戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

エアシーバトルの興味深い関係性

今日の甲州は素晴らしい秋晴れの一日。朝晩はかなり冷えました。

先日の私のソロ講演会にご参加いただいた方々、本当にありがとうございました。久々のソロ講演会でちょっと緊張したのですが、なんとか無事に終えてほっとしております。

さて、久々に私の思いつきを一つ。

日本の防衛コミュニティーでも注目されている、例の「エアシー・バトル」というコンセプトなんですが、私が見る限りでは、主に日本で行われている分析は「アメリカがこのコンセプトをどう考えているのか」というものや、「それが日本の防衛体制にとってどういう意味があるのか」というものばかりで、肝心の「エアシーバトルの戦略コンテクスト」というものがあまり解説されていないように思いました。

ということで、私は主に戦略論的な観点から、ビジネス戦略の理論として有名なランチェスターのものからヒントを得て以下のように簡単に分析してみました。

まずは「ランチェスター戦略」ですが、これは元々イギリスのランチェスターという軍人が戦闘機の空中戦の成果の分析法(オペレーションズ・リサーチ)として編み出したものですが、日本の故・田岡氏によってビジネス用のものとして完成させられた戦略、というか、戦術分析のことです。

これをアメリカが「エアシーバトル」というコンセプトをなぜ必要としているのかという観点から考えていくと、面白いことがわかります。

まずはランチェスター式の分類法で考えますと、「強者のとるべき戦略」と「弱者のとるべき戦略」というものが分類できます。まずは以下のように列挙してみますが、

●「強者の戦略」: 

1、広域戦
2、総合戦
3、確率戦
4、遠隔戦
5、正面突破

という特色が出てきます。それの反対としては、

「弱者の戦略」:

1、局地戦、
2、一点集中
3、一騎討ち
4、接近戦
5、陽動作戦

ということになります。

で、これを「エアシーバトル」が適用されている状況に当てはめて考えてみますと、

強者:アメリカ(そして日本をはじめとする同盟国)
弱者:中国、イラン(そしてヒズボラなどの非政府組織など)

ということになります。あまり公式の文書ではいわれませんが、エアシーバトルで想定されている「敵」は、東アジアでは明らかに中国なんですね。

そしてこれをランチェスターのこの二つの分類に当てはめてみますと、

●アメリカ(強者)

1,広域戦=中国の沿岸部を広い範囲で封じ込める
2,総合戦=空・海軍を中心に、大量の武器とテクノロジーの優位をつかって
3,確率戦=範囲を広げるが細かいところで小さなポイントをかせぎ
4,遠隔戦=もちろん「オフショア」の離れた安全な場所から
5,正面突破=基本的に洋上部隊を通じた正攻法

●中国(弱者)

1、局地戦=自国の沿岸地域に入れないようにする(A2AD)
2、一点集中=空母など、大きなターゲットの破壊に集中
3、一騎討ち=奇襲で一対一、最初の一撃が大事
4、接近戦=自国の領海で潜水艦・ミサイル・衛星などで対処
5、陽動作戦=外にはプロパガンダ戦、自国の実力は明かさず

というアナロジーが使えるかと。

基本的に中国人民解放軍は(当たり前ですが)米軍に対しては自分たちのことを「弱者」ととらえており、それに見合った戦略を採用しているということがなんとなくおわかりいただければ。

以上、簡単ながら米中のエアシーバトルから見える関係性についてメモ代わりにまとめてみました。

b0015356_2224131.jpg

Commented by at 2011-09-27 22:27 x
ただその弱者の戦略でも何かを守る(日本など)場合、相当数の戦力がダメージをうけると思わせれば、戦略としては成功する、つまりアメリカが日本に防衛上肩入れしすぎると、国益や部隊を失うから、日本との関係は出来るだけ低下させようと考えるのではないかと。
それは中国の本来の目的ですから、戦わずして勝つという戦略を成功させたことになりますよね。
戦略としてはアメリカの負けという事になりませんか?
Commented by sdi at 2011-09-28 00:00 x
現状だとアメリカが「強者の戦略」を中国に対して採用した場合、アメリカ側の1~5のうち5「正面突破」を実施した場合のみ、中国側が得点を稼げそうですね。ほかのケースの場合、中国側が1~4で対応しようにもその戦力が発揮できない状況に追い込まれる可能性大です。両者の海空戦力に差がありすぎです。
そうなった場合、中国側は5「陽動作戦」で徹底的にプロパガンダに徹しすることでアメリカに5「正面突破」を選択させるようにもっていこうとするでしょう。もしくは、逆に中国側が戦果を挙げる必要に追い込まれて2「一点集中」にでるか。
あくまでもイメージですが、東シナ海、南シナ海を戦域とした「運動戦」みたいな駆け引きが延々と続いたあげく、「後の先」勝負になりそうです。先に仕掛けざる終えない状況に追いこれたほうが戦略的にも戦術的にも不利な戦争になるのでしょうか。
Commented at 2011-09-28 10:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 待兼右大臣 at 2011-09-29 07:25 x
将棋では、「不利になれば、戦線を拡大せよ」という格言が(囲碁でもある程度通用する)があります。
(途中省略)
で、陽動戦と広域戦は重なり合う部分があると思います。

