戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

尖閣/デモ問題についての「解釈」の違い

今日の横浜北部は晴れているんですが雲が多めで不安定そうな雰囲気が。

さて、尖閣問題に端を発する中国におけるデモや日本の人や資産にたいする破壊・テロ行為が行われておりますが、これをちょっと冷静な目で簡単に分析してみようかと。

まずこの分析を行う前に参考になるのが、「冷戦」の原因についての、英語圏の分析の解釈の違いです。

「なぜ日中間の紛争に冷戦の分析なんだ!」と“違和感”を感じる人もいるかもしれないのでまずお断りしておかなければならないのですが、「冷戦」(the Cold War)というのは、その当時の世界中の知識人を巻き込んで悩ませた大問題であり、その原因(誰がその紛争を始めたのか)については、当然ですが現在でも歴史家の間ではひとつの大きな学問分野として確立されているほど。

そして当時の世界の政治学者たちは、自分たちの頭脳を最大限発揮して考えた末に、かなり単純ではありますが、冷戦の原因については主に三つの解釈があるという結論に至っております。

ではこの冷戦、一般的にはその原因がどこにあると論じられているのかというと、以下の三つの「学派」がそれぞれの原因を主張しております。

まず第一の学派が、「伝統学派」や「オーソドックス学派」と呼ばれるもので、これを支持する人々や学者というのは、基本的にアメリカの公式見解、つまり「ソ連の拡大政策に原因がある」と論じるわけです。

これは、アメリカの立場からすれば「相手(ソ連)が悪い!」というものです。

第二の学派は、「歴史修正史観学派」、もしくは「リヴィジョニスト学派」と呼ばれるもので、彼らは「アメリカの帝国主義的な政策が冷戦の原因になった!」と論じます。

これは別名「ウィスコンシン学派」とも呼ばれていますが、アメリカの立場からしたら「悪いのは自分たちだ!」とするわけで、その背景には60年代のベトナム戦争におけるアメリカの対外政策の失敗への批判があるわけです。この有名どころはウィリアム・アップルマン・ウィリアムズ

日本人は基本的に「反省」している人が大好きなので、当然のように日本でもこの学派の議論を研究している学者はかなりいました。

余談ですが、この学派の理論を使って議論を行ったのが、何を隠そう拙訳のクリストファー・レイン著『幻想の平和』であります。

第三の学派は、「ポスト歴史修正史観学派」、もしくは「ポストリヴィジョニスト学派」と呼ばれ、彼らは「米・ソのどちらか一方だけに冷戦開始の原因を求めるのはどうなのよ?」とツッコミを入れたわけです。いわば「両方悪い」と指摘したわけですね。

この学派の有名な学者といえば、なんといってもジョン・ルイス・ギャディス。彼の邦訳は日本でもけっこう出ていて、日本の研究者の間でも評判がかなり良い。

さて、この三つの学派の言い分をまとめると、

①ソ連に責任がある!
②アメリカに責任がある!
③米ソ両国に責任がある!

という単純な図式になるのですが、実はこの構図、現在の日中間の紛争にもそのまま当てはめて考えることができます。実際にやってみましょうか。これは、

①中国に責任がある!
②日本に責任がある!
③日中両国に責任がある!

といいかえることができます。

これを見ていて思うのは、日本の大方の知識人の解釈では、②の「日本に責任がある」というものが圧倒的なような気が

より具体的にいえば、多くの解釈では日本、とくに石原慎太郎が、ワシントンのヘリテージ財団の講演で「尖閣は東京都が買う」と言ってから、日中間にあった「棚上げ論」が崩れ、今回の紛争が始まったとしていることです。

これを問題視する人たちは、石原都知事が「(紛争を起こした)売国奴である」とか「日中間に紛争を起こそうとしたアメリカの傀儡だ!」とかいう過激な解釈まで行います。

その一方で、①の解釈はどうかというと、たとえば「今回の尖閣と竹島問題は、中国が背後にいて東シナ海全般をコントロールしようとしている」というものがありまして、尖閣のみならず竹島も加えて中国が攻勢に出ていると分析します。

またもう一つの①の解釈として、意外に日本の知識人に注目されていないのが、いままでの「棚上げ」の均衡を崩したのが中国側であるというもの。

彼らは石原都知事の購入/野田政権の国有化の問題よりも、1992年に中国が一方的に国有化宣言をしたことが今回の紛争のそもそもの原因であると見ます。しかしこの解釈はネット上でも圧倒的に少数のような気が。

その他にも、現在はデモに関する報道に注目が集まっている関係から、中国のこの秋に行われる権力移行に付随する壮絶な権力争いに原因があるという解釈もかなり増えているような気が。

