戦略や地政学の視点から国際政治や社会の動きを分析中


by masa_the_man
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

次の訳本の「日本語版のまえがき」より

今日の甲州は曇りながらも蒸し暑い一日でした。

さて、次に出す国際関係論の訳本なんですが、原著者から「日本語版のまえがき」ということで短いイントロダクション的な文を書いてもらいました。

その中で、とくになかなか刺激的だった部分を、世界にさきがけて本ブログで紹介しておきます。

何かの参考にしていただければ幸いです。

====

私は本書が日本語に訳されたことを本当に嬉しく思っている。なぜなら、この本の議論はなるべく多くの人々に聞いてもらう必要のあるものだからだ。

外交的に失礼となるリスクを承知であえて言わせていただければ、対外政策や安全保障政策における現在の日本は、一人のアメリカ人の目には、どうも自分だけの世界の「幻想」の中でひたすら頑張っているだけのようにしか見えないことがある。日本は目を覚まし、自分たちの将来を真剣に考え始める必要があるだろう。

(中略)

もちろん日本の対外政策のエリートたちは中国の台頭による地政学的な意味を明確に理解していた。しかしそれと同じくらい明らかだったのは、日本は中国の台頭に対処するための大戦略の作成では迷走を繰り返している、という事実だった。

日本のデフォルト的な選択肢というのは、どうやら「アメリカが守ってくれるからわれわれは心配する必要はない」というものだ。そしてたしかに次の五年間くらいはおそらくこの想定も合理的なものであり続けるだろう。ところが時が二〇二〇年に近づき、アメリカが財政危機によって戦略的に縮小することを迫られていることを考えれば、アメリカが東アジアのコミットメントから大きく撤退せざるを得なくなることは目に見えているのだ。

それに加えて、アメリカの「拡大抑止」(extended deterrence)という戦略の抱えるリスクがさらに明らかになるにしたがって、アメリカは日本から「核の傘」を撤回することになるのだ。

本書が発している日本に対するメッセージは、かなり過酷なものである。二〇三〇年代に近づくにつれて、日本は「アメリカが中国から守ってくれる」という想定の上に大戦略を立てることはできなくなる。日本は「アメリカが去った後の東アジア」という状況に対して準備を進めなければならないし、このためには自分たちの力で立ち上がり、国防の責任を背負うことが必要になってくる。

好むと好まざるにかかわらず、中国の台頭とアメリカの衰退というのは、日本(やそれ以外の東アジア・東南アジアの国々)にとっては大きな地政学的変化が到来しつつあることを意味する。この点について「幻想」がないことだけははっきりしているのだ。

======

以上
Commented by ぱんだ at 2011-06-27 00:04 x
アメリカがアジアから撤退するという予測は、ミアシャイマー教授もしてましたね。多くの日本人は、まったく信じないでしょうが。著者は、ネオリアリストですか?昨日は、お疲れさまでした。
Commented by sdi at 2011-06-27 01:05 x
きびしいご指摘ですね・・・・・・。
問題点を理解しているのと、適切な対策を実行するのは違いますからね。
「頭で理解できていても、実施する覚悟ができていない」のかな。私みたいに。
Commented at 2011-06-27 01:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masa_the_man at 2011-06-27 13:29
なみへいどんさんへ

>気になった物で

直しました、ご指摘ありがとうございます!

Commented by 大阪人K at 2011-06-27 20:06 x
2つの解釈が思い浮かびます。

1:素直に読んだ場合
「わてら、金ないんで東アジアから撤退するわ。自分のことは自分で守ってな。」

2:ちょっと穿った読み方
「核兵器も含めての軍拡は、流石にしんどいでしょう。そこで相談なんですけど、思いやり予算を今の3倍くらいしたら、何とかしますけど。どないでっしゃろか。全部、自分でするよりはかなりお得やろ思いまっけど。」

どっちなんでしょうか。
Commented by elmoiy at 2011-06-27 20:52 x
第二次世界大戦でドイツ軍が欧州大陸のほとんどを制覇した後、アメリカが参戦するまで、英国は孤立無援の状態だったわけですが、将来中国がアジアの不安定要因になったとき、日本も似たような立場に追い込まれる可能性がありますね。
Commented at 2011-06-27 21:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hideomi at 2011-06-28 10:12 x
久しぶりにコメントさせていただきます

クリストファー・レインでピースオブイリュージョンぽいですね。まぁ、違ってもリアリストの書いた現代までの国際政治とリベラルの「幻想」を打ち砕く的な本でしょう。期待してます。
奥山さんの出す本にはいつも勉強させていただいてます。僕のゼミは学生の自由に出来るので奥山さんの著作を使わせてもらってますが、今回も使うよう提案してみます。

以前おっしゃってた新書の地政学著作にも期待してます。頑張ってください
Commented by エキゼエル at 2011-06-29 23:56 x
奥山さんこんばんは。
前書きを読んでるとミアシャイマー教授が書いたのか?と
思わせる感じでした。
外交的に失礼というよりも、私としては米国側の思ってることを
代弁していると思います。米軍の撤退も同盟国の基地が抱える脆弱性(ミサイル攻撃など)とそれに代わる対抗策(無人機による長距離爆撃)を見ていると、段々と現実味が増してきた感じがします。
著者が指摘する「大戦略の欠如」もまったくもってその通りであまり笑えないですが・・(苦笑)
by masa_the_man | 2011-06-26 23:56 | 日記 | Comments(9)