戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

グレイ著『現代の戦略』を読み解く②

今日の横浜北部はよく晴れました。そして真夏でした。

明日はいよいよ石破さんが国防について語る講演会が市ヶ谷駅近くで開催されます。お誘い合わせの上、ぜひご参加下さい

さて、昨日の続きとなるグレイの『現代の戦略』の要約です。

―2:戦略、政治、倫理

戦略について付随してくる3つのトピックをまとめて論じた章。題名はややミスリーディングで、正確にいえば「戦略家の役割は何か、政治と戦略の関係、倫理は戦略にどう影響を与えているのか」ということになる。

●まずは1つ目の「戦略家の役割」だが、著者は「戦略家」と呼ばれる人物が広い視野と関心を持つ、バランスのとれた人格をもつ人間でなくてはならないと指摘。戦略家は一つの国に一人が理想的であり、20世紀前半のドイツの軍事史からの例を豊富に引用しつつ、戦略家という役割がいかに難しいのかを論じている。

ここでも強調されるのは、戦略が「アート」であることであり、戦略家はアーチストと同様に育てるのが難しいことが、主にナポレオンの例を参考にして論じられる。

●二つ目の「政治と戦略の関係」であるが、これは主に三つの難しさがあるという点から論じられる。第一がクラウゼヴィッツの言うように「戦争は政治の継続」であるのだが、同時にそこに情熱と偶然性というものが絡んでくること。つまり理性だけでは片付けられない「賭け」に近い問題であると認識すべきだということ。

第二が、政治目標というものが変化しやすい曖昧なものであるという点。軍隊は特定の結果を出すのは得意だが、政治は移ろいやすいものであるために緊張関係が生まれるのだ。第三が、戦争と政治の間の「会話」がなぜ難しいのかという点。これについては著者は政治家と軍隊の組織文化の違いや、政治家と軍人が互いの世界を全く知らないこと、両者の責任分担が違うこと、そして戦略そのものがそもそも難しいものであることを、またまた豊富な例(とくにドイツとイギリスの歴史)を使って解説している。

●三つ目の「倫理と戦略」の問題では、自身の核戦略家としての経験から興味深い議論を展開している。著者は、歴史を振り返ってみれば倫理的考察が戦略の形成にはほとんど影響を与えていなかったことを指摘している。結論として、「倫理は複雑で難しいが、その実践はきわめてシンプルである」と主張しているが、これはクラウゼヴィッツの「戦略はシンプルだが、その実践は難しい」をそのままひっくり返したもの。

===

今日はここまで。続きは明日書きます。
Commented by sdi at 2012-07-11 01:19 x
>歴史を振り返ってみれば倫理的考察が戦略の形成にはほとんど影響を与えていなかったこと
身も蓋もないな。まあ「影響は0%ではない」とも解釈できますが、私は「そりゃそうだろ」と思わず突っ込んでしまいました。
Commented by hotrod at 2012-07-11 03:18 x
倫理的考察というのは敗れた側には課せられますが、戦勝国には説得するだけの力がないですね。

一次大戦の毒ガスが非難された一方、現状では地雷や劣化ウランや諸々の上げだすときりのない主にアメリカ型兵器はほったらかし。
毒ガス戦をし始めたのがもしアメリカだったら今でも毒ガス戦は行われていたのかもしれません。
Commented by FN at 2012-07-12 00:30 x
>「戦争は政治の継続」であるのだが、同時にそこに情熱と偶然性というものが絡んでくる

まさに「三位一体」ですね。
Commented by 待兼右大臣 at 2012-07-12 00:48 x
「三位一体」とは異なりますが、「三」ということで言えば、
心理学者(ユング研究者)として有名な河合隼雄氏が、
日本の古典神話の神は「三」者間の構造として読み解ける
という仮説を「中空構造日本の深層」という著書にまとめました。

その核は、相対立する2神の間に、ただ「空なる」3つ目の神が
存在し、そのことによって、二項対立が緩和される。つまり
【その2神は中心を占めることはできないが、中心を占める神は「空」である】
ということで、世界の安定が保たれるということです。
現代政治で言えば、「オフショア・バランス」に近い概念でしょうか。

モータやピストン運動でもそうですが、「2」というのは、運動の性質が極端に変わる点が存在しやすくなります。2極モーターでは、電流を流しても回転しない点、ピストンでは上(下)死点というものです。

つまり、3というのは「3すくみ」に代表されるように、均衡状態を安定的に継続できるという性質を持ちます。
Commented by waterloo at 2012-07-12 12:19 x
エリアーデの視点で見ると相対立する2神の間にある「空なる」神というのは、天空神が、現世利益をもたらす神に民衆の信仰を奪われた事で「暇な神」になった状態でしょうか。
そう見ると帝国の衰退〜多極化とも見えます。
Commented by masa_the_man at 2012-07-16 08:22
sdi さんへ

>「そりゃそうだろ」と思わず突っ込んでしまいました。

そうなんですが、それを言えない文化も歴然と存在するわけで・・・コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2012-07-16 08:22
hotrod さんへ

>毒ガス戦をし始めたのがもしアメリカだったら今でも毒ガス戦は行われていたのかもしれません。

歴史は勝者が作る、と。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2012-07-16 08:23
FN さんへ

>まさに「三位一体」ですね。

その通りです。本書はこのような概念にあふれております(笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2012-07-16 08:27
待兼さんへ

>3というのは「3すくみ」に代表されるように、均衡状態を安定的に継続できるという性質を持ちます。

これはバランス・オブ・パワーの関係にも適用できるのか興味あります。鋭いコメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2012-07-16 08:28
waterloo さんへ

>「暇な神」になった状態でしょうか。そう見ると帝国の衰退〜多極化とも見えます。

うーむ、これまた微妙な・・・コメントありがとうございます
by masa_the_man | 2012-07-10 22:00 | おススメの本 | Comments(10)