戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

地政学が死んでいない理由:その1

今日の横浜北部は朝から快晴です。今夜は都内で勉強会を二カ所「はしご」する予定です。

さて、アルジェリアでの事件に関連して、地政学が死んでいない理由について少し。

カナダ時代に地政学を勉強しはじめてから何度も聞いたのが「地政学は死んだ」という、ニーチェみたいな死亡宣告。

実は私の指導教官も同じような批判を受けて、何度か他の学者と論争をしているのですが、いつも「地政学は死んだ」宣言というのは説得力に欠けるなぁというのが私の正直な感想。

最近でも日本の某サイトで「エアパワーの登場で地政学の理論はすでに無意味になっているという」似たような議論がされていたようですが、これもずいぶん的外れ。

なぜこうなのかと自分でも色々と考えたことがあるんですが、最近この理由がわかってきました。

そのヒントは、戦略学におけるパワーの議論にありました。

ご存知の通り、戦略学の議論というのは、まずは陸上戦の理論(ジョミニやクラウゼヴィッツなど)から始まりまして、次にマハンやコーベットがシーパワー(海軍力)の理論を形成し、そこからドゥーエやミッチェル、それにセヴァルスキ―などがエアパワー(空軍力)、ラプトンやドールマンがスペースパワー(宇宙軍力?)の理論、そしてリビッキーやアキーラ&ロンフェルトなどがサイバーパワーについての理論を提唱しており、このような形で段々と順を追って発展してきたことがよくわかります。

未来学者のトフラー夫妻などが唱えていたものも一緒でして、彼らの場合は「第一の波」(農業)、第二の波(工業)、そして第三の波(情報)という概念をつかって、産業や戦争の様相の変化について論じております。

ところがわれわれ、というか、とくに「地政学が死んだ」と考えてしまう人々が犯してしまう最大の間違いは、このような新しい戦略理論が出てくるたびに「古い理論が全く意味をなさなくなってしまった」と思い込んでしまうこと。これは大きな勘違い。

そしてこの勘違いを理解するための大きなヒントになるのが、私は人間の脳の構造だと考えております。

人間の脳というのは、大きくわけると情動や自律神経などを司る、脳幹や海馬、扁桃体などを含む「古い脳」の部分と、理性、高度な思考や言語などを司る、大脳皮質などの「新しい脳」の部分に分類できるわけです。

この辺の知識はみなさんにも一般常識としてなんとなくおわかりいただけるかと。

そしてここで私が重要だと考えるのは、爬虫類の脳ともよばれる「古い脳」がまず先にあって、そこから人類が進化するにしたがって「新しい脳」が段々とできてきたという事実。
b0015356_10121290.jpg
さらに追い打ちをかけるように重要なのは、ここで「古い脳」が残っていて、いまだに人間の行動に大きな影響を与え続けているという事実。

いいかえれば、脳というのは進化した人間の特徴をつくっている「新しい脳」の部分を備えていながらも、爬虫類時代の「古い脳」の影響から逃れられていないということなのです。

そしてはここから見えるのは「地政学が死んだ」という的外れな批判と同じ構造です。

時間がないので今日はここまで。明日はこの辺の話についてはもう少し掘り下げて考えてみたいかと。
Commented by だむ at 2013-01-23 10:17 x
脳の階層よりも、ニュートン力学と相対論みたいな関係じゃないかなあ。

速度が光速に近い領域や素粒子論の世界を説明するのに相対論を使わないと説明できないからと言って、日常的な領域では依然としてニュートン力学が「相対論の実用性が高い近似解」であることは変わらない。
Commented by masa_the_man at 2013-01-23 10:22
だむさんへ

>日常的な領域では依然としてニュートン力学が「相対論の実用性が高い近似解」であることは変わらない。

なるほど、うまいですなぁ。これはパラダイムシフト的な考え方ですね。私はシフトよりも「重なってきている」という点を強調したかったのであえて脳を使いました。コメントありがとうございました
Commented by WIZARD03 at 2013-01-23 19:52 x
地形とは人類の文明のタイムスケールでは不変といっていい存在である。
地球上全てのものは地形の影響から免れることはできない。
エアパワーも例外ではない、なぜなら空港を作る場所には地形の制約があるからだ。
また人類の力で地形を変化させることはできない。
山にトンネルを通すことはできても山そのものをなくすことはできない。
海を船で渡ることはできても海そのものをなくすことはできない。
よって地形に逆らわない戦略を取ることが生存に不可欠である。

以上が私が思っている地政学が陳腐化しない理由です。
どう思われますか。
Commented by 秋の空 at 2013-01-24 09:49 x
『某サイト』というのは太田述正さんのサイトのことでしょうか(笑)空を飛び、大空で生活をしている人間(敵・スパイ・非戦闘員)はおりませんし、海中に住んでいる人間もおりません。空では地形や障害物やチョークポイントを心配する必要はありません。しかし敵は空ではなく同じ陸地の向こうに住んでおります。軍事技術がいかに進歩しようとも軍事の根幹は陸軍であります。戦争には、陸戦(局地戦)や空中戦の『戦術レベル』ではなく、複数の敵国が、どんな地形的広がりと分布を持ち文化的・産業活動を営んでいるかという『戦略レベル』の発想が必要である以上、地政学が戦略学で重要な役目を果たすことに変わりはないと思います。『地政学』という『古い脳』の上に戦略学が組み立てられ発展してきた理由もここにあるような気がします。自然科学を例に挙げた、だむさんの意見には一理あると思いますが、自然現象は実験事実の『数学的定式化』によってはじめて根幹的な理解ができるというアイザック・ニュートンの鉄則(古い脳)の上に数学的定式化を積み重ねてきたのがマックスウェルの電磁気学、ディラックの量子論・量子電磁気学であり、場の量子論であり、自然科学であると私は思います。
Commented by masa_the_man at 2013-01-27 22:30
WIZARD03 さんへ

>以上が私が思っている地政学が陳腐化しない理由です。どう思われますか。

素晴らしいと思います。問題は、このような自明なことを忘れている人が多すぎるということでしょうか。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2013-01-27 22:32
秋の空さんへ

>『某サイト』というのは

そんなヤボなこと聞かないで下さいよ(苦笑

>敵は空ではなく同じ陸地の向こうに住んでおります。

そうなんですよね。

>アイザック・ニュートンの鉄則(古い脳)の上に数学的定式化を積み重ねてきたのがマックスウェルの電磁気学、ディラックの量子論・量子電磁気学であり、場の量子論

なるほど。これはネタとして使わせていただこうかと(笑)コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2013-01-23 10:13 | 日記 | Comments(6)