戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

地政学の「ガイド本」

今日の横浜北部は朝からよく晴れております。それにしても朝晩は部屋の中でも凍えるほどですね。

さて、またまた本の紹介を。

Geopolitics: A Guide to the Issues
by Albert T. Chapman
b0015356_16202386.png


久々に地政学そのものについての本です。

が、私がいつもここで紹介するような、一つのテーマを掘り下げた本というよりも、なんというか、ガイド本という形のもの。

著者は米国はインディアナ州のパデュー大学(Purdue University)の教授で、以前にもこれと似たような体裁の「軍事ドクトリン」についてのガイド本を書いております。

この本の良い点は、かなり端的ながらも地政学的な問題点や有名論文、それにそれらを研究しているシンクタンクや学者(うちの先生も含む)などを、一気にまとめてズバッと紹介している点でしょうか。

とくにイントロダクションで「地政学はダイナミックなものである」ということをしっかりと認識している点や、第一章において著名な地政学の学者を簡単に紹介している点はおススメかと。

ただし問題は、とくに後半のシンクタンクの紹介や世界各国の地理的な紛争などについて、かなり偏った、しかも浅い分析しかできていないことでしょうか。

たとえばイギリスから地政学的な研究をしているシンクタンクとしてIISSの名前が外れていたりしている点など、かなり疑問の残る箇所が多々あるところ。

基本的に「読み物」としてではなく、むしろ「資料集」として持っておくほうがよいかなぁというのが個人的な意見です。

そういう意味であまり「おススメ」というわけにはいきませんが(苦笑)、とりあえずこの分野に興味のある方にはひとつのガイド本にはなるのかも、と思っております。
Commented at 2012-12-25 23:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by masa_the_man | 2012-12-25 16:20 | おススメの本 | Comments(1)