
 しかも米韓同盟を続けたまま、中国による「天下」体制の一員
 となることを模索
しているのかもしれない。
 韓国が自国の安全保障のコストとリスクを受け入れず、
 かわりに従属者になろうとしているのは明らかだ。

●このような韓国の安全保障の責任を逃れようとする姿勢は、
 「日本との争いを欲する熱意」という歪んだ形であらわれている
 ところが日本との争いには戦略的に何の意味もないし、
 日本へ無理矢理懲罰を加えても、韓国側はリスクを背負わなくてすむのだ。

===

いかがでしょう。

このルトワックの分析の要点をさらに簡潔にまとめれば、

1、米国に従属している韓国は、同時に中国にもすり寄っていこうとしている。

2、その大きな理由は二つ:歴史的・文化的な面での尊敬と、ビジネスのチャンスだ。

3、安全保障面では、北のコントロールを中国に、そして前面戦争の抑止は米国に依存。

4、その責任逃れの憂さ晴らしとして、日本にたいする情熱的な敵対心を展開。

となります。

アメリカ人がこのような分析をするというのは意外な感じがしますが、ルトワック自身はこの韓国の戦略を「大間違いを犯している」として非難しております。

もしこの分析が正しければ、韓国はこれから米中を両天秤(ヘッジング)にかけながら、その不満を日本に向かって吐き散らしていくという、今の構図がますます強まるのかもしれません。

しかし、果たしてこのような政策を韓国はいつまでも続けていけるのでしょうか?

ということで今後の韓国と中国の動きにますます注意していきたい今日このごろです。


「中国の地政学と大戦略の失敗」CD

Commented by jujuju at 2013-06-28 12:49 x
なんかやはりアメリカ人らしい分析だなと思います。

歴史的・文化的な面で中国を尊敬としてますが
韓国人は中国人を凄く下に見る傾向がありますし
ハングルに対する思いも北朝鮮に負けないぐらい韓国は強いです。

あとやはり中国は信用できないと平気で言いますね韓国の人は。

韓国の行動原理はもはや制御不能の反日でしょ。
特にパククネ政権は今までの政権と違って反日を強く打ち出してきてるので必然的に中国と強く結びつくしか経済を保つ事が出来ないから
仕方が無いと思います。
Commented by 無花果 at 2013-06-29 03:58 x
日本の朝鮮半島専門家などの視点もそう変わらないですね。

早読み深読み朝鮮半島(日経ビジネスオンライン)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120120/226331/?leaf_kbn

【中韓首脳会談】米の意向無視、反日で連携も「声明の内容めぐり激しいやり取り」 2013.6.28 08:23
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130628/chn13062808270002-n1.htm

日本とアメリカに対して日本バッシングを基本にした離間工作を仕掛けることで、中国の歓心を買い、アメリカにとっての東アジアでの重要な同盟国の位置を日本から奪い、アメリカ陣営の総合力も米中が伯仲するあたりまで殺ぎ取りたい、というところと思うのですが…時代が変わっても、政体が変化しても、国民性というものは実はあまり変わらないのかもしれないと思いました。
Commented by CL at 2013-07-05 14:00 x
まるで地政学的には日本などという国は無いかのような言説ですね。
日本が「普通の国」であったなら、中東におけるイスラエル以上の巨大な存在感を持つ国家として、東アジアにおけるいかなる言説の中でもまず筆頭に語られる存在のはずなんですが・・・
赤穂赤穂と草木もなびく、ではないですが、日本日本と草木もなびくというのが東アジアの普通の姿であったはず。
6ヶ国協議なんてものも、本来なら日本が主催するか、無視して独力でやる所を米中韓が三顧の礼で日本をお迎えするというのが正しい形ですね。
Commented by masa_the_man at 2013-07-12 19:34
jujuju さんへ

>なんかやはりアメリカ人らしい分析だなと思います。

なるほど。

>韓国人は中国人を凄く下に見る傾向があります

たしかに。

>あとやはり中国は信用できないと平気で言いますね韓国の人は。

信用できるのは日本とは普通に言いますね。

>制御不能の反日でしょ。

これは彼らにとって非常にマイナスですよね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2013-07-12 19:35
無花果さんへ

>時代が変わっても、政体が変化しても、国民性というものは実はあまり変わらないのかもしれないと思いました。

ですよね。19世紀末状態に・・・コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2013-07-12 19:36
CL さんへ

>まるで地政学的には日本などという国は無いかのような言説ですね

まあ実質的にそうであってもいいという国の方針ですからね。コメントありがとうございました
Commented by だむ at 2013-10-11 20:03 x
あまりにも行動が意味不明というのが普通に見た韓国の行動なんだろうけど、これを「実は韓国内で広範に北朝鮮の潜在的影響力が高まっているのではないか」と考えると、合理的に説明できるような気がするんだよねえ。

IMF支配以来の徹底した新自由主義化によってサムスンヒュンダイの財閥は繁栄したけど、その一方で韓国一般民衆の生活レベルは良くはなっていない。というか格差と貧困化が進行している。そこに持ってきて盧武鉉の北朝鮮寄り政権も成立したし、核実験の成功に伴って北朝鮮の韓国内での影響力が次第に高まりつつあるんじゃないかと。

で、最近の韓国の行動を北朝鮮の影響を含めて考えると、「領土だの歴史だののカードを切りまくって日韓関係をひたすら悪化させる」というのは、海側からの支援ルートを断ち切るという点で北朝鮮にとってはこれ以上に有利な点はない話なんじゃないかと。
Commented by ばるたん星人 at 2013-10-11 22:49 x
韓国人はなぜ本来敵である筈の中共に擦り寄るのか?
その答えは実に簡単です。
韓国人は自国の安全よりも、
日本人に嫌がらせする事をより重視しているからです。
Commented by 名無し at 2016-08-19 13:40 x
3年前の記事に失礼します。
3年経た現在、ルトワックの分析は完全に当たっていたと言えますね。そして、この韓国の戦略は破綻しました。
by masa_the_man | 2013-06-27 18:45 | 日記 | Comments(9)