戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

無人機による攻撃は「新しい」のか?

今日のイギリス南部は午前中晴れておりましたが、午後は小雪がちらつきました。まだかなり寒いです。

さて、昨日のセミナーの様子について続きを。

生徒の発表が終わったあと、今度は私の先生の独演会というか、最近感じたことについて語るということになりました。

内容はもちろんアメリカが多用している無人機による攻撃について。

まずこの無人機攻撃について、先生はハンチントンの『軍人と国家』を引き合いに出しながら、これは(新しい)アメリカの戦争方法であるという事実を踏まえつつ、いくつかの指摘をします。

まず一つ目が、「敵がこのテクノロジーを獲得したらどうなるのか?」ということ。そして二つ目が、サイバーと同様に、この新しいテクノロジーは使われなくなって消滅することは当分ない、ということです。まあ当たり前ですな。

そして三つ目の指摘は、無人機は実は「無人」ではなくて、立派にパイロットが存在するという点です。

これは以前のエントリーでエアパワーの理論家が指摘していたのと同じで、無人機(UAV)というのは正確な名称ではなく、むしろ「遠隔操縦飛行機」(remotely-piloted-aircraft:RPA)と呼ぶほうが正しいという指摘と一緒ですね。

この結果として、先生は無人機というのは本当に「新しい」と言えるのかどうかという挑戦的な議論を提唱します。

たとえば純粋のその機能だけを考えてみますと、「空爆する」というところは、無人機も古いエアパワーとなんら変わるところはありません。

もちろん一番複雑で特殊であると考えられるのは倫理・道徳面での問題ですが、これについてもアメリカの連邦議会は「戦争である」という認識から、無人機によるターゲティングは「殺人」ではなく、戦闘行為だから許されるという前提で黙認(といっても色々と議論はされてますが)しているフシがあるわけです。

また、これに付随して問題だと思われるのが、戦争の開始が簡単になってしまうという点でしょうか。

先生が一番心配していたのは、戦争の歴史からも明白なように、無人機のような新しいテクノロジーが出てきても、それにはすぐに安価な対抗手段が出てくる、というもの。

つまり無人機も「魔法の武器」というわけでは全然ないわけで、アメリカがもっているこの優位も、まさに核兵器の場合がそうであったように、おそらく数年間だろうということです。

このように一通り話をした後に、先生は最近著者から献本してもらった以下の本を紹介しておりました。これは一般的に「アドバンスト・コピー」と呼ばれるもののようで、出版社が先に有名な識者たちに書評などを書いてもらうために配るもの。

そしてそこでもらった感想や書評の中の言葉は、発売する時に本の裏表紙に記すわけです。

著者は本ブログでも昔紹介したことのある元米軍将校であるジアン・ジェンティールです。例の対暴動だけにかたよった米軍の装備計画などを痛烈に批判した内容のようです。

発売は夏頃だとか。

誤った方向転換:アメリカの致命的な対暴動作戦の採用
by ジアン・ジェンティール

b0015356_7295273.jpg

Commented by 待兼右大臣 at 2013-03-14 22:21 x
そういえば、石津朋之氏が筑摩選書から『戦争学原論』という本を出したようです。
ttp://www.amazon.co.jp/%E6%88%A6%E4%BA%89%E5%AD%A6%E5%8E%9F%E8%AB%96-%E7%9F%B3%E6%B4%A5-%E6%9C%8B%E4%B9%8B/dp/448001568X

でネタですが、便宜上ここにレスします。
「The Geopolitics of 'Girls'」
ttp://www.foreignpolicy.com/articles/2013/03/13/the_geopolitics_of_girls?page=full&wp_login_redirect=0
というものですが、「Japan」は出てきません。

わが国で言えば、「ヘタリア」を実写化したようなものでしょうか。
Commented by sdi at 2013-03-14 23:46 x
爆撃精度の桁が違うことと撃墜されても戦死者がでない、という点で「技術」それがもたらす「戦術」としては新しいでしょうね。
でも、その上の階層になると確かに「新しい」といえるかどうか。斬首戦略も、「対権力者アプローチ」という概念は20世紀に既にありましたからね。
Commented by だむ at 2013-03-15 00:52 x
だからずっと前から「無人機言うてもリモコン航空機であって、別になんか知能を持った戦闘知性体みたいなもんじゃないんだから法律だの倫理だの議論すること自体がおかしい」と言うてたのに
by masa_the_man | 2013-03-14 07:59 | 日記 | Comments(3)