戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

中国の新しいパイプラインの地政学:その1

今日の横浜北部は朝から晴れまして、気温もかなり上がりました。まだ朝晩は涼しいのでよいのですが、真夏になるのがコワい・・・

本日はチャリティー講演会にご参加いただき、本当にありがとうございました。いずれまたこの関連のネタで開催しようかと考えております。

と、そのようなことを考えていたら興味深い記事がありましたので要約します。時間がないのでまずは前半だけ。

====

中国の新しいエネルギールートの地政学
By K.ヨーメ

●中国国営の中国石油天然気集団(CNPC)は、ミャンマーから中国までつなぐ、天然ガスのパイプラインの建設を、先月の五月二八に完了した。同時に石油パイプラインもすぐに完成させるところまできている。

●パイプラインは7月1日に、ミャンマー西岸のベンガル湾から昆明(雲南省の首都)までガスを運び始めることになっており、石油パイプラインのほうは年内に中国の原油をペルシャ湾やアフリカから運び始めることになる。

●この中国への石油とガスの新しいルートは、この地域の地政学的な情勢にとって非常に重要な痕跡を残すことになり、主要国の戦略的計算にとってカギとなる要素を構築することになる。

●まずこのパイプラインは中国が南西部の省とインド洋をつなげるという夢の実現である。中国は研究者たちによって言われている、いわゆる「二大洋戦略」(two-ocean strategy)の完成に一歩近づいているといえる。これはインド洋と太平洋の両大洋で海洋コントロールを達成するということだ。

●パイプラインは戦略的にも非常にタイミングのよい時に完成している。エネルギー安全保障が地域の地政学にとって支配的となり、この石油パイプラインは戦略的に致命的なマラッカ海峡を通る石油の3分の1の量の海上輸送をバイパスできることになったからだ。

●北京はこの海域を「アメリカがコントロールしているシーレーンである」と見ており、いざ紛争になった時にはそこに資源を依存していることになるため中国の脆弱性が増すと考えているのだ。

●現在中国の80%の原油の輸入はマラッカ海峡を通過しているのだ。

●このパイプラインのロケーションが重要な理由は他にもある。ミャンマーはこの地域の主要国の影響力を争う場となっているのだ。中国は段々とミャンマーの利害を高めていたが、最近のミャンマーの突然の変化は中国にとって思わぬ障害となっており、「新しいミャンマー」に対処し、アメリカと日本の新しい政策に対抗すべく政策を考え直さなければならなくなったのだ。

===

つづきはまた明日。


by masa_the_man | 2013-06-22 22:11 | 日記 | Comments(0)