戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

北方領土のワークショップ&地政学入門講座

今日の横浜北部は完全に初夏の一日です。

さて、私がお世話になっている国際地政学研究所からのご連絡を。

今週の金曜日に北方領土問題のワークショップが開催されます。ついでに地政学入門講座の開講のおしらせも。

===

2013年第6回ワークショップご案内

安倍総理の訪露は北方四島返還へのアプローチ再開を確かにいたしました。しかし、これは「とられたものを取り返す」という理屈で事が解決に向かうと考えるほど単純な問題ではありません。

江戸・明治、大東亜戦争前、戦中、終戦直後、冷戦時、冷戦後、そして中国のインパクトを無視できない現在、それぞれに北方四島に関わる文脈があります。これらをリニアに脈絡させ、実りあるインプリケーションに導いていく議論に期待し、第6回のIGIJワークショップを企画いたしました。

―記―

日時:平成25年5月17日(金)1730開場・1800開始・2045終了

場所:アルカディア市ヶ谷(私学会館)JR市ヶ谷駅から靖国方向左徒歩3分
b0015356_1645746.gif


プログラム:
1800~1805 趣旨説明 栁澤協二 IGIJ理事長
1805~1825 基調報告 兵頭慎二 防衛研究所地域研究部米欧露研究室長
1825~1855 基調報告 安本浩祥 ロシア国営ラジオ局「Voice of Russia」社員
1855~1925 コメント 佐藤丙午 拓大教授・道下徳成 GRIPS准教授(各15分)
1915~1930 休憩
1930~2000 議論
2000~2030 Q & A
2030~2045 総括 

参加費(一般)2000円・(会員/学生)1000円を頂戴致します。

その他:

▼第7回ワークショップは、平成25年6月21日(金)1800-2045、「普天間はどうなる―米・中・豪・韓・日との関係における戦略的構図―」柳澤理事長の米国におけるディベート参加の報告を予定しております。

▼予告!「地政学入門講座」を6月3日(月)から開講致します。

  場所:港区勤労会館会議室(三田駅から徒歩5分圏)
  時間:1800~2030
  日程:6月17日(月)・7月毎週火曜日

詳細は後ほど通知させて頂きます。皆様のご参加とご教導をお願い申し上げます。
(*講師は奥山ではありません)

▼8月は、ワークショップをお休みいたします。

===
Commented at 2013-05-14 01:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masa_the_man at 2013-05-14 22:06
sdiさんへ

>ハードルが高すぎます。

その通りですよね。まあその点は官僚なので・・・、なんともしがたいところなのです。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2013-05-13 16:05 | 日記 | Comments(2)