戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

無人機、礼賛

今日の横浜北部は曇りがちでして、時々小雨がぱらつきました。しかしさすがに冬は脱した感が。

さて、久々に記事の要約を。

本ブログではおなじみの無人機ネタです。これは個人的にもクラウゼヴィッツの言う「戦争の本質」を変えるのではないかと注目しているものです。

=====

無人機礼賛

by ジョブ・ヘニング

●無人機、もしくはUAVsは「来て」いる。

●2002年11月のイエメンにおけるアルカイダに対する攻撃は、戦場以外の場所で無人機が攻撃を行った(知られているものでは)最初のケースだ。

●それ以降はアメリカは無人機を大量に使いはじめており、たとえばパキスタンではブッシュ政権全般を通じて行った攻撃よりも、オバマ政権の最初の2年間の攻撃の数は4倍も多い

●アメリカは今ではソマリアでも攻撃を行っており、アフガニスタンからNATOが撤退することからその数がさらに増えると予測されている。

●無人機による攻撃は不可避なところがある(偵察と攻撃を同時にできるから)と同時に、望ましいものであると考えられている。人命のリスクを軽減すると同時に、コストもおさえられるからだ。

●しかもアメリカの意識調査では国民の多数が無人機の使用を支持している。

●ところが問題なのは、このテクノロジーが戦域を拡大すると同時に、戦争のコンセプトそのものを変化させる可能性であり、しかもその使用法に関する包括的なドクトリンは存在しない点である。

●このままだと短期的にはテロリストを殺すリスクに直面しながら、長期的には同盟国や世界の世論を味方につけることができなくなるし、テロとの戦争や国際関係の安定性も危うくしてしまう。

●たとえば問題は他国の中で攻撃を行う場合だが、これは主権の侵害になる。

●ところがそれが侵害なのかどうかは、結局は(攻撃を行う側の)アメリカが決定することになる。こうなるとアメリカは多くの国々の恨みを買うことになる。

●他にも無人機の使用をどのように正当化するのかという問題もある。

●これについて米国防省は「テロとの戦争」だから戦時法が適用される、だから使ってもいい、というもの。

●ところが国務省は戦場から離れた場所で使うからダメだと言っている。使っていいのは「迫り来る脅威」がある場合だけ。

●実質的にこれは国際法的にも許されている「先制戦争」と、禁止されている「予防戦争」の違いにもなってくる。

●さらに混乱するのは、その攻撃のほとんどがCIAによる隠密作戦として行われているという事実。

●そうなると、クラウゼヴィッツのいう「敵の意志を変えるため」という古典的な戦争の理論が通じなくなるのであり、むしろ無人機だと「敵を消滅させる」ということになるのだ。

●ところが敵兵を多く殺すというのはマクナマラ長官がベトナム戦争で経験したように、それ単独ではまったく意味をなさないばかりか、アメリカのイメージを悪化させるだけだ。

●このリスクを避けるためには、アメリカは抑止論を無人機のドクトリンに採用しなければならない。つまり敵に恐怖を感じさせることによって余計なことをさせないようにするということだ。

●そのためには、まず隠密作戦からやめなければならない。そして無人機のターゲットとなる人物たちのブラック・リストも公開すべきである。現在これらはすべて秘密になっている。

●もちろん作戦を公開すると同盟国との関係を複雑化させることになるかもしれないが、それでも透明性は必要であり、それが正統性(レジティマシー)につながるのだ。

●とにかくアメリカの無人機を使った「テロとの戦争」は評判が悪い。パキスタンの陸軍の将軍は、最近になってアメリカの無人機をパキスタンで見かけたら撃ち落とせと命令したという。

●このような反発を避けるため、アメリカは無人機の使用に関するドクトリンを明示するべきなのだ。

●アメリカ国民は無人機の使用をまだ支持しているが、その支持だって長くは続かないかもしれないのだ。
b0015356_22262180.jpg


=====

やはり事象が先で、理論や法律は後、というのはこのような新しいテクノロジーの場合にはとてもよく当てはまるかと。

この辺の話は数年後に国際関係論などでもかなり議論されそうな予感がしますね。ウォルツァーあたりが理論をまとめるかも?
Commented by 緑川だむ at 2012-03-08 22:26 x
「アメリカ人の操縦する航空機が戦闘行動をとっている」という点で、それがF-15であろうがトマホークミサイルであろうが無人機であろうがなんも変わらんと思うんですが、アメリカ人の気持ちではまったく別次元のコトなんですかねえ。
Commented by sdi at 2012-03-08 23:48 x
無人機が戦場の主役になれるかどうかは「無人機で無人機を撃破もしくは無力化できるか」にかかってくるかと考えております。
アメリカが無人機に入れ込み、欧州諸国がそれに追随しつつあるイチバン大きな要因は、倫理観とかそんなものではなく「無人機ならこちらが一人の死者もだすことなく敵兵を殺せる」という点を大きく評価(信仰に近いか?)しているからでしょう。
Commented by 大阪人K at 2012-03-09 00:57 x
他国で自分たちよりも優秀な無人機が出現したとき、自分たちが如何に生き残るかという議論が必要かなと思います。劣勢でも生き残る議論がないと足元掬わるのではないでしょうか。

無人機運用で劣勢にある場合の議論が出てくるのは、もう少し先のことになるでしょうか。
Commented by 緑川だむ at 2012-03-09 07:31 x
MQ-9あたりの性能をみてみると、だいたいヒコーキそのものとしては「第二次大戦当時の軍用機」とどっこいぐらいなんですよね。つまり、まともな空軍力がある国なら完全排除できる。逆に言うと、「撃墜されても死人が出ない」というメリットを本当にフル活用してるとはまだまだ言えない状態なんじゃないかとも思えます。
Commented by 待兼右大臣 at 2012-03-10 23:03 x
まぁ、戦争における人命のコストが格段に上がったという身もふたもない言い方もありますが、「手段」の無人化ということであれば、理論的にはそんな難しくないと思います。

問題は、サイバー戦のように「空間(と時間)」の制約を飛び越えたというところにあるのではないでしょうか。サイバー戦や対テロ戦争では「戦場」という概念が旧来のそれとは異なっているように見えます。
Commented by sdi at 2012-03-11 17:22 x
現在の無人機の運用は従来の航空機の歴史から、まだ踏み出ていないでしょう。ちょうどWWIで航空機が偵察から対地攻撃をするようになり、作戦行動中に遭遇した敵機をどうしようか試行錯誤始める直前くらいでしょうか。デバイスとしてはWWIIレベルを超えてると思いますが、運用レベルはもっと低いですね。
いまのところ、欧米の敵対勢力がかれらと同等の無人機(無人兵器)を運用できていないうちは今みたい使い方がつづくのでしょうが、敵対勢力が同レベルの無人機を使い出したときがエポックになるのでは?
by masa_the_man | 2012-03-08 22:28 | 日記 | Comments(6)