戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

通信手段と社会の変化:サイボーグ化する人間

今日の横浜北部は昼まで雨が激しかったですが、現在は雨もあがっております。

さて、最近なぜか執筆などの間に昔のテレグラム(電信)の発展についての本や論文を読んでおりまして、いくつか興味深いことに気づいたので、メモ代わりにここへ。

インターネットを中心としたITテクノロジーがわれわれの生活を変えつつあるということは、このブログをお読みの皆さんにとってはすでに常識すぎて、もう当然の事実なのかもしれませんが、私が最近気になっているのが、

「新しいコミュニケーション手段の発展が、人間の言葉の使い方に大きな変化を起こした」

という事実。

たとえば最近よく言われているのが、「ネット用語」のような言葉が、とくに若い世代の間で、普段の会話で使われる、いわゆる「口語」の中にかなり浸透してきている、という事実。

このような現象というのは全く新しいものではなく、ラジオやテレビが出てきたときに「大衆化」という形で「流行言葉」のような形で人間の使う言葉に影響を与えてきたということが感覚的にも理解できるかと。

しかし私がテレグラムの歴史に関する本を読んでいて面白いと思ったのは、現在よく言われている「ジャーナリズムの客観性」というものが、19世紀のアメリカにおけるテレグラムの発展によって実現された、という分析。

それによると、テレグラムが発展したことによって、あの広大なアメリカ大陸におけるニュースの地域性というものが失われ、代わりに情報が「物品」(コモディティ)化して、そこで使われる言葉が「科学的なもの」になったというのです。

考えてみれば、司馬遼太郎も明治維新の志士たちは「標準語」というものをもっておらず、互いのヒドい地方なまりを克服するために使っていたのが狂言の言葉だった、みたいなことを書いておりますね。

そしてアメリカの場合は、テレグラムの発展のおかげで「メディアで使われる中立的な言葉」の必要性が高まり、これが現在の「客観的な報道」というジャーナリズムの基礎につながったと。

このように、新しいテクノロジーの登場は人間の社会的な行為を劇的に変化させるのであり、その一つの例が、われわれが使う言葉の変化なのでしょう。

私がお世話になっていたイギリスのある先生は「電話が出てきた時点で人間はサイボーグになった」という主旨のことを言ってました。

ところがもしかすると、人間というのはテレグラムが出てきた時点で、人間の脳と脳の間には電線が介入したという意味で、すでにサイボーグ化が始まっていたと言えるのかも。

そしてインターネットのおかげでわれわれの脳みその間にはコンピューターの介入が当たり前になった今、人間の「サイボーグ化」はますます進んでいると言えますな。



Commented by 無花果 at 2012-06-22 18:12 x
この思考でいくと、交通や戦争における馬や象などの使用はどうなのでしょうか?
また、剣や槍、弓はどうなるのでしょう?
人間が火や言語・文字の使用を始める前と始めた後の変化とは違うものなのでしょうか?

便利や旧来より有利な状況を生み出す「変化」が逆に社会や人間変化させ型に嵌める、という点では
サイボーグ化以前から同じことであるように思えます。

サイボーグ化、という概念は、キリスト教圏が感じる「ロボットや人工物」への嫌悪感が「機械の介入」に焦点を当てさせて区別が生まれ発生した視点であるようにも見えます。
Commented at 2012-06-22 18:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sdi at 2012-06-23 00:45 x
この論法でいくと「文字」の出現の時点でサイボーグ化がはじまっていたことになりませんか?
電話もネットも、通信手段が間に入ることで社会が変化したから、個人の意識が変化したのではないでしょうかね。
Commented by masa_the_man at 2012-06-24 09:03
無花果さんへ

>馬や象などの使用はどうなのでしょうか?

マッキンダーは動物の使用も「テクノロジー」だと捉えているからアリということに。

>また、剣や槍、弓はどうなるのでしょう?

微妙ですねぇ。ただし人間社会のコミュニケーションへのテクノロジーの関与という意味が強いかと。ただし戦争を「異なるグループ間のコミュニケーションの一手段」ととらえればそれも可能かしら。

>便利や旧来より有利な状況を生み出す「変化」が逆に社会や人間変化させ型に嵌める、という点ではサイボーグ化以前から同じ

ありますね。ただし「サイボーグ」と言った時に「コミュニケーション」というニュアンスが入っているわけで。

>サイボーグ化、という概念は、キリスト教圏が感じる「ロボットや人工物」への嫌悪感が「機械の介入」に焦点を当てさせて区別が生まれ発生した視点

ありえますね。興味深いです。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2012-06-24 09:04
waterloo さんへ

>落語口演筆記を参考に文体を考えたとか。

ここまでくると文化論にまで入ってきますなぁ。テクノロジー系の話ってけっこう奥深いのかも。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2012-06-24 09:07
sdi さんへ

>この論法でいくと「文字」の出現の時点でサイボーグ化がはじまっていたことになりませんか?

これは「テクノロジー」や「マシン」の概念をどこまで広げるかによるかと。どうやらニュアンス的には「電気」という媒介が入ったという区切りが一つできるでしょうか。

>電話もネットも、通信手段が間に入ることで社会が変化したから、個人の意識が変化したのではないでしょうかね。

こうなると社会の変化が先か、それとも個人の意識の変化が先かという哲学的な迷宮に・・・コメントありがとうございました
Commented at 2012-06-24 09:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-06-24 17:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by えんき at 2012-06-24 20:48 x
現生人類が本質的に変わってしまうのは、脳にコンピューターを埋め込むようになる時点だと思います。その事によって、ネアンデルタール人とクロマニョン人の差など誤差に見える程の知的能力差が、現生人類と未来人類の間には開いてしまうからです。
Commented by masa_the_man at 2012-06-28 17:06
waterloo さんへ

>みんなの中の代表選手が、眺めていて、たえず、「これが、現時代に適した標準型である」と発表していくもの

なるほど。

>1世紀後半に記された新約聖書に用いられ

伝達が遅かったんでしょうなぁ。テクノロジーと言語ですか・・・コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2012-06-28 17:08
えんき さんへ

>現生人類が本質的に変わってしまうのは、脳にコンピューターを埋め込むようになる時点だと思います。

すでに腕に埋め込んだ人が学校にいました。実験でしたが。

>その事によって、ネアンデルタール人とクロマニョン人の差など誤差に見える程の知的能力差が、現生人類と未来人類の間には開いてしまうからです。

まあ埋め込まなくても、携帯の登場でけっこうすごいところまで来ているのかと。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2012-06-22 16:50 | 日記 | Comments(11)