戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

「クワイエット」に出てくる有名な心理学の実験

今日の横浜北部は、大雪が降ると思ったら・・・全然降りませんでした。しかし寒かったですな。

さて、先日発売した「累積・順次戦略“クワイエット”という本を通じて解説したCD」ですが、なぜ引きこもらなければならないのかというテーマについて使われている興味深い事例として本の中でも取り上げられている心理学の実験があります。

それについて、このサイトで非常によくまとまっていたので、メモ代わりに引用貼付けしておきます。

===

1950年代初め、第二次世界大戦で多数のドイツ国民がナチスの思想に従った事実に驚いた心理学者たちが、「社会制御(Social Control)」の仕組みについて研究するようになった。つまり、社会の秩序を維持するために、そのメンバーやグループの行動に影響を与えるにはどうしたらよいかを考え始めたのだ。一連の研究のなかで、もっとも有名なのが社会心理学者ソロモン・アッシュによる「同調実験」だ。

 8人の被験者に長さの違う棒線3本が並んだカードと1本の棒線が描かれたカードとを見せ、「三本の線のなかで、もうひとつのカードに描かれた線と同じ長さのモノはどれか?」と質問をする。非常に単純な問題なので、答えを間違える誤答率は通常0.7%。

しかし、この実験では、8人の被験者のうち1人を除いては「やらせ」で間違った答を言うように指示されている。その結果、実験グループの3分の1において、本当の被験者は他の7人の間違った意見に賛同した。結果、通常は0.7%の誤答率が37%に上がってしまった。この実験は、被験者の数を変えて幾度も試みられた。

 その結果わかったことは・・・、

やらせの被験者が7人でも2人でもその絶対数には関係ない。人間は自分ひとりだけが他人と意見を異にするのがイヤなのだ。

たとえば7人のうち1人でも自分と同じ答なら、味方がいて気が強くなるのか、誤答率は急速に低くなる。

 「同調実験」以降、心理学者たちは、1)被験者は自分ひとりだけ答が違うという気詰まりをなくすためにウソをついているのか? あるいは、2)多数意見に反応して、認識そのものがが変化したのか(つまり、マジに犬をネコだと思うようになったのか)? ・・・・と議論しつづけてきた。

 意識的にウソをついたのだ・・・と私を含めて多くのひとたちが考えるだろう。だが、実際には、人間は他人からの示唆にいとも簡単に影響されやすいことが、最近になって判明した。

 2005年、心理学者グレゴリー・バーンズは、アッシュがしたのと同じ実験をしてみた。ただし、今度は、MRIを使い、被験者の脳のなかの動きもチェックした。

 この実験においても、真の被験者は、ウソをついている他の被験者に影響され、誤答率は41%と高くなっている。このときの、被験者の脳内を見てみると、当然のことながら、視覚情報に関係する部位の神経細胞は活性化していた。問題は、それと比較して、ウソを意識的につくことに関係する前頭前野(論理的思考をする部位)の活性度が非常に低かったことだ。つまり、被験者は意識的にウソをついたのではなく、実際に、間違った答を正しいと思ったのだ

===

この最後の部分には少し補足が必要かと。

なぜなら、集団(というか人に見られているという意識)というのは、個人の知覚(perception)を変えてしまうわけです。これをいいかえると、

集団の圧力は、個人の情報のインプットの段階から作用して、その情報処理プロセスそのものを変化させてしまう

ということになります。

これは昨日のエントリーでも紹介した、ケイン自身の説明でも似たような例が。

それは、人里を離れて「荒野」に向かって、そこで得てきたインスピレーションが、本当の「独創性」や「創造性」につながる、ということです。

もちろん現在の日本には「荒野」はないわけですから(苦笑)、われわれは小規模な「荒野」である「独りの時間」を大切にしなければならない、ということにつながってくるわけですな。
Commented by 秋の空 at 2013-02-07 09:52 x
>私も訳したかったんですけどねぇ
奥山さんへの応援の意味で訳してみたいと書いたのですが(笑)・・・営業妨害(?)をするつもりじゃないのでぜひ訳してください。『引きこもりが勝利する時代』という副題で既にCDを出されている、専門家の奥山さんの訳本こそ日本に必要だと思います(本気)。ワイリーの累積戦略との関連は本当に重要。私は邦訳の題名応募に挑戦します(笑)。今日のエントリー、(functional) MRIで検証された話、『集団』を『国際世論』(国内世論・世間の常識・流言・プロパガンダ)に当てはめても成立して、戦略論とも密接に関係するかな(?)とか考えながら論文読んだ記憶があります。アメリカの科学・医学予算の審査プロセス(合議制)にもこの話が当てはまり、学会の流行に合わない論文や研究プロジェクトは排斥されるというのを数学的に検証した論文もあります。これを一歩すすめて医学予算採用はランダムにやったほうが医学の進歩に貢献する研究や新薬の開発ができるはずだというのをカリフォルニア大学サンフランシスコ校薬学部・医用工学の教授(学科長)が言ってます(笑)。アメリカが世界一という米国人の集団幻想もそうでしょうか?(笑)。
Commented by masa_the_man at 2013-02-07 17:14
秋の空さんへ

>営業妨害(?)をするつもりじゃないのでぜひ訳してください。

いや、実は本当に訳をある出版社に打診したのですが、私の前のエントリーを読んだ別の出版社が権利を競売にかけて競り落としたらしいのです。私は版権争いに負けたということで(苦笑

>戦略論とも密接に関係するかな(?)とか考えながら論文読んだ記憶があります。

ありますねぇ。

>医学予算採用はランダムにやったほうが医学の進歩に貢献する研究や新薬の開発ができるはずだというのをカリフォルニア大学サンフランシスコ校薬学部・医用工学の教授(学科長)が言ってます

うおお、これは面白い!

>アメリカが世界一という米国人の集団幻想

これは実際あると思いますよ。というか、すべての国にはこのような「神話」が・・・(苦笑)コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2013-02-06 23:21 | 日記 | Comments(2)