戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

メルマガ更新:地政学的世界の中心で「戦略」を叫ぶ

今日の横浜北部は朝から冷たい雨です。

メルマガ更新しましたのでご覧下さい。最近の世界の大きな情勢について書いております。

下には書いてませんが、やっぱりハウスホーファーの視点がけっこう役に立つのかと。

=========

2012年03月17日 

■ 地政学的世界の中心で「戦略」を叫ぶ ■ 

1:「TPP」が意味する本当の事
2:フラット化して"いない"!?世界
3:冷酷な地政学的大前提を意識せよ

前回から引き続き、インド洋や南シナ海という海域をめぐって
印中間で展開されつつある「包囲」という話から、
「環太平洋戦略的経済連携協定」、いわゆるTPPをめぐる一連の動き
についての考察を進めてみたい。

さっそくではあるが、TPPが意味している本当の事とは何なのか?

読者の皆さんの中には、それは穿った見方なのではないか?
と思われる方もいるかもしれないが、それでも敢えて、
私の個人的な見解に地政学的な解釈を加味して断言してしまおう。
Commented by 緑川だむ at 2012-03-17 18:17 x
TPPははじめは確かにアメリカ・ブロックという趣旨のものだったはずだけど、それならば経済的にはブロック内の国にメリットを与えて、代わりにアメリカのブロック内覇権を保証するもののはずなんですよね。ところが、フタを開けてみるとアメリカ国内の経済主体が儲けるためのものになっている。どこかで、対中国経済ブロックという趣旨がひんまがって本来の目的を見失ったんじゃないかという気がするんですよねえ。
Commented by えんき at 2012-03-17 19:31 x
以下、TPPの今後の予測です。

TPPブロック内では、ブロック内通貨で交易が確保され、TPP加盟国に関しては食料・エネルギーの確保が保障される。TPPブロック外の諸国との交易は、アメリカデフォルトによりドルが紙切れとなったため、原則不可能となる。

世界各国は自国通貨建てでなんとか食料・エネルギーを確保しようと奔走するが、それらは世界に偏在しており、特に地球寒冷化の中、食料の欠乏は危機的状況となる。世界各地では地域紛争が勃発し、国家間の戦争も起こるが、デフォルト宣言したアメリカはもはや世界の警察官を行わない。TPP加盟国は連合軍を組織し防御要塞戦略を採る。

TPPブロック内は食料・エネルギー・資源・市場・日本が独占している産業資源などが確保され、閉鎖型循環経済となる。その結果、TPPブロック内は経済的な動乱状態を回避する。世界が動乱状態と成ろうとも、TPPブロック内だけは政治経済軍事あらゆる面の安全保障が成り立ち、TPPブロック内諸国民の生存が確保される。
Commented by 待兼右大臣 at 2012-03-17 23:14 x
あのSTRATFORがRobert Kaplanをライターとして雇ったそうです。

Stratfor has taken an interesting step to salvage its fortunes, by hiring journalist and noted realist Robert Kaplan to write a regular feature on geopolitics.

というくだりが、Foreign PolicyのStephen Waltのブログにありました。
>>ttp://walt.foreignpolicy.com/posts/2012/03/16/robert_kaplan_to_the_rescue
by masa_the_man | 2012-03-17 16:47 | 日記 | Comments(3)