戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

中国の“リアリスト”曰く、米中は衝突する!

今日の横浜北部は朝からよく晴れておりましたが、朝晩はとにかく寒い!

布団から出るのが厳しいわけですが、イギリスでもカナダでも、これほど家の中が寒い経験はなかったような気が。

さて、メルマガのほうにも載せましたが、朝日新聞がなかなか面白い人物にインタビューをしましたのでその要約を。

「自称」と朝日新聞はつけてますが、「リアリスト」の意味がわかっているかは極めて怪しいかと。

===

閻学通・清華大当代国際関係研究院長に聞く
中国・強硬派〜中華民族の復興で米と衝突は不可避 「信頼なき協力」を

●中国と米国との競争は不可避だ。今後十年間でどんどん激しくなるが、軍事衝突というよりは、あらゆる面での競争になる。

●理由は簡単。中国の目標はかつて占めた国際的な地位。かたやアメリカは世界唯一の「超大国」としての立場を譲つもりはないから衝突する。

●過去の中国は弱かったが、それでも米国のリーダーシップに従ってきたわけではない。

中国は米国と軍事衝突を起したくない。ところが米国が「アジア回帰」で東アジアの同盟ネットワークを拡大している。これは中国の孤立化を狙ったものだ。

●アメリカは表向きには否定しているが、それを中国では誰も信じてはいない。

TPPは政治目的を隠すための経済的な旗印だ。できるだけ多くの味方をつけて中国との競争に備えるためのものだ。

●アメリカのアジア回帰はたしかに成功している。おかげでフィリピンとミャンマーは中国にたいして急に敵対的になった。

米中両国は「相互信頼」という幻想は捨てて、「信頼なき協力」を追求すべきだ。過去には出来たし、そうしなければ「衝突」を管理できない。

●いまの米中間は相手を直接殴り合うボクシングではなく、むしろ得点を奪い合うフットボールのようなものだ。激しく得点を争っても、武力行使はない

●米中間は価値観で争っている面もある。古代から中国には、欧米の近代的な価値観よりも偉大なものがあった。

●たとえば「公平」だが、欧米の「平等」より素晴らしい。「正義」は「民主主義」より高い。バスで真っ先に席につくのが「平等」だとすれば、お年寄りに席をゆずるのが「公平」だ。

●たしかに中国国内ではそのような価値観が実践されておらず嘆かわしいかぎりだ。いまの拝金主義はダメ。

●いままでは米国の一極支配だったが、これからは中米の二極体制に移行していく。経済的利益よりも安全保障の利益が優先されることになる。

●米中だけでなく、日中の衝突も不可避だ。

●米国がまだ中国より強大なのに対し日本は中国より弱い。この現実を日本は受け入れないとマズいことになる。

日本が「アジアの一国」として振る舞えば中国も協力する。ただし西欧の一員とみなせば色々と面倒なことになるはずだ。

●尖閣問題では「棚上げ」に代わる新たな原則をみつけるべし。ただし今後は新しい政権が互いに出てくるため、事態は来年に向けて沈静化する方向にある。

===

歯に衣着せぬ、まさに「ストレート・トーク」な方で、個人的には非常に好感が持てます(笑

彼の意見の中で「おや」と思ったのは、やはりなんといっても中国の「古代思想」を、(無理矢理)現代に結びつけようと努力している姿勢でしょうか。

つまり彼は、今後の中国の台頭のための大戦略における「価値観」の重要性をよくわかっているわけですね。

このような観点から書かれた彼の本は、すでに英訳されております。私もさっそく購入。

b0015356_20493292.gif


ちなみにちょっと宣伝になりますが、彼のような「リアリズム」を理解するために以下の二つのCDが極めて役に立つかと(笑

☆「これから『リアリズム』の話をしよう
S・ウォルトの「米国世界戦略の核心」解説CD:リアリズムの立場から小国がアメリカにたいして仕掛けている戦略を列挙して解説。実は日本も戦略的だったという意外な姿が浮かび上がる!?

