戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

国益増進を狙う学生の方々を募集中?!

今日の横浜北部はまたまたよく晴れました。もう昼間は完全に夏感覚です。

さて、突然ですがある方から以下のような案内をいただきました。

おそらく外務省あたりがバックアップしているものと思われますが、逆に東アジアの戦略的な状況を肌で感じれるという意味では面白い企画なのではないでしょうか?

というか、私が学生だったらこれに参加してみたかったなぁというのが正直なところです。

===

日中韓三国協力事務局(The Trilateral Cooperation Secretariat)では、今般「日中韓大学生ビデオ・プレゼン・コンテスト」(http://jp.tcs-asia.org/dnb/board/view.php?board_name=5_2_event&view_id=1)を企画し、推進しています。

これは、日中韓の大学生で一つのチーム(5人以内)を作り、そのチームで、日中韓の友情・協力・絆をテーマにした8分間のショートビデオ又は8分間のプレゼン資料(パワーポイントなど)を作るというもの。

ちなみにチーム構成は「日本人対中国人対韓国人」ではなく、あくまでも3国の大学生が「一つのチーム」を作り、そのチームごとに協力して1つのビデオなりプレゼン資料なりを作るというところがミソ。 

スマホ編集でも8分程度のビデオを作るのは大して難しくないとも聞きますし、いずれにせよ、ビデオが面倒であれば、パワーポイントを使ってのプレゼン資料でも構わないので、それであれば、6月16日までの大会までに時間はあるものと思います。

東京大会の締め切りは5月13日(月)までです。

 韓国大会は5月21日、中国大会は6月1日、日本大会は6月16日(日)東京(午後2時頃~ 場所は六本木付近。詳細は登録後案内)を予定。

各大会の1位のチームは、ソウルにて7月6日にファイナル・ラウンドを行います。その際には、ソウル観光及び韓国外交部、日中大使館、青瓦台訪問などのプログラムも予定しており(全費用はTCS持ち)、各大会の1位になったチームは3泊4日のソウル旅行(早く帰国する必要があればそれは構わない)がおまけとして付いてきます。(正式な賞品は1位は30万円の奨学金、2位、3位はアイパッド他。各国大会の賞品は1-3位がアイパッド、デジカメ等です。詳細はTCSホームページ参照)。

このコンテストの目的は、

 1)本件ビデオコンテスト参加をきっかけとして、日中韓三国の若者の友達の輪を広げること、及び 
 2)ビデオ作品を通じて、日中韓三国の間における良い雰囲気を醸成すること(パブリック・ディプロマシー)

にあります。

 今回のビデオ・プレゼン・コンテストは外務省及び国際交流基金及び韓中友好協会、中国青年連合よりも後援を頂いております。

 コンテスト終了後には参加者及びコンテストを見に来てくださった一般客及び招待客(3国交流に関心のある学生グループや関連の学者や3国政府関係者)とともに簡単なレセプションを行うことも予定しております。

いわば、ビデオ・プレゼン・コンテストを中心とした、日中韓の交流イベント(日中韓協力やTCS自身の紹介も行います)といった感じです。プログラムの詳細は現在作成中で、近々配布予定とのこと。

コンテストに参加希望の方は、TCSホームページ(www.tcs-asia.org)にてエントリーフォームをダウンロードし、記入したフォームをTCS(sociocultural@tcs-asia.org) へ送付いただくようにお願い申し上げます。

 なお、某メディアでもこのコンテストの様子を放映予定だとか。

 学生生活というのは何かと多忙なものかと思いますが、中国人と韓国人と日本人の学生が一つのプロジェクトに協力して取り組むというのは中々意義深いことではないかと。

===

ということです。「日中韓友好」ということですが、私はむしろ今後の東アジアの戦略文化の違いを肌で知る上でとても貴重なチャンスになるのかなと、考えております。

孫子曰く、「敵を知り己を知らば百戦危うからず 」というこで(笑

やる気のある方はぜひ!
b0015356_20563988.png

by masa_the_man | 2013-05-06 20:57 | 日記 | Comments(0)