戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

圧倒的な「他人」感覚

今日のイギリス南部は朝からずっと霧に包まれておりまして、気温もずっと一桁台の肌寒い一日でした。

さて、Twitterでも少し書いたことの補足を。

今回だけでなく、いつも日本から離れるたびに私が強く感じるのは、あの圧倒的な「他人」感覚。

海外に主張したり留学したことのある人だったらおわかりいただけると思うのですが、日本人以外の人々がいる(とくに多民族が混在している)所に来ると、なんというか、他人の目が全く気にならなくなる感覚を強く感じることがあります。

これはなぜかというと、日本と外国(というか多民族社会)では、以下のような他人にたいする態度、そして考え方の「前提」に、とても大きな違いがあるわけです。

●日本の場合:「あなたとわたしは同じ人間」

●外国(多民族社会)の場合:「あなたとわたしは違う人間」

そしてこの「前提」の違いは、私は非常に重要であると考えております。なぜなら、日本のようなより均質的な社会ではより思いを共有すること、いいかえれば同調圧力が強いわけですが、そもそも動物園(失礼!)のように個人一人一人が全然違うタイプの人間で構成されている社会では、人間同士が同じであるという気が起こらず、はじめから「違う」というところから社会全体が成り立っているという違いがあるからです。

私は長いこと留学させていただいたおかげで、この「他人で構成されている社会」というものに慣れてしまっているところがあり、むしろ「気楽でいいなぁ」と感じることのほうが多いわけですが、同じく留学していた日本人の中には、このような他人だらけの社会がニガテという人も少なからずおりました。

もちろん私はだからといって、日本のような「同じような人間や家族で構成されている社会」がダメだと言いたいわけでなく、考えようによっては、日本は「個人」や「自己」をはっきりさせなくても今までなんとかやってきてこれた「幸せな社会」だったのかもしれない、と考えているほど。

ところが問題は、陳腐に聞こえるかもしれませんが、これから世界がどんどんグローバル化、つまり多民族化していき、良い悪いは別として、日本の社会もどんどん「他人化」していくことが確実だ、ということです。

これを止めようという考え方もおそらく「あり」だと思いますが、果たして制度的な仕組みでどこまで抵抗できるのか。

ということでやや悲観的な結論かもしれませんが、われわれはこれから日本の社会がもっと多民族化することにより、サバサバしてドライな「他人だらけの前提で構成された社会」に近づいて行くことを覚悟しなければいけないのかも知れません。

明日は某有名作家の墓参りに行ってきますので、その報告を。

b0015356_4595524.jpg
(近所のスーパーに隣接するカフェのメニュー)
Commented by えんき at 2013-03-21 18:20 x
日本社会が未曾有の自然災害に際して世界中が驚嘆する秩序維持を行えたのは、日本人一般のどこまでも人を信じる社会規範・道徳感性にあると私は思っております。人類社会がこれから遭遇する70億人口を20億内外に激減させる事態を想定する時、日本文明社会(性善説社会)が如何に存続可能性が高いかは、明々白々であると申せましょう。

それを踏まえた上で、これから外来種と対峙して行かなくてはならないのならば、『渡来してきた大陸系により日本社会が乗っ取られないように内部闘争しながら、共生を図る中に日本文明を重層化し再構築していく戦略』により、日本文明の長期衰退を回避して、長期存続へと導くのが最善です。

今の段階は、渡来する大陸系の数をどう抑えるか、それに迎合する国内勢力をどの様に抑えるか、共生に至る前の国内闘争状況を如何に惹起するかが現在の戦略状況であるのであり、まさに情勢はそのように成りつつあるのであります。

中国大陸朝鮮半島との緊張状態を惹起して、それでも尚、日本に渡ってくる者達をどの様に扱うかの移民問題は、まだまだこれから色々ありそうです。
Commented by sdi at 2013-03-21 23:58 x
>外国(多民族社会)の場合:「あなたとわたしは違う人間」
確かにそのものズバリですね。
「あなたとわたしは違う人間」という考えの基礎があるから
「神の前では平等」
「同じ信仰(思想)を持つ者は同胞」
と言う思想が其の上に組みあがっていくのではないでしょうか?元々がバラバラのタイルが接着剤で組み上がって壁画になっているような感じですね。
逆に日本は、鏡板みたいな一枚の板が壁になって其の上に絵の具で様々な模様が描かれているというところでしょうか。
Commented by caesal at 2013-03-26 07:36 x
他人の目が全く気にならなくなる感覚=同感です。更にいうとそんな中に日本人を見つけると妙に意識してしまう自分に気が付きます。不思議なものです。瞬間的に日本に戻ったような感覚です。瞬間的に敵味方を嗅ぎ分けるかのような。
by masa_the_man | 2013-03-21 05:01 | 日記 | Comments(3)