☆「1時間でわかるミアシャイマーの理論
ミアシャイマー「大国政治の悲劇」解説CD: 強固なリアリズムの立場から米中衝突を予測。閻学通はこの人物の中国版と言えるかも。大国は拡大するという「攻撃的な理論」を豊富な歴史の例を使って論証。
Commented by えんき at 2012-12-20 22:54 x
問題なのは、同じアジアの一員という誤った考え方をする人が、我が国の側にも多いことでしょう。易姓革命・焚書坑儒を繰り返してきた大陸国家と我が国との関係は明確に異文明であり、ブロック経済圏という大きな垣根を創って棲み分け、中国を安楽死させるのが正しい道です。
Commented by 愚人 at 2012-12-21 00:24 x
リアリストと言う割りに武力衝突がないと断言するとは。
もし、中国が覇権国家になるのであれば、米国との直接の武力衝突はないにしても代理戦争は想定しておいたほうがよいかと思いますが。

「日本が「アジアの一国」として振る舞えば中国も協力する。」と言いますが、これって中国の覇権下に入れば国の存続は許してやるくらいでしょう。
尖閣の放棄と沖縄の独立くらいは覚悟が必要かと。

とはいえ、私は中国は産業構造の転換の前に投資の引き上げにより、結局、米国と本格的な競争に入る前に没落すると踏んでいます。
勿論、そうならなかった時のために備えは必要ですが。
Commented by sdi at 2012-12-21 01:40 x
>激しく得点を争っても、武力行使はない。
なんというか「武力とは威嚇と虚喝の種であり交渉の見せ金でしかないから実際に使うことなんかありえない」という風に私は見れるのですが、どうでしょうね。孫子の「戦わずして人の兵を屈するは、善の善なるものなり」の実践ととることも出来るのですが、私は「よい鉄は、釘にならない」的な軍人というか軍事力を蔑視した儒教的な発想の臭いを感じてしまうのですが、深読みのしすぎでしょうか?
Commented by 無花果 at 2012-12-22 19:35 x
公平と平等の対比はまだ理解できるのですが、
民主主義に対する価値観として正義が挙げられるのがちょっと不可解です。
中国は民主主義に対する価値観として既に中国内部で実体を失った共産主義を持ち出せない、という自意識がハッキリとある、ということなのでしょうが、
これは支持の多寡に関わらない絶対的価値、と多数決によって決められる価値、という
対比の文脈と理解しても構わないのでしょうか?

いずれにせよ、日本は中華圏でもなく西洋圏でもありませんし
今後もそうでなければなりません。
奥山さんが押していらっしゃる戦略の階層の認識が
漠然と共有されている日本的な価値観を磨いて意識的な共有を行う助けになればと考えています。

ただ、戦略的な思考を身につけたと思ったら、技術軽視で実行能力が衰退していて思い描いた戦略を実行できない、となっても駄目だろうと思いますので、単なる優先度の上下の逆転ではなく双方を両輪とした認識とすべきではないでしょうか。
Commented by masa_the_man at 2012-12-24 16:50
えんきさんへ

>問題なのは、同じアジアの一員という誤った考え方をする人が、我が国の側にも多いこと

多いですなぁ

>ブロック経済圏という大きな垣根を創って棲み分け、中国を安楽死させるのが正しい道です。

崩壊するとまずいので、そこをうまくコントロールする必要がありますが・・・コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2012-12-24 16:51
愚人さんへ

>代理戦争は想定しておいたほうがよいかと思いますが。

日本がバック・キャッチャーになるということですな。

>「日本が「アジアの一国」として振る舞えば中国も協力する。」と言いますが、これって中国の覇権下に入れば国の存続は許してやるくらいでしょう。

その通りです(笑

>米国と本格的な競争に入る前に没落すると踏んでいます。勿論、そうならなかった時のために備えは必要ですが。

ここですね、見極めが難しいのは。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2012-12-24 16:53
sdi さんへ

>「武力とは威嚇と虚喝の種であり交渉の見せ金でしかないから実際に使うことなんかありえない」という風に私は見れる

ありかと。

>孫子の「戦わずして人の兵を屈するは、善の善なるものなり」の実践ととることも出来るのですが

一般的にはこれでしょうな。

>私は「よい鉄は、釘にならない」的な軍人というか軍事力を蔑視した儒教的な発想の臭いを感じてしまうのですが、深読みのしすぎでしょうか?

これはどうですかねぇ。実際は単純に「アメリカとの衝突は避けたい」という部分も大きいのかと。まあ本人にこの辺は突っ込んでみたいところですが。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2012-12-24 16:55
無花果 さんへ

>民主主義に対する価値観として正義が挙げられるのがちょっと不可解です。

たしかに無理矢理っぽいですよね

>支持の多寡に関わらない絶対的価値、と多数決によって決められる価値、という対比の文脈と理解しても構わないのでしょうか?

あると思います。

>戦略的な思考を身につけたと思ったら、技術軽視で実行能力が衰退していて思い描いた戦略を実行できない、となっても駄目だろうと思いますので、

そういうことですよね。実はこれについては「武器捨て本」に書いております。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2012-12-20 20:53 | 日記 | Comments(8)