とはいっても、中国が「強者」と認識した場合にはどのような戦略をとるのでしょうか。
Commented by 大阪人K at 2011-09-29 22:29 x
そもそも、中国の国力が強化できたは日米が揃いも揃って中国との貿易を拡大させたのが主たる原因ではないでしょうか。
それで中国が強大化するようになって、日米揃って慌てているのは、何だかアホらしく見えてしまいます。(自分達で育てといて何を今更という感です。)

そんな大袈裟なエアシーバトルをする前に貿易面で封じ込めを図り、これ以上の国力の強化をさせないようにすることの方が先決か思う次第です。

より端的に言えば、
・ウォルマートが中国製品を売っている構造を改める
・日本企業が中国に工作機械を売らなくても儲かる環境を整える。

まずは経済的な兵糧攻めでしょう。(現在の中国は極端なまでに貿易に依存しているのですから、それなりに効果があるでしょう。)
その次にエアシーバトルを考えればいいように思う次第です。

相手を弱体化をせすにエアシーバトルを展開しても、それは際限の無い戦力(航空機や艦船)が要求されるでしょう。早晩、エアシーバトルが破綻することでしょう。

私としては中国がなくても、世界が回る状況を構築する方が良いのでは愚考する次第です。
Commented by みてみる at 2012-06-12 10:35 x
将棋ともなると、内政面のミスが戦略面で表現し、自分自身の破滅につながる、現状からみて、内政面でめちゃくちゃになっているのは中国か、日本かそれともアメリカなのか、判断した上に、少なくとも現状将棋指す手としては、日本もアメリカも守り(内政面)があまりできていない。駒があるうちにやろうとしているみたいだが、あやういな
Commented by masa_the_man at 2012-06-24 08:26
派 さんへ

>戦略としてはアメリカの負けという事になりませんか?

可能性としてはありえますね。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2012-06-24 08:42
sdi さんへ

>両者の海空戦力に差がありすぎです。

たしかに。

>中国側は5「陽動作戦」で徹底的にプロパガンダに徹しすることでアメリカに5「正面突破」を選択させるようにもっていこうとするでしょう。

アメリカもこれを如実に警戒しているような気が。

>先に仕掛けざる終えない状況に追いこれたほうが戦略的にも戦術的にも不利な戦争になるのでしょうか。

なるほど。気になるところです。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2012-06-24 08:47
待兼さんへ

>将棋では、「不利になれば、戦線を拡大せよ」という格言が

これは国家戦略でも一緒ですね。ある意味で「分断統治」に共通するところが。

>中国が「強者」と認識した場合にはどのような戦略をとるのでしょうか。

ここがカギかと。コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2012-06-24 08:49
大阪人K さんへ

>日米揃って慌てているのは、何だかアホらしく見えてしまいます。(自分達で育てといて何を今更

そうなんですよね・・・・

>そんな大袈裟なエアシーバトルをする前に貿易面で封じ込めを図り、これ以上の国力の強化をさせないようにすることの方が先決

オフショア・コントロールはこの辺を狙っているのかもしれません

>まずは経済的な兵糧攻め

なるほど、

>相手を弱体化をせすにエアシーバトルを展開しても、それは際限の無い戦力(航空機や艦船)が要求される

ですよね。勝利の法則がない。

>中国がなくても、世界が回る状況を構築する方が良いのでは愚考

わかるんですが、いまからだとちょっと厳しいですよね(苦笑)コメントありがとうございました
Commented by masa_the_man at 2012-06-24 08:50
みてみるさんへ

>日本もアメリカも守り(内政面)があまりできていない。

まあ歴史上どの国も満足に準備できて戦争できたわけじゃないですから、現状でなんとかがんばるしかないのかと。コメントありがとうございました
by masa_the_man | 2011-09-27 22:20 | 日記 | Comments(11)