これも大きな分類でいえば、「中国の国内問題の延長が尖閣にたいする攻勢的な態度だ」という意味で①の「中国に原因がある!」論になるかもしれません。

では③の「ケンカ両成敗」的な解釈をしているのはどこかといえば、やはり紛争当事国ではない海外メディアの論調でしょうか。彼らは自分たちの利権が直接からんでいないために、かなり冷静に見れるという特権があります。

これに付け加えるべき第四の解釈として、上述したように「アメリカに責任がある!」というのもあるのかも知れませんが、これも「アメリカ単独で悪い」と証明するのはかなり無理があるかと。

そのバリエーションで、「米中共謀して、日本をつぶすために尖閣にしかけている」というのもあるかも知れませんが、これなどは第五の学派になる可能性が。

ということで、冷戦の原因についての「学派」の分類を現在の日中紛争に関する日本の知識人の解釈に当てはめてみたわけですが、個人的には歴史解釈として、結局のところは③の「両方に責任がある」というところに落ち着くのではないのかな、と思っております。

「タンゴは一人では踊れない」という意味で。


Commented by YT at 2012-09-17 19:11 x
言いたいことは分かりますが、客観的の情報分析は必要であるものの、紛争当事者は相手の言い分を聞いてはだめですよ。陰謀説とは別にアメリカが国際紛争でオイタが過ぎるのは確かです。そのうち大きなツケとしてアメリカに跳ねるかえるでしょうね。
Commented by 待兼右大臣 at 2012-09-17 20:36 x
明治以降の日本の戦争については

日清戦争
日露戦争
第一次世界大戦
満州事変
日華事変
第二次世界大戦

のいずれも、我が国から仕掛けている

という歴史的経験があるために、我が国が戦争を行うという意思がなければ戦争が起きない
=相手の意思にかかわらず、我が国の意思によって戦争になるか否か
 決まる
=国際紛争になるのは我が国に責任がある
=上記②

という思考経路を無意識(のうちに刷り込まれた歴史認識)にたどる人が多いということになるという仮説を立てておきます。
Commented by masa_the_man at 2012-09-18 00:12
YT さんへ

>紛争当事者は相手の言い分を聞いてはだめですよ。

これは現在の日本の状況に当てはめると、中国の言い分を聞いてはダメ、ということですか?

>陰謀説とは別にアメリカが国際紛争でオイタが過ぎるのは確かです。

それはアメリカの中でもけっこう意見ありますね。

>そのうち大きなツケとしてアメリカに跳ねるかえるでしょうね。

それを言っているのがレインやミアシャイマー、それにウォルトです、とさりげなく宣伝しておきます(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2012-09-18 00:13
待兼さんへ

>国際紛争になるのは我が国に責任がある=上記②という思考経路を無意識(のうちに刷り込まれた歴史認識)にたどる人が多い

鋭いですねぇ。たしかにその通りかと。コメントありがとうございました
Commented by ふゆづき at 2012-09-18 00:56 x
待兼さんの指摘された点、興味深く拝見しました。
国境紛争という点になりますと、戦前の張鼓峰事件及びノモンハン事件も参考になるのではないでしょうか?この両事件は、いずれもソ連と日本+満州国の国境線に対する認識の相違が生んだ武力衝突と考えます。ご承知のとおり、この両事件ともソ連(モンゴル)が、自国の国境と認識しているラインまで自国の軍隊を進め、これを領域侵犯と見た関東軍(満州国軍)が武力行使したことにより発生した紛争です。日本の立場から見ると武力侵攻をはかったのはソ連ですが、実際に戦端を開いたのは日本軍であり、関東軍という素地がそうさせたのかもしれませんが、先に手を出した(武力を行使した)という事実が残されてしまっていますね。
時に、今回は一般市民(?)である漁船が1万バイ来るそうでうすが、海保は本当に大丈夫なのでしょうか?
Commented by yuuta21 at 2012-09-18 02:43 x
デモについてはそうだと思います。個人的には「ジャンケンでもイイから決めたら?」という感じなんですが。
ですがそれと破壊活動(暴動)を一緒に考えるのはおかしいのではないでしょうか? 実際死亡したり下半身不随という事態に遭われたのは中国の方々ですし、企業の損失は大ですが、従業員の失業するかもしれないという観点では矢張り長期的には中国国民への影響が多いように思います。こちらに関してはタンゴというより一人で踊れるパントマイムという方があっていると思います。分別して考えるのが苦手である事を逆手に中国国内で問題のすり替えが行われている気がするのですが。
Commented at 2012-09-18 10:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masa_the_man at 2012-09-18 11:40
ふゆづきさんへ

>先に手を出した(武力を行使した)という事実が残されてしまっていますね。

これは日本人同士のケンカなんか見てても感じますね。とりあえず手を出して勝負、みたいな。中国人は徹底的に議論。

>時に、今回は一般市民(?)である漁船が1万バイ来るそうでうすが、海保は本当に大丈夫なのでしょうか?

1万は宣伝かもしれませんが、かなりの数が来るのは間違いなさそうな。正統性をしっかりと主張したいところです。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2012-09-18 11:45
yuuta21 さんへ

>個人的には「ジャンケンでもイイから決めたら?」という感じなんですが。

何をジャンケンで決めるのですか?

>それと破壊活動(暴動)を一緒に考えるのはおかしいのではないでしょうか?

デモと破壊活動を一緒に考える、ということですか。厳密に言ったらそうかもしれませんが、実際デモから破壊活動にシームレスにつながっている印象が。

> 長期的には中国国民への影響が多いように思います。

これは「結果」という話ですか?私は原因や責任という話だったのです。

>こちらに関してはタンゴというより一人で踊れるパントマイムという方があっていると思います。

中国の自作自演、ということですか?

>分別して考えるのが苦手である事を逆手に中国国内で問題のすり替えが行われている気がするのですが。

申し訳ないのですが、ここの辺がよくわかりません。もう少し詳しく説明していただけるとありがたいです。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2012-09-18 11:46
中山さんへ

>後者は、明らかに中国よりですが、欧米の主なWEBの尖閣の解説は、ほとんど、中国よりです。

たしかに。

>日本の宣伝べた

宣伝下手というか、発信力の無さですな。ここは百年来変わっていません。コメントありがとうございました
Commented by 待兼右大臣 at 2012-09-19 22:52 x
>>たしかにその通りかと。

この説のオリジナルは故小室直樹氏です

>>「ジャンケンでもイイから決めたら?」

そういえば、かなり昔、【北方領土争奪日ソバレーボール大会】というギャグ漫画がありました。
Commented by ばん at 2012-09-20 13:58 x
こちらではおひさしぶりです。現在進行中の話題に絡むことで、興味深く拝見しました。

NHKBSのニュースを見る限りですが、当事者(+韓国)を除く諸外国では一昨日ぐらいから今回の騒動が報道され始めているようです。
おととい:フランスF2 「尖閣諸島は日米安保の範囲内なので戦争にはならない」「尖閣諸島は岩なのであらそう価値がない」
昨日:スペインTVE 「柳条橋事件という事件の節目の非に、反日デモが中国各地で暴徒化している」「ついでに尖閣諸島という領地問題も火を噴いている」
本日:イギリスBBC 「反日デモについて(デモ参加者への「今すぐ日本と戦争したい!」という過激発言付きレポートあり)」「アメリカパネッタ国務長官と習近平副主席との対談について」総括して「日中の間でアメリカは今後厳しい立場に立たされるのではないか」
個人的にはBBCの報道が現状をよく伝えてるかなあ、と思いました。扱っている時間も上2つに比べて格段に長かったですし。F2は、どうも竹島と間違ってるのではないかと。
Commented by ばん at 2012-09-20 13:58 x
上の関連ネタです。

ところで、昨日辺りから中国当局が反日デモの締め付けを始めたようなんですが、欧米での報道が始まりだした頃と一致しているのが興味深いです。日本のニュースでは「反政府運動に転嫁するのを防止するため」的なニュアンスの物が多いですが…
Commented by ばん at 2012-12-20 00:09 x
古い記事を発掘して申し訳ありません。
今回の衆議院選挙の関連で、NHKBS-1で放送されたオーストラリアABCのニュースが興味深かったのですが
どう興味深かったかというと
「今回の尖閣問題は尖閣諸島を購入しようとした石原が原因」
と報じていたことです。つまり、解釈②「尖閣問題がこうなった原因は日本」と同じだったと。その後に出てきたアメリカABCの特派員も似たようなことしゃべってましたし、海外でも②の解釈のほうがやっぱり主流なんでしょうか。自分が感じていることと全く反対だったのでショックでした。…日本は相当中国にこういう目に遭わされていると言うことを公民問わずアピールしておかないと後でえらいことになるのではないかという不安を覚えました。

蛇足ながら、そのオーストラリアABCのニュースで石原慎太郎氏のことを「超国家主義者」と報じていたのには苦笑。
Commented by masa_the_man at 2012-12-20 00:35
ばんさんへ

>日本は相当中国にこういう目に遭わされていると言うことを公民問わずアピールしておかないと後でえらいことになるのではないかという不安を覚えました

負けてますね、宣伝戦に。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2012-09-17 11:59 | 日記 | Comments